列の変更 (データベース エンジン)Modify Columns (Database Engine)

適用対象: ○SQL Server (2016 以降)○Azure SQL Database○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2016)yesAzure SQL DatabaseyesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL Server 2016SQL Server 2016 では、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio または Transact-SQLTransact-SQLを使用して列のデータ型を変更できます。You can modify the data type of a column in SQL Server 2016SQL Server 2016 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL.

警告

既にデータが格納されている列のデータ型を変更すると、既存のデータが新しい型に変換される時点で、それらのデータは完全に失われます。Modifying the data type of a column that already contains data can result in the permanent loss of data when the existing data is converted to the new type. さらに、変更した列に依存しているコードやアプリケーションも正常に動作しなくなる場合があります。In addition, code and applications that depend on the modified column may fail. これには、クエリ、ビュー、ストアド プロシージャ、ユーザー定義関数、およびクライアント アプリケーションが含まれます。These include queries, views, stored procedures, user-defined functions, and client applications. このようなエラーは連鎖するので注意が必要です。Note that these failures will cascade. たとえば、変更した列に依存しているユーザー定義関数を呼び出すストアド プロシージャは、正常に動作しない可能性があります。For example, a stored procedure that calls a user-defined function that depends on the modified column may fail. 列に対して変更を行う場合は、よく考えてから行う必要があります。Carefully consider any changes you want to make to a column before making it.

このトピックの内容In This Topic

はじめに Before You Begin

セキュリティ Security

アクセス許可 Permissions

テーブルに対する ALTER 権限が必要です。Requires ALTER permission on the table.

SQL Server Management Studio の使用 Using SQL Server Management Studio

列のデータ型を変更するにはTo modify the data type of a column

  1. オブジェクト エクスプローラーで、有効桁数を変更する列が含まれているテーブルを右クリックし、 [デザイン]をクリックします。In Object Explorer, right-click the table with columns for which you want to change the scale and click Design.

  2. データ型を変更する列を選択します。Select the column for which you want to modify the data type.

  3. [列のプロパティ] タブで、 [データ型] プロパティのグリッド セルをクリックし、ドロップダウン リストから新しいデータ型を選択します。In the Column Properties tab, click the grid cell for the Data Type property and choose a new data type from the drop-down list.

  4. ファイル メニューの table nameの保存をクリックします。On the File menu, click Savetable name.

注意

列のデータ型を変更すると、テーブル デザイナーでは選択したデータ型の既定の長さが適用されます。これは既に別の長さを選択していた場合でも同じです。When you modify the data type of a column, Table Designer applies the default length of the data type you selected, even if you have already specified another. データ型の指定後、必要な値を格納できるようにするために、データ型に適切な長さを設定してください。Always set the data type length for to the desired value after specifying the data type.

警告

別のテーブルに関連付けられている列のデータ型を変更しようとすると、別のテーブルの列にも変更が行われることを確認するメッセージがテーブル デザイナーに表示されます。If you attempt to modify the data type of a column that relates to other tables, Table Designer asks you to confirm that the change should be made to the columns in the other tables as well.

Transact-SQL の使用 Using Transact-SQL

列のデータ型を変更するにはTo modify the data type of a column

  1. オブジェクト エクスプローラーで、 データベース エンジンDatabase Engineのインスタンスに接続します。In Object Explorer, connect to an instance of データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ]をクリックします。On the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行]をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute.

    CREATE TABLE dbo.doc_exy (column_a INT ) ;  
    GO  
    INSERT INTO dbo.doc_exy (column_a) VALUES (10) ;  
    GO  
    ALTER TABLE dbo.doc_exy ALTER COLUMN column_a DECIMAL (5, 2) ;  
    GO  
    

    詳細については、「ALTER TABLE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER TABLE (Transact-SQL)