restorehistory (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

復元操作ごとに 1 行のデータを格納します。 このテーブルは msdb データベースに格納 されます。

列名 データ型 説明
restore_history_id int 各復元操作を識別する一意の識別番号。 ID、主キー。
restore_date datetime 復元操作の開始日時。 NULL にすることができます。
destination_database_name nvarchar(128) 復元操作のコピー先データベースの名前。 NULL にすることができます。
user_name nvarchar(128) 復元操作を実行したユーザーの名前。 NULL にすることができます。
backup_set_id int 復元されるバックアップ セットを識別する一意な識別番号。 backupset(backup_set_id) を参照します
restore_type char(1) 復元操作の種類。

D = データベース

F = ファイル

G = ファイル グループ

I = 差分

L = ログ

V = Verifyonly

NULL にすることができます。
replace bit 復元操作で REPLACE オプションが指定されているかどうかを示します。

1 = 指定

0 = 指定なし

NULL にすることができます。

データベースをデータベース スナップショットに戻す場合は、0 が唯一のオプションです。
復旧 (recovery) bit 復元操作に RECOVERY または NORECOVERY オプションが指定されたかどうか。

1 = RECOVERY

NULL にすることができます。

データベースをデータベース スナップショットに戻す場合、唯一のオプションは 1 です。

0 = NORECOVERY
restart bit 復元操作で RESTART オプションが指定されているかどうかを示します。

1 = 指定

0 = 指定なし

NULL にすることができます。

データベースをデータベース スナップショットに戻す場合は、0 が唯一のオプションです。
stop_at datetime データベースが復旧された時点。 NULL にすることができます。
device_count tinyint 復元操作に関係したデバイスの数。 この数は、バックアップのメディア ファミリの数より小さい値を指定できます。 NULL にすることができます。

データベースがデータベース スナップショットに戻された場合、数値は常に 1 になります。
stop_at_mark_name nvarchar(128) 名前付きマークを含むトランザクションへの復旧。 NULL にすることができます。

データベースをデータベース スナップショットに戻す場合、この値は NULL になります。
stop_before bit 名前付きマークを含むトランザクションが復旧に含まれているかどうかを示します。

0 = マークされたトランザクションの前に復旧が停止しました。

1 = マーク付きのトランザクションも復旧された。

NULL にすることができます。

データベースをデータベース スナップショットに戻す場合、この値は NULL になります。

解説

このテーブルおよび他のバックアップ テーブルや履歴テーブルの行数を減らすには、次のストアド sp_delete_backuphistory 実行します。

参照

Transact-(テーブルのバックアップと復元SQL)
restorefile (Transact-SQL)
restorefilegroup (Transact-SQL)
システム テーブル (Transact-SQL)