log_shipping_secondary_databases (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

セカンダリ データベースごとに 1 つのレコードをログ配布構成に格納します。 このテーブルは msdb データベースに格納 されます。

列名 データ型 説明
secondary_database sysname ログ配布構成のセカンダリ データベースの名前。
secondary_id uniqueidentifier ログ配布構成におけるセカンダリ サーバーの ID。
restore_delay int セカンダリ サーバーが特定のバックアップ ファイルを復元するまでに待機する時間 (分)。 既定値は、0 分です。
restore_all bit 1 に設定すると、復元ジョブの実行時に、セカンダリ サーバーによって使用可能なすべてのトランザクション ログ バックアップが復元されます。 それ以外の場合は、1 つのファイルが復元された後に停止します。
restore_mode bit セカンダリ データベースの復元モード。

0 = NORECOVERY を使用してログを復元します。

1 = STANDBY を使用してログを復元します。
disconnect_users bit 1 に設定すると、復元操作が実行されると、ユーザーはセカンダリ データベースから切断されます。 既定値は 0 です。
block_size int バックアップ デバイスのブロック サイズとして使用されるサイズ (バイト単位)。
buffer_count int バックアップまたは復元操作で使用されるバッファーの総数。
max_transfer_size int バックアップ デバイスに対して によって発行される最大入力または出力要求のサイズ (バイト Microsoft SQL Server 単位)。
last_restored_file nvarchar(500) セカンダリ データベースに復元された最後のバックアップ ファイルのファイル名。
last_restored_date datetime セカンダリ データベースでの最後の復元操作の日時。

参照

ログ配布について (SQL Server)
sp_add_log_shipping_secondary_database (Transact-SQL)
sp_delete_log_shipping_secondary_database (Transact-SQL)
sp_help_log_shipping_secondary_database (Transact-SQL)
log_shipping_secondary (Transact-SQL)
システム テーブル (Transact-SQL)