データ警告マネージャーでのデータ警告の管理

適用対象: ✔️ SQL Server Reporting Services (2016) ❌ Power BI Report Server ✔️ SharePoint

SharePoint ユーザーは、自分が作成したデータ警告と、それらの警告に関する情報を一覧表示できます。 また、警告を削除したり、データ警告デザイナーで警告定義を開いて編集したり、それらの警告を実行することもできます。 次の図に、データ警告マネージャーでユーザーが使用できる機能を示します。

SharePoint ユーザー用の警告マネージャー機能

注意

SharePoint と Reporting Services の統合は、SQL Server 2016 以降では使用できません。

警告の一覧を表示するには

  1. データ警告の作成対象のレポートが保存されている SharePoint ライブラリに移動します。

  2. レポートの展開ドロップダウン メニューのアイコンをクリックし、 [データ警告の管理] をクリックします。 ドロップダウン メニューを次の図に示します。

    レポート コンテキスト メニューから警告マネージャーを開く

    データ警告マネージャーが開きます。 既定では、ライブラリで選択したレポートに対する警告が一覧表示されます。

  3. [レポート用の警告の表示] の一覧の横にある下矢印をクリックして、警告を表示するレポートを選択するか、 [すべて表示] をクリックして警告をすべて表示します。

    注意

    選択したレポートに警告が存在しない場合、SharePoint ライブラリに戻って警告があるレポートを検索および選択する必要はありません。 代わりに、 [すべて表示] をクリックしてすべての警告を一覧表示します。

    警告名、レポート名、警告の作成者としての自分の名前、送信された警告の数、最後に警告定義が変更された日時、および警告の状態が表に一覧表示されます。 警告の生成や送信ができない場合は、エラーに関する情報が状態列に含まれているので、これを利用して問題のトラブルシューティングを行います。

警告定義を編集するには

  • 警告定義を編集するデータ警告を右クリックし、 [編集] をクリックします。

    データ警告デザイナーに警告定義が表示されます。 詳しくは、「 警告デザイナーでのデータ警告の編集 」および「 データ警告デザイナー」をご覧ください。

    注意

    データ警告定義は、作成したユーザーのみが編集できます。

    注意

    レポートが変更され、レポートから生成されたデータ フィードが変更されている場合、警告の定義が無効になっている可能性があります。 この状況が生じるのは、警告のルールで参照される列がレポートから削除された場合、列のデータ型が変更された場合、列が別のデータ フィードに含まれている場合、またはレポートが削除または移動された場合です。 無効な警告定義は開くことはできますが、基になるレポート データ フィードの現行バージョンに基づいて有効になるまでは再保存できません。 レポートからデータ フィードが生成される方法の詳細については、「複数のレポートからのデータ フィードの生成 (レポート ビルダーおよび SSRS)」を参照してください。

警告の定義を削除するには

  • 削除するデータ警告を右クリックして、 [削除] をクリックします。

    警告を削除すると、それ以降、警告メッセージは送信されません。

警告を実行するには

  • 実行するデータ警告を右クリックして、 [実行] をクリックします。

    警告インスタンスが作成され、データ警告メッセージが直ちに送信されます。これは、データ警告デザイナーで指定したスケジュール オプションの内容にかかわらず実行されます。 たとえば、結果が変更された場合にのみ、週単位で送信されるよう構成された警告も同様です。

参照

警告管理者用のデータ警告マネージャー
Reporting Services Data Alerts

その他の質問 Reporting Services のフォーラムに質問してみてください