restorefile (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

復元されたファイルごとに 1 行のデータを格納します。復元されたファイルには、ファイル グループ名から間接的に復元されたものも含まれます。 このテーブルは msdb データベースに格納 されます。

列名 データ型 説明
restore_history_id int 対応する復元操作を特定するための一意な識別番号。 restorehistory(restore_history_id) を参照します
file_number numeric(10,0) 復元されたファイルのファイル識別番号。 この数値は、各データベース内で一意である必要があります。 NULL にすることができます。

データベースがデータベース スナップショットに戻された場合、この値は、完全復元の場合と同じ方法で設定されます。
destination_phys_drive nvarchar(260) ファイルが復元されたドライブまたはパーティション。 NULL にすることができます。

データベースがデータベース スナップショットに戻された場合、この値は、完全復元の場合と同じ方法で設定されます。
destination_phys_name nvarchar(260) ファイルの復元先のファイル名。ドライブやパーティション情報は含みません。 NULL にすることができます。

データベースがデータベース スナップショットに戻された場合、この値は、完全復元の場合と同じ方法で設定されます。

注釈

このテーブルおよび他のバックアップ テーブルや履歴テーブルの行数を減らすには、次のストアド sp_delete_backuphistory 実行します。

関連項目

Transact-(テーブルのバックアップと復元SQL)
restorefilegroup (Transact-SQL)
transact-(restorehistory SQL)
システム テーブル (Transact-SQL)