SQL Server Reporting Services レポート ビューアー Web パーツを SharePoint サイトに展開するDeploy the SQL Server Reporting Services Report Viewer web part on a SharePoint site

適用対象:APPLIES TO: はいSQL Server 2016 Reporting Services 以降SQL Server 2016 Reporting Services and later はいPower BI レポート サーバーPower BI Report Server はいSharePoint 2016 以降SharePoint 2016 & later いいえSharePoint OnlineSharePoint Online適用対象:APPLIES TO: はいSQL Server 2016 Reporting Services 以降SQL Server 2016 Reporting Services and later はいPower BI レポート サーバーPower BI Report Server はいSharePoint 2016 以降SharePoint 2016 & later いいえSharePoint OnlineSharePoint Online

レポート ビューアー Web パーツは、SharePoint サイト内の SQL Server Reporting Services (ネイティブ モード) レポートを参照するために使用できるカスタム Web パーツです。The Report Viewer web part is a custom web part that can be used to view SQL Server Reporting Services (native mode) reports within your SharePoint site. この Web パーツを使用すると、レポート サーバー上のレポートを表示、移動、印刷、およびエクスポートできます。You can use the web part to view, navigate, print, and export reports on a report server. レポート ビューアー Web パーツは、SQL Server Reporting Services レポート サーバーまたは Power BI Report Server によって処理されるレポート定義 (.rdl) ファイルに関連付けられています。The Report Viewer web part is associated with report definition (.rdl) files that are processed by a SQL Server Reporting Services report server or a Power BI Report Server. このレポート ビューアー Web パーツは、Power BI Report Server にホストされている Power BI レポートでは使用できません。This Report Viewer web part cannot be used with Power BI reports hosted in Power BI Report Server.

SharePoint Server 2013、SharePoint Server 2016 または SharePoint Server 2019 環境にレポート ビューアー Web パーツを追加するソリューション パッケージを手動で配置するには、次の手順に従います。Use the following instructions to manually deploy the solution package that add the Report Viewer web part to a SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, or SharePoint Server 2019 environment. Web パーツを構成する場合、ソリューションを配置する手順を行う必要があります。Deploying the solution is a required step for configuring the web part.

レポート ビューアー Web パーツは、スタンドアロンのソリューション パッケージで、SQL Server Reporting Services の SharePoint 統合モードとは関連していません。The Report Viewer web part is a standalone solution package and is not associated with SharePoint integrated mode for SQL Server Reporting Services.

必要条件Requirements

重要

バージョン "15.X.X.X" 以降では、ReportViewerWebPart を既存の Reporting Services SharePoint 統合モード共有サービス アプリケーションとサイド バイ サイドでインストールできます。Starting with version "15.X.X.X" you can install the ReportViewerWebPart side by side with your existing Reporting Services SharePoint integrated mode shared service applications. .wsp ソリューションのこの更新プログラムでは、新しいファイルが導入されているので、Uninstall-SPSolution コマンドレットを使用して以前のソリューションを取り下げ、Install-SPSolution コマンドレットを使用して新しい .wsp を配置し直す必要があります。With this update of the .wsp solution we introduced new files and the previous solution must be retracted and the new .wsp redeployed by using the Uninstall-SPSolution and Install-SPSolution cmdlets, respectively.

サポートされている SharePoint Server のバージョン:Support SharePoint Server versions:

  • SharePoint Server 2019SharePoint Server 2019
  • SharePoint Server 2016SharePoint Server 2016
  • SharePoint Server 2013SharePoint Server 2013

サポートされている Reporting Services のバージョン:Support Reporting Services versions:

  • SQL Server 2008 Reporting Services (ネイティブ モード) 以降。SQL Server 2008 Reporting Services (Native mode) and later.
  • Power BI レポート サーバーPower BI Report Server

レポート ビューアー Web パーツのソリューション パッケージのダウンロードDownload the Report Viewer web part solution package

レポート ビューアー Web パーツは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。The Report Viewer web part is available on the Microsoft Download Center.

レポート ビューアー Web パーツのソリューション パッケージのダウンロードDownload Report Viewer web part solution package

ファーム ソリューションの配置Deploy the farm solution

このセクションでは、SharePoint ファームにソリューション パッケージを展開する方法について説明します。This section shows you how to deploy the solution package to your SharePoint farm. このタスクは一度実行するだけで済みます。This task only needs to be performed once.

  1. SharePoint サーバーの [管理者として実行] オプションを使用して、SharePoint 管理シェルを開きます。On a SharePoint server, open a SharePoint Management Shell using the Run as Administrator option.

  2. Add-SPSolution を実行し、ファーム ソリューションを追加します。Run Add-SPSolution to add the farm solution.

    Add-SPSolution -LiteralPath "{path to file}\ReportViewerWebPart.wsp"
    

    コマンドレットにより、ソリューション名、ソリューション ID、および Deployed=False が返されます。The cmdlet returns the name of the solution, its solution ID, and Deployed=False. 次の手順では、ソリューションを配置します。In the next step, you will deploy the solution.

  3. Install-SPSolution コマンドレットを実行してファーム ソリューションを配置します。Run the Install-SPSolution cmdlet to deploy the farm solution.

    SharePoint 2013SharePoint 2013

    Install-SPSolution -Identity ReportViewerWebPart.wsp -CompatibilityLevel "14,15" -GACDeployment -WebApplication {URL to web application}
    

    SharePoint Server 2016 と 2019SharePoint Server 2016 and 2019

    Install-SPSolution -Identity ReportViewerWebPart.wsp -GACDeployment -WebApplication {URL to web application}
    

機能のアクティブ化Activate feature

  1. SharePoint サイトで、左上にある歯車アイコンを選び、 [サイトの設定] を選びます。In your SharePoint site, select the gear icon in the upper left and select Site Settings.

    歯車アイコンを使用したサイトの設定。

    既定では、SharePoint Web アプリケーションへのアクセスにはポート 80 が使用されます。By default, SharePoint web applications are accessed through port 80. したがって、多くの場合、「https:// 」と入力してルート サイト コレクションを開くことで SharePoint サイトにアクセスできます。This means that you can often access a SharePoint site by entering https:// to open the root site collection.

  2. [サイト コレクションの管理][サイト コレクションの機能] をクリックします。In Site Collection Administration, select Site collection features.

  3. レポート ビューアー Web パーツ機能が表示されるまで、ページをスクロール ダウンします。Scroll down the page until you find the Report Viewer web part Feature.

  4. [アクティブ化] を選びます。Select Activate.

    レポート ビューアー Web パーツ機能のアクティブ化

  5. 他のサイト コレクションについても、各サイトを開き、[サイトの操作] をクリックして手順を繰り返します。Repeat for additional site collections by opening each site and clicking Site Actions.

必要に応じて PowerShell を使用して、Enable-spfeature コマンドレットを使用して、すべてのサイトでこの機能を有効にすることもできます。Optionally, you can also use PowerShell to enable this feature on all sites using the Enable-SPFeature cmdlet.

Get-SPWebApplication "<web application url>" | Get-SPSite -Limit ALL | 
        ForEach-Object {
            Write-Host "Enabling feature for $($_.URL)"
            Enable-SPFeature -identity "ReportViewerWebPart" -URL $_.URL -ErrorAction Continue
        }

ソリューションの削除Remove the solution

SharePoint サーバーの全体管理でソリューションの取り消しを実行できますが、インストールや修正プログラムの配置に関する問題のトラブルシューティングを体系的に行う場合を除いて、ReportViewerWebPart.wsp ファイルを取り消す必要はありません。Although SharePoint Central Administration provides solution retraction, you do not need to retract the ReportViewerWebPart.wsp file unless you are systematically troubleshooting an installation or patch deployment problem.

  1. SharePoint サーバーの全体管理で、 [システム設定][ファーム ソリューションの管理] をクリックします。In SharePoint Central Administration, in System Settings, select Manage farm solutions.

  2. [ReportViewerWebPart.wsp] を選択します。Select ReportViewerWebPart.wsp.

  3. [ソリューションの取り消し] を選択します。Select Retract Solution.

Web パーツのサイトの設定からの削除Remove the web part from Site settings

ソリューションを取り消しても、SharePoint サイト内の Web パーツ一覧からレポート ビューアー Web パーツは削除されません。Retracting the solution does not remove the Report Viewer web part from the list of web parts within your SharePoint site. レポート ビューアー Web パーツを削除するには、次を実行します。To remove the Report Viewer web part, do the following.

  1. SharePoint サイトで、左上にある歯車アイコンを選び、 [サイトの設定] を選びます。In your SharePoint site, select the gear icon in the upper left and select Site Settings.

    歯車アイコンを使用したサイトの設定。

    既定では、SharePoint Web アプリケーションへのアクセスにはポート 80 が使用されます。By default, SharePoint web applications are accessed through port 80. したがって、多くの場合、「https:// 」と入力してルート サイト コレクションを開くことで SharePoint サイトにアクセスできます。This means that you can often access a SharePoint site by entering https:// to open the root site collection.

  2. [Web デザイナー ギャラリー][Web パーツ] を選択します。Under Web Designer Galleries, select web parts.

  3. [ReportViewerNativeMode.dwp] の横の編集アイコンを選択します。Select the edit icon next to ReportViewerNativeMode.dwp. これは、結果の最初のページには表示されない場合があります。It may not be listed on the first page of results.

  4. [アイテムの削除] を選択します。Select Delete Item.

    レポート ビューアー ネイティブ モード Web パーツの編集および削除

Web パーツの削除は、PowerShell を使用して試行できますが、これを直接実行するコマンドはありません。Deletion of the web part can be attempted by using PowerShell, but there is not a direct command for it. スクリプトの例については、「How to delete Web Parts from the Web Part Gallery」 (Web パーツ ギャラリーから Web パーツを削除する方法) を参照してください。For a script example, see How to delete web parts from the web part Gallery.

サポートされている言語Supported languages

Web パーツでサポートされている言語は以下のとおりです。The following languages are supported with the web part:

  • 英語 (en)English (en)
  • ドイツ語 (de)German (de)
  • スペイン語 (sp)Spanish (sp)
  • フランス語 (fr)French (fr)
  • イタリア語 (it)Italian (it)
  • 日本語 (ja)Japanese (ja)
  • 韓国語 (ko)Korean (ko)
  • ポルトガル語 (pt)Portuguese (pt)
  • ロシア語 (ru)Russian (ru)
  • 簡体字中国語 (zh-HANS および zh-CHS)Chinese (Simplified - zh-HANS and zh-CHS)
  • 繁体中国語 (zh-HANT および zh-CHT)Chinese (Traditional - zh-HANT and zh-CHT)

[トラブルシューティング]Troubleshoot

  • SharePoint 統合モードを構成している場合、SSRS をアンインストールすると、次のエラーが発生する。Error when uninstalling SSRS if you have SharePoint integrated mode configured:

    Install-SPRSService : [A] Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService.Service.ReportingWebService は、[B]Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService.Service.ReportingWebService にキャストできません。Install-SPRSService : [A] Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService.Service.ReportingWebService cannot be cast to [B]Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService.Service.ReportingWebService. タイプ A は、'C:\Windows\assembly\GAC_MSIL\Microsoft.Reporting Services.SharePoint.SharedService.dll' の場所で 'Default' のコンテキストで 'Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService,Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91' に由来します。Type A originates from 'Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService,Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91' in the context 'Default' at location 'C:\Windows\assembly\GAC_MSIL\Microsoft.Reporting Services.SharePoint.SharedService.dll'. タイプ B は、'C:\Windows\assembly\GAC_MSIL\Microsoft.Reporting Services.SharePoint.SharedService.dll' の場所で 'Default' のコンテキストで 'Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService,Version=12.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91' に由来します。Type B originates from 'Microsoft.ReportingServices.SharePoint.SharedService,Version=12.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91' in the context 'Default' at location 'C:\Windows\assembly\GAC_MSIL\Microsoft.Reporting Services.SharePoint.SharedService.dll'.

    解決方法:Solution:

    1. レポート ビューアー Web パーツを削除するRemove the Report Viewer web part
    2. SSDT をアンインストールするUninstall SSRS
    3. レポート ビューアー Web パーツを再インストールするReinstall the Report Viewer web part
  • SharePoint 統合モードを構成している場合は、SSRS を更新すると次のエラーが発生する。Error when trying to upgrade SharePoint if you have SharePoint integrated mode configured:

    ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.ReportingServices.Alerting.ServiceContract, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91'、またはその依存関係の 1 つが読み込むことができませんでした。Could not load file or assembly 'Microsoft.ReportingServices.Alerting.ServiceContract, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91' or one of its dependencies. 指定されたファイルが見つかりません。The system cannot find the file specified. 00000000-0000-0000-0000-00000000000000000000-0000-0000-0000-000000000000

    解決方法:Solution:

    1. レポート ビューアー Web パーツを削除するRemove the Report Viewer web part
    2. SSDT をアンインストールするUninstall SSRS
    3. レポート ビューアー Web パーツを再インストールするReinstall the Report Viewer web part

次の手順Next steps

レポート ビューアー Web パーツを展開してアクティブ化したら、SharePoint ページに Web パーツを追加できます。After the Report Viewer web part has been deployed and activiated, you can add the web part to a SharePoint page. 詳細については、「SharePoint ページへのレポート ビューアー Web パーツの追加」を参照してください。For more information, see Add Report Viewer web part to a SharePoint page.

その他の質問More questions? Reporting Services のフォーラムに質問してみてくださいTry asking the Reporting Services forum