データ接続を追加および確認する (レポート ビルダーおよび SSRS)

レポート ビルダーでは、レポート サーバーから共有データ ソースを追加することも、レポートで使用される埋め込みデータ ソースを作成することもできます。 レポート デザイナーでは、共有データ ソースまたは埋め込みデータ ソースを作成して、レポート サーバーに配置することができます。

レポートに共有データ ソースを追加するには、レポート サーバーを参照して共有データ ソースを選択します。 レポート内の共有データ ソースは、レポート サーバー上の共有データ ソース定義を参照しています。

埋め込みデータ ソースを作成するには、データの外部ソースへの接続情報が必要で、データへのアクセスに必要な権限を把握している必要があります。 通常、この情報は、データ ソースの所有者から得られます。 接続をテストすることによって、指定されている資格情報が十分かどうかを確認できます。

詳細については、「データ接続文字列を作成する - レポート ビルダーおよび SSRS」と「レポート ビルダーで資格情報を指定する」を参照してください

注意

ページ分割されたレポートの定義ファイル (.rdl) は、Microsoft レポート ビルダー、Power BI レポート ビルダー、または SQL Server Data Tools のレポート デザイナーを使用して作成および変更できます。

レポート ビルダーで共有データ ソースへの接続を作成するには

  1. ツール バーのレポート データ ペインで、 [新規作成][データ ソース] の順にクリックします。 [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [名前] ボックスに、データ ソースの名前を入力します。

    注意

    この名前は、ローカル レポート定義に保存されます。 この名前は、レポート サーバー上の共有データ ソースの名前ではありません。

  3. [共有接続またはレポート モデルを使用する] を選択します。 最近使用した共有データ ソースおよびレポート モデルの一覧が表示されます。 レポート サーバーから共有データ ソースを 1 つ選択するには、 [参照] をクリックし、共有データ ソースを使用できるレポート サーバー上のフォルダーを参照します。

  4. 共有データ ソースを選択し、 [開く] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

データ ソースがレポート データ ペインに表示されます。

データ接続を確認するには

  1. レポート データ ペインのツール バーで、データ ソースをダブルクリックします。 [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [接続テスト] をクリックします。

  3. 接続に成功すると、次のメッセージが表示されます: "接続が正常に作成されました"。 [OK] をクリックします。

  4. 接続に成功しなかった場合は、次のメッセージが表示されます: "データ ソースに接続できません"。

  5. [詳細] をクリックし、情報に基づいて問題を修正します。

    詳細については、「 レポート ビルダーでの資格情報の指定」を参照してください。

  6. [OK] をクリックします。

関連項目