レポート データ ソースを管理するManage Report Data Sources

Reporting ServicesReporting Servicesでは、レポート、レポート モデル、およびデータ ドリブン サブスクリプションが外部データ ソースからデータを取得します。In Reporting ServicesReporting Services, reports, report models, and data-driven subscriptions retrieve data from external data sources. レポート サーバーは外部データ ソースに接続するために、レポート、モデル、またはサブスクリプションで定義または参照されているデータ ソース接続情報を使用します。To connect to an external data source, a report server uses data source connection information that is defined in or referenced from the report, model, or subscription. データ ソース接続プロパティは常に、レポートやモデルの作成時にそれらと共に定義されますが、レポートやモデルをレポート サーバーにパブリッシュした後は、それらとは別に管理できます。Data source connection properties are always defined with the report or model when you create it, but can be independently managed after the report or model is published to a report server.

レポート データ ソースを管理する際に、ネイティブ モードのレポート サーバーの場合は Web ポータルを使用し、レポート サーバーを SharePoint 統合モードで配置した場合は SharePoint サイト上のアプリケーション ページを使用できます。To manage report data sources, you can use the web portal for a native mode report server or application pages on a SharePoint site if you deployed the report server in SharePoint integrated mode.

データ ソース接続の管理には次のようなタスクが含まれます。このトピックで、これらのタスクについて説明します。Managing data source connections are characterized by the following tasks, which are described in this topic:

  • 接続文字列を変更する。Changing connection strings.

  • 資格情報を変更する。Changing credentials.

  • レポート サーバー上の共有データ ソースを作成および使用する (埋め込みデータ ソースから共有データ ソースへの切り替えを含む)。Creating and using shared data sources on a report server, including switching an embedded data source for a shared data source.

  • レポート、モデル、または使用する任意の共有データ ソースに対する権限を設定して、データ ソース プロパティへのアクセスを制御する。Controlling access to data source properties by setting permissions on the report, model, or any shared data sources you are using.

クエリの変更はデータ ソース接続の管理には含まれません。Notice that modifying queries is not part of data source connection management. レポートやモデルのクエリを変更するには、レポート作成ツールを使用してレポートやモデルの定義に変更を加える必要があります。To modify a query for a report or model, you must use an authoring tool and make your changes in the report or model definition.

マネージド プロパティ : データ ソースの種類、接続文字列、および資格情報Managed Properties: Data Source Type, Connection Strings, and Credentials

レポート サーバー上で管理できるデータ ソース プロパティは次のとおりです。Data source properties that you can manage on a report server are:

プロパティProperty [説明]Description 管理する方法How to manage it
[データ ソースの種類]Data source type 外部データに対して使用するレポート サーバーのデータ処理拡張機能を指定します。Determines which report server data processing extension to use on the external data. データ プロセッサには、SQL Server、Analysis Services、Oracle などがあります。Examples of data processors include SQL Server, Analysis Services, and Oracle. データ ソースの種類は構成可能なため、マネージド プロパティです。The data source type is a managed property because it is configurable. ただし、データ ソースの種類を構成するのは、新しい共有データ ソースを作成する場合だけにしてください。However, you should only configure a data source type if you are creating a new shared data source.

パブリッシュされたレポートやモデルのプロパティ ページでデータ ソースの種類を変更しないでください。変更すると、ほぼ間違いなく接続が無効になります。Do not change the data source type in the property pages of a published report or model, as doing so will almost certainly invalidate the connection. レポートやモデルで必要とされるデータ構造が別のデータ プラットフォームでも同じになることはまずありません。It is unlikely that the data structures required by a report or model will be identical on a different data platform.
[接続文字列]Connection string 外部データ ソースへの初期接続を確立します。Establishes the initial connection to an external data source. レポートでは、静的な接続文字列を使用することも、動的な接続文字列を使用することもできます。A report can use static or dynamic connection strings.

静的な接続文字列 とは、レポートが実行されるたびに同じデータ ソースに接続するために常に使用される一連の値です。A static connection string is a set of values that the report always uses to connect to the same data source each time the report runs.

動的な接続文字列 とは、使用するデータ ソースをユーザーが実行時に選択できるようにするためにレポートに組み込まれる式です。A dynamic connection string is an expression that you build into the report, allowing the user to select which data source to use at run time. レポート デザイナーでレポートを作成するときに、式とデータ ソース選択一覧をレポートに組み込む必要があります。You must build the expression and data source selection list into the report when you create it in Report Designer.
接続文字列の変更は、データ ソースを別のコンピューターに移動する場合や、テスト データを使用して作成したレポートを、実稼働データベースを使用して配置する場合などに便利です。Changing a connection string is useful if you move a data source to another computer, or if you created reports using test data but you want to deploy the reports with a production database.

静的な接続文字列を管理する場合は、元の文字列を別の文字列に置き換えることができます。You can manage a static connection string by replacing the original string with a different one.

Web ポータルまたは SharePoint サイトで動的な接続文字列を管理する場合は、静的な接続文字列に置き換えることしかできません。To manage a dynamic connection string in the web portal or on a SharePoint site, you are limited to replacing it with a static one. 式そのものを編集したり、データ ソース選択一覧を変更したりすることはできません。You cannot edit the expression itself, nor change the data source selection list. 式や有効な値の一覧を変更するには、レポート定義を編集して、レポート サーバーにパブリッシュし直す必要があります。To change the expression or valid values list, you must edit the report definition and republish it to the report server. 詳細については、「 データ接続、データ ソース、および接続文字列 (レポート ビルダーおよび SSRS)」を参照してください。For more information, see Data Connections, Data Sources, and Connection Strings (Report Builder and SSRS).
[資格情報]Credentials データ ソースのデータを読み取る権限を持っているユーザーの名前とパスワードを指定します。Provides the name and password of a user who has permission to read data from the data source.

データ ソースで認証がサポートされていない場合は (データ ソースがファイル システム上の XML ファイルの場合など)、自動実行アカウントを構成して、レポート サーバーが資格情報を渡さずに外部データ ソースに接続できるようにすることが可能です。If a data source does not support authentication (for example, if the data source is an XML file on the file system), you can configure the unattended execution account to allow the report server to connect to the external data source without passing credentials.
資格情報の管理では、ユーザー アカウントを更新したり、有効期限が切れたパスワードを更新したりすることができます。You can manage credentials by updating the user account or a password if it expired.

そのほか、資格情報の取得方法を変更することもできます (実行時に資格情報の入力をユーザーに求めるなど)。You can also change the way credentials are obtained (for example, prompting users to enter credentials at run time).

ユーザーがレポートをサブスクライブできるようにする場合は、保存された資格情報を使用するようにレポートを構成する必要があります。If you want to users to be able to subscribe to a report, you must configure the report to use stored credentials.

共有データ ソースの作成と使用Creating and Using Shared Data Sources

データ ソース プロパティが埋め込まれたレポートをパブリッシュする場合は、共有データ ソース プロパティに切り替えることを検討してください。If you publish a report with data source properties embedded in the report, consider switching to shared data source properties. 資格情報や接続文字列を 1 つのページで更新できるので、共有データ ソースの方が管理が容易です。Shared data sources are easier to manage because you can update credentials and connection strings in one page. そのデータ ソースを使用するすべてのレポート、モデル、およびデータ ドリブン サブスクリプションに、変更がすぐに反映されます。All reports, models, and data-driven subscriptions that use that data source pick up the changes immediately. また、共有データ ソースをオフラインにすると、レポートやサブスクリプションが事実上一時停止されるため、発生した問題のトラブルシューティングや調査を行っている間にそれらが実行されないようにすることができます。You can also take a shared data source offline, effectively pausing the report or subscription to prevent it from executing while you troubleshoot or investigate any problems that arise.

データ ソース プロパティへのアクセスの制御Controlling Access Data Source Properties

既定では、レポートを管理するための権限があれば誰でもレポートのすべてのプロパティを設定できます。これには、データ ソースの種類、接続文字列、資格情報、および接続情報の取得方法 (レポートに埋め込まれているか、共有データ ソースから取得するか) を決定するプロパティも含まれます。By default, anyone who has permission to manage reports can set any property on the report, including properties that determine the data source type, connection string, credentials, and whether the report gets connection information from an embedded or a shared data source. ネイティブ モードのレポート サーバーのデータ ソース プロパティへのアクセスを制御するタスクと権限の詳細については、「 共有データ ソース アイテムをセキュリティで保護する 」と「 レポートとリソースの保護」を参照してください。For more information about which tasks and permissions control access to data source properties on a native mode report server, see Secure Shared Data Source Items and Secure Reports and Resources.

SharePoint ライブラリのアイテムのプロパティを表示および編集する権限は、サイトの管理者によって決定されます。Permissions to view and edit properties for items in a SharePoint library are determined by the site administrator. データ ソース接続プロパティを制御するアクセス許可については、「 レポート サーバー アイテムの SharePoint サイトおよびリスト権限のリファレンス」を参照してください。For more information about which permissions control access to data source connection properties, see SharePoint Site and List Permission Reference for Report Server Items.

レポート サーバーでデータ ソース プロパティを操作する方法How to Work with Data Source Properties on a Report Server

データ ソース プロパティの作成や変更を行うには、さまざまなツールを使用できます。You can use a variety of tools to create and modify data source properties. 次の表に、それらの方法およびツールと、詳しい手順へのリンクを示します。The following table summarizes the approaches and tools, and provides a link to additional instructions.

タスクTask ツールTool リンクLink
接続文字列の例を表示する。View examples of connection strings. データ接続、データ ソース、および接続文字列 (レポート ビルダーおよび SSRS)Data Connections, Data Sources, and Connection Strings (Report Builder and SSRS)
データ ソースに接続するための資格情報を取得する方法を選択する。Choose an approach for getting credentials to connect to a data source. レポート データ ソースに関する資格情報と接続情報を指定するSpecify Credential and Connection Information for Report Data Sources
データ ソース接続プロパティをレポート定義 (.rdl) ファイルに追加する。Add data source connection properties to a report definition (.rdl) file. レポート デザイナーReport Designer 埋め込みデータ ソースまたは共有データ ソースを作成する (SSRS)Create an Embedded or Shared Data Source (SSRS)
共有データ ソース (.rds) ファイルをレポート プロジェクトに追加する/そのファイルへのリンクを設定する。Add and link to a shared data source (.rds) file in report project. レポート デザイナーReport Designer 共有データ ソースを作成、変更、および削除する (SSRS)Create, Modify, and Delete Shared Data Sources (SSRS)
ユーザーが実行時に選択できるデータ ソースの定義済み一覧を作成する。Create a predefined list of data sources that users can select at run time. ユーザーがレポートを要求すると、データ ソースの一覧が表示されます。When a user requests a report, the report provides a list of data sources. ユーザーは、レポートを実行する前に、使用するデータ ソースを選択する必要があります。The user must select which data source to use prior to running the report. レポートにデータ ソース選択一覧を追加するには式を使用します。To add a data source selection list to a report, you use an expression.

これは、動的データ ソース接続と呼ばれます。This is known as a dynamic data source connection.
レポート デザイナーReport Designer データ接続、データ ソース、および接続文字列 (レポート ビルダーおよび SSRS)Data Connections, Data Sources, and Connection Strings (Report Builder and SSRS)
レポート サーバー上の共有データ ソース アイテムを作成する。Create a shared data source item on a report server. 共有データ ソースを作成、変更、および削除するCreate, Modify, and Delete Shared Data Sources
サブスクリプションやレポート スナップショットを作成するために必要な資格情報を格納する。Store credentials as a prerequisite for creating subscriptions or report snapshots. Web ポータルThe web portal Reporting Services データ ソースに資格情報を保存するStore Credentials in a Reporting Services Data Source
パブリッシュされたレポートのデータ ソース接続プロパティを編集する。Edit data source connection properties on a published report. Web ポータルThe web portal レポートのデータ ソースのプロパティを構成するConfigure Data Source Properties for a Report
レポート サーバー上の共有データ ソース アイテムを作成する。Create a shared data source item on a report server. SharePoint サイトSharePoint site 共有データ ソースを作成および管理する (Reporting Services の SharePoint 統合モード)Create and Manage Shared Data Sources (Reporting Services in SharePoint Integrated Mode)
既存の .odc 接続情報をレポートで使用する。Use existing .odc connection information with a report. SharePoint サイトSharePoint site レポートで Office Data Connection (.odc) を使用する (Reporting Services の SharePoint 統合モード)Use an Office Data Connection (.odc) with Reports (Reporting Services in SharePoint Integrated Mode)

注意

レポート データ ソースへのデータ ソース接続の管理と、レポート サーバー データベースへのレポート サーバー接続の管理は異なります。Managing data source connections to report data sources is not the same as managing the report server connection to the report server database. 内部データ ストアへのレポート サーバーの接続の詳細については、「レポート サーバー データベース接続の構成 (SSRS 構成マネージャー)」を参照してください。For more information about a report server connection to its internal data store, see Configure a Report Server Database Connection (SSRS Configuration Manager).

参照See Also

レポートまたはモデルを共有データ ソースにバインドする (SSRS) Bind a Report or Model to a Shared Data Source (SSRS)
Reporting Services データ ソースに資格情報を保存する Store Credentials in a Reporting Services Data Source
データ接続、データ ソース、および接続文字列 (レポート ビルダーおよび SSRS) Data Connections, Data Sources, and Connection Strings (Report Builder and SSRS)
Reporting Services でサポートされるデータ ソース (SSRS) Data Sources Supported by Reporting Services (SSRS)
レポート サーバー コンテンツの管理 (SSRS ネイティブ モード)Report Server Content Management (SSRS Native Mode)