sp_unregistercustomresolver (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

以前に登録されたビジネスロジックモジュールの登録を解除します。 ビジネスロジックは、COM コンポーネントまたは .NET Framework アセンブリのいずれかの形式にすることができ Microsoft ます。 このストアド プロシージャは、カスタム ビジネス ロジックが登録されたディストリビューターで実行されます。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_unregistercustomresolver [ @article_resolver = ] 'article_resolver'   

引数

[ @article_resolver = ] 'article_resolver' 登録を解除するカスタムビジネスロジックの名前を指定します。 article_resolvernvarchar (255),、既定値はありません。 削除されるビジネスロジックが COM コンポーネントの場合、このパラメーターはコンポーネントのフレンドリ名です。 ビジネス ロジックが .NET Framework アセンブリの場合、このパラメーターはアセンブリの名前になります。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

コメント

sp_unregistercustomresolver は、マージレプリケーションで使用します。

レプリケーショントポロジ内の任意のサーバーで sp_enumcustomresolvers を使用して、トポロジで使用可能な登録済みカスタムビジネスロジックモジュールまたは COM 競合回避モジュールの一覧を返します。

アクセス許可

Sp_unregistercustomresolver を実行できるのは、固定サーバーロール sysadmin または固定データベースロール db_owner のメンバーだけです。

参照

sp_lookupcustomresolver (Transact-sql)
sp_registercustomresolver (Transact-sql)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)