テーブルの作成 (データベース エンジン)Create Tables (Database Engine)

適用対象:Applies to: はいSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x)yesSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降 はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse適用対象:Applies to: はいSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x)yesSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio または Transact-SQLTransact-SQL を使用して新しいテーブルを作成して名前を付け、それを既存のデータベースに追加できます。You can create a new table, name it, and add it to an existing database by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL.

最初に権限を確認してください。Check your permissions first!

このタスクには、データベースの CREATE TABLE 権限と、テーブルを作成するスキーマの ALTER 権限が必要です。This task requires CREATE TABLE permission in the database, and ALTER permission on the schema in which the table is being created.

CREATE TABLE ステートメント内の列を CLR ユーザー定義型として定義する場合は、その型の所有権か、その型に対する REFERENCES 権限が必要です。If any columns in the CREATE TABLE statement are defined as a CLR user-defined type, either ownership of the type, or REFERENCES permission on it is required.

CREATE TABLE ステートメント内の列に XML スキーマ コレクションが関連付けられている場合は、その XML スキーマ コレクションの所有権か、そのスキーマ コレクションに対する REFERENCES 権限が必要です。If any columns in the CREATE TABLE statement have an XML schema collection associated with them, either ownership of the XML schema collection or REFERENCES permission on it is required.

テーブル デザイナーを使用するUsing Table Designer

  1. SSMS の オブジェクト エクスプローラー で、変更するデータベースを含む データベース エンジンDatabase Engine のインスタンスに接続します。In SSMS, in Object Explorer , connect to the instance of データベース エンジンDatabase Engine that contains the database to be modified.

  2. オブジェクト エクスプローラー で、 [データベース] ノードを展開し、新しいテーブルを格納するデータベースを展開します。In Object Explorer , expand the Databases node and then expand the database that will contain the new table.

  3. オブジェクト エクスプローラーで、データベースの [テーブル] ノードを右クリックし、 [新しいテーブル] をクリックします。In Object Explorer, right-click the Tables node of your database and then click New Table.

  4. 次の図に示すように、列名を入力し、データ型を選択した後、各列で null 値を許可するかどうかを選択します。Type column names, choose data types, and choose whether to allow nulls for each column as shown in the following illustration:

    ModifiedDate 列に [Null を許容] オプションが選択されていることを示すスクリーンショット。Screenshot showing the Allow Nulls option selected for the ModifiedDate column.

  5. 他のプロパティ (ID 列または計算列の値など) を指定するには、列をクリックし、列のプロパティ タブで適切なプロパティを選択します。To specify more properties for a column, such as identity or computed column values, click the column and in the column properties tab, choose the appropriate properties. 列のプロパティの詳細については、「テーブル列のプロパティ (SQL Server Management Studio)」を参照してください。For more information about column properties, see Table Column Properties (SQL Server Management Studio).

  6. 列を主キーとして指定するには、列を右クリックし、 [主キーの設定] をクリックします。To specify a column as a primary key, right-click the column and select Set Primary Key. 詳細については、「 Create Primary Keys」を参照してください。For more information, see Create Primary Keys.

  7. 外部キーのリレーションシップ、CHECK 制約、またはインデックスを作成するには、テーブル デザイナー ペイン内で右クリックし、次の図に示すように、一覧からオブジェクトを選択します。To create foreign key relationships, check constraints, or indexes, right-click in the Table Designer pane and select an object from the list as shown in the following illustration:

    [リレーションシップ] オプションを示すスクリーンショット。Screenshot showing the Relationships option.

    これらのオブジェクトの詳細については、「 Create Foreign Key Relationships」、「 Create Check Constraints 」、および「 Indexes」を参照してください。For more information about these objects, see Create Foreign Key Relationships, Create Check Constraints and Indexes.

  8. 既定では、テーブルは dbo スキーマに含まれています。By default, the table is contained in the dbo schema. テーブルに対して別のスキーマを指定するには、テーブル デザイナー ペイン内で右クリックし、次の図に示すように、 [プロパティ] を選択します。To specify a different schema for the table, right-click in the Table Designer pane and select Properties as shown in the following illustration. [スキーマ] ボックスの一覧で、適切なスキーマを選択します。From the Schema drop-down list, select the appropriate schema.

    [スキーマ] オプションが表示されている [プロパティ] ペインのスクリーンショット。Screenshot of the Properties pane showing the Schema option.

    スキーマの詳細については、「 Create a Database Schema」を参照してください。For more information about schemas, see Create a Database Schema.

  9. [ファイル] メニューの [ <テーブル名> を保存 ] を選択します。From the File menu, choose Save table name.

  10. [名前の選択] ダイアログ ボックスで、テーブルの名前を入力し、 [OK] をクリックします。In the Choose Name dialog box, type a name for the table and click OK.

  11. 新しいテーブルを表示するには、 オブジェクト エクスプローラー で、 [テーブル] ノードを展開し、 F5 キーを押してオブジェクトの一覧を更新します。To view the new table, in Object Explorer , expand the Tables node and press F5 to refresh the list of objects. 新しいテーブルがテーブルの一覧に表示されます。The new table is displayed in the list of tables.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

クエリ エディターを使用するUsing Query Editor

  1. オブジェクト エクスプローラー で、 データベース エンジンDatabase Engineのインスタンスに接続します。In Object Explorer , connect to an instance of データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。On the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute.

    CREATE TABLE dbo.PurchaseOrderDetail  
    (  
        PurchaseOrderID int NOT NULL  
        ,LineNumber smallint NOT NULL  
        ,ProductID int NULL  
        ,UnitPrice money NULL  
        ,OrderQty smallint NULL  
        ,ReceivedQty float NULL  
        ,RejectedQty float NULL  
        ,DueDate datetime NULL  
    );  
    

詳細については、「CREATE TABLE (Transact-SQL)」を参照してください。For more examples, see CREATE TABLE (Transact-SQL).