Reporting Services レポート サーバー (SharePoint モード)Reporting Services Report Server (SharePoint Mode)

このトピックの対象:THIS TOPIC APPLIES TO: はいSQL Server Reporting Services (2016)SQL Server Reporting Services (2016) はいSharePointSharePoint いいえPower BI レポート サーバーPower BI Report Server はいSQL Server Reporting Services (2016)SQL Server Reporting Services (2016) はいSharePointSharePoint いいえPower BI レポート サーバーPower BI Report Server

以前のバージョンの SQL Server Reporting Services に関するコンテンツについては、「SQL Server Reporting Services 2014」をご覧ください。For content related to previous versions of SQL Server Reporting Services, see SQL Server Reporting Services 2014.

SharePoint モード用に構成された Reporting Services レポート サーバーは、SharePoint 製品の配置内で実行できます。A Reporting Services report server configured for SharePoint Mode can run within a deployment of a SharePoint product. SharePoint モードのレポート サーバーは、レポートおよびその他の Reporting ServicesReporting Services コンテンツの種類に対して、SharePoint のコラボレーション機能や管理機能を使用できます。A report server in SharePoint mode can use the collaboration and management features of SharePoint for reports and other Reporting ServicesReporting Services content types. SharePoint モードでは、適切なバージョンの SharePoint 用 Reporting Services アドインを、SharePoint Web フロント エンド上にインストールする必要があります。SharePoint mode requires installing the appropriate version of the Reporting Services add-in for SharePoint products on your SharePoint Web Front Ends.

注意

SharePoint と Reporting Services の統合は、SQL Server 2016 以降では使用できません。Reporting Services integration with SharePoint is no longer available after SQL Server 2016.

インストールと構成の詳細については、以下を参照してください。For more information on installing and configuring, see the following:

機能の概要Feature summary

SharePoint 統合モードで動作するようにレポート サーバーを構成すると、次のことが可能になります。これらの追加機能はこのモードでレポート サーバーを配置した場合にのみ利用できます。Configuring a report server to run in SharePoint integrated mode provides the following additional functionality that is only available when you deploy a report server in this mode:

  • SharePoint ドキュメント管理とコラボレーションの機能 (警告など) を使用できます。Use SharePoint document management and collaboration features, including alerts. SharePoint サイトは、すべてのレポート アイテムを 1 か所で利用および管理するための統合ポータルとして使用できます。A SharePoint site provides a unified portal for accessing and managing all report items in one place.

  • SharePoint の権限と認証プロバイダーを使用して、レポート、モデル、その他のアイテムへのアクセスを制御できます。Use SharePoint permissions and authentication providers to control access to reports, models, and other items.

  • SharePoint の配置トポロジを使用して、ファイアウォール外のインターネット接続を経由してレポートを配信できます。Use SharePoint deployment topologies to distribute reports over an Internet connection outside the firewall. レポート サーバーでは、インターネット アクセス用に構成されている大規模な SharePoint 配置でレポートとデータを処理するサービスが提供されます。A report server provides report and data processing services in the context of a larger SharePoint deployment that is configured for Internet access.

  • SharePoint サイトのカスタム アプリケーション ページで、レポート、モデル、データ ソース、スケジュール、レポート履歴を管理できます。Manage reports, models, data sources, schedules, and report history in custom application pages on a SharePoint site. SharePoint サイトでは、プロパティの設定、スケジュールとサブスクリプションの定義、レポート履歴の作成と管理などを、 SQL ServerSQL Serverで他のツールを使って作成し管理するときと同じ方法で行うことができます。You can set properties, define schedules and subscriptions, and create and manage report history on a SharePoint site the same way you create and manage them from other tools in SQL ServerSQL Server.

  • レポート、レポート モデル、リソース、および共有データ ソース ファイルを、Office SharePoint Server のレポート センターなどの SharePoint ライブラリにパブリッシュまたはアップロードできます。Publish or upload reports, report models, resources, and shared data source files to a SharePoint library, including Report Center in Office SharePoint Server.

    レポート デザイナー、モデル デザイナー、およびレポート ビルダーを使用して、SharePoint ライブラリに直接パブリッシュするレポートおよびデータ ソースを作成します。Use Report Designer, Model Designer, and Report Builder to create reports and data sources to be published directly to a SharePoint library. また、SharePoint サイトで [アップロード] アクションを使用して、レポート定義やレポート モデルを SharePoint ライブラリに追加することもできます。You can also use the Upload action on a SharePoint site to add any report definitions and report models to a SharePoint library.

    レポート サーバーでは、使用しているサーバー モードに関係なく同じ方法でレポート定義が処理されるため、レポートのデータとレイアウトがサーバー モードの影響を受けることはありません。Because the report server processes report definitions in the same way regardless of the server mode you use, the report data and layout is unaffected by server mode. ネイティブ モードのレポート サーバーで実行できるレポートであれば、SharePoint 統合モード用に構成されたレポート サーバーで実行できます。Any report that you can run in a native mode report server can run on a report server that is configured for SharePoint integrated mode.

  • 新しい SharePoint 配信拡張機能を使用して、SharePoint ライブラリに対しレポートのサブスクライブと配信を行うことができます。Subscribe to and deliver reports to a SharePoint library using a new SharePoint delivery extension. 電子メールや共有フォルダーを使ってレポートを配信することもできます。You can also deliver reports through e-mail or to a shared folder. レポートの配信にはレポート サーバーの配信拡張機能が使用されます。The report server delivery extensions are used to deliver reports. 実行時にクエリを行うサブスクライバー データを使用して、大規模なレポート配信用のデータ ドリブン サブスクリプションを作成できます。You can create data-driven subscriptions for large-scale report distribution using subscriber data queried at run time.

  • レポート ビューアー Web パーツを SharePoint ページに追加して、SharePoint Web アプリケーション内でレポートを表示することができます。A Report Viewer web part you can add to SharePoint pages to view a report inside your SharePoint web application. Web パーツには、ページ ナビゲーション、検索、印刷、エクスポートなどの機能があります。The web part includes page navigation, search, print, and export features.

  • 新しい SOAP エンドポイントに対してプログラムを実行し、SharePoint サイトと統合されるカスタム アプリケーションを作成できます。Program against a new SOAP endpoint to create custom applications that integrate with a SharePoint site. 更新された Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーを使用して、SharePoint 統合モードで動作するレポート サーバー インスタンスをプログラムから構成することもできます。You can also use the updated Windows Management Instrumentation (WMI) provider to programmatically configure a report server instance that runs in SharePoint integrated mode.

  • 接続モードの Microsoft Access サービスのレポート機能。Microsoft Access services reporting, in connected mode.

  • SharePoint リストの AAM 領域、インターネットに直接つながっている配置、および SharePoint ユーザー トークン。AAM zones, internet facing deployments, and SharePoint user tokens for SharePoint lists.

接続モードとローカル モードConnected mode and local mode

SQL Server 2008 R2 リリースでは、SharePoint 2010 用 Microsoft SQL Server 2008 R2 以降の Reporting Services アドインがインストールされている SharePoint 2010 サーバーからレポートを表示するための新しい ローカル モード が導入されました。The SQL Server 2008 R2 release introduced a new local mode for viewing reports from a SharePoint 2010 server that has the Microsoft SQL Server 2008 R2 or later Reporting Services Add-In for SharePoint 2010 products installed.

  • ローカル モード: ローカル モードでは、Reporting Services レポート サーバーと統合することなく、SharePoint ドキュメント ライブラリからレポートをローカルに表示できます。Local Mode: Local mode allows reports to be rendered locally from the SharePoint document library, without integration with a Reporting Services report server. SharePoint 製品では Reporting Services アドインは必須ですが、Reporting Services レポート サーバーは必須ではありません。The Reporting Services add-in for SharePoint products is required but a Reporting Services report server is not. アドインは、いくつかの異なる方法でインストールできます (SharePoint 2010 製品準備ツールなど)。The add-in can be installed several different ways, including the SharePoint 2010 products preparation tool. ローカル モードの詳細については、「レポート ビューアーでのローカル モードと接続モードのレポート」および「SharePoint 製品用 Reporting Services アドインの検索場所」を参照してください。For more information on local mode, see Local mode vs. connected mode reports in the Report Viewer and Where to find the Reporting Services add-in for SharePoint products.

  • 接続モード: 接続モードは、SharePoint サーバーの全体管理を使用して Reporting Services レポート サーバーを SharePoint ファームに統合することによってサポートされます。Connected Mode: Connected mode is supported by integrating a Reporting Services report server into the SharePoint farm using SharePoint Central Administration. レポート サーバーとの統合により、完全なエンド ツー エンドのレポート処理が実現され、SharePoint 2010 のコラボレーション機能やレポート サーバーのサーバー ベースの機能 (サブスクリプション、スナップショット、サーバー ベースの処理など) が提供されます。The integration with a report server enables full end-to-end reporting, providing the collaboration features of SharePoint 2010 and the server based features of a report server including: Subscriptions, Snapshots, and server based processing.

サポートされていない SharePoint 機能Unsupported sharePoint features

すべての SharePoint 機能が統合操作に使用できるわけではありません。Not all SharePoint features are available for integrated operations. Reporting Services が直接統合していない SharePoint の機能を次に示します。The following is a list of the SharePoint features Reporting Services does not directly integrate with:

  • Secure Store Service。Secure Store Service.

  • ドキュメント ライブラリの Reporting Services ファイルに対して SharePoint Outlook カレンダー統合や SharePoint スケジュール機能を使用することはできません。You cannot use the SharePoint Outlook Calendar integration or the SharePoint scheduling for reporting services files in a document library.

  • SharePoint ビジネス データ カタログ。SharePoint Business Data catalog.

  • SharePoint のパーソナル化も Reporting Services ページではサポートされていません。SharePoint personalization is also not supported on the Reporting Services pages. SharePoint Web アプリケーションが匿名アクセスに対して有効になっている場合、レポート サーバー統合はサポートされません。Report Server integration is not supported if the SharePoint Web application is enabled for Anonymous access.

  • SharePoint ドキュメント ライブラリのバージョン管理は、SQL Server Reporting Services では サポートされませんSQL Server Reporting Services does not support SharePoint document library version control. "ドキュメントの改版履歴" が有効なドキュメント ライブラリにレポート アイテムを保存した場合、Reporting Services の機能が正しく働かず、ULS ログにエラーが出力されます。If you save report items in a document library that is configured with “Document Version History” enabled, Reporting Services features will not function correctly and generate errors in the ULS log. ULS ログに出力されるエラーの例を次に示します。The following is an example of an error in the ULS log:

    • "レポートに関連付けられているデータ ソースが無効になっています。"“…a data source associated with the report has been disabled”.

      ドキュメント ライブラリのバージョン履歴は、"ライブラリ設定" の "バージョン設定" ページで構成されます。Document library version history is configured on the ”Versioning Settings” page of “Library Settings”.

SharePoint アドインとレポート サーバーのサポートされる組み合わせSupported combinations of the SharePoint add-in and report server

レポート サーバー、SharePoint 用 Reporting Services アドイン、および SharePoint 製品のすべての組み合わせで、すべての機能がサポートされているわけではありません。Not all features are supported in all combinations of report server, Reporting Services add-in for SharePoint, and SharePoint Products. 詳細については、「SharePoint、Reporting Services サーバー、Reporting Services アドインのサポートされる組み合わせ」を参照してください。For more information, see Supported combinations of SharePoint and Reporting Services Server and add-in

注意

Reporting Services アドインの正しいバージョンを SharePoint 製品の対応するバージョンと共に使用する必要があります。The correct version of the Reporting Services add-in must be used with the corresponding version of SharePoint Products.

統合を実現するコンポーネントComponents that provide integration

複数のサーバーを単一の展開にまとめるには、インストールされている SQL ServerSQL Server Reporting Services と SharePoint 製品のインスタンスを統合します。To combine the servers in a single deployment, you integrate an installation of SQL ServerSQL Server Reporting Services with an instance of SharePoint products

統合は、 SQL ServerSQL Server と、SharePoint 用 Reporting Services アドインによって実現します。Integration is provided through SQL ServerSQL Server and the Reporting Services Add-in for SharePoint Products. Reporting Services アドインは自由に配布できるコンポーネントです。ダウンロードして、適切なバージョンの SharePoint が動作しているサーバーにインストールできます。The Reporting Services Add-in is a freely distributable component that you can download and then install on a server that is running the appropriate version of SharePoint.

ヒント

レポート サーバー、SharePoint 用 Reporting Services アドイン、および SharePoint 製品のすべての組み合わせで、すべての機能がサポートされているわけではありません。Not all features are supported in all combinations of report server, Reporting Services add-in for SharePoint, and SharePoint Products. 詳細については、「SharePoint、Reporting Services サーバー、Reporting Services アドインのサポートされる組み合わせ」を参照してください。For more information see, Supported combinations of SharePoint and Reporting Services Server and add-in.

  • SharePoint 上では、Reporting Services アドインによって ReportServer プロキシ エンドポイント、レポート ビューアー Web パーツ、およびアプリケーション ページが提供されます。これにより、SharePoint のサイトまたはファームでレポート サーバー コンテンツを表示、保存、および管理することができます。On SharePoint, the Reporting Services Add-in provides the ReportServer proxy endpoint, a Report Viewer web part, and application pages so that you can view, store, and manage report server content on a SharePoint site or farm.

  • Reporting Services では、更新済みプログラム ファイル、SOAP エンドポイント、カスタムのセキュリティおよび配信の拡張機能が提供されます。On Reporting Services provides updated program files, a SOAP endpoint, and custom security and delivery extensions. レポート サーバーは、SharePoint 統合モードで実行し、レポートのアクセスと配信を SharePoint サイトのみで専用に行うように構成する必要があります。The report server must be configured to run in SharePoint integrated mode, dedicated exclusively to supporting report access and delivery through your SharePoint site.

    SharePoint 上に Reporting Services アドインをインストールし、2 つのサーバーを統合用に構成した後は、レポート サーバー コンテンツの種類のドキュメントを SharePoint ライブラリにアップロードまたはパブリッシュできます。その後、SharePoint サイトからこれらのドキュメントを表示したり管理できるようになります。After you install the Reporting Services Add-in on SharePoint and configure the two servers for integration, you can upload or publish report server content types to a SharePoint library, and then view and manage those documents from a SharePoint site. レポート サーバー コンテンツのアップロードとパブリッシュは重要な最初の手順です。Web パーツやページは、SharePoint サイトでレポート定義 (.rdl)、レポート モデル (.smdl)、および共有データ ソース (.rsds) を選択すると使用可能になります。Uploading or publishing report server content is an important first step; the web part and pages become available when you select report definitions (.rdl), report models (.smdl) and shared data sources (.rsds) on a SharePoint site.

言語に関する注意点Language considerations

SharePoint Foundation 2010SharePoint Foundation 2010 」および「 SharePoint Server 2010SharePoint Server 2010 製品は、 SQL ServerSQL Server and SharePoint Server 2010SharePoint Server 2010 products are available in many more languages than SQL ServerSQL Server

SharePoint 製品の配置内で動作するようにレポート サーバーを構成すると、複数の言語が表示されることがあります。When you configure a report server to run within a deployment of a SharePoint product, you might see a combination of languages. ユーザー インターフェイス、ドキュメント、メッセージは次の言語で表示されます。The user interface, documentation, and messages will appear in the following languages:

  • Reporting Services から提供されるすべてのアプリケーション ページ、ツール、エラー、警告、およびメッセージは、 SQL ServerSQL Server の言語のうち Reporting Services インスタンスによって使用される言語で表示されます。All application pages, tools, errors, warnings, and messages that originate from Reporting Services will appear in the language used by the Reporting Services instance in one of the SQL ServerSQL Server languages.

  • SharePoint サイトで開くアプリケーション ページ、レポート ビューアー Web パーツ、およびレポート ビルダーは、Reporting Services アドインでサポートされている言語のいずれかで表示されます。Application pages that you open on a SharePoint site, the Report Viewer web part, and Report Builder will appear in one of the supported languages for the Reporting Services Add-in. サポートされている言語の一覧を表示するには、SQL Server ダウンロードにアクセスし、SQL Server 2016 Reporting Services アドインのダウンロード ページを開いてください。To view the list of supported languages, go to SQL Server downloads and find the download page for the SQL Server 2016 Reporting Services Add-in.

  • SharePoint サイト、SharePoint のサーバーの全体管理、オンライン ヘルプ、メッセージは、Office Server 製品でサポートされる言語で使用できます。SharePoint sites, SharePoint Central Administration, online help, and messages are available in the languages supported by Office Server products.

    使用している SharePoint の製品またはテクノロジの言語とレポート サーバーの言語が異なる場合、Reporting Services では言語ファミリの中で最も近い言語が使用されます。If the language of your SharePoint product or technology differs from the report server language, Reporting Services will try to use a language from the same language family that provides the closest match. 近い言語が使用できない場合、レポート サーバーでは英語が使用されます。If a close substitute is not available, the report server uses English.

次の表は、Reporting Services SharePoint モードのレポート サーバーに関するタスクをまとめたものです。The following table summarizes tasks related to a Reporting Services SharePoint mode report server:

タスクTask リンクLink
SharePoint モードの Reporting Services をインストールおよび構成するための詳細な手順。Detailed steps for installing and configuring Reporting Services in SharePoint mode. SharePoint 2010 用 Reporting Services の SharePoint モードのインストール」および「ファームへのレポート サーバーの追加」。Install Reporting Services SharePoint mode for SharePoint 2010 and Add an additional Report Server to a farm.
レポート サーバーの追加による Reporting Services SharePoint 配置のスケールアウト。Scale-out your Reporting Services SharePoint deployment by adding additional report servers. ファームへのレポート サーバーの追加」および「SharePoint の SQL Server BI 機能の配置トポロジ」。Add an additional Report Server to a Farm and Deployment topologies for SQL Server BI features in SharePoint.
表示およびレポート アイテム用の Reporting Services コンポーネントがインストールされている SharePoint Web フロントエンドの追加。Add additional SharePoint web front-ends that have the Reporting Services components installed for viewing and report items. ファームへの Reporting Services Web フロントエンドの追加Add an additional Reporting Services web front-end to a farm
SharePoint でレポート サーバーの電子メールを構成します。Configure e-mail for your report server within SharePoint. Reporting Services サービス アプリケーションの電子メールの構成Configure e-mail for a Reporting Services service application
TechNet Wiki に掲載されている、今リリース向けの最新情報。Recent information for this release, found on the TechNet Wiki. SQL Server 2012 Reporting Services の役立つヒントおよびトラブルシューティングSQL Server 2012 Reporting Services tips, tricks, and troubleshooting.

次の手順Next steps

SharePoint 用 Reporting Services アドインのインストールまたはアンインストール Install or uninstall the Reporting Services sdd-in for SharePoint
SharePoint サイトのレポート ビューアー Web パーツ Report Viewer web part on a SharePoint site
SharePoint 統合用の SSRS 2012 の構成に関するクイズQuiz: Configuring SSRS 2012 for SharePoint integration

その他の質問More questions? Reporting Services のフォーラムに質問してみてくださいTry asking the Reporting Services forum