sys.sp_xtp_control_query_exec_stats (Transact-SQL)sys.sp_xtp_control_query_exec_stats (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

インスタンスに関するすべてのネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ、または特定のネイティブ コンパイル ストアド プロシージャのクエリごとの統計コレクションを有効にします。Enables per query statistics collection for all natively compiled stored procedures for the instance, or specific natively compiled stored procedures.

統計コレクションを有効にすると、パフォーマンスが低下します。Performance decreases when you enable statistics collection. 1つまたはいくつかのネイティブコンパイルストアドプロシージャのトラブルシューティングのみを行う必要がある場合は、ごく一部のネイティブコンパイルストアドプロシージャに対してのみ統計コレクションを有効にすることができます。If you only need to troubleshoot one, or a few natively compiled stored procedures, you can enabling statistics collection for just those few natively compiled stored procedures.

すべてのネイティブコンパイルストアドプロシージャのプロシージャレベルで統計コレクションを有効にするには、「 sys. sp_xtp_control_proc_exec_stats (transact-sql)」を参照してください。To enable statistics collection at the procedure level for all natively compiled stored procedures, see sys.sp_xtp_control_proc_exec_stats (Transact-SQL).

構文Syntax

sp_xtp_control_query_exec_stats [ [ @new_collection_value = ] collection_value ],  
[ [ @database_id = ] database_id   
[ , [ @xtp_object_id = ] procedure_id ] ,   
[ @old_collection_value] ]  

引数Arguments

@new_collection_value=*値*@new_collection_value = value
プロシージャレベルの統計コレクションが on (1) か off (0) かを指定します。Determines whether procedure-level statistics collection is on (1) or off (0).

@new_collection_valueは、の起動時にSQL ServerSQL Server 0 に設定されます。@new_collection_value is set to zero when SQL ServerSQL Server starts.

@database_id= = database_id、 @xtp_object_id = procedure_id@database_id = = database_id, @xtp_object_id = procedure_id
ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャのデータベース ID とオブジェクト ID。The database ID and object ID for the natively compiled stored procedure. インスタンスに対して統計コレクションが有効になっている場合 (sp_xtp_control_proc_exec_stats (transact-sql))、ネイティブコンパイルストアドプロシージャの統計情報が収集されます。If statistics collection is enabled for the instance (sys.sp_xtp_control_proc_exec_stats (Transact-SQL)), statistics on a natively compiled stored procedure are collected. インスタンスの統計情報の収集をオフにしても、個々のネイティブコンパイルストアドプロシージャの統計コレクションは無効になりません。Turning off statistics collection on the instance does not turn off statistics collection for individual natively compiled stored procedures.

Transact-sql )sys. プロシージャを使用して transact-sql)を (DB_ID (transact-sql)を使用するか、transact-sql OBJECT_IDを (して、データベースとストアドプロシージャの id を取得 (ます。Use sys.databases (Transact-SQL), sys.procedures (Transact-SQL), DB_ID (Transact-SQL), or OBJECT_ID (Transact-SQL) to get IDs for a database and stored procedure.

@old_collection_value=*値*@old_collection_value = value
現在の状態を返します。Returns the current status.

リターンコードReturn Code

成功した場合は 0。0 for success. エラーの場合は0以外の。Nonzero for failure.

アクセス許可Permissions

固定 sysadmin ロールのメンバーシップが必要です。Requires membership in the fixed sysadmin role.

サンプル コードCode Sample

次のコードサンプルは、インスタンスのすべてのネイティブコンパイルストアドプロシージャの統計コレクションと、特定のネイティブコンパイルストアドプロシージャの統計コレクションを有効にする方法を示しています。The following code sample shows how to enable statistics collection for all natively compiled stored procedures for the instance and then for a specific natively compiled stored procedure.

DECLARE @c bit  
  
EXEC [sys].[sp_xtp_control_query_exec_stats] @new_collection_value = 1;  
  
EXEC sp_xtp_control_query_exec_stats @old_collection_value=@c output;  
SELECT @c AS 'collection status';  
  
EXEC [sys].[sp_xtp_control_query_exec_stats] @new_collection_value = 1,   
@database_id = 5, @xtp_object_id = 341576255;  
  
EXEC sp_xtp_control_query_exec_stats @database_id = 5,   
@xtp_object_id = 341576255, @old_collection_value=@c output;  
  
SELECT @c AS 'collection status';  

参照See Also

システムストアドプロシージャ (Transact-sql) System Stored Procedures (Transact-SQL)
インメモリ OLTP (インメモリ最適化)In-Memory OLTP (In-Memory Optimization)