Reporting Services と Power View のブラウザー サポート

適用対象: ✔ SQL Server 2016 Reporting Services 以降 ✔️ Power BI Report Server

SQL Server Reporting Services (SSRS)、ReportViewer コントロール、Power View. の管理と表示にサポートされているブラウザーのバージョンについて説明します。

注意

SharePoint と Reporting Services の統合は、SQL Server 2016 以降では使用できません。

注意

Microsoft Edge レガシ ブラウザーのサポートは 2021 年 3 月 9 日から停止されています。また Microsoft Internet Explorer 11 のサポートは 2021 年 8 月 17 日から停止されています。 Edge (Internet Explorer モード) と Chrome のサポートは今後も継続する予定ですが、2016 より前のバージョンの SSRS では視覚的な (機能しない) 問題が発生する可能性があります。

Web ポータルのブラウザーの要件

次は、Web ポータルでサポートされているブラウザーの現行リストです。

Microsoft Windows
Windows 7、8.1、10、11。Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2、2016、2019

  • Microsoft Edge (+)
  • Microsoft Internet Explorer 10 または 11
  • Google Chrome (+)
  • Mozilla Firefox (+)

Apple OS X
OS X 10.9-10.11

  • Apple Safari (+)
  • Google Chrome (+)
  • Mozilla Firefox (+)

Apple iOS
iOS 9 を内蔵した iPhone または iPad

  • Apple Safari (+)

Google Android
Android 4.4 (KitKat) 以降を内蔵したスマートフォンまたはタブレット

  • Google Chrome (+)

(+) 最新公開リリース バージョン

ブラウザー要件: ReportViewer Web コントロール (2015)

次は、ReportViewer Web コントロール (2015) でサポートされているブラウザーの現行リストです。 レポート ビューアーでは、 Reporting Services Web ポータルや SharePoint ライブラリのレポートを表示できます。

Microsoft Windows
Windows 7、8.1、10、Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2

  • Microsoft Edge (+)
  • Microsoft Internet Explorer 10 または 11
  • Google Chrome (+)
  • Mozilla Firefox (+)

Apple OS X
OS X 10.9-10.11

  • Apple Safari (+)

(+) 最新公開リリース バージョン

Reporting Servicesに統合されている SharePoint 製品を使用している場合は、「 SharePoint 2016 でブラウザー サポートを計画する」を参照してください。

認証の要件

クライアント要求が正常に終了するように、ブラウザーでは、レポート サーバーで処理する必要がある特定の認証方法をサポートしています。 次の表は、Windows オペレーティング システムで実行中の各ブラウザーでサポートされる既定の認証の種類を示しています。

ブラウザーの種類 サポート ブラウザーの既定値 サーバーの既定値
Microsoft Edge (+) ネゴシエート、NTLM、基本 ネゴシエート はい。 Edge の既定の認証設定を使用します。
[Microsoft Internet Explorer] ネゴシエート、NTLM、基本 ネゴシエート はい。 Internet Explorer の既定の認証設定を使用します。
Google Chrome(+) ネゴシエート、NTLM、基本 ネゴシエート はい。 Chrome の既定の認証設定を使用します。
Mozilla Firefox(+) NTLM、基本 NTLM はい。 Firefox の既定の認証設定を使用します。
Apple Safari(+) NTLM、基本 Basic はい。 Safari の既定の認証設定を使用します。

(+) 最新公開リリース バージョン

レポートを表示するためのスクリプトの要件

レポート ビューアーを使用するには、スクリプトを実行するようにブラウザーを構成する必要があります。

スクリプトが有効になっていない場合は、レポートを開くときに次のようなエラー メッセージが表示されます。

  • ブラウザーでスクリプトがサポートされていないか、スクリプトを許可するように構成されていません。ここをクリックすると、スクリプトを使用せずにこのレポートが表示されます

スクリプトを使用せずにレポートを表示することを選択した場合、レポート ツール バーやドキュメント マップなどのレポート ビューアー機能を使用しない HTML でレポートが表示されます。

注意

レポート ツール バーは HTML ビューアー コンポーネントの一部です。 既定では、ツール バーはブラウザー ウィンドウに表示されるすべてのレポートの上部に表示されます。 レポート ビューアーには、レポート内の情報検索、特定のページへのスクロール、および表示目的でのページ サイズの調整機能があります。 レポート ツール バーまたは HTML ビューアーの詳細については、「 HTML Viewer and the Report Toolbar」を参照してください。

Visual Studio での ReportViewer Web サーバー コントロールのブラウザー サポート

ReportViewer Web サーバー コントロールは、ASP.NET Web アプリケーションにレポート機能を埋め込むために使用されます。 このコントロールは Visual Studio に含まれており、このトピックで説明している他のコンポーネントとはサポートしているブラウザーおよびブラウザー バージョンが異なります。 アプリケーションの表示に使用するブラウザーの種類によって、アプリケーションに埋め込むことができる ReportViewer の機能が決まります。 レポート機能が制限されるサポート対象のブラウザーとサポートされているプラットフォームについては、このトピックの表を参照してください。

スクリプトのサポートが有効になっているブラウザーを使用します。 ブラウザーがスクリプトを実行できない場合、レポートを表示することができません。

Microsoft Windows
Windows 7、8.1、10、Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2

  • Microsoft Edge (+)
  • Microsoft Internet Explorer 10 または 11
  • Google Chrome (+)
  • Mozilla Firefox (+)

(+) 最新公開リリース バージョン

Power View のブラウザー サポート

Microsoft Windows
Windows 7、8.1、10、Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2

  • Microsoft Internet Explorer 10 または 11
  • Mozilla Firefox (+)

Apple OS X
OS X 10.9-10.11

  • Apple Safari (+)

(+) 最新公開リリース バージョン

SharePoint 2016 のブラウザー サポートの詳細については、「 SharePoint 2013 でブラウザー サポートを計画する」を参照してください。

次のステップ

Web ポータルを使用したレポートの検索と表示
Reporting Services ツール
Web ポータル (SSRS ネイティブ モード)
HTML ビューアーとレポート ツールバー
URL アクセス パラメーター リファレンス

その他の質問 Reporting Services のフォーラムに質問してみてください