データ変更の追跡 (SQL Server)Track Data Changes (SQL Server)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SQL Server 2017SQL Server 2017 データベースのデータに対する変更を追跡する 変更データ キャプチャ および 変更の追跡という 2 つの機能が用意されています。provides two features that track changes to data in a database: change data capture and change tracking. これらの機能では、データベース内のユーザー テーブルに対して行われた DML の変更 (挿入操作、更新操作、および削除操作) をアプリケーションで特定できます。These features enable applications to determine the DML changes (insert, update, and delete operations) that were made to user tables in a database. 変更データ キャプチャと変更の追跡は、同じデータベースに対して有効にすることができます。特別な配慮は必要ありません。Change data capture and change tracking can be enabled on the same database; no special considerations are required. 変更データ キャプチャと変更の追跡をサポートする SQL ServerSQL Server のエディションについては、「 SQL Server 2016 の各エディションでサポートされる機能」を参照してください。For the editions of SQL ServerSQL Server that support change data capture and change tracking, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016. 変更の追跡は SQL DatabaseSQL Databaseでサポートされています。Change tracking is supported by SQL DatabaseSQL Database. 変更データ キャプチャは、SQL Server および Azure SQL Database Managed Instance でのみサポートされています。Change data capture is only supported in SQL Server and Azure SQL Database Managed Instance.

変更データ キャプチャまたは変更の追跡を使用する利点Benefits of Using Change Data Capture or Change Tracking

データベースで変更されたデータをクエリする機能は、一部のアプリケーションの効率を高めるための重要な要件です。The ability to query for data that has changed in a database is an important requirement for some applications to be efficient. 一般に、データ変更を確認するには、アプリケーション開発者がトリガー、timestamp 列、および追加のテーブルを組み合わせて使用することで、カスタムの追跡方法をアプリケーションに実装する必要があります。Typically, to determine data changes, application developers must implement a custom tracking method in their applications by using a combination of triggers, timestamp columns, and additional tables. 通常、このようなアプリケーションを作成するには実装に非常に手間がかかり、スキーマの更新も必要になり、多くの場合、パフォーマンスのオーバーヘッドが増加します。Creating these applications usually involves a lot of work to implement, leads to schema updates, and often carries a high performance overhead.

カスタム ソリューションを開発する代わりに、アプリケーションで変更データ キャプチャまたは変更の追跡を使用してデータベースでの変更を追跡すると、次のような利点があります。Using change data capture or change tracking in applications to track changes in a database, instead of developing a custom solution, has the following benefits:

  • 開発時間が短縮されます。There is reduced development time. SQL Server 2017SQL Server 2017で使用可能な機能により、カスタム ソリューションを開発する必要はありません。Because functionality is available in SQL Server 2017SQL Server 2017, you do not have to develop a custom solution.

  • スキーマの変更が不要Schema changes are not required. 削除された行を追跡するため、または変更追跡情報を格納するため (列をユーザー テーブルに追加できない場合) に列の追加、トリガーの追加、またはサイド テーブルの作成を行う必要がありません。You do not have to add columns, add triggers, or create side table in which to track deleted rows or to store change tracking information if columns cannot be added to the user tables.

  • 組み込みのクリーンアップ メカニズムがあります。There is a built-in cleanup mechanism. 変更の追跡のクリーンアップは、バックグラウンドで自動的に実行されます。Cleanup for change tracking is performed automatically in the background. サイド テーブルに格納されるデータのカスタム クリーンアップは必要ありません。Custom cleanup for data that is stored in a side table is not required.

  • 変更情報を取得するための関数が用意されています。Functions are provided to obtain change information.

  • DML 操作のオーバーヘッドが低減します。There is low overhead to DML operations. 同期変更追跡では、オーバーヘッドが常に若干発生します。Synchronous change tracking will always have some overhead. しかし、変更の追跡を使用すると、オーバーヘッドを最小限に抑えることができます。However, using change tracking can help minimize the overhead. 多くの場合、オーバーヘッドは、代わりのソリューション (特にトリガーを使用する必要があるソリューション) を使用する場合よりも少なくなります。The overhead will frequently be less than that of using alternative solutions, especially solutions that require the use of triggers.

  • コミットされたトランザクションに基づいた変更の追跡Change tracking is based on committed transactions. 変更の順序は、トランザクションのコミット時間に基づきます。The order of the changes is based on transaction commit time. このため、実行時間の長いトランザクションや重複するトランザクションが存在する場合でも、信頼性が高い結果を取得できます。This allows for reliable results to be obtained when there are long-running and overlapping transactions. timestamp 値を使用するカスタム ソリューションは、このようなシナリオに対処するように特別に設計する必要があります。Custom solutions that use timestamp values must be specifically designed to handle these scenarios.

  • 構成および管理に使用できる標準的なツールがあります。Standard tools are available that you can use to configure and manage. SQL Server 2017SQL Server 2017 標準の DDL ステートメント、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio、カタログ ビュー、およびセキュリティ権限を利用できます。provides standard DDL statements, SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, catalog views, and security permissions.

変更データ キャプチャと変更の追跡の機能の違いFeature Differences Between Change Data Capture and Change Tracking

次の表に、変更データ キャプチャと変更の追跡の機能の違いを示します。The following table lists the feature differences between change data capture and change tracking. 変更データ キャプチャの追跡メカニズムでは、非同期キャプチャによりトランザクション ログから変更がキャプチャされ、DML 操作後に変更を利用できます。The tracking mechanism in change data capture involves an asynchronous capture of changes from the transaction log so that changes are available after the DML operation. 変更の追跡の追跡メカニズムでは、同期追跡により DML 操作に即して変更が追跡され、すぐに変更情報を利用できます。In change tracking, the tracking mechanism involves synchronous tracking of changes in line with DML operations so that change information is available immediately.

機能Feature 変更データ キャプチャChange data capture 変更の追跡Change tracking
追跡される変更Tracked changes
DML の変更DML changes はいYes はいYes
追跡される情報Tracked information
履歴データHistorical data はいYes いいえNo
列が変更されたかどうかWhether column was changed はいYes はいYes
DML 型DML type はいYes はいYes

Change Data CaptureChange Data Capture

変更データ キャプチャでは、DML の変更が行われたという事実と変更された実際のデータの両方がキャプチャされ、ユーザー テーブルの変更情報の履歴が提供されます。Change data capture provides historical change information for a user table by capturing both the fact that DML changes were made and the actual data that was changed. 変更は、非同期プロセスを使用してトランザクション ログを読み取ることによってキャプチャされます。これは、システムへの影響が少ない方法です。Changes are captured by using an asynchronous process that reads the transaction log and has a low impact on the system.

次の図に示すように、ユーザー テーブルに対して行われた変更は、対応する変更テーブルにキャプチャされます。As shown in the following illustration, the changes that were made to user tables are captured in corresponding change tables. これらの変更テーブルには、時間の経過に伴う変更の履歴が表示されます。These change tables provide an historical view of the changes over time. SQL ServerSQL Server変更データ キャプチャ関数を使用して、変更データを簡単かつ体系的に利用できます。The change data capture functions that SQL ServerSQL Server provides enable the change data to be consumed easily and systematically.

変更データ キャプチャの概念図Conceptual illustration of change data capture

セキュリティ モデルSecurity Model

ここでは、変更データ キャプチャのセキュリティ モデルについて説明します。This section describes the change data capture security model.

構成と管理Configuration and Administration
データベースで変更データ キャプチャを有効または無効にするには、sys.sp_cdc_enable_db (Transact-SQL) または sys.sp_cdc_disable_db (Transact-SQL) の呼び出し元が固定サーバー ロール sysadmin のメンバーである必要があります。To either enable or disable change data capture for a database, the caller of sys.sp_cdc_enable_db (Transact-SQL) or sys.sp_cdc_disable_db (Transact-SQL) must be a member of the fixed server sysadmin role. テーブル レベルで変更データ キャプチャを有効または無効にするには、sys.sp_cdc_enable_table (Transact-SQL) および sys.sp_cdc_disable_table (Transact-SQL) の呼び出し元が sysadmin ロールのメンバーか database db_owner データベース ロールのメンバーである必要があります。Enabling and disabling change data capture at the table level requires the caller of sys.sp_cdc_enable_table (Transact-SQL) and sys.sp_cdc_disable_table (Transact-SQL) to either be a member of the sysadmin role or a member of the database database db_owner role.

変更データ キャプチャ ジョブの管理をサポートするストアド プロシージャを使用できるのは、サーバー sysadmin ロールのメンバー、および database db_owner ロールのメンバーに制限されます。Use of the stored procedures to support the administration of change data capture jobs is restricted to members of the server sysadmin role and members of the database db_owner role.

変更の列挙とメタデータ クエリChange Enumeration and Metadata Queries
キャプチャ インスタンスに関連付けられた変更データにアクセスするには、関連付けられたソース テーブルのすべてのキャプチャ対象列に対する選択アクセスがユーザーに許可されている必要があります。To gain access to the change data that is associated with a capture instance, the user must be granted select access to all the captured columns of the associated source table. また、キャプチャ インスタンスの作成時にゲーティング ロールが指定されている場合、呼び出し元は、指定されたゲーティング ロールのメンバーである必要もあります。In addition, if a gating role is specified when the capture instance is created, the caller must also be a member of the specified gating role. メタデータにアクセスするためのその他の一般的な変更データ キャプチャ関数には、public ロールですべてのデータベース ユーザーがアクセスできます。ただし、通常は、返されるメタデータへのアクセスも、基になるソース テーブルに対する選択アクセス、および定義されたすべてのゲーティング ロールのメンバーシップに基づいて制限されます。Other general change data capture functions for accessing metadata will be accessible to all database users through the public role, although access to the returned metadata will also typically be gated by using select access to the underlying source tables, and by membership in any defined gating roles.

変更データ キャプチャが有効になっているソース テーブルに対する DDL 操作DDL Operations to Change Data Capture Enabled Source Tables
テーブルで変更データ キャプチャが有効になっているときにテーブルに DDL 操作を適用できるのは、固定サーバー ロール sysadminのメンバー、 database role db_ownerのメンバー、または database role db_ddladminのメンバーのみです。When a table is enabled for change data capture, DDL operations can only be applied to the table by a member of the fixed server role sysadmin, a member of the database role db_owner, or a member of the database role db_ddladmin. テーブルに対する DDL 操作の実行が明示的に許可されているユーザーがこれらの操作を実行しようとすると、エラー 22914 が返されます。Users who have explicit grants to perform DDL operations on the table will receive error 22914 if they try these operations.

変更データ キャプチャのデータ型に関する考慮事項Data Type Considerations for Change Data Capture

基本的な列の種類はすべて変更データ キャプチャでサポートされています。All base column types are supported by change data capture. 次の表では、さまざまな列の型の動作と制限について説明します。The following table lists the behavior and limitations for several column types.

列の種類Type of Column 変更テーブルで変更をキャプチャするChanges Captured in Change Tables 制限事項Limitations
スパース列Sparse Columns はいYes columnset を使用する場合は変更のキャプチャをサポートしません。Does not support capturing changes when using a columnset.
計算列Computed Columns いいえNo 計算列に対する変更は追跡されません。Changes to computed columns are not tracked. 列は適切な種類の変更テーブルに表示されますが、値は NULL になります。The column will appear in the change table with the appropriate type, but will have a value of NULL.
XMLXML はいYes 個々の XML 要素に対する変更は追跡されません。Changes to individual XML elements are not tracked.
timestampTimestamp はいYes 変更テーブル内のデータ型はバイナリに変換されます。The data type in the change table is converted to binary.
BLOB データ型BLOB data types はいYes BLOB 列の前の画像は、列自体が変更された場合にのみ保存されます。The previous image of the BLOB column is stored only if the column itself is changed.

変更データ キャプチャとその他の SQL Server 機能Change Data Capture and Other SQL Server Features

ここでは、次の機能と変更データ キャプチャとの連携について説明します。This section describes how the following features interact with change data capture:

  • データベース ミラーリングDatabase mirroring

  • トランザクション レプリケーションTransactional replication

  • データベースの復元またはアタッチDatabase restore or attach

データベース ミラーリングDatabase Mirroring

変更データ キャプチャが有効になっているデータベースをミラー化できます。A database that is enabled for change data capture can be mirrored. ミラーでキャプチャとクリーンアップが自動的に行われるようにするには、次の手順を実行します。To ensure that capture and cleanup happen automatically on the mirror, follow these steps:

  1. ミラーで SQL ServerSQL Server エージェントが実行されていることを確認します。Ensure that SQL ServerSQL Server Agent is running on the mirror.

  2. プリンシパルがミラーにフェールオーバーした後、ミラーでキャプチャ ジョブとクリーンアップ ジョブを作成します。Create the capture job and cleanup job on the mirror after the principal has failed over to the mirror. ジョブを作成するには、ストアド プロシージャ sys.sp_cdc_add_job (Transact-SQL) を使用します。To create the jobs, use the stored procedure sys.sp_cdc_add_job (Transact-SQL).

フィードバックをお待ちしております。 この記事の手順やコード例の中で、古い情報や間違っている情報を見つけた場合は、ぜひお知らせください。We are listening: If you find something outdated or incorrect in this article, such as a step or a code example, please tell us. このページの下部にある [フィードバック] セクション内で [このページ] ボタンをクリックしてください。You can click the This page button in the Feedback section at the bottom of this page. SQL に関するフィードバックのすべての項目に目を通しています (通常は翌日)。We read every item of feedback about SQL, typically the next day. よろしくお願いいたします。Thanks.

データベース ミラーリングの詳細については、「データベース ミラーリング (SQL Server)」を参照してください。For more information about database mirroring, see Database Mirroring (SQL Server).

トランザクション レプリケーションTransactional Replication

変更データ キャプチャとトランザクション レプリケーションは、同じデータベースで共存できます。ただし、両方の機能が有効になっている場合、変更テーブルが異なる方法で作成されます。Change data capture and transactional replication can coexist in the same database, but population of the change tables is handled differently when both features are enabled. 変更データ キャプチャとトランザクション レプリケーションでは、トランザクション ログから変更を読み取る際に、常に同じプロシージャ ( sp_replcmds) が使用されます。Change data capture and transactional replication always use the same procedure, sp_replcmds, to read changes from the transaction log. 変更データ キャプチャのみが有効になっている場合は、 SQL ServerSQL Server エージェント ジョブによって sp_replcmdsが呼び出されます。When change data capture is enabled on its own, a SQL ServerSQL Server Agent job calls sp_replcmds. 同じデータベースで両方の機能が有効になっている場合は、ログ リーダー エージェントによって sp_replcmdsが呼び出されます。When both features are enabled on the same database, the Log Reader Agent calls sp_replcmds. このエージェントは、変更テーブルとディストリビューション データベース テーブルの両方を作成します。This agent populates both the change tables and the distribution database tables. 詳細については、「 Replication Log Reader Agent」を参照してください。For more information, see Replication Log Reader Agent.

AdventureWorks2012AdventureWorks2012 データベースで変更データ キャプチャが有効になっており、2 つのテーブルでキャプチャが有効になっているシナリオについて考えてみます。Consider a scenario in which change data capture is enabled on the AdventureWorks2012AdventureWorks2012 database, and two tables are enabled for capture. 変更テーブルを作成するために、キャプチャ ジョブによって sp_replcmdsが呼び出されます。To populate the change tables, the capture job calls sp_replcmds. データベースでトランザクション レプリケーションが有効になり、パブリケーションが作成されます。The database is enabled for transactional replication, and a publication is created. 次に、ログ リーダー エージェントがデータベースに対して作成され、キャプチャ ジョブが削除されます。Now, the Log Reader Agent is created for the database and the capture job is deleted. ログ リーダー エージェントは、変更テーブルにコミットされた最後のログ シーケンス番号からログのスキャンを続行します。The Log Reader Agent continues to scan the log from the last log sequence number that was committed to the change table. これにより、変更テーブル内のデータの一貫性が確保されます。This ensures data consistency in the change tables. このデータベースでトランザクション レプリケーションが無効になっている場合、ログ リーダー エージェントが削除され、キャプチャ ジョブが再作成されます。If transactional replication is disabled in this database, the Log Reader Agent is removed and the capture job is re-created.

注意

変更データ キャプチャとトランザクション レプリケーションの両方でログ リーダー エージェントを使用している場合、レプリケートされた変更が最初にディストリビューション データベースに書き込まれます。When the Log Reader Agent is used for both change data capture and transactional replication, replicated changes are first written to the distribution database. 次に、キャプチャされた変更が変更テーブルに書き込まれます。Then, captured changes are written to the change tables. 両方の操作は同時にコミットされます。Both operations are committed together. ディストリビューション データベースへの書き込みの際に遅延が生じた場合、変更テーブルに変更が表示される前に、それに対応する遅延が発生します。If there is any latency in writing to the distribution database, there will be a corresponding latency before changes appear in the change tables.

変更データ キャプチャが有効になっているデータベースの復元またはアタッチRestoring or Attaching a Database Enabled for Change Data Capture

SQL ServerSQL Server では、データベースが復元またはアタッチされた後に変更データ キャプチャを有効のままにするかどうかを、次のロジックに従って判断します。uses the following logic to determine if change data capture remains enabled after a database is restored or attached:

  • データベースを同じサーバーに同じデータベース名で復元した場合、変更データ キャプチャは有効のままです。If a database is restored to the same server with the same database name, change data capture remains enabled.

  • データベースを別のサーバーに復元した場合、既定では変更データ キャプチャが無効になり、関連するメタデータがすべて削除されます。If a database is restored to another server, by default change data capture is disabled and all related metadata is deleted.

    変更データ キャプチャを保持するには、データベースを復元する際に KEEP_CDC オプションを使用します。To retain change data capture, use the KEEP_CDC option when restoring the database. このオプションの詳細については、「 RESTORE」を参照してください。For more information about this option, see RESTORE.

  • データベースをデタッチしてから、同じサーバーまたは別のサーバーにアタッチした場合、変更データ キャプチャは有効のままです。If a database is detached and attached to the same server or another server, change data capture remains enabled.

  • KEEP_CDC オプションを使用してデータベースを Enterprise 以外のエディションにアタッチまたは復元しようとすると、操作がブロックされます。これは変更データ キャプチャが SQL ServerSQL Server Enterprise を必要とするためです。If a database is attached or restored with the KEEP_CDC option to any edition other than Enterprise, the operation is blocked because change data capture requires SQL ServerSQL Server Enterprise. エラー メッセージ 932 が表示されます。Error message 932 is displayed:

    SQL Server cannot load database '%.*ls' because change data capture is enabled. The currently installed edition of SQL Server does not support change data capture. Either disable change data capture in the database by using a supported edition of SQL Server, or upgrade the instance to one that supports change data capture.

sys.sp_cdc_disable_db を使用すると、復元またはアタッチされたデータベースから変更データ キャプチャを削除できます。You can use sys.sp_cdc_disable_db to remove change data capture from a restored or attached database.

Change TrackingChange Tracking

変更の追跡では、テーブル内の行が変更されたという事実がキャプチャされますが、変更されたデータはキャプチャされません。Change tracking captures the fact that rows in a table were changed, but does not capture the data that was changed. この機能を使用すると、変更された行をアプリケーションで特定し、最新の行データについてはユーザー テーブルから直接取得することができます。This enables applications to determine the rows that have changed with the latest row data being obtained directly from the user tables. したがって、変更の追跡で確認できる履歴の情報は変更データ キャプチャと比較すると限定されますが、Therefore, change tracking is more limited in the historical questions it can answer compared to change data capture. 変更データがキャプチャされないため、履歴情報が必要ではないアプリケーションではストレージ オーバーヘッドがはるかに少なくて済みます。However, for those applications that do not require the historical information, there is far less storage overhead because of the changed data not being captured. 変更は、同期追跡メカニズムを使用して追跡されます。A synchronous tracking mechanism is used to track the changes. これは、DML 操作のオーバーヘッドを最小限に抑えるように設計されています。This has been designed to have minimal overhead to the DML operations.

次の図は、変更の追跡を使用すると効果的な同期のシナリオを示しています。The following illustration shows a synchronization scenario that would benefit by using change tracking. このシナリオのアプリケーションでは、テーブルの前回の同期後に変更されたすべてのテーブル行の現在の行データのみが必要です。In the scenario, an application requires the following information: all the rows in the table that were changed since the last time that the table was synchronized, and only the current row data. 同期メカニズムを使用して変更が追跡されるため、アプリケーションで双方向同期を実行して、発生する可能性がある競合を確実に検出できます。Because a synchronous mechanism is used to track the changes, an application can perform two-way synchronization and reliably detect any conflicts that might have occurred.

変更追跡の概念図Conceptual illustration of change tracking

変更の追跡と Sync Services for ADO.NETChange Tracking and Sync Services for ADO.NET

Sync Services for ADO.NETSync Services for ADO.NET データベース間の同期が可能になり、直感的で柔軟性の高い API を使用して、オフラインおよびコラボレーションのシナリオを対象とするアプリケーションを構築できます。enables synchronization between databases, providing an intuitive and flexible API that enables you to build applications that target offline and collaboration scenarios. Sync Services for ADO.NETSync Services for ADO.NET 変更を同期する API が用意されていますが、この API ではサーバーまたはピア データベース内の変更は実際には追跡されません。provides an API to synchronize changes, but it does not actually track changes in the server or peer database. カスタム変更追跡システムを作成できますが、一般に複雑さやパフォーマンスのオーバーヘッドが大幅に増加します。You can create a custom change tracking system, but this typically introduces significant complexity and performance overhead. サーバーまたはピア データベースの変更を追跡するには、構成が簡単でパフォーマンスの高い追跡を実現できる SQL Server 2017SQL Server 2017 の変更の追跡を使用することをお勧めします。To track changes in a server or peer database, we recommend that you use change tracking in SQL Server 2017SQL Server 2017 because it is easy to configure and provides high performance tracking.

変更の追跡と Sync Services for ADO.NETSync Services for ADO.NETの詳細については、以下のリンクを参照してください。For more information about change tracking and Sync Services for ADO.NETSync Services for ADO.NET, use the following links:

  • 変更の追跡について (SQL Server)About Change Tracking (SQL Server)

    変更の追跡について説明します。変更の追跡のしくみについて概要を示し、変更の追跡が SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine のその他の機能とどのように連携するかを説明します。Describes change tracking, provides a high-level overview of how change tracking works, and describes how change tracking interacts with other SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine features.

  • Microsoft Sync Framework デベロッパー センターMicrosoft Sync Framework Developer Center

    Sync FrameworkSync Framework および Sync ServicesSync Servicesに関する完全なドキュメントが用意されています。Provides complete documentation for Sync FrameworkSync Framework and Sync ServicesSync Services. Sync ServicesSync Services のドキュメントのトピック「How to:Use SQL Server Change Tracking」(方法: SQL Server 変更の追跡を使用する) には、詳細な情報とコードの例が掲載されています。In the documentation for Sync ServicesSync Services, the topic "How to: Use SQL Server Change Tracking" contains detailed information and code examples.

タスクTask トピックTopic
変更データ キャプチャの概要を示します。Provides an overview of change data capture. 変更データ キャプチャについて (SQL Server)About Change Data Capture (SQL Server)
データベースまたはテーブルに対して変更データ キャプチャを有効または無効にする方法について説明します。Describes how to enable and disable change data capture on a database or table. 変更データ キャプチャの有効化と無効化 (SQL Server)Enable and Disable Change Data Capture (SQL Server)
変更データ キャプチャを管理および監視する方法について説明します。Describes how to administer and monitor change data capture. 変更データ キャプチャの管理と監視 (SQL Server)Administer and Monitor Change Data Capture (SQL Server)
変更データ キャプチャのコンシューマーが使用できる変更データを操作する方法について説明します。Describes how to work with the change data that is available to change data capture consumers. LSN の下限と上限の検証、クエリ関数、およびクエリ関数のシナリオについて説明します。This topic covers validating LSN boundaries, the query functions, and query function scenarios. 変更データの処理 (SQL Server)Work with Change Data (SQL Server)
変更の追跡の概要を示します。Provides an overview of change tracking. 変更の追跡について (SQL Server)About Change Tracking (SQL Server)
データベースまたはテーブルに対して変更の追跡を有効または無効にする方法について説明します。Describes how to enable and disable change tracking on a database or table. 変更の追跡の有効化と無効化 (SQL Server)Enable and Disable Change Tracking (SQL Server)
変更の追跡を管理する方法、セキュリティを構成する方法、および変更の追跡を使用する場合のストレージとパフォーマンスへの影響を判断する方法について説明します。Describes how to manage change tracking, configure security, and determine the effects on storage and performance when change tracking is used. 変更の追跡の管理 (SQL Server)Manage Change Tracking (SQL Server)
変更の追跡を使用するアプリケーションが、追跡した変更を取得し、その変更を別のデータ ストアに適用して、ソース データベースを更新する方法について説明します。Describes how applications that use change tracking can obtain tracked changes, apply these changes to another data store, and update the source database. また、フェールオーバーが発生してデータベースをバックアップから復元する必要がある場合に、変更の追跡が果たす役割についても説明します。This topic also describes the role change tracking plays when a failover occurs and a database must be restored from a backup. 変更の追跡のしくみ (SQL Server)Work with Change Tracking (SQL Server)

参照See Also

変更データ キャプチャの関数 (Transact-SQL) Change Data Capture Functions (Transact-SQL)
変更追跡関数 (Transact-SQL) Change Tracking Functions (Transact-SQL)
変更データ キャプチャ ストアド プロシージャ (Transact-SQL) Change Data Capture Stored Procedures (Transact-SQL)
変更データ キャプチャのテーブル (Transact-SQL) Change Data Capture Tables (Transact-SQL)
変更データ キャプチャに関連した動的管理ビュー (Transact-SQL)Change Data Capture Related Dynamic Management Views (Transact-SQL)