レッスン 3:データ ドリブン サブスクリプションの定義

この Reporting Services チュートリアル レッスンでは、Reporting Services Web ポータルのデータ 駆動型サブスクリプション ページを使用してサブスクリプション データ ソースに接続し、サブスクリプション データを取得するクエリを作成し、結果セットをレポートおよび配信オプションにマップします。

Note

開始する前に、エージェント SQL Serverが実行されている必要があります。 実行されていない場合は、サブスクリプションを保存できません。 検証する方法の 1 つは、SQL Server 構成マネージャーを起動することです。 このレッスンを行うには、レッスン 1 とレッスン 2 を完了していることと、レポート データ ソースに、保存された資格情報が使用されていることが必要です。 詳細については、「レッスン 2: レポート データ ソースのプロパティの変更」を参照してください

データ ドリブン サブスクリプション ウィザードの開始

  1. Web Reporting Servicesで[ホーム ] をクリックし、販売注文レポートを含む フォルダーに移動 します。

  2. レポートのコンテキスト メニューで、[ ssrs_tutorial_datadriven_reportmenu 管理] を クリックし、左側のウィンドウで [ サブスクリプション ] をクリックします。

  3. [新しいサブスクリプション] をクリックします。 このボタンが表示されない場合は、コンテンツ マネージャーの権限がありません。

説明の定義

  1. 説明に「 Sales Order delivery 」と入力します。

Type

  1. [データ ドリブン サブスクリプション] をクリックします。

スケジュール

  1. スケジュール セクションで、 [レポート固有のスケジュール] をクリックします。
  2. [スケジュールの編集] をクリックします。
  3. [スケジュールの詳細] で、 [一度だけ] をクリックします。
  4. 開始時刻として、現在の時刻から数分後を指定します。
  5. [開始日および終了日] を指定します。
  6. [適用] を選択します。

到着地

  1. [転送先] セクションで、配信方法に対して [Windows ファイル共有] を選択します。

データセット

  1. [データセットの編集] をクリックします。

  2. [カスタム データ ソース] をクリックします。

  3. データ ソースの [接続] の種類として、 [Microsoft SQL Server] をクリックします。

  4. [接続文字列] に、次のように入力します。 [サブスクライバー] はレッスン 1 で作成したデータベースです。

    data source=localhost; initial catalog=Subscribers
    

資格情報

  1. [次の資格情報を使用する] を選択します。
  2. [Windows ユーザー名とパスワード] を選択します。
  3. [ユーザー名][パスワード] に、ドメイン ユーザー名とパスワードを入力します。 [ユーザー名] には、ドメインとユーザー アカウントの両方を指定します。

Note

サブスクライバー データ ソースへの接続に使用される資格情報は、サブスクライバーにManagement Studio。 後でサブスクリプションを変更する場合は、データ ソースへの接続に使用するパスワードをこのページで再入力する必要があります。

クエリ

  1. クエリ ボックスに次のクエリを入力します。

    Select * from OrderInfo  
    
  2. 30 秒のタイムアウトを指定します。

  3. [クエリの検証] をクリックし、 [適用] をクリックします。

配信オプション

次の値を入力します。

パラメーター 値のソース 値/フィールド
[ファイル名] データセットから値を取得 Order
パス 値を入力 [値] に、書き込み権限のあるパブリック ファイル共有の名前を入力します (例: \\mycomputer\public\myreports)。
レンダリング フォーマット データセットから値を取得 Format
値を入力 自動増分
ファイル拡張子 値を入力 True
ユーザー名 値を入力 ドメイン ユーザー アカウントを入力します。 domain\account という形式 <で>入力<します>。 ユーザー アカウントには、構成したパスに対する権限が必要です。
パスワード 値を入力 パスワードを入力
ファイル共有アカウントを使用する 値を入力 False

レポート パラメーター

  1. [OrderNumber] フィールドには、 [データセットから値を取得] を選択します。 [値] で、 [Order] をクリックします。
  2. [サブスクリプションの作成] を選択します。

次のステップ

サブスクリプションを実行すると、 Subscribers データ ソースの注文ごとに 1 つずつ、4 つのレポート ファイルが、指定したファイル共有に配信されます。 各配信では、データ (注文固有のデータ)、表示形式、ファイル形式がそれぞれ異なっています。 各レポートを共有フォルダーから開き、定義したサブスクリプション オプションに基づいて各バージョンがカスタマイズされているかどうかを確認できます。

List of files created by the subscription

Web ポータルのサブスクリプション ページには、サブスクリプションの [最終実行] 日付と [状態] が表示されます。

Note

サブスクリプションを実行した後、ページを更新して更新後の情報を表示します。

Subscription results in the web portal

これで、「データ ドリブン サブスクリプションの定義」のチュートリアルは終了します。

参照

サブスクリプションと配信 (Reporting Services)
データ ドリブン サブスクリプション
データ ドリブン サブスクリプションを作成、変更、および削除する
サブスクライバー データに対して外部データ ソースを使用する (データ ドリブン サブスクリプション)