SQL Server Reporting Services (SSRS) とはWhat is SQL Server Reporting Services (SSRS)?

このトピックの対象:THIS TOPIC APPLIES TO: はいSQL Server Reporting Services (2016 以降)SQL Server Reporting Services (2016 and later) いいえPower BI レポート サーバーPower BI Report Serverこのトピックの対象:THIS TOPIC APPLIES TO: はいSQL Server Reporting Services (2016 以降)SQL Server Reporting Services (2016 and later) いいえPower BI レポート サーバーPower BI Report Server

以前のバージョンの SQL Server Reporting Services に関するコンテンツについては、「SQL Server Reporting Services 2014」をご覧ください。For content related to previous versions of SQL Server Reporting Services, see SQL Server Reporting Services 2014.

作成、展開、およびモバイル レポートや改ページ調整された Reporting Services レポートとすぐに使用できるツールと SQL Server Reporting Services (SSRS) と Power BI を提供するサービスの範囲とオンプレミスで Power BI レポートを管理します。Create, deploy, and manage mobile and paginated Reporting Services reports and Power BI reports on premises with the range of ready-to-use tools and services that SQL Server Reporting Services (SSRS) and Power BI provide.

SQL Server Reporting Services まとめてSQL Server Reporting Services all together

作成、展開、およびモバイル レポートや改ページ調整されたレポートの管理Create, deploy, and manage mobile and paginated reports

SQL Server Reporting Services は、レポートを作成、パブリッシュ、管理し、Web ブラウザー、モバイル デバイス、受信トレイ内のメールなどで表示できるようにさまざまな方法で適切なユーザーに提供するための、ユーザーのオンプレミスに配置されるソリューションです。SQL Server Reporting Services is a solution that customers deploy on their own premises for creating, publishing, and managing reports, then delivering them to the right users in different ways, whether that’s viewing them in web browser, on their mobile device, or as an email in their in-box.

SQL Server 2016 の Reporting Services では、更新された製品スイートが提供されます。For SQL Server 2016, Reporting Services offers an updated suite of products:

  • 更新されたツールと新しい作成機能で現代風のレポートを作成できる、新しくなった"従来の" ページ分割されたレポート“Traditional” paginated reports brought up to date, so you can create modern-looking reports, with updated tools and new features for creating them.
  • さまざまなデバイスと持ち方に適応できる対応性の高いレイアウトの新しいモバイル レポートNew mobile reports with a responsive layout that adapts to different devices and the different ways you hold them.
  • 最新のブラウザーで表示できる新しい Web ポータルA modern web portal you can view in any modern browser. 新しいポータルを整理し、モバイル改ページ調整された Reporting Services レポートと Kpi を表示することができ、Power BI Desktop レポートします。In the new portal, you can organize and display mobile and paginated Reporting Services reports and KPIs plus Power BI Desktop reports. ポータル上で Excel ブックを保存することもできます。You can also store Excel workbooks on the portal.

以降ではそれぞれについて詳しく説明します。Read on for more about each.

注意

Power BI のレポート サーバーを検索してください。Looking for Power BI Report Server? 参照してくださいPower BI のレポート サーバーの概要です。See Get started with Power BI Report Server.

Reporting Services の新機能What's new in Reporting Services

これらのリソースで SQL Server 2016 Reporting Services の新機能に関する最新情報をご確認いただけます。These sources will keep you up-to-date on new features in SQL Server 2016 Reporting Services.

ページ分割されたレポートPaginated reports

ssrs-paginated-reports

Reporting Services は "従来の" ページ分割されたドキュメント スタイルのレポートと関連付けられており、データ、テーブルの行、レポートのページをより多く提供できます。Reporting Services is associated with “traditional” paginated document-style reports, in which the more data you have, the more rows in the tables, and the more pages the report would have. PDF ファイルや Word ファイルのような印刷用に最適化された固定レイアウトで完全なピクセルのドキュメントの生成に最適です。That’s great for generating fixed-layout, pixel-perfect documents optimized for printing, such as PDF and Word files.

その中核となる BI ワークロードは最新のものになっています。That core BI workload still exists today, so we’ve modernized it. 更新された新機能とモダン外見のレポートを作成できますが、これを使用してレポート ビルダーまたはレポート デザイナーでSQL Server Data Tools (SSDT)です。Now you can create modern-looking reports with updated new features, using Report Builder or Report Designer in SQL Server Data Tools (SSDT).

  • 既定のスタイルとカラー パレットはすべて更新されており、既定の設定で最新のミニマリズム スタイルのレポートを作成できます。We updated all the default styles and color palettes, so by default you create reports with a new minimalist modern style.
  • 更新された [パラメーター] ウィンドウでは、必要に応じてパラメーターを調整できます。We updated the Parameter pane, so you can arrange parameters however you want.
  • PowerPoint などの新しい形式にエクスポートできます。You can export to new formats such as PowerPoint. PowerPoint での Reporting Services の視覚化は、単なるスクリーンショットではなく、ライブ表示であり編集可能です。Reporting Services visualizations in PowerPoint are live and editable, not just screen shots.
  • Power BI と Reporting Services のハイブリッド エクスペリエンスを作成できます。オンプレミスの Reporting Services を Power BI で作成し直すのではなく、レポートのビジュアルを Power BI ダッシュボードにピン留めすることができます。You can create a hybrid Power BI/Reporting Services experience: Rather than recreating your on-premises Reporting Services reports in Power BI, you can pin visuals from those reports to your Power BI dashboards. その後は、Power BI ダッシュボードだけですべての情報を監視できます。Then you can monitor everything in one place on your Power BI dashboard.

モバイル レポートMobile reports

ssrs-mobile-reports

モバイル コンピューティングによって使用する必要のあるデバイスが変化し、現在では異なるレポート ニーズが生まれています。Mobile computing has shifted the devices we need to work, meaning people today have a different reporting need. タブレットや携帯電話を導入すると、固定レイアウトのレポート エクスペリエンスではうまく機能しません。The fixed-layout report experience doesn’t work well when you introduce tablets and phones. PC のワイド画面用に設計されたレポートは、小さいだけでなく縦方向または横方向のスマートフォンの画面では最適なエクスペリエンスになりません。Something designed for a wide PC screen isn’t the optimal experience on a small phone screen that’s not just smaller but a portrait or landscape orientation.

このように大きく異なる画面フォーム ファクターに必要なものは固定レイアウトではなく、さまざまなデバイスと持ち方に適応する対応性の高いレイアウトです。What you need with these widely different screen form factors is not a fixed layout, but a responsive layout that adapts to these different devices and the different ways you hold them. そのため、新しいレポートの種類であるモバイル レポートを追加しました。これは、約 1 年前に買収して製品に統合した Datazen のテクノロジが基になっています。For that we’ve added a new report type: mobile reports, based on the Datazen technology we acquired about a year ago and integrated into the product. SQL Server Migration Assistant for Datazenを使って、既存の Datazen レポートを Reporting Services に移行できます。You can migrate your existing Datazen reports to Reporting Services with the SQL Server Migration Assistant for Datazen.

モバイル レポートは新しい Mobile Report Publisher アプリで作成します。You create these mobile reports in the new Mobile Report Publisher app. その後、Windows 10、iOS、Android、HTML5 用のネイティブな モバイル デバイス用 Power BI アプリ で、クラウドの Power BI データやオンプレミスの SQL Server 2016 Reporting Services データにアクセスできます。Then in the native Power BI apps for mobile devices for Windows 10, iOS, Android, and HTML5, you can access the data you have in Power BI the cloud, plus your on-premises SQL Server 2016 Reporting Services data. 視覚エフェクトを作成すると、Mobile Report Publisher によりサンプル データが自動的に生成されるので、実際のデータでの視覚エフェクトの見え方や、各視覚エフェクトに適したデータの種類を確認できます。As you create visualizations, Mobile Report Publisher automatically generates sample data for each, so you see how the visualization will look with your data, and what kind of data works well in each visualization.

Web ポータルWeb portal

ssrs-web-portal

ネイティブ モードの Reporting Services のエンド ユーザーの入り口は、最新のブラウザーで表示できる最新の Web ポータルです。For end users of native-mode Reporting Services, the front door is a modern web portal you can view in any modern browser. は、新しいポータルと Power BI Desktop のレポートは、すべての Reporting Services モバイル レポートや改ページ調整されたレポートと Kpi を表示できます。You can access all your Reporting Services mobile and paginated reports and KPIs in the new portal, plus Power BI Desktop reports. 詳細についてReporting Services での Power BI レポートです。Read more about Power BI reports in Reporting Services.

独自のカスタム ブランドを Web ポータルに適用することができます。You can apply your own custom branding to your web portal. また、Web ポータルでは KPI の権限を作成できます。And you can create KPIs right in the web portal. KPI を使うと、レポートを開かなくても、主要なビジネス指標をブラウザーで簡単に見ることができます。KPIs can surface key business metrics at a glance in the browser, without having to open a report.

新しい Web サイトは、レポート マネージャーを完全に書き直したものです。The new web portal is a complete rewrite of Report Manager. 単一ページで標準ベースの HTML5 アプリであり、Edge、Internet Explorer 10 と 11、Chrome、Firefox、Safari などのすべての主要な最新ブラウザーが最適化されています。Now it’s a single-page, standards-based HTML5 app, which modern browsers are optimized for: Edge, Internet Explorer 10 and 11, Chrome, Firefox, Safari, and all the major browsers.

Web ポータル上のコンテンツは型で構成されています: Reporting Services モバイル レポートや改ページ調整されたレポートと Kpi、および Power BI Desktop レポート、Excel ブック、共有データセット、および共有データ ソース、レポートの基盤として使用します。The content on the web portal is organized by type: Reporting Services mobile and paginated reports and KPIs, plus Power BI Desktop reports, Excel workbooks, shared datasets, and shared data sources to use as building blocks for your reports. それらを安全に管理ここでは、従来のフォルダー階層と格納できます。You can store and manage them securely here, in the traditional folder hierarchy. お気に入りのタグを付けることができ、管理者はコンテンツを管理できます。You can tag your favorites, and you can manage the content if you have that role.

また、レポート処理のスケジュール設定、オンデマンドでのレポート アクセス、新しい Web ポータルでパブリッシュされたレポートのサブスクライブも、引き続き可能です。And you can still schedule report processing, access reports on demand,and subscribe to published reports in the new web portal.

詳細について、 Web ポータル (SSRS ネイティブ モード)です。More about the Web portal (SSRS Native Mode).

Reporting Services の SharePoint 統合モードReporting Services in SharePoint integrated mode

SharePoint 統合モードで Reporting Services にレポートをパブリッシュします。You publish reports to Repoorting Services in SharePoint integrated mode. レポート処理のスケジュール設定、レポートへのオンデマンド アクセス、パブリッシュされたレポートのサブスクライブ、他のアプリケーション (Microsoft Excel など) へのレポートのエクスポートを実行できます。You can schedule report processing, access reports on demand, subscribe to published reports, and export reports to other applications such as Microsoft Excel. SharePoint サイトにパブリッシュされたレポートに対してデータ警告を作成したり、レポートのデータが変化したときに電子メール メッセージを受信できます。Create data alerts on reports published to a SharePoint site and receive email messages when report data changes.

詳しくは、「 Reporting Services Report Server (SharePoint Mode)」をご覧ください。More about Reporting Services Report Server in SharePoint integrated mode.

Reporting ServicesReporting Services のプログラミング機能 programming features

Reporting ServicesReporting Services のプログラミング機能を活用し、API を使用してカスタム アプリケーションのデータ処理とレポート処理を統合または拡張して、レポート作成機能を拡張およびカスタマイズできます。Take advantage of Reporting ServicesReporting Services programming features so you can extend and customize your reporting functionality, with APIs to integrate or extend data and report processing in custom applications.

詳しくは、「 開発者ガイド (Reporting Services)」をご覧ください。More Reporting Services Developer Documentation.

次の手順Next steps

他に質問しますか。More questions? Reporting Services のフォーラムで質問してみてください。Try asking the Reporting Services forum