テーブルのバックアップと復元 (Transact-sql SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このセクションのトピックでは、データベースのバックアップ操作と復元操作で使用される情報を格納するシステムテーブルについて説明します。

このセクションの内容

backupfile
データベースの各データまたは各ログ ファイルに対して 1 行のデータを格納します。

backupfilegroup
バックアップ時に、データベース内のファイルグループごとに1行のデータを格納します。

backupmediafamily
メディア ファミリごとに 1 行のデータを格納します。

backupmediaset
バックアップ メディア セットごとに 1 行のデータを格納します。

backupset
バックアップ セットごとに 1 行のデータを格納します。

logmarkhistory
予約されているマークされたトランザクションごとに1行のレコードを格納します。

restorefile
復元されたファイルごとに 1 行のデータを格納します。 これには、ファイルグループ名によって間接的に復元されるファイルが含まれます。

restorefilegroup
復元されたファイル グループごとに 1 行のデータを格納します。

restorehistory
復元操作ごとに 1 行のデータを格納します。

suspect_pages
824エラーで失敗したページごとに1行の行が含まれています (上限は1000行)。

sysopentapes
現在開いているテープ デバイスごとに 1 行のデータを格納します。