レポート ビルダー関数 - ページ分割されたレポートの Multilookup 関数 (レポート ビルダー)

適用対象: ✔️ Microsoft レポート ビルダー (SSRS) ✔️ Power BI Report Builder ✔️ SQL Server Data Tools の レポート デザイナー 

名前と値のペアを含むデータセットから、指定された名前のセットに最初に一致した値のセットをページ分割されたレポートで返します。

注意

ページ分割されたレポートの定義ファイル (.rdl) は、Microsoft レポート ビルダー、Power BI レポート ビルダー、または SQL Server Data Tools のレポート デザイナーを使用して作成および変更できます。

構文

  
Multilookup(source_expression, destination_expression, result_expression, dataset)  

パラメーター

source_expression
(VariantArray) 現在のスコープ内で評価される式。参照する名前またはキーのセットを指定します。 たとえば、複数値パラメーターの場合、 =Parameters!IDs.valueのように指定します。

destination_expression
(Variant) データセット内の各行に対して評価される式。照合する名前またはキーを指定します。 たとえば、「 =Fields!ID.Value 」のように入力します。

result_expression
(Variant) source_expression = destination_expression であるデータセットの行で評価され、取得する値を指定する式。 たとえば、「 =Fields!Name.Value 」のように入力します。

データセット (dataset)
レポート内のデータセットの名前を指定する定数。 たとえば、"Colors" と指定します。

戻り値

VariantArray を返します。一致する結果がなかった場合は、 Nothing を返します。

解説

データセットで、名前と値の各ペアに 1 対 1 のリレーションシップが存在する場合、 Multilookup を使用して一連の値を取得します。 MultiLookup は、一連の名前またはキーに対して Lookup を呼び出すことと同じです。 たとえば、主キー識別子に基づく複数値パラメーターの場合、テーブルのテキスト ボックス内の式で Multilookup を使用して、パラメーターまたはテーブルにバインドされていないデータセットから、関連付けられている値を取得することができます。

Multilookup を実行すると、次の処理が行われます。

  • 現在のスコープ内でソース式が評価され、variant オブジェクトの配列が生成されます。

  • 配列内の各オブジェクトに対して Lookup 関数 (レポート ビルダーおよび SSRS) が呼び出され、返される配列に結果が追加されます。

  • 結果セットが返されます。

指定した名前に対応する、名前と値のペアを含むデータセットに 1 対 1 のリレーションシップが存在する場合、このデータセットから 1 つの値を取得するには、Lookup 関数 (レポート ビルダーおよび SSRS) を使用します。 指定した名前に対応する、名前と値のペアを含むデータセットに 1 対多のリレーションシップが存在する場合、このデータセットから複数の値を取得するには、LookupSet 関数 (レポート ビルダーおよび SSRS) を使用します。

次の制限事項が適用されます。

  • Multilookup は、すべてのフィルター式が適用された後で評価されます。

  • 1 レベルの参照のみがサポートされます。 変換元、変換先、または結果の式に、Lookup 関数への参照を含めることはできません。

  • 変換元および変換先の式は、同じデータ型として評価される必要があります。

  • 変換元、変換先、結果の式には、レポート変数またはグループ変数への参照を含めることができません。

  • Multilookup は、次のレポート アイテムを求める式として使用することはできません。

    • データ ソースの動的な接続文字列。

    • データセット内の計算フィールド。

    • データセット内のクエリ パラメーター。

    • データセット内のフィルター。

    • レポート パラメーター。

    • Report.Language プロパティ。

詳細については、「集計関数リファレンス (レポート ビルダーおよび SSRS)」および「合計、集計、および組み込みコレクションの式のスコープ (レポート ビルダーおよび SSRS)」を参照してください。

A. MultiLookup 関数を使用する

"Category" というデータセットに、CategoryList フィールドが含まれているとします。このフィールドには、コンマ区切りのカテゴリの識別子のリスト ("2, 4, 2, 1" など) が含まれています。

CategoryNames データセットには、次の表に示すように、カテゴリ識別子とカテゴリ名が格納されています。

id 名前
1 Accessories
2 Bikes
3 Clothing
4 コンポーネント

識別子のリストに対応する名前を参照するには、 Multilookup を使用します。 まず、リストを文字列の配列に分割する必要があります。次に、 Multilookup を呼び出してカテゴリ名を取得し、結果を連結して文字列にします。

Category データセットにバインドされているデータ領域内のテキスト ボックスに次の式を置いた場合、"Bikes, Components, Bikes, Accessories" と表示されます。

=Join(MultiLookup(Split(Fields!CategoryList.Value,","),  
   Fields!CategoryID.Value,Fields!CategoryName.Value,"Category")),  
   ", ")  

B. 複数値パラメーターで MultiLookup を使用する

ProductColors データセットに、次の表に示すように色の識別子のフィールドである ColorID と、色の値のフィールドである Color が含まれているとします。

ColorID Color
1 [赤]
2
3 [緑]

複数値パラメーターである MyColors が、使用可能な値について、データセットにバインドされていないとします。 このパラメーターの既定値は、2 および 3 に設定されています。 次の式をテーブル内のテキスト ボックスに置いた場合、パラメーターの複数選択された値がコンマ区切りの一覧として連結され、"Blue, Green" と表示されます。

=Join(MultiLookup(Parameters!MyColors.Value,Fields!ColorID.Value,Fields!Color.Value,"ProductColors"),", ")  

参照

レポートでの式の使用 (レポート ビルダーおよび SSRS)
式の例 (レポート ビルダーおよび SSRS)
式で使用されるデータ型 (レポート ビルダーおよび SSRS)
合計、集計、および組み込みコレクションの式のスコープ (レポート ビルダーおよび SSRS)