backupset (Transact-sql)backupset (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure Synapse Analytics (SQL DW) ○Parallel Data Warehouse APPLIES TO: YesSQL Server NoAzure SQL Database NoAzure Synapse Analytics (SQL DW) YesParallel Data Warehouse

バックアップ セットごとに 1 行のデータを格納します。Contains a row for each backup set. *バックアップ セット* には、正常に終了した 1 つのバックアップ操作のバックアップが含まれます。A backup set contains the backup from a single, successful backup operation. RESTORE、RESTORE FILELISTONLY、RESTORE HEADERONLY、および RESTORE VERIFYONLY ステートメントは、単一または複数の指定バックアップ デバイス上のメディア セット内にある単一のバックアップ セットに対して機能します。RESTORE, RESTORE FILELISTONLY, RESTORE HEADERONLY, and RESTORE VERIFYONLY statements operate on a single backup set within the media set on the specified backup device or devices.

このテーブルは、 msdbデータベースに格納されます。This table is stored in the msdb database.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
backup_set_idbackup_set_id intint バックアップセットを識別する一意のバックアップセット識別番号。Unique backup set identification number that identifies the backup set. Id、主キー。Identity, primary key.
backup_set_uuidbackup_set_uuid UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier バックアップセットを識別する一意のバックアップセット識別番号。Unique backup set identification number that identifies the backup set.
media_set_idmedia_set_id intint バックアップセットを含むメディアセットを識別する一意のメディアセット識別番号。Unique media set identification number that identifies the media set containing the backup set. Backupmediaset (media_set_id) を参照します。References backupmediaset(media_set_id).
first_family_numberfirst_family_number tinyinttinyint バックアップセットが開始されるメディアのファミリ番号。Family number of the media where the backup set starts. NULL にすることができます。Can be NULL.
first_media_numberfirst_media_number smallintsmallint バックアップセットが開始されるメディアのメディア番号。Media number of the media where the backup set starts. NULL にすることができます。Can be NULL.
last_family_numberlast_family_number tinyinttinyint バックアップ セットの最終メディアのファミリ番号。Family number of the media where the backup set ends. NULL にすることができます。Can be NULL.
last_media_numberlast_media_number smallintsmallint バックアップ セットの最終メディアのメディア番号。Media number of the media where the backup set ends. NULL にすることができます。Can be NULL.
catalog_family_numbercatalog_family_number tinyinttinyint バックアップ セット ディレクトリの先頭を含むメディアのファミリ番号。Family number of the media containing the start of the backup set directory. NULL にすることができます。Can be NULL.
catalog_media_numbercatalog_media_number smallintsmallint バックアップ セット ディレクトリの先頭を含むメディアのメディア番号。Media number of the media containing the start of the backup set directory. NULL にすることができます。Can be NULL.
移動position intint 適切なバックアップセットとファイルを検索するために復元操作で使用されるバックアップセットの位置。Backup set position used in the restore operation to locate the appropriate backup set and files. NULL にすることができます。Can be NULL. 詳細については、「FILE in BACKUP (transact-sql)」を参照してください。For more information, see FILE in BACKUP (Transact-SQL).
expiration_dateexpiration_date DATETIMEdatetime バックアップ セットの期限が切れる日付と時刻。Date and time the backup set expires. NULL にすることができます。Can be NULL.
software_vendor_idsoftware_vendor_id intint バックアップ メディア ヘッダーを記述するソフトウェア ベンダーの識別番号。Identification number of the software vendor writing the backup media header. NULL にすることができます。Can be NULL.
namename nvarchar(128nvarchar(128) バックアップ セットの名前。Name of the backup set. NULL にすることができます。Can be NULL.
記述description nvarchar(255)nvarchar(255) バックアップセットの説明です。Description of the backup set. NULL にすることができます。Can be NULL.
user_nameuser_name nvarchar(128nvarchar(128) バックアップ操作を実行するユーザー名。Name of the user performing the backup operation. NULL にすることができます。Can be NULL.
software_major_versionsoftware_major_version tinyinttinyint MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Serverメジャーバージョン番号。SQL ServerSQL Server major version number. NULL にすることができます。Can be NULL.
software_minor_versionsoftware_minor_version tinyinttinyint
SQL ServerSQL Server のマイナー バージョン番号。SQL ServerSQL Server minor version number. NULL にすることができます。Can be NULL.
software_build_versionsoftware_build_version smallintsmallint SQL ServerSQL Serverビルド番号。build number. NULL にすることができます。Can be NULL.
time_zonetime_zone smallintsmallint 現地時刻 (バックアップ操作が実行されている場所) と世界協定時刻 (UTC) の差 (15 分間隔)。Difference between local time (where the backup operation is taking place) and Coordinated Universal Time (UTC) in 15-minute intervals. 値は、-48 ~ + 48 の範囲で指定できます。Values can be -48 through +48, inclusive. 値 127 は、不明な状態を表します。A value of 127 indicates unknown. たとえば、-20 は東部標準時刻 (EST) を表し、これは UTC の 5 時間前にあたります。For example, -20 is Eastern Standard Time (EST) or five hours after UTC. NULL にすることができます。Can be NULL.
mtf_minor_versionmtf_minor_version tinyinttinyint
MicrosoftMicrosoft Tape Format のマイナー バージョン番号。MicrosoftMicrosoft Tape Format minor version number. NULL にすることができます。Can be NULL.
first_lsnfirst_lsn 数値 (25, 0)numeric(25,0) バックアップセット内の最初または最も古いログレコードのログシーケンス番号。Log sequence number of the first or oldest log record in the backup set. NULL にすることができます。Can be NULL.
last_lsnlast_lsn 数値 (25, 0)numeric(25,0) バックアップ セットの次のログ レコードのログ シーケンス番号。Log sequence number of the next log record after the backup set. NULL にすることができます。Can be NULL.
checkpoint_lsncheckpoint_lsn 数値 (25, 0)numeric(25,0) 再実行を開始する必要があるログ レコードのログ シーケンス番号。Log sequence number of the log record where redo must start. NULL にすることができます。Can be NULL.
database_backup_lsndatabase_backup_lsn 数値 (25, 0)numeric(25,0) データベース全体の最新バックアップのログ シーケンス番号。Log sequence number of the most recent full database backup. NULL にすることができます。Can be NULL.

database_backup_lsnは、バックアップの開始時にトリガーされる "チェックポイントの開始" です。database_backup_lsn is the "begin of checkpoint" that is triggered when the backup starts. データベースがアイドル状態で、レプリケーションが構成されていないときにバックアップが実行された場合、この LSN はfirst_lsnと一致します。This LSN will coincide with first_lsn if the backup is taken when the database is idle and no replication is configured.
database_creation_datedatabase_creation_date DATETIMEdatetime データベースが最初に作成された日付と時刻。Date and time the database was originally created. NULL にすることができます。Can be NULL.
backup_start_datebackup_start_date DATETIMEdatetime バックアップ操作が開始された日付と時刻。Date and time the backup operation started. NULL にすることができます。Can be NULL.
backup_finish_datebackup_finish_date DATETIMEdatetime バックアップ操作が終了した日付と時刻。Date and time the backup operation finished. NULL にすることができます。Can be NULL.
typetype char (1)char(1) バックアップの種類。Backup type. 次の値をとります。Can be:

D = データベースD = Database

I = データベースの差分I = Differential database

L = ログL = Log

F = ファイルまたはファイル グループF = File or filegroup

G = ファイルの差分G =Differential file

P = 部分的P = Partial

Q = 部分的な差分Q = Differential partial

NULL にすることができます。Can be NULL.
sort_ordersort_order smallintsmallint バックアップ操作を実行するサーバーの並べ替え順。Sort order of the server performing the backup operation. NULL にすることができます。Can be NULL. 並べ替え順序と照合順序の詳細については、「照合順序と Unicode のサポート」を参照してください。For more information about sort orders and collations, see Collation and Unicode Support.
code_pagecode_page smallintsmallint バックアップ操作を実行するサーバーのコードページです。Code page of the server performing the backup operation. NULL にすることができます。Can be NULL. コードページの詳細については、「照合順序と Unicode のサポート」を参照してください。For more information about code pages, see Collation and Unicode Support.
compatibility_levelcompatibility_level tinyinttinyint データベースの互換性レベルの設定。Compatibility level setting for the database. 次の値をとります。Can be:

90 =SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)90 = SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)

100 =SQL Server 2008SQL Server 2008100 = SQL Server 2008SQL Server 2008

110 =SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x)110 = SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x)

120 =SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x)120 = SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x)

NULL にすることができます。Can be NULL.

互換性レベルの詳細については、「ALTER DATABASE 互換性レベル (Transact-SQL)」を参照してください。For more information about compatibility levels, see ALTER DATABASE Compatibility Level (Transact-SQL).
database_versiondatabase_version intint データベースのバージョン番号。Database version number. NULL にすることができます。Can be NULL.
backup_sizebackup_size numeric (20, 0)numeric(20,0) バックアップ セットのサイズ (バイト単位)。Size of the backup set, in bytes. NULL にすることができます。Can be NULL. VSS バックアップの場合、backup_size は推定値です。For VSS backups, backup_size is an estimated value.
database_namedatabase_name nvarchar(128nvarchar(128) バックアップ操作に関係するデータベース名。Name of the database involved in the backup operation. NULL にすることができます。Can be NULL.
server_nameserver_name nvarchar(128nvarchar(128)
SQL ServerSQL Server バックアップ操作を実行しているサーバー名。Name of the server running the SQL ServerSQL Server backup operation. NULL にすることができます。Can be NULL.
machine_namemachine_name nvarchar(128nvarchar(128)
SQL ServerSQL Serverを実行しているコンピューターの名前。Name of the computer running SQL ServerSQL Server. NULL にすることができます。Can be NULL.
示すflags intint SQL ServerSQL Serverは、 flags列は非推奨とされており、次のビット列に置き換えられています。In SQL ServerSQL Server, the flags column has been deprecated and is being replaced with the following bit columns:

has_bulk_logged_datahas_bulk_logged_data
is_snapshotis_snapshot
is_readonlyis_readonly
is_single_useris_single_user
has_backup_checksumshas_backup_checksums
is_damagedis_damaged
begins_log_chainbegins_log_chain
has_incomplete_metadatahas_incomplete_metadata
is_force_offlineis_force_offline
is_copy_onlyis_copy_only

NULL にすることができます。Can be NULL.

以前のバージョンののSQL ServerSQL Serverバックアップセットでは、フラグビット:In backup sets from earlier versions of SQL ServerSQL Server, flag bits:
1 = バックアップには最小限のログ データが含まれている。1 = Backup contains minimally logged data.
2 = WITH SNAPSHOT が使用されました。2 = WITH SNAPSHOT was used.
4 = バックアップ時にデータベースは読み取り専用でした。4 = Database was read-only at the time of backup.
8 = バックアップ時にデータベースがシングルユーザーモードになっています。8 = Database was in single-user mode at the time of backup.
unicode_localeunicode_locale intint Unicode ロケール。Unicode locale. NULL にすることができます。Can be NULL.
unicode_compare_styleunicode_compare_style intint Unicode 比較スタイル。Unicode compare style. NULL にすることができます。Can be NULL.
collation_namecollation_name nvarchar(128nvarchar(128) 照合順序名。Collation name. NULL にすることができます。Can be NULL.
Is_password_protectedIs_password_protected bitbit バックアップセットです。Is the backup set

保護されたパスワード:password protected:

0 = 保護されていない0 = Not protected

1 = 保護されている1 = Protected
recovery_modelrecovery_model nvarchar (60)nvarchar(60) データベースの復旧モデル。Recovery model for the database:

FULLFULL

BULK-LOGGEDBULK-LOGGED

SIMPLESIMPLE
has_bulk_logged_datahas_bulk_logged_data bitbit 1 = バックアップには一括ログデータが含まれます。1 = Backup contains bulk-logged data.
is_snapshotis_snapshot bitbit 1 = バックアップは、SNAPSHOT オプションを使用して作成されました。1 = Backup was taken using the SNAPSHOT option.
is_readonlyis_readonly bitbit 1 = バックアップ時にデータベースは読み取り専用でした。1 = Database was read-only at the time of backup.
is_single_useris_single_user bitbit 1 = データベースはバックアップ時にシングルユーザーでした。1 = Database was single-user at the time of backup.
has_backup_checksumshas_backup_checksums bitbit 1 = バックアップ チェックサムを含むバックアップ。1 = Backup contains backup checksums.
is_damagedis_damaged bitbit 1 = バックアップの作成時、データベースの損傷が検出された。1 = Damage to the database was detected when this backup was created. エラーに関係なくバックアップ操作の続行が要求されました。The backup operation was requested to continue despite errors.
begins_log_chainbegins_log_chain bitbit 1 = 連鎖的なログ バックアップの先頭。1 = This is the first in a continuous chain of log backups. ログチェーンは、データベースを作成した後、または単純復旧モデルから完全復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルに切り替えた後に作成された最初のログバックアップから始まります。A log chain begins with the first log backup taken after the database is created or when it is switched from the simple to the full or bulk-logged recovery model.
has_incomplete_metadatahas_incomplete_metadata bitbit 1 = 不完全なメタデータでのログ末尾のバックアップ。1 = A tail log backup with incomplete metadata. 詳細については、「ログ末尾のバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Tail-Log Backups (SQL Server).
is_force_offlineis_force_offline bitbit 1 = バックアップ時、データベースが NORECOVERY オプションによってオフラインにされた。1 = Database was taken offline using the NORECOVERY option when the backup was taken.
is_copy_onlyis_copy_only bitbit 1 = コピーのみのバックアップ。1 = A copy-only backup. 詳細については、「コピーのみのバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Copy-Only Backups (SQL Server).
first_recovery_fork_guidfirst_recovery_fork_guid UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier 開始復旧分岐の ID。ID of the starting recovery fork. これは、RESTORE HEADERONLY のFirstrecoveryforkidに対応しています。This corresponds to FirstRecoveryForkID of RESTORE HEADERONLY.

データバックアップの場合、 first_recovery_fork_guidlast_recovery_fork_guidと同じになります。For data backups, first_recovery_fork_guid equals last_recovery_fork_guid.
last_recovery_fork_guidlast_recovery_fork_guid UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier 終了する復旧分岐の ID。ID of the ending recovery fork. これは、RESTORE HEADERONLY のRecoveryforkidに対応しています。This corresponds to RecoveryForkID of RESTORE HEADERONLY.

データバックアップの場合、 first_recovery_fork_guidlast_recovery_fork_guidと同じになります。For data backups, first_recovery_fork_guid equals last_recovery_fork_guid.
fork_point_lsnfork_point_lsn 数値 (25, 0)numeric(25,0) First_recovery_fork_guidlast_recovery_fork_guidと等しくない場合、これは分岐ポイントのログシーケンス番号です。If first_recovery_fork_guid is not equal to last_recovery_fork_guid, this is the log sequence number of the fork point. それ以外の場合は NULL になります。Otherwise, the value is NULL.
database_guiddatabase_guid UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier データベースの一意の ID。Unique ID for the database. これは、RESTORE HEADERONLY のBindingidに対応します。This corresponds to BindingID of RESTORE HEADERONLY. データベースが復元されると、新しい値が割り当てられます。When the database is restored, a new value is assigned.
family_guidfamily_guid UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier 作成時の元のデータベースの一意の ID。Unique ID of the original database at creation. この値は、データベースが復元されるときに、別の名前であっても変わりません。This value remains the same when the database is restored, even to a different name.
differential_base_lsndifferential_base_lsn 数値 (25, 0)numeric(25,0) 差分バックアップのベース LSN。Base LSN for differential backups. 単一ベースの差分バックアップの場合Lsn がdifferential_base_lsn以上の変更が、差分バックアップに含まれています。For a single-based differential backup; changes with LSNs greater than or equal to differential_base_lsn are included in the differential backup.

マルチベースの差分では、値は NULL で、ベース LSN はファイルレベルで決定する必要があります (「 backupfile (transact-sql)」を参照してください)。For a multibased differential, the value is NULL, and the base LSN must be determined at the file level (see backupfile (Transact-SQL)).

差分以外のバックアップの種類の場合、値は常に NULL になります。For nondifferential backup types, the value is always NULL.
differential_base_guiddifferential_base_guid UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier シングル ベースの差分バックアップの場合は、差分ベースの一意識別子。For a single-based differential backup, the value is the unique identifier of the differential base.

マルチ ベースの差分バックアップの場合は NULL。差分のベースはファイル レベルで決定される必要があります。For multibased differentials, the value is NULL, and the differential base must be determined at the file level.

差分以外のバックアップの種類の場合、値は NULL になります。For nondifferential backup types, the value is NULL.
compressed_backup_sizecompressed_backup_size Numeric (20, 0)Numeric(20,0) ディスクに格納されたバックアップの総バイト数。Total Byte count of the backup stored on disk.

圧縮比率を計算するには、 compressed_backup_sizebackup_sizeを使用します。To calculate the compression ratio, use compressed_backup_size and backup_size.

この値は、 msdbのアップグレード中に NULL に設定されます。During an msdb upgrade, this value is set to NULL. これは圧縮されていないバックアップを示します。which indicates an uncompressed backup.
key_algorithmkey_algorithm nvarchar (32)nvarchar(32) バックアップの暗号化に使用される暗号化アルゴリズム。The encryption algorithm used to encrypt the backup. NO_Encryption 値は、バックアップが暗号化されていないことを示しています。NO_Encryption value indicated that the backup was not encrypted.
encryptor_thumbprintencryptor_thumbprint varbinary (20)varbinary(20) データベースに保存されている証明書や非対称キーを検索するために使用される暗号化機能の拇印。The thumbprint of the encryptor which can be used to find certificate or the asymmetric key in the database. バックアップが暗号化されていない場合、この値は NULL になります。In the case where the backup was not encrypted, this value is NULL.
encryptor_typeencryptor_type nvarchar (32)nvarchar(32) 使用される暗号化機能の種類 (証明書または非対称キー)。The type of encryptor used: Certificate or Asymmetric Key. .. バックアップが暗号化されていない場合、この値は NULL になります。In the case where the backup was not encrypted, this value is NULL.

解説Remarks

LOADHISTORY を使用したbackup_deviceからの RESTORE verifyonly は、 backupmediasetテーブルの列に、メディアセットヘッダーからの適切な値を設定します。RESTORE VERIFYONLY FROM backup_device WITH LOADHISTORY populates the column of the backupmediaset table with the appropriate values from the media-set header.

このテーブルおよびその他のバックアップテーブルと履歴テーブルの行の数を減らすには、 sp_delete_backuphistoryストアドプロシージャを実行します。To reduce the number of rows in this table and in other backup and history tables, execute the sp_delete_backuphistory stored procedure.

参照See Also

Transact-sql)(のテーブルのバックアップと復元 Backup and Restore Tables (Transact-SQL)
backupfile (Transact-sql) backupfile (Transact-SQL)
backupfilegroup (Transact-sql) backupfilegroup (Transact-SQL)
backupmediafamily (Transact-sql) backupmediafamily (Transact-SQL)
backupmediaset (Transact-sql) backupmediaset (Transact-SQL)
バックアップおよび復元中に発生する可能性のあるメディアエラー (SQL Server) Possible Media Errors During Backup and Restore (SQL Server)
メディアセット、メディアファミリ、およびバックアップセット (SQL Server) Media Sets, Media Families, and Backup Sets (SQL Server)
復旧モデル (SQL Server) Recovery Models (SQL Server)
RESTORE HEADERONLY (Transact-sql) RESTORE HEADERONLY (Transact-SQL)
Transact-sql)(のテーブルのバックアップと復元Backup and Restore Tables (Transact-SQL)