sys.sp_cdc_disable_table (TRANSACT-SQL)sys.sp_cdc_disable_table (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

変更データ キャプチャの現在のデータベース内の指定したソース テーブルとキャプチャ インスタンスを無効にします。Disables change data capture for the specified source table and capture instance in the current database. 変更データ キャプチャは、 MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Serverのすべてのエディッションで使用できるわけではありません。Change data capture is not available in every edition of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。For a list of features that are supported by the editions of SQL ServerSQL Server, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sys.sp_cdc_disable_table   
  [ @source_schema = ] 'source_schema' ,   
  [ @source_name = ] 'source_name'  
  [ , [ @capture_instance = ] 'capture_instance' | 'all' ]  

引数Arguments

[ @source_schema = ] 'source\_schema' ソース テーブルが含まれているスキーマの名前です。[ @source_schema = ] 'source\_schema' Is the name of the schema in which the source table is contained. source_schemasysname、既定値はありません、NULL にすることはできません。source_schema is sysname, with no default, and cannot be NULL.

source_schema現在のデータベースに存在する必要があります。source_schema must exist in the current database.

[ @source_name = ] 'source\_name' 変更データ キャプチャが無効にするのには、ソース テーブルの名前です。[ @source_name = ] 'source\_name' Is the name of the source table from which change data capture is to be disabled. source_namesysname、既定値はありません、NULL にすることはできません。source_name is sysname, with no default, and cannot be NULL.

source_name現在のデータベースに存在する必要があります。source_name must exist in the current database.

[ @capture_instance = ] 'capture\_instance' | 'all' 指定したソース テーブルで無効にするキャプチャ インスタンスの名前です。[ @capture_instance = ] 'capture\_instance' | 'all' Is the name of the capture instance to disable for the specified source table. capture_instancesysname NULL にすることはできません。capture_instance is sysname and cannot be NULL.

'All' を指定した場合、すべてのキャプチャ インスタンスに対して定義されているsource_nameは無効になります。When 'all' is specified, all capture instances defined for source_name are disabled.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

なしNone

コメントRemarks

sys.sp_cdc_disable_table削除、変更データ キャプチャは、指定したソース テーブルとキャプチャ インスタンスに関連付けられているテーブルおよびシステム関数を変更します。sys.sp_cdc_disable_table drops the change data capture change table and system functions associated with the specified source table and capture instance. 変更データ キャプチャのシステム テーブルとセットから指定されたキャプチャ インスタンスに関連付けられたすべての行を削除、 is_tracked_by_cdc列、テーブル内のエントリ、 sys.tablesカタログ ビュー0 を返します。It deletes any rows associated with the specified capture instance from the change data capture system tables and sets the is_tracked_by_cdc column for the table entry in the sys.tables catalog view to 0.

アクセス許可Permissions

メンバーシップが必要です、 db_owner固定データベース ロール。Requires membership in the db_owner fixed database role.

使用例Examples

次の例を無効に変更データ キャプチャをHumanResources.Employeeテーブル。The following example disables change data capture for the HumanResources.Employee table.

USE AdventureWorks2012;  
GO  
EXECUTE sys.sp_cdc_disable_table   
    @source_schema = N'HumanResources',   
    @source_name = N'Employee',  
    @capture_instance = N'HumanResources_Employee';  

関連項目See Also

sys.sp_cdc_enable_table (TRANSACT-SQL)sys.sp_cdc_enable_table (Transact-SQL)