データ警告マネージャーで SharePoint サイトのすべてのデータ警告を管理する

適用対象: ✔️ SQL Server Reporting Services (2016) ❌ Power BI Report Server ✔️ SharePoint

SharePoint 警告管理者は、サイト ユーザーによって作成されたデータ警告の一覧と、警告に関する情報を表示できます。 また、警告管理者は警告を削除することもできます。 次の図に、警告管理者がデータ警告マネージャー内で使用できる機能を示します。

SharePoint サイト管理者用の警告マネージャー

注意

SharePoint と Reporting Services の統合は、SQL Server 2016 以降では使用できません。

サイト ユーザーが作成した警告の一覧を表示する

  1. データ警告定義が保存されている SharePoint サイトに移動します。

  2. ホーム ページで、 [サイトの操作] をクリックします。

  3. 一覧の一番下までスクロールし、 [サイトの設定] をクリックします。

  4. [Reporting Services] で、 [データ警告の管理] をクリックします。

  5. [ユーザー用の警告の表示] の一覧で下矢印をクリックし、警告を表示するユーザーを選択します。

  6. [レポート用の警告の表示] の一覧の横にある下矢印をクリックして、表示する特定の警告を選択するか、 [すべて表示] をクリックして、選択したユーザーによって作成されたすべての警告を表示します。

    テーブルに、名前、レポート名、データ警告の作成者の名前、データ警告が送信された回数、データ警告定義が最後に変更された時刻、およびデータ警告の状態が一覧表示されます。 データ警告の生成や送信ができない場合は、エラーに関する情報が状態列に含まれているので、これを利用して問題のトラブルシューティングを行います。

警告の定義を削除する

  • 削除するデータ警告を右クリックして、 [削除] をクリックします。

    注意

    警告を削除すると、それ以降、警告メッセージは送信されません。 ただし、警告データベースを照会すると、警告の定義がまだ存在している場合があります。 警告サービスではスケジュールに基づいてクリーンアップが実行され、警告の定義は次回のクリーンアップで完全に削除されます。 既定のクリーンアップ間隔は 20 分です。 クリーンアップ間隔は設定可能です。 詳細については、「 Reporting Services のデータ警告」を参照してください。

参照

警告管理者用のデータ警告マネージャー
Reporting Services Data Alerts

その他の質問 Reporting Services のフォーラムに質問してみてください