ビューを使用したデータ変更

適用対象:yesSQL Server Analytics Platform System (PDW) YesYesAzure SQL Database Azure SQL Managed Instance yesyesAzure Synapse Analytics (すべてのサポートされているバージョン)

基になるベース テーブルのデータは、SQL Server または Transact-SQL Server Management Studioを使用して変更SQL。

はじめに

制限事項と制約事項

アクセス許可

実行する操作に応じて、対象のテーブルに対する UPDATE 権限、INSERT 権限、または DELETE 権限が必要です。

SQL Server Management Studio を使用する

ビューを介してテーブル データを変更するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、ビューを含むデータベースを展開し、 [ビュー] を展開します。

  2. ビューを右クリックし、 [上位 200 行の編集] を選択します。

  3. 場合により、変更対象の行を取得するために SQL ペインの SELECT ステートメントを変更する必要があります。

  4. 結果 ペインで、変更または削除する行を見つけます。 行を削除するには、行を右クリックし、 [削除] を選択します。 1 つ以上の列のデータを変更するには、目的の列のデータを変更します。

    重要!! ビューが複数のベース テーブルを参照している場合は、行を削除できません。 1 つのベース テーブルに属している列のみを更新することができます。

  5. 行を挿入するには、行の最後までスクロールし、新しい値を挿入します。

    重要: ビューが複数のベース テーブルを参照している場合は、行を挿入できません。

Transact-SQL の使用

ビューを介してテーブル データを更新するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、データベース エンジンのインスタンスに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、ビュー StartDate の列を参照することによって特定の従業員の EndDate 列および HumanResources.vEmployeeDepartmentHistory列の値を変更します。 このビューは、2 つのテーブルの値を返します。 変更対象の列の所属先は 1 つのベース テーブルであるため、このステートメントは成功します。

    USE AdventureWorks2012 ;   
    GO  
    UPDATE HumanResources.vEmployeeDepartmentHistory  
    SET StartDate = '20110203', EndDate = GETDATE()   
    WHERE LastName = N'Smith' AND FirstName = 'Samantha';   
    GO  
    

詳細については、「UPDATE (Transact-SQL)」を参照してください

ビューを介してテーブル データを挿入するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、データベース エンジンのインスタンスに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、ビュー HumanResouces.Department の該当する列を指定することによって、新しい行をベース テーブル HumanResources.vEmployeeDepartmentHistoryに挿入します。 1 つのベース テーブルの列のみが指定され、ベース テーブルの他の列は既定値を持つため、このステートメントは成功します。

    USE AdventureWorks2012 ;  
    GO  
    INSERT INTO HumanResources.vEmployeeDepartmentHistory (Department, GroupName)   
    VALUES ('MyDepartment', 'MyGroup');   
    GO  
    

詳細については、「INSERT (Transact-SQL)」を参照してください。