SQL Server Reporting Services (SSRS) とは

適用対象: ✔ SQL Server 2016 Reporting Services 以降 ❌ Power BI Report Server

Power BI Report Server が見つからない場合は、 「Power BI Report Server とは」を参照してください。

SQL Server Reporting Services (SSRS) では、モバイルおよびページ分割されたレポートの作成、配置、管理を行う一連のオンプレミス ツールおよびサービスを提供しています。

SQL Server Reporting Services 全体

モバイル レポートやページ分割されたレポートを作成、配置、管理する

SSRS ソリューションは、正しいユーザーに正しい情報を柔軟に提供します。 ユーザーは自分のモバイル デバイス上の Web ブラウザーを使用して、または電子メール経由でレポートを使用できます。

SQL Server の Reporting Services では、更新された製品スイートが提供されます。

  • 更新されたツールと新しい作成機能で現代風のレポートを作成できる、新しくなった "従来の" ページ分割されたレポート
  • さまざまなデバイスと持ち方に適応できる対応性の高いレイアウトの 新しいモバイル レポート
  • 最新のブラウザーで表示できる 新しい Web ポータル 。 新しいポータルでは、モバイルやページ分割された Reporting Services レポートや KPI を整理および表示することができます。 ポータルで Excel ブックを保存することもできます。

以降ではそれぞれについて詳しく説明します。

Reporting Services の新機能

これらのリソースで SQL Server Reporting Services の新機能に関する最新情報を確認できます。

ページ分割されたレポート

デスクトップ画面とタブレット デバイス上のページ分割されたレポートのイメージ。

Reporting Services は "従来の" ページ分割されたレポートと関連付けられており、PDF ファイルや Word ファイルのような印刷用に最適化された固定レイアウトのドキュメントに最適です。

その中核となる BI ワークロードは最新のものになっています。 SQL Server Data Tools (SSDT) のレポート ビルダーまたはレポート デザイナーを使って、更新済みの新しい機能でモダンな外観のレポートを作成できます。

  • 既定のスタイルとカラー パレットはすべて更新されており、既定の設定で最新のミニマリズム スタイルのレポートを作成できます。
  • 更新された [パラメーター] ウィンドウでは、必要に応じてパラメーターを調整できます。
  • PowerPoint などの新しい形式にエクスポートできます。 PowerPoint での Reporting Services の視覚化は、単なるスクリーンショットではなく、ライブ表示であり編集可能です。
  • Power BI と Reporting Services のハイブリッド エクスペリエンスを作成できます。オンプレミスの Reporting Services を Power BI で作成し直すのではなく、レポートのビジュアルを Power BI ダッシュボードにピン留めすることができます。 その後は、Power BI ダッシュボードだけですべての情報を監視できます。

モバイル レポート

デスクトップ画面とタブレット デバイス上のモバイル レポートのイメージ。

モバイル コンピューティングによって使用する必要のあるデバイスが変化し、現在では異なるレポート ニーズが生まれています。 タブレットや携帯電話を導入すると、固定レイアウトのレポート エクスペリエンスではうまく機能しません。 PC のワイド画面用に設計されたレポートは、小さいだけでなく縦方向または横方向のスマートフォンの画面では最適なエクスペリエンスになりません。

このように大きく異なる画面フォーム ファクターに必要なものは、さまざまな画面サイズと方向に適応する対応性の高いレイアウトです。 そのため、新しいレポートの種類であるモバイル レポートを追加しました。これは、約 1 年前に買収して製品に統合した Datazen のテクノロジが基になっています。 SQL Server Migration Assistant for Datazenを使って、既存の Datazen レポートを Reporting Services に移行できます。

モバイル レポートは新しい Mobile Report Publisher アプリで作成します。 すると、Windows 10、iOS、Android、HTML5 用のネイティブなモバイル デバイス用 Power BI アプリで、Power BI、クラウド、または SSRS にあるデータにアクセスできます。

視覚エフェクトを作成すると、Mobile Report Publisher によりサンプル データが自動的に生成されます。 この機能により、実際のデータでの視覚エフェクトの見え方や、各視覚エフェクトに適したデータの種類を確認できます。

Web ポータル

Web ポータル ラップトップのイメージ。

ネイティブ モードの Reporting Services のエンド ユーザーにとっての入り口は、最新のブラウザーで表示できる最新の Web ポータルです。 新しいポータルからは、Reporting Services のモバイル レポート、ページ分割されたレポート、KPI のすべてにアクセスできます。 KPI を使うと、レポートを開かなくても、主要なビジネス指標をブラウザーで簡単に見ることができます。

新しい Web サイトは、レポート マネージャーを完全に書き直したものです。 それは、単一ページで標準ベースの HTML5 アプリであり、その最新ブラウザーは、Microsoft Edge、Internet Explorer 10 と 11、Chrome、Firefox、Safari、およびすべての主要なブラウザー用に最適化されています。

Web ポータルのコンテンツは、種類別に整理されます。つまり、

  • ページ分割されたレポート
  • モバイル レポート
  • KPI
  • Excel ブック
  • 共有データセット
  • 共有データ ソース

従来のフォルダー階層で、ここから安全に保存および管理することができます。 すばやくアクセスするため、お気に入りのレポートをタグ付けします。 適切なアクセス許可を持つユーザーが SSRS コンテンツを管理できます。

また、レポート処理のスケジュール設定、オンデマンドでのレポート アクセス、新しい Web ポータルでパブリッシュされたレポートのサブスクライブも、引き続き可能です。

詳細については、「Web ポータル」を参照してください。

Reporting Services の SharePoint 統合モード

SharePoint 統合モードで Reporting Services にレポートをパブリッシュします。 レポート処理のスケジュール設定、レポートへのオンデマンド アクセス、パブリッシュされたレポートのサブスクライブ、他のアプリケーション (Microsoft Excel など) へのレポートのエクスポートを実行できます。 SharePoint サイトにパブリッシュされたレポートに対してデータ警告を作成したり、レポートのデータが変化したときに電子メール メッセージを受信できます。

詳しくは、「 Reporting Services Report Server (SharePoint Mode)」をご覧ください。

Reporting Services のプログラミング機能

Reporting Services のプログラミング機能を活用し、レポート作成機能を拡張およびカスタマイズできます。 SSRS API を使用してカスタム アプリケーションのデータ処理とレポート処理を統合または拡張します。

詳しくは、「 開発者ガイド (Reporting Services)」をご覧ください。

次のステップ