sp_spaceused (Transact-SQL)sp_spaceused (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

現在のデータベースのテーブル、インデックス付きビュー、または Service BrokerService Broker キューで使用されている、行数、ディスクの予約領域、およびディスク使用領域を表示します。また、データベース全体で使用されているディスクの予約領域とディスク使用領域を表示します。Displays the number of rows, disk space reserved, and disk space used by a table, indexed view, or Service BrokerService Broker queue in the current database, or displays the disk space reserved and used by the whole database.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

sp_spaceused [[ @objname = ] 'objname' ]   
[, [ @updateusage = ] 'updateusage' ]  
[, [ @mode = ] 'mode' ]  
[, [ @oneresultset = ] oneresultset ]  
[, [ @include_total_xtp_storage = ] include_total_xtp_storage ]

引数Arguments

SQL Data WarehouseSQL Data WarehouseParallel Data WarehouseParallel Data Warehouseではsp_spaceused 、パラメーターの序数位置に依存sp_spaceused (@objname= N'Table1');するのではなく、名前付きパラメーターを指定する必要があります。For SQL Data WarehouseSQL Data Warehouse and Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse, sp_spaceused must specify named parameters (for example sp_spaceused (@objname= N'Table1'); rather than relying upon the ordinal position of parameters.

[ @objname = ] 'objname'

領域の使用情報を要求するテーブル、インデックス付きビュー、またはキューの、修飾付きまたは修飾なしの名前を指定します。Is the qualified or nonqualified name of the table, indexed view, or queue for which space usage information is requested. 引用符は、修飾されたオブジェクト名が指定されている場合にのみ必要です。Quotation marks are required only if a qualified object name is specified. 完全修飾オブジェクト名 (データベース名を含む) が指定されている場合、データベース名は現在のデータベースの名前である必要があります。If a fully qualified object name (including a database name) is provided, the database name must be the name of the current database.
場合objnameが指定されていない、データベース全体の結果が返されます。If objname is not specified, results are returned for the whole database.
objnamenvarchar (776),、既定値は NULL です。objname is nvarchar(776), with a default of NULL.

注意

SQL Data WarehouseSQL Data WarehouseParallel Data WarehouseParallel Data Warehouseは、データベースオブジェクトとテーブルオブジェクトのみをサポートしています。and Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse only support database and table objects.

[ @updateusage = ] 'updateusage'領域の使用状況情報を更新するために DBCC UPDATEUSAGE を実行する必要があることを示します。[ @updateusage = ] 'updateusage' Indicates DBCC UPDATEUSAGE should be run to update space usage information. 場合objnameが指定されていない、ステートメントは、データベース全体で実行されます。それ以外の場合、ステートメントはobjnameで実行されます。When objname is not specified, the statement is run on the whole database; otherwise, the statement is run on objname. 値はtrueまたはfalseです。Values can be true or false. updateusagevarchar (5),、既定値はfalseです。updateusage is varchar(5), with a default of false.

[ @mode = ] 'mode'結果のスコープを示します。[ @mode = ] 'mode' Indicates the scope of the results. 拡張されたテーブルまたはデータベースの場合、 modeパラメーターを使用すると、オブジェクトのリモート部分を含めたり、除外したりできます。For a stretched table or database, the mode parameter lets you include or exclude the remote portion of the object. 詳細については、「 Stretch Database」を参照してください。For more info, see Stretch Database.

Mode引数には、次の値を指定できます。The mode argument can have the following values:

Value [説明]Description
ALLALL ローカル部分とリモート部分の両方を含む、オブジェクトまたはデータベースのストレージの統計を返します。Returns the storage statistics of the object or database including both the local portion and the remote portion.
LOCAL_ONLYLOCAL_ONLY オブジェクトまたはデータベースのローカル部分のみのストレージ統計情報を返します。Returns the storage statistics of only the local portion of the object or database. オブジェクトまたはデータベースで Stretch が有効になっていない場合、は@mode = ALL と同じ統計を返します。If the object or database is not Stretch-enabled, returns the same statistics as when @mode = ALL.
REMOTE_ONLYREMOTE_ONLY オブジェクトまたはデータベースのリモート部分のみのストレージ統計情報を返します。Returns the storage statistics of only the remote portion of the object or database. このオプションでは、次のいずれかの条件に該当する場合にエラーが発生します。This option raises an error when one of the following conditions is true:

テーブルで Stretch が有効になっていません。The table is not enabled for Stretch.

テーブルで Stretch が有効になっていますが、データ移行が有効になっていません。The table is enabled for Stretch, but you have never enabled data migration. この場合、リモートテーブルにはまだスキーマがありません。In this case, the remote table does not yet have a schema.

ユーザーはリモートテーブルを手動で削除しました。The user has manually dropped the remote table.

リモートデータアーカイブのプロビジョニングは成功の状態を返しましたが、実際には失敗しました。The provisioning of the remote data archive returned a status of Success, but in fact it failed.

モードvarchar (11),、既定値はN'ALL ' です。mode is varchar(11), with a default of N'ALL'.

[ @oneresultset = ] oneresultset1つの結果セットを返すかどうかを示します。[ @oneresultset = ] oneresultset Indicates whether to return a single result set. Oneresultset引数には、次の値を指定できます。The oneresultset argument can have the following values:

Value [説明]Description
00 * @Objname*が null またはが指定されていない場合、2つの結果セットが返されます。When @objname is null or is not specified, two result sets are returned. 2つの結果セットが既定の動作です。Two result sets is the default behavior.
1 で保護されたプロセスとして起動されました1 * @Objname* = null またはが指定されていない場合、1つの結果セットが返されます。When @objname = null or is not specified, a single result set is returned.

oneresultsetビット,、既定値は0です。oneresultset is bit, with a default of 0.

[ @include_total_xtp_storage] 'include_total_xtp_storage' 適用対象: SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x)SQL DatabaseSQL Database[ @include_total_xtp_storage] 'include_total_xtp_storage' Applies to: SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x), SQL DatabaseSQL Database.

= @oneresultset1 の場合、パラメーター @include_total_xtp_storageは、1つの結果セットに MEMORY_OPTIMIZED_DATA ストレージの列を含めるかどうかを決定します。When @oneresultset=1, the parameter @include_total_xtp_storage determines whether the single resultset includes columns for MEMORY_OPTIMIZED_DATA storage. 既定値は0です。つまり、既定では (パラメーターが省略されている場合)、XTP 列は resultset に含まれません。The default value is 0, that is, by default (if the parameter is omitted) the XTP columns are not included in the resultset.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または 1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

Objnameを省略し、 oneresultsetの値が0の場合、現在のデータベースサイズ情報を提供するために、次の結果セットが返されます。If objname is omitted and the value of oneresultset is 0, the following result sets are returned to provide current database size information.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
database_namedatabase_name nvarchar(128nvarchar(128) 現在のデータベースの名前。Name of the current database.
database_sizedatabase_size varchar (18)varchar(18) 現在のデータベースのサイズ (MB 単位)。Size of the current database in megabytes. database_sizeには、データファイルとログファイルの両方が含まれます。database_size includes both data and log files.
未割り当て領域unallocated space varchar (18)varchar(18) データベースオブジェクト用に予約されていないデータベース内の領域。Space in the database that has not been reserved for database objects.
列名Column name データ型Data type [説明]Description
確保reserved varchar (18)varchar(18) データベース内でオブジェクトによって割り当てられた領域の合計。Total amount of space allocated by objects in the database.
datadata varchar (18)varchar(18) データの使用領域の合計。Total amount of space used by data.
index_sizeindex_size varchar (18)varchar(18) インデックスによって使用されている領域の合計サイズ。Total amount of space used by indexes.
未使用unused varchar (18)varchar(18) データベース内のオブジェクト用に予約されている領域の合計サイズ。ただし、まだ使用されていません。Total amount of space reserved for objects in the database, but not yet used.

Objnameを省略し、 oneresultsetの値が1の場合、現在のデータベースサイズ情報を提供するために、次の1つの結果セットが返されます。If objname is omitted and the value of oneresultset is 1, the following single result set is returned to provide current database size information.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
database_namedatabase_name nvarchar(128nvarchar(128) 現在のデータベースの名前。Name of the current database.
database_sizedatabase_size varchar (18)varchar(18) 現在のデータベースのサイズ (MB 単位)。Size of the current database in megabytes. database_sizeには、データファイルとログファイルの両方が含まれます。database_size includes both data and log files.
未割り当て領域unallocated space varchar (18)varchar(18) データベースオブジェクト用に予約されていないデータベース内の領域。Space in the database that has not been reserved for database objects.
確保reserved varchar (18)varchar(18) データベース内でオブジェクトによって割り当てられた領域の合計。Total amount of space allocated by objects in the database.
datadata varchar (18)varchar(18) データの使用領域の合計。Total amount of space used by data.
index_sizeindex_size varchar (18)varchar(18) インデックスによって使用されている領域の合計サイズ。Total amount of space used by indexes.
未使用unused varchar (18)varchar(18) データベース内のオブジェクト用に予約されている領域の合計サイズ。ただし、まだ使用されていません。Total amount of space reserved for objects in the database, but not yet used.

Objnameを指定した場合は、指定したオブジェクトに対して次の結果セットが返されます。If objname is specified, the following result set is returned for the specified object.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
namename nvarchar(128nvarchar(128) 領域の使用情報を要求したオブジェクトの名前。Name of the object for which space usage information was requested.

オブジェクトのスキーマ名は返されません。The schema name of the object is not returned. スキーマ名が必要な場合は、 dm_db_partition_statsまたはsys dm_db_index_physical_stats動的管理ビューを使用して、同等のサイズ情報を取得します。If the schema name is required, use the sys.dm_db_partition_stats or sys.dm_db_index_physical_stats dynamic management views to obtain equivalent size information.
レコードrows char (20)char(20) テーブルに含まれる行数。Number of rows existing in the table. 指定されたオブジェクトがService BrokerService Brokerキューの場合、この列はキュー内のメッセージの数を示します。If the object specified is a Service BrokerService Broker queue, this column indicates the number of messages in the queue.
確保reserved varchar (18)varchar(18) Objnameの予約済み領域の合計サイズ。Total amount of reserved space for objname.
datadata varchar (18)varchar(18) Objnameのデータによって使用されている領域の合計サイズ。Total amount of space used by data in objname.
index_sizeindex_size varchar (18)varchar(18) Objnameのインデックスによって使用されている領域の合計サイズ。Total amount of space used by indexes in objname.
未使用unused varchar (18)varchar(18) Objname用に予約されていますが、まだ使用されていない領域の合計。Total amount of space reserved for objname but not yet used.

これは、パラメーターが指定されていない場合の既定のモードです。This is the default mode, when no parameters are specified. ディスク上のデータベースサイズ情報の詳細については、次の結果セットが返されます。The following result sets are returned detailing on-disk database size information.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
database_namedatabase_name nvarchar(128nvarchar(128) 現在のデータベースの名前。Name of the current database.
database_sizedatabase_size varchar (18)varchar(18) 現在のデータベースのサイズ (MB 単位)。Size of the current database in megabytes. database_sizeには、データファイルとログファイルの両方が含まれます。database_size includes both data and log files. データベースに MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイルグループがある場合は、ファイルグループ内のすべてのチェックポイントファイルのディスク上の合計サイズが含まれます。If the database has a MEMORY_OPTIMIZED_DATA filegroup, this includes the total on-disk size of all checkpoint files in the filegroup.
未割り当て領域unallocated space varchar (18)varchar(18) データベースオブジェクト用に予約されていないデータベース内の領域。Space in the database that has not been reserved for database objects. データベースに MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイルグループがある場合は、ファイルグループで状態が PRECREATED になっているチェックポイントファイルのディスク上の合計サイズが含まれます。If the database has a MEMORY_OPTIMIZED_DATA filegroup, this includes the total on-disk size of the checkpoint files with state PRECREATED in the filegroup.

データベース内のテーブルによって使用される領域: (この resultset には、ディスク使用量のテーブルごとのアカウンティングがないため、メモリ最適化テーブルは反映されません)Space used by tables in the database: (this resultset does not reflect memory-optimized tables, as there is no per-table accounting of disk usage)

列名Column name データ型Data type [説明]Description
確保reserved varchar (18)varchar(18) データベース内でオブジェクトによって割り当てられた領域の合計。Total amount of space allocated by objects in the database.
datadata varchar (18)varchar(18) データの使用領域の合計。Total amount of space used by data.
index_sizeindex_size varchar (18)varchar(18) インデックスによって使用されている領域の合計サイズ。Total amount of space used by indexes.
未使用unused varchar (18)varchar(18) データベース内のオブジェクト用に予約されている領域の合計サイズ。ただし、まだ使用されていません。Total amount of space reserved for objects in the database, but not yet used.

次の結果セットが返されるのは、データベースに少なくとも1つのコンテナーを含む MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイルグループがある場合のみです。The following result set is returned ONLY IF the database has a MEMORY_OPTIMIZED_DATA filegroup with at least one container:

列名Column name データ型Data type [説明]Description
xtp_precreatedxtp_precreated varchar (18)varchar(18) 状態が事前に作成されたチェックポイントファイルの合計サイズ (KB 単位)。Total size of checkpoint files with state PRECREATED, in KB. は、データベース全体の未割り当て領域にカウントされます。Counts towards the unallocated space in the database as a whole. たとえば、60万 KB の事前に作成されたチェックポイントファイルがある場合、この列には ' 60万 KB ' が含まれます。[For example, if there is 600,000 KB of precreated checkpoint files, this column contains '600000 KB']
xtp_usedxtp_used varchar (18)varchar(18) 構築中、アクティブ、およびマージターゲットの状態を持つチェックポイントファイルの合計サイズ (KB 単位)。Total size of checkpoint files with states UNDER CONSTRUCTION, ACTIVE, and MERGE TARGET, in KB. これは、メモリ最適化テーブルのデータに対してアクティブに使用されるディスク領域です。This is the disk space actively used for data in memory-optimized tables.
xtp_pending_truncationxtp_pending_truncation varchar (18)varchar(18) 状態 WAITING_FOR_LOG_TRUNCATION のチェックポイントファイルの合計サイズ (KB 単位)。Total size of checkpoint files with state WAITING_FOR_LOG_TRUNCATION, in KB. これは、ログの切り捨てが行われると、クリーンアップを待機しているチェックポイントファイルに使用されるディスク領域です。This is the disk space used for checkpoint files that are awaiting cleanup, once log truncation happens.

Objnameを省略した場合、oneresultset の値は1であり、 include_total_xtp_storageが1の場合は、現在のデータベースサイズ情報を提供するために、次の1つの結果セットが返されます。If objname is omitted, the value of oneresultset is 1, and include_total_xtp_storage is 1, the following single result set is returned to provide current database size information. include_total_xtp_storage 0 (既定値) の場合、最後の3つの列は省略されます。If include_total_xtp_storage is 0 (the default), the last three columns are omitted.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
database_namedatabase_name nvarchar(128nvarchar(128) 現在のデータベースの名前。Name of the current database.
database_sizedatabase_size varchar (18)varchar(18) 現在のデータベースのサイズ (MB 単位)。Size of the current database in megabytes. database_sizeには、データファイルとログファイルの両方が含まれます。database_size includes both data and log files. データベースに MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイルグループがある場合は、ファイルグループ内のすべてのチェックポイントファイルのディスク上の合計サイズが含まれます。If the database has a MEMORY_OPTIMIZED_DATA filegroup, this includes the total on-disk size of all checkpoint files in the filegroup.
未割り当て領域unallocated space varchar (18)varchar(18) データベースオブジェクト用に予約されていないデータベース内の領域。Space in the database that has not been reserved for database objects. データベースに MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイルグループがある場合は、ファイルグループで状態が PRECREATED になっているチェックポイントファイルのディスク上の合計サイズが含まれます。If the database has a MEMORY_OPTIMIZED_DATA filegroup, this includes the total on-disk size of the checkpoint files with state PRECREATED in the filegroup.
確保reserved varchar (18)varchar(18) データベース内でオブジェクトによって割り当てられた領域の合計。Total amount of space allocated by objects in the database.
datadata varchar (18)varchar(18) データの使用領域の合計。Total amount of space used by data.
index_sizeindex_size varchar (18)varchar(18) インデックスによって使用されている領域の合計サイズ。Total amount of space used by indexes.
未使用unused varchar (18)varchar(18) データベース内のオブジェクト用に予約されている領域の合計サイズ。ただし、まだ使用されていません。Total amount of space reserved for objects in the database, but not yet used.
xtp_precreatedxtp_precreated varchar (18)varchar(18) 状態が事前に作成されたチェックポイントファイルの合計サイズ (KB 単位)。Total size of checkpoint files with state PRECREATED, in KB. これは、データベース全体の未割り当て領域にカウントされます。This counts towards the unallocated space in the database as a whole. データベースに少なくとも1つのコンテナーを含む memory_optimized_data ファイルグループがない場合は、NULL を返します。Returns NULL if the database does not have a memory_optimized_data filegroup with at least one container. *この列は、= 1 @include_total_xtp_storageの場合にのみ含ま*れます。*This column is only included if @include_total_xtp_storage=1*.
xtp_usedxtp_used varchar (18)varchar(18) 構築中、アクティブ、およびマージターゲットの状態を持つチェックポイントファイルの合計サイズ (KB 単位)。Total size of checkpoint files with states UNDER CONSTRUCTION, ACTIVE, and MERGE TARGET, in KB. これは、メモリ最適化テーブルのデータに対してアクティブに使用されるディスク領域です。This is the disk space actively used for data in memory-optimized tables. データベースに少なくとも1つのコンテナーを含む memory_optimized_data ファイルグループがない場合は、NULL を返します。Returns NULL if the database does not have a memory_optimized_data filegroup with at least one container. *この列は、= 1 @include_total_xtp_storageの場合にのみ含ま*れます。*This column is only included if @include_total_xtp_storage=1*.
xtp_pending_truncationxtp_pending_truncation varchar (18)varchar(18) 状態 WAITING_FOR_LOG_TRUNCATION のチェックポイントファイルの合計サイズ (KB 単位)。Total size of checkpoint files with state WAITING_FOR_LOG_TRUNCATION, in KB. これは、ログの切り捨てが行われると、クリーンアップを待機しているチェックポイントファイルに使用されるディスク領域です。This is the disk space used for checkpoint files that are awaiting cleanup, once log truncation happens. データベースに少なくとも1つのコンテナーを含む memory_optimized_data ファイルグループがない場合は、NULL を返します。Returns NULL if the database does not have a memory_optimized_data filegroup with at least one container. この列は、の場合@include_total_xtp_storage=1にのみ含まれます。This column is only included if @include_total_xtp_storage=1.

解説Remarks

database_sizeは、ログファイルのサイズが含まれていますが、予約済みunallocated_spaceデータページのみを考慮しているため、予約 + された未割り当て領域の合計よりも常に大きくなります。database_size is always larger than the sum of reserved + unallocated space because it includes the size of log files, but reserved and unallocated_space consider only data pages.

XML インデックスとフルテキストインデックスによって使用されるページは、両方の結果セットのindex_sizeに含まれています。Pages that are used by XML indexes and full-text indexes are included in index_size for both result sets. Objnameを指定すると、オブジェクトの XML インデックスとフルテキストインデックスのページも、予約された結果とindex_sizeの結果の合計にカウントされます。When objname is specified, the pages for the XML indexes and full-text indexes for the object are also counted in the total reserved and index_size results.

空間インデックスを持つデータベースまたはオブジェクトに対して領域の使用量を計算する場合、 database_size予約済みindex_sizeなどの領域サイズの列には、空間インデックスのサイズが含まれます。If space usage is calculated for a database or an object that has a spatial index, the space-size columns, such as database_size, reserved, and index_size, include the size of the spatial index.

Updateusageを指定すると、 SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineはデータベース内のデータページをスキャンし、必要に応じて、各テーブルによって使用されるストレージ領域に関するカタログビュー allocation_units作成しますWhen updateusage is specified, the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine scans the data pages in the database and makes any required corrections to the sys.allocation_units and sys.partitions catalog views regarding the storage space used by each table. たとえば、インデックスが削除された後、テーブルの領域情報が最新でない可能性があります。There are some situations, for example, after an index is dropped, when the space information for the table may not be current. updateusageは、大規模なテーブルまたはデータベースで実行されるまでに時間がかかることがあります。updateusage can take some time to run on large tables or databases. Updateusageを使用するのは、返される値が正しくないと思われる場合と、プロセスがデータベース内の他のユーザーやプロセスに悪影響を与えない場合のみです。Use updateusage only when you suspect incorrect values are being returned and when the process will not have an adverse effect on other users or processes in the database. DBCC UPDATEUSAGE は、別に実行することもできます。If preferred, DBCC UPDATEUSAGE can be run separately.

注意

大きなインデックスを削除または再構築したり、大きなテーブルを削除しデータベース エンジンDatabase Engineたり切り捨てたりすると、では、トランザクションがコミットされるまで、実際のページの割り当て解除とそれに関連付けられているロックが延期されます。When you drop or rebuild large indexes, or drop or truncate large tables, the データベース エンジンDatabase Engine defers the actual page deallocations, and their associated locks, until after the transaction commits. 遅延削除操作では、割り当てられた領域はすぐに解放されません。Deferred drop operations do not release allocated space immediately. このため、大きなオブジェクトを削除または切り捨てた直後にsp_spaceusedによって返された値は、実際に使用可能なディスク領域を反映していない可能性があります。Therefore, the values returned by sp_spaceused immediately after dropping or truncating a large object may not reflect the actual disk space available.

アクセス許可Permissions

\*\*sp_spaceused\*\* の実行権限は、 \*\*public\*\* ロールに与えられています。Permission to execute **sp_spaceused** is granted to the **public** role. ** \*\*updateusage\*\* パラメーターを指定できるのは、\@db_owner\*\* 固定データベース ロールのメンバーだけです。Only members of the **db_owner** fixed database role can specify the **\@updateusage** parameter. ## Examples ### A.A. テーブルに関するディスク領域情報の表示Displaying disk space information about a table 次の例では、 `Vendor`テーブルとそのインデックスのディスク領域情報を報告します。The following example reports disk space information for the `Vendor` table and its indexes. ```sql USE AdventureWorks2012; GO EXEC sp_spaceused N'Purchasing.Vendor'; GO ``` ### B.B. データベースに関する更新された領域情報の表示Displaying updated space information about a database 次の例では、現在のデータベースで使用されている領域情報を要約し、省略可能なパラメーター `@updateusage` を使用して最新の値を取得します。The following example summarizes space used in the current database and uses the optional parameter `@updateusage` to ensure current values are returned. ```sql USE AdventureWorks008R2; GO EXEC sp_spaceused @updateusage = N'TRUE'; GO ``` ### C.C. Stretch が有効なテーブルに関連付けられているリモートテーブルに関する領域の使用状況に関する情報の表示Displaying space usage information about the remote table associated with a Stretch-enabled table 次の例では、 \*\* \@モード\*\*引数を使用してリモートターゲットを指定することにより、Stretch が有効なテーブルに関連付けられているリモートテーブルによって使用される領域の概要を示します。The following example summarizes the space used by the remote table associated with a Stretch-enabled table by using the **\@mode** argument to specify the remote target. 詳細については、「 [Stretch Database](../../sql-server/stretch-database/stretch-database.md)」を参照してください。For more info, see [Stretch Database](../../sql-server/stretch-database/stretch-database.md). ```sql USE StretchedAdventureWorks2016 GO EXEC sp_spaceused N'Purchasing.Vendor', @mode = 'REMOTE_ONLY' ``` ### D.D. 1つの結果セットでのデータベースの領域使用状況に関する情報の表示Displaying space usage information for a database in a single result set 次の例では、1つの結果セットにおける現在のデータベースの領域の使用状況を要約します。The following example summarizes space usage for the current database in a single result set. ```sql USE AdventureWorks2016 GO EXEC sp_spaceused @oneresultset = 1 ```

E.E. 1つの結果セットに少なくとも1つの MEMORY_OPTIMIZED ファイルグループを含むデータベースの領域使用状況に関する情報を表示するDisplaying space usage information for a database with at least one MEMORY_OPTIMIZED file group in a single result set

次の例では、1つの結果セットに少なくとも1つの MEMORY_OPTIMIZED ファイルグループを含む、現在のデータベースの領域の使用状況を要約します。The following example summarizes space usage for the current database with at least one MEMORY_OPTIMIZED file group in a single result set.

USE WideWorldImporters
GO
EXEC sp_spaceused @updateusage = 'FALSE', @mode = 'ALL', @oneresultset = '1', @include_total_xtp_storage = '1';
GO

F.F. データベース内の MEMORY_OPTIMIZED テーブルオブジェクトの領域使用状況に関する情報を表示します。Displaying space usage information for a MEMORY_OPTIMIZED table object in a database.

次の例では、現在のデータベースにある MEMORY_OPTIMIZED table オブジェクトの領域の使用状況を、少なくとも1つの MEMORY_OPTIMIZED ファイルグループと共に要約しています。The following example summarizes space usage for a MEMORY_OPTIMIZED table object in the current database with at least one MEMORY_OPTIMIZED file group.

USE WideWorldImporters
GO
EXEC sp_spaceused
@objname = N'VehicleTemparatures',
@updateusage = 'FALSE',
@mode = 'ALL',
@oneresultset = '0',
@include_total_xtp_storage = '1';
GO

参照See Also

CREATE INDEX (Transact-SQL) CREATE INDEX (Transact-SQL)
CREATE TABLE (Transact-sql) CREATE TABLE (Transact-SQL)
DBCC UPDATEUSAGE (Transact-sql) DBCC UPDATEUSAGE (Transact-SQL)
SQL Server Service Broker SQL Server Service Broker
allocation_units (Transact-sql) sys.allocation_units (Transact-SQL)
SQL)(Transact-sql のインデックス sys.indexes (Transact-SQL)
index_columns (Transact-sql) sys.index_columns (Transact-SQL)
sys (Transact-sql) sys.objects (Transact-SQL)
SQL)(Transact-sql のパーティション分割 sys.partitions (Transact-SQL)
システムストアドプロシージャ (Transact-sql)System Stored Procedures (Transact-SQL)