backupfile (Transact-sql SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

データベースの各データまたは各ログ ファイルに対して 1 行のデータを格納します。 各列では、バックアップ作成時のファイル構成の詳細が示されます。 ファイルがバックアップに含まれるかどうかは、 is_present 列によって決まります。 このテーブルは、 msdb データベースに格納されます。

列名 データ型 説明
backup_set_id int バックアップ セットを格納するファイルの一意な識別番号。 Backupset (backup_set_id) を参照します。
first_family_number tinyint このバックアップファイルが含まれている最初のメディアのファミリ番号。 NULL にすることができます。
first_media_number smallint バックアップ ファイルが保存されている先頭のメディアのメディア番号。 NULL にすることができます。
filegroup_name nvarchar(128) バックアップされたデータベースファイルを含むファイルグループの名前。 NULL にすることができます。
page_size int ページのサイズ (バイト単位)。
file_number numeric (10, 0) データベース内で一意なファイル識別番号 ( sys.database_files に対応します。file_id)。
backed_up_page_count numeric (10, 0) バックアップされたページ数。 NULL にすることができます。
file_type char(1) バックアップされたファイル。次のいずれかです。

D = SQL Server データ ファイル

L = SQL Server ログファイル。

F = フルテキスト カタログ

NULL にすることができます。
source_file_block_size numeric (10, 0) バックアップ時に元のデータファイルまたはログファイルが格納されていたデバイス。 NULL にすることができます。
file_size numeric(20,0) バックアップされたファイルの長さ (バイト単位)。 NULL にすることができます。
logical_name nvarchar(128) バックアップされたファイルの論理名。 NULL にすることができます。
physical_drive nvarchar(260) 物理ドライブまたはパーティション名。 NULL にすることができます。
physical_name nvarchar(260) 残りの物理 (オペレーティングシステム) ファイル名。 NULL にすることができます。
state tinyint ファイルの状態。次のいずれかになります。

0 = ONLINE

1 = 復元中

2 = 回復中

3 = RECOVERY PENDING

4 = 問題あり

6 = OFFLINE

7 = DEFUNCT

8 = ドロップされました

注: 値5はスキップされるので、これらの値はデータベースの状態の値に対応します。
state_desc nvarchar (64) ファイルの状態の説明。次のいずれかになります。

ONLINE RESTORING

RECOVERING

RECOVERY_PENDING

SUSPECT OFFLINE DEFUNCT
create_lsn numeric(25,0) ファイルが作成されたときのログ シーケンス番号。
drop_lsn numeric(25,0) ファイルが削除されたときのログ シーケンス番号。 NULL にすることができます。

ファイルが削除されていない場合、この値は NULL です。
file_guid uniqueidentifier ファイルの一意識別子。
read_only_lsn numeric(25,0) このファイルを含むファイル グループが、前回読み書き可能から読み取り専用に変更されたときのログ シーケンス番号。 NULL にすることができます。
read_write_lsn numeric(25,0) このファイルを含むファイル グループが、前回読み取り専用から読み書き可能に変更されたときのログ シーケンス番号。 NULL にすることができます。
differential_base_lsn numeric(25,0) 差分バックアップのベース LSN。 差分バックアップには、 以上のログ シーケンス番号を持つデータ エクステント differential_base_lsn。

その他の種類のバックアップの場合、この値は NULL です。
differential_base_guid uniqueidentifier 差分バックアップの場合、ファイルの差分ベースとなる最新のデータ バックアップの一意識別子。この値が NULL の場合、ファイルは差分バックアップに含まれますが、ベースの作成後に追加されています。

その他の種類のバックアップの場合、この値は NULL です。
backup_size numeric(20,0) このファイルのバックアップ サイズ (バイト単位)。
filegroup_guid uniqueidentifier ファイル グループの ID。 backupfilegroup テーブル内のファイル グループ情報を検索するには、 で filegroup_guid****を backup_set_id。
is_readonly bit 1 = ファイルは読み取り専用です。
is_present bit 1 = ファイルはバックアップ セットに含まれる。

注釈

RESTORE VERIFYONLY FROM backup_device WITH LOADHISTORY を使用すると 、backupmediaset テーブルの列に、メディア セット ヘッダーの適切な値が設定されます。

このテーブルおよび他のバックアップ テーブルおよび履歴テーブル内の行数を減らすには、次の sp_delete_backuphistoryを実行 します。

参照

Transact-(テーブルのバックアップと復元SQL)
backupfilegroup (Transact-SQL)
backupmediafamily (Transact-SQL)
backupmediaset (Transact-SQL)
backupset (Transact-SQL)
システム テーブル (Transact-SQL)