sys.sp_xtp_unbind_db_resource_pool (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このシステム 手順では、メモリ使用量を追跡する目的で、データベースとリソース プール間の既存のバインド インメモリ OLTP を削除します。 指定したデータベースに現在バインドされたプールがない場合、成功が返されます。 データベースが非インバウンドの場合、メモリ最適化オブジェクト用に以前に割り当てられたメモリは、前のリソース プールに割り当てられたままです。 割り当てられたメモリを解放するには、データベースを再起動する必要があります。 データベースがリソース プールからバインド解除された後、バインドは DEFAULT リソース プールにバインドされます。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

sys.sp_xtp_unbind_db_resource_pool 'database_name'  

引数

database_name
既存の有効なデータベース インメモリ OLTP の名前。

パラメーター

メッセージ

データベースが名前付きリソース プールにバインドされている場合、プロシージャは正常にを返します。 ただし、バインド解除を有効にするには、データベースを再起動する必要があります。
指定したデータベースに既存のバインドが存在しない場合、sp_xtp_unbind_db_resource_pool は正常に終了しますが、次のような情報メッセージが表示されます。

Msg 41374, Level 16, State 1, Procedure sp_xtp_unbind_db_resource_pool_internal, Line 140.  
Database 'Hekaton_DB' does not have a binding to a resource pool.  
  

次のコードは、バインドされたインメモリ OLTP リソース プールからデータベース Hekaton_DB をバインド解除します。 Hekaton_DB がインメモリ OLTP リソース プールに現在バインドされていない場合、メッセージが表示されます。 バインドの解除を有効にするにはデータベースを再起動する必要があります。

sys.sp_xtp_unbind_db_resource_pool 'Hekaton_DB'  

必要条件

  • で指定されたデータベース database_name には、リソース プールへのバインドが インメモリ OLTP 必要です。

  • CONTROL SERVER 権限が必要です。

参照

データベースを作成してリソース プールにバインドする方法については、「
sys.sp_xtp_bind_db_resource_pool (Transact-SQL)