URL の構成 (レポート サーバー構成マネージャー)

Web ポータルまたはレポートサーバー Web サービスを使用するには、アプリケーションごとに少なくとも1つの URL を構成する必要があります。 Reporting Services を "ファイルのみ" モードでインストールした場合 (インストールウィザードの [レポートサーバーインストールオプション] ページで [ サーバーを構成 せずにインストールする] オプションを選択した場合) は、url の構成は必須です。 既定の構成で Reporting Services をインストールした場合は、各アプリケーションに対して Url が既に構成されています。

Url を構成するには、Reporting Services 構成ツールを使用します。 URL のすべての部分をこのツールで定義します。 以前のリリースとは異なり、インターネットインフォメーションサービス (IIS) Web サイトは SQL Server 2008 以降のバージョンで Reporting Services アプリケーションへのアクセスを提供しなくなりました。

Reporting Services には、他の Web サービスやアプリケーションとのサイドバイサイドの配置を含むほとんどの配置シナリオで適切に機能する既定値が用意されています。 同じコンピューターで複数のレポート サーバー インスタンスを実行する場合に URL が競合するリスクを最小限に抑えられるように、既定の URL にはインスタンス名が組み込まれます。

このトピックでは、次のタスクの手順について説明します。

  • レポート サーバー Web サービスの URL を作成する。

  • Web ポータルの URL を作成します。

  • URL の詳細プロパティを設定して追加の URL を定義する。

url の格納と管理の方法、または相互運用性の問題の詳細については、「 url の予約と登録について (レポートサーバー Configuration Manager) 」および「 Reporting Services とインターネットインフォメーションサービスサイドバイサイドでインストールする (SSRS ネイティブモード)」を参照してください。 Reporting Services でよく使用される URL の例については、このトピックの「 URL の構成の例 」を参照してください。

前提条件

URL の作成や変更を行う前に、次の点を確認してください。

  • レポート サーバー コンピューターのローカル Administrators グループのメンバーとしてログインする必要があります。

  • 同じコンピューターに IIS がインストールされている場合は、ポート 80 を使用する Web サイトの仮想ディレクトリの名前を確認してください。 既定の Reporting Services の仮想ディレクトリ名 ("Reports" および "ReportServer") を使用している仮想ディレクトリがある場合は、構成した Reporting Services の Url に対して別の仮想ディレクトリ名を選択します。

  • URL を構成するには、Reporting Services 構成ツールを使用する必要があります。 システム ユーティリティを使用したり、 RSReportServer.config ファイルの URLReservations セクションで直接 URL 予約を変更したりしないでください。 内部に格納されている基になる URL 予約の両方を更新し、RSReportServer.config ファイルに格納されている URL 設定を同期するには、Reporting Services 構成ツールを使用する必要があります。

  • レポートがあまり使用されない時間に行うようにしてください。 URL 予約が変更されるたびに、レポートサーバー Web サービスと web ポータルのアプリケーションドメインがリサイクルされる可能性があります。

  • Reporting Services での URL の構築と使用方法の概要については、「 レポートサーバーの url の構成 (レポートサーバー Configuration Manager)」を参照してください。

レポート サーバー Web サービスの URL を構成するには

  1. Reporting Services 構成ツールを起動し、ローカルレポートサーバーインスタンスに接続します。

  2. [Web サービス URL] をクリックします。

  3. 仮想ディレクトリを指定します。 仮想ディレクトリ名によって、要求を受信するアプリケーションが識別されます。 IP アドレスとポートは複数のアプリケーションで共有される可能性があるため、どのアプリケーションが要求を受信するのかを仮想ディレクトリ名で指定します。

    要求が確実に目的の宛先に届くように、仮想ディレクトリ名には一意の値を指定する必要があります。 この値は必須です。 大文字と小文字は区別されません。 仮想ディレクトリ名と Reporting Services アプリケーションのインスタンスの間には1対1の対応があります。 同じアプリケーション インスタンスへの URL を複数作成する場合は、すべての URL で同じ仮想ディレクトリ名を使用する必要があります。

    レポート サーバー Web サービスの既定の仮想ディレクトリ名は、 ReportServerです。

  4. ネットワーク上のレポート サーバー コンピューターを一意に識別する IP アドレスを指定します。 ホスト ヘッダーを指定したり、同じアプリケーション インスタンスに対して追加の URL を定義したりする場合は、 [詳細設定] をクリックする必要があります。 URL の詳細プロパティを設定する方法については、このトピックで後ほど説明します。 詳細プロパティを設定しない場合は、 [Web サービス URL] ページを使用して値を次の中から選択します。

    • [すべて割り当て] は、レポート サーバー アプリケーションを指す URL に、コンピューターに割り当てられている IP アドレスをどれでも使用できることを示します。 コンピューターに割り当てられている IP アドレスに対してドメイン ネーム サーバーによって解決されるわかりやすいホスト名 (コンピューター名など) も、この値の対象に含まれます。 これは Reporting Services URL の既定値です。

    • [すべて未割り当て] は、他のアプリケーションによって処理されていない要求をレポート サーバーがすべて受信することを示します。 このオプションは選択しないことをお勧めします。 このオプションを選択すると、レポート サーバーに送信した要求が、より強力な URL 予約を持つ別のアプリケーションによって受信されてしまう可能性があります。

    • [127.0.0.1] は、localhost にアクセスする場合に使用する IPv4 アドレスです。 この値は、レポート サーバー コンピューターでのローカル管理をサポートします。 この値のみを選択すると、レポート サーバー コンピューターにローカルにログオンしているユーザーだけがアプリケーションにアクセスできるようになります。

    • [::1] は、IPv6 形式のループバック アドレスです。

    • 特定の IP アドレスもこの一覧に表示されます。 IP アドレスは、IPv4 形式および IPv6 形式で指定できます。 "nnn.nnn.nnn.nnn " は、コンピューターのネットワーク アダプター カードの 32 ビット IPv4 アドレスです。 IPv6 アドレスは128ビットであり、コロンで区切られた 8 4 バイトのフィールドがあります。 < prefix > : nnnn: nnnn:<

      複数のカードがある場合や、ネットワークで IPv4 と IPv6 の両方のアドレスがサポートされている場合は、複数の IP アドレスが表示されます。 1 つの IP アドレスのみを選択すると、アプリケーション アクセスがその IP アドレス (およびドメイン ネーム サーバーによってそのアドレスにマップされるホスト名) に限定されます。 localhost を使用してレポート サーバーにアクセスすることはできません。また、レポート サーバー コンピューターにインストールされている他のネットワーク アダプター カードの IP アドレスは使用できません。 通常、この値を選択するのは、明確な IP アドレスやホスト名を指定する複数の URL 予約 (イントラネット接続に使用するネットワーク アダプター カード用と外部接続に使用するネットワーク アダプター カード用など) を構成する場合です。

  5. ポートを指定します。 他のアプリケーションとポートを共有できる、ポート 80 が既定のポートです。 カスタム ポート番号を使用する場合は、レポート サーバーへのアクセスに使用する URL で常にその番号を指定する必要があることに注意してください。 使用可能なポートを見つけるには、次の方法を使用できます。

    • コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、使用されている TCP ポートの一覧を取得します。

      netstat -anp tcp

    • Microsoft サポート技術情報の「 TCP/IP ポートの割り当てについて」を読んで、TCP ポートの割り当てと、Well Known ポート (0 ~ 1023)、予約済みポート (1024 ~ 49151)、および動的/プライベート ポート (49152 ~ 65535) の違いについて確認します。

    • Windows ファイアウォールを使用している場合はポートを開く必要があります。 手順については、「 Configure a Firewall for Report Server Access」を参照してください。

  6. まだ確認していない場合は、使用する予定の名前と同じ名前の仮想ディレクトリが IIS にないことを確認します (IIS がインストールされている場合)。

  7. TLS/SSL 証明書をインストールした場合は、ここでそれを選択して、コンピューターにインストールされている TLS/SSL 証明書に URL をバインドすることができます。

  8. TLS/SSL 証明書を選択する場合は、必要に応じてカスタム ポートを指定できます。 既定のポートは 443 ですが、使用可能なポートをどれでも使用できます。

  9. [適用] をクリックして URL を作成します。

  10. ページの [URL] セクションでリンクをクリックして URL をテストします。 URL をテストするには、先にレポート サーバー データベースを作成して構成する必要があります。 手順については、「 ネイティブモードのレポートサーバーデータベースの作成 (レポートサーバー Configuration Manager)」を参照してください。

Note

既存の TLS バインドと URL 予約があり、TLS バインドを変更する (たとえば、別の証明書やホスト ヘッダーを使用する) 場合、次の手順を順番に実行することをお勧めします。

  1. まず、すべての URL 予約を削除します。
  2. すべての TLS バインドを削除します。
  3. URL と TLS バインドを作成し直します。

前の手順は Reporting Services Configuration Manager を使用して完了できます。

Microsoft Windows では、IP アドレスとポートの組み合わせごとに 1 つのバインドがサポートされています。 特定のホスト ヘッダー値を使用するようにレポート サーバーを構成し、ポートと IP アドレスの組み合わせに対する証明書が別のホスト ヘッダー値にも発行される場合、証明書と使用中の URL が一致しないことを示す警告がブラウザーに表示されます。

この問題を修正するには、すべてのバインドを削除し、一意の設定で新しいバインドを作成するか、ワイルドカードを使用して Reporting Services の URL 登録を構成してください。

Web ポータルの URL 予約を作成するには

  1. Reporting Services 構成ツールを起動して、レポート サーバー インスタンスに接続します。

  2. [Web ポータルの URL] をクリックします。

  3. 仮想ディレクトリを指定します。 Web ポータルは、レポートサーバー Web サービスと同じ IP アドレスとポートでリッスンします。 別のレポートサーバー Web サービスをポイントするように web ポータルを構成した場合は、RSReportServer.config ファイルの web ポータルの URL 設定を変更する必要があります。

  4. TLS/SSL 証明書をインストールした場合は、それを選択して、web ポータルへのすべての要求が HTTPS 経由でルーティングされるようにすることができます。

    TLS/SSL 証明書を選択する場合は、必要に応じてカスタム ポートを指定できます。 既定のポートは 443 ですが、使用可能なポートをどれでも使用できます。

  5. [適用] をクリックして URL を作成します。

  6. ページの [URL] セクションでリンクをクリックして URL をテストします。

追加の URL を指定するための詳細プロパティの設定

異なるポートまたはホスト名 (ドメイン ネーム サーバーがコンピューターに割り当てられた IP アドレスに解決できる IP アドレスまたはホスト ヘッダー名) を指定することで、レポート サーバー Web サービスまたは Web ポータルに対して複数の URL を予約できます。 複数の URL を作成すると、同じレポート サーバー インスタンスへの異なるアクセス パスを設定できます。 たとえば、レポート サーバーへのイントラネット アクセスとエクストラネット アクセスを有効にする場合は、既定の URL をイントラネット アクセス用に使用して、追加の完全修飾ホスト名をエクストラネット アクセス用に使用することができます。

  • https://myserver01/reportserver

  • https://www.adventure-works.com/reportserver

同じアプリケーション インスタンスに対して複数の仮想ディレクトリ名を設定することはできません。 各Reporting Servicesインスタンスは、1 つの仮想ディレクトリ名にマップされます。 同じコンピューター上に Reporting Services の複数のインスタンスがある場合は、アプリケーションの仮想ディレクトリ名にインスタンス名を含めて、各要求が目的のターゲットに到達することを確認する必要があります。

ホスト ヘッダー
コンピューターに解決されるホスト ヘッダーをドメイン ネーム サーバーに既に定義している場合は、レポート サーバー アクセス用に構成する URL にそのホスト ヘッダーを指定できます。

ホスト ヘッダーは一意の名前であり、これを使用して複数の Web サイトで単一の IP アドレスとポートを共有できます。 ホスト ヘッダー名は、IP アドレスとポート番号に比べて容易に記憶でき、入力も簡単です。 ホスト ヘッダー名の例を次に 示 www.adventure-works.com

[SSL ポート]
TLS/SSL 接続のポートを指定します。 TLS の既定のポートは 443 です。

[SSL 証明書]
対象のコンピューターにインストールした TLS/SSL 証明書の名前を指定します。 証明書がワイルドカードにマップされている場合は、それをレポート サーバーの接続に使用できます。

証明書が登録されている完全修飾コンピューター名を指定します。 証明書が登録されている名前と同じ名前を指定する必要があります。

このオプションを使用するには、証明書がインストールされている必要があります。 また、RSReportServer.config ファイルの UrlRoot 構成設定を、証明書で登録されたコンピューターの完全修飾名を指すように変更する必要があります。 詳細については、「ネイティブ モードのレポート サーバーでの TLS 接続の構成」をご覧ください。

URL の詳細プロパティを設定するには

  1. [Web サービスの URL] ページまたは [Web ポータルの URL] ページで、 [詳細設定] をクリックします。

  2. [追加] をクリックします。

  3. [IP アドレス] または [ホスト ヘッダー名] をクリックします。 ホスト ヘッダーを指定する場合は、DNS サービスで解決できる名前を指定してください。 公のドメイン名を指定する場合は、https://www を含む URL 全体を指定します。

  4. ポートを指定します。 カスタム ポートを指定する場合は、アプリケーションの URL に常にポート番号を含める必要があります。

  5. [OK] をクリックします。

  6. ブラウザー ウィンドウを開き、URL を入力して、URL をテストします。

同じコンピューター上の複数のレポート サーバー インスタンスの URL

Reporting Services の複数のインスタンスの URL を予約する場合は、名前付けの競合を回避するために名前付け規則に従う必要があります。 詳細については、「複数インスタンスのレポート サーバー配置の URL 予約 (レポート サーバーの展開の URL の予約 (レポート サーバー 構成マネージャー)」を参照してください

URL の構成の例

レポート サーバーの URL の具体例を次に示します。

  • https://localhost/reportserver

  • https://localhost/reportserver_SQLEXPRESS

  • https://sales01/reportserver

  • https://sales01:8080/reportserver

  • https://sales.adventure-works.com/reportserver

  • https://www.adventure-works.com:8080/reportserver01

Web ポータルへのアクセスに使用する URL は、同様の形式を共有し、通常はレポート サーバーをホストするのと同じ Web サイトの下に作成されます。 レポート サーバーの URL と異なる点は仮想ディレクトリ名です。この例では reports が使用されますが、別の名前を使用することもできます。

  • https://localhost/reports

  • https://localhost/reports_SQLEXPRESS

  • https://sales01/reports

  • https://sales01:8080/reports

  • https://sales.adventure-works.com/reports

  • https://www.adventure-works.com:8080/reports

参照

レポート サーバー URL の構成 (レポート サーバー 構成マネージャー)レポート サーバー 構成マネージャー (ネイティブ モード)