suspect_pages (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

マイナー 823 エラーまたは 824 エラーで失敗したページごとに 1 行が含まれています。 ページは悪い疑いがあるため、この表に一覧表示されますが、実際には問題ない可能性があります。 疑わしいページが修復されると、その状態は event_type 列で更新されます。

1,000 行の制限がある次の表は、 msdb データベースに格納されます。

列名 データ型 説明
database_id int このページが適用されるデータベースの ID。
file_id int データベース内のファイルの ID。
page_id bigint 問題があると考えられるページの ID。 すべてのページには、データベース内のページの場所を識別する 32 ビット値であるページ ID があります。 page_idは、8 KB ページのデータ ファイルへのオフセットです。 各ページ ID はファイル内で一意です。
event_type int エラーの種類。次のいずれか:

1 = 問題があると考えられるページ (ディスク エラーなど) の原因となった 823 エラー、または、不正なチェックサムまたは破損ページ (不適切なページ ID) 以外の 824 エラー。

2 = チェックサムが正しくありません。

3 = 破損ページ。

4 = 復元 (ページが無効とマークされた後に復元されました)。

5 = 修復済み (DBCC がページを修復しました)。

7 = DBCC により割り当て解除。
error_count int エラーが発生した回数。
last_update_date datetime 最後の更新の日付と時刻のスタンプ。

アクセス許可

msdb に対するアクセスを持つユーザー は、 suspect_pages テーブルのデータを読み取ることができます。 suspect_pages テーブルに対する UPDATE 権限を持つすべてのユーザーは、そのレコードを更新できます。 msdbdb_owner 固定データベース ロールのメンバーまたは sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーは、レコードの挿入、更新、および削除を行うことができます。

参照

ページ復元 (SQL Server)
Database Suspect Data Page イベント クラス
システム テーブル (Transact-SQL)
suspect_pages テーブルの管理 (SQL Server)