テーブルのバックアップと復元 (Transact-sql)Backup and Restore Tables (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure Synapse Analytics (SQL DW) XParallel Data Warehouse APPLIES TO: YesSQL Server NoAzure SQL Database NoAzure Synapse Analytics (SQL DW) NoParallel Data Warehouse

このセクションのトピックでは、データベースのバックアップ操作と復元操作で使用される情報を格納するシステムテーブルについて説明します。The topics in this section describe the system tables that store information used by database backup and restore operations.

このセクションの内容In This Section

backupfilebackupfile
データベースの各データまたは各ログ ファイルに対して 1 行のデータを格納します。Contains one row for each data or log file of a database.

backupfilegroupbackupfilegroup
バックアップ時に、データベース内のファイルグループごとに1行のデータを格納します。Contains one row for each filegroup in a database at the time of backup.

backupmediafamilybackupmediafamily
メディア ファミリごとに 1 行のデータを格納します。Contains a row for each media family.

backupmediasetbackupmediaset
バックアップ メディア セットごとに 1 行のデータを格納します。Contains one row for each backup media set.

backupsetbackupset
バックアップ セットごとに 1 行のデータを格納します。Contains a row for each backup set.

logmarkhistorylogmarkhistory
予約されているマークされたトランザクションごとに1行のレコードを格納します。Contains one row for each marked transaction that has been committed.

restorefilerestorefile
復元されたファイルごとに 1 行のデータを格納します。Contains one row for each restored file. これには、ファイルグループ名によって間接的に復元されるファイルが含まれます。These include files restored indirectly by filegroup name.

restorefilegrouprestorefilegroup
復元されたファイル グループごとに 1 行のデータを格納します。Contains one row for each restored filegroup.

restorehistoryrestorehistory
復元操作ごとに 1 行のデータを格納します。Contains one row for each restore operation.

suspect_pagessuspect_pages
824エラーで失敗したページごとに1行の行が含まれています (上限は1000行)。Contains one row per page that failed with an 824 error (with a limit of 1,000 rows).

sysopentapessysopentapes
現在開いているテープ デバイスごとに 1 行のデータを格納します。Contains one row for each currently open tape device.