レッスン 1:サンプル サブスクライバー データベースの作成

この Reporting Services チュートリアルレッスンでは、データドリブンサブスクリプションによって使用されるサブスクリプションデータを格納するための小さな "サブスクライバー" データベースを作成します。 サブスクリプションを処理するときに、レポート サーバーはこのデータを取得し、レポート出力のカスタマイズに使用します。 たとえば、データの行に特定の順序の数値を含めてフィルターに使用したり、レポートの生成時に、レポートのファイル形式を指定したりすることができます。

このレッスンでは、SQL Server Management Studio を使用して SQL Server データベースを作成することを前提としています。

サンプル サブスクライバー データベースを作成するには

  1. Management Studio を開始し、SQL Server データベースエンジンのインスタンスへの接続を開きます。

  2. [データベース] を右クリックして [新しいデータベース] をクリックします。

  3. [新しいデータベース] ダイアログ ボックスの [データベース名] に「 Subscribers」と入力します。

  4. [OK] をクリックします。

  5. ツール バーの [新しいクエリ] ボタンをクリックします。

  6. 次の transact-sql SQL ステートメントを空のクエリにコピーします。

    Use Subscribers  
    CREATE TABLE [dbo].[OrderInfo] (  
        [SubscriptionID] [int] NOT NULL PRIMARY KEY ,  
        [Order] [nvarchar] (20) NOT NULL,  
        [FileType] [bit],  
        [Format] [nvarchar] (20) NOT NULL ,  
    ) ON [PRIMARY]  
    GO  
    
    INSERT INTO [dbo].[OrderInfo] (SubscriptionID, [Order], FileType, Format)   
    VALUES ('1', 'so43659', '1', 'IMAGE')  
    INSERT INTO [dbo].[OrderInfo] (SubscriptionID, [Order], FileType, Format)   
    VALUES ('2', 'so43664', '1', 'MHTML')  
    INSERT INTO [dbo].[OrderInfo] (SubscriptionID, [Order], FileType, Format)   
    VALUES ('3', 'so43668', '1', 'PDF')  
    INSERT INTO [dbo].[OrderInfo] (SubscriptionID, [Order], FileType, Format)   
    VALUES ('4', 'so71949', '1', 'Excel')  
    GO  
    
  7. ツール バーの [実行] をクリックします。

  8. SELECT ステートメントを使用して、3 行のデータがあることを確認します。 例: select * from OrderInfo

次の手順

  • 以上の操作で、レポートを配信し、各サブスクライバーごとにレポート出力を変えるサブスクリプション データを作成できました。
  • 次に、格納された資格情報を使用するレポートのデータ ソースのプロパティを変更します。
  • また、レポートのデザインを変更して、サブスクリプションがサブスクライバーのデータと共に使用するパラメーターを含めます。 レッスン 2:レポート データ ソースのプロパティの変更

次のステップ

データ ドリブン サブスクリプションの作成
データベースの作成
基本的なテーブル レポートの作成

その他の質問 Reporting Services のフォーラムに質問してみてください