システム バージョン管理されたテンポラル テーブルの概要Getting Started with System-Versioned Temporal Tables

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

シナリオに応じて、システム バージョン管理された新しいテンポラル テーブルを作成するか、既存のテーブル スキーマにテンポラル属性を追加して既存のテーブルを変更できます。Depending on your scenario, you can either create new system-versioned temporal tables or modify existing ones by adding temporal attributes to the existing table schema. テンポラル テーブル内のデータが変更されると、バージョン履歴がアプリケーションとエンド ユーザーに対して透過的に構築されます。When the data in temporal table is modified, the system builds version history transparently to applications and end users. このため、システム バージョン管理されたテンポラル テーブルの操作では、テーブルの変更方法や最新 (実際の) データへのクエリの実行方法を変更する必要はありません。As a result, working with system-versioned temporal tables does not require any change to the way table is modified or how the latest (actual) state of the data is queried.

また、テンポラルには、通常の DML やクエリ実行のほかに、拡張 Transact-SQL 構文でデータ履歴から情報を簡単かつ便利に取得する方法も用意されています。In addition to regular DML and querying, temporal also provides convenient and easy ways to get insights from data history through extended Transact-SQL syntax. すべてのシステム バージョン管理されたテーブルに履歴テーブルが割り当てられていますが、これはユーザーに対して完全に透過的です。ただし、ユーザーが追加のインデックスを作成するか、別のストレージ オプションを選択して、ワークロードのパフォーマンスまたはストレージの使用量を最適化する必要がある場合は除きます。Every system-versioned table has a history table assigned but it is completely transparent for the users unless they want to optimize workload performance or storage footprint by creating additional indexes or choosing different storage options.

次の図は、システム バージョン管理されたテンポラル テーブルの一般的なワークフローを示しています。テンポラルの概要The following diagram depicts typical workflow with system-versioned temporal tables:

このトピックには、次の 5 つのセクションがあります。This topic is divided into the following 5 subtopics:

次のステップNext steps