レポート サーバー アクセスに対するファイアウォールの構成

Reporting Services レポート サーバー アプリケーションとパブリッシュされたレポートには、IP アドレス、ポート、および仮想ディレクトリを指定した URL を通じてアクセスします。 Windows ファイアウォールが有効になっている場合、レポート サーバーで使用するように構成されているポートは閉じられる可能性が高くなります。 ポートが閉じていると、リモートのクライアント コンピューターから Web ポータルを開こうとしたときに空白のページが表示されたり、レポートの要求後に空白の Web ページが表示されたりします。

ポートを開くには、レポート サーバー コンピューターで Windows ファイアウォール ユーティリティを使用する必要があります。 ポートは Reporting Services によって自動的に開かれないので、この手順を手動で実行する必要があります。

既定では、レポート サーバーはポート 80 で HTTP 要求をリッスンします。 このため、以下に示す手順ではそのポートを指定しています。 別のポートを使用するようにレポート サーバーの URL を構成している場合は、以下に示す手順を実行するときにそのポート番号を指定する必要があります。

外部コンピューター上の SQL Server リレーショナル データベースにアクセスする場合、またはレポート サーバー データベースが外部の SQL Server インスタンスに置かれている場合は、外部コンピューターのポート 1433 および 1434 を開く必要があります。 詳しくは、「 データベース エンジン アクセスを有効にするための Windows ファイアウォールを構成する」をご覧ください。 Windows ファイアウォールの既定の設定に関する詳細と、 データベース エンジン、 Analysis Services、 Reporting Services、および Integration Servicesに影響する TCP ポートの説明については、「 SQL Server のアクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成」をご覧ください。

前提条件

次の手順では、既にサービス アカウントを構成し、レポート サーバー データベースを作成し、レポート サーバー Web サービスと Web ポータルの URL を構成していることを前提としています。 詳細については、「 Reporting Services ネイティブ モードのレポート サーバーの管理」を参照してください。

また、ローカル レポート サーバー インスタンスへのローカル Web ブラウザー接続を通じてレポート サーバーにアクセスできることを確認しておく必要があります。 この手順によって、作業環境が整っているかどうかを検証できます。 ポートを開く前に、環境が正しく構成されているかどうかを確認する必要があります。 Windows Server でこの手順を完了するには、レポート サーバー サイトを [信頼済みサイト] に追加しておくことも必要です。 詳細については、「 ローカル管理用のネイティブ モードのレポート サーバー (SSRS) の構成」を参照してください。

Windows ファイアウォールでポートを開く

ポート 80 を開くには

  1. [スタート] メニューの [コントロール パネル] をクリックし、 [システムとセキュリティ][Windows ファイアウォール] の順にクリックします。 コントロール パネルの表示方法が [カテゴリ] 以外の場合は、単に [Windows ファイアウォール] を選択するだけでかまいません。

  2. [詳細設定] をクリックします。

  3. [受信の規則] をクリックします。

  4. [操作] ウィンドウで [新しい規則] をクリックします。

  5. [ポート][規則の種類] をクリックします。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. [プロトコルおよびポート] ページで、 [TCP] をクリックします。

  8. [特定のローカル ポート] を選択し、「 80」という値を入力します。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. [操作] ページで、 [接続を許可する] をクリックします。

  11. [次へ] をクリックします。

  12. [プロファイル] ページで、実際の環境に合った適切なオプションをクリックします。

  13. [次へ] をクリックします。

  14. [名前] ページで、「ReportServer (TCP on port 80) 」という名前を入力します。

  15. [完了] をクリックします。

  16. コンピューターを再起動します。

次のステップ

ポートを開いた後、リモート ユーザーがそのポートでレポート サーバーにアクセスできるかどうかを確認する前に、ホームに対するロールとサイト レベルのロールの割り当てを行って、レポート サーバーへのアクセスをユーザーに許可する必要があります。 ユーザーに十分な権限がない場合は、ポートを正しく開くことができてもレポート サーバーへの接続に失敗します。 詳細については、「レポート サーバーへのユーザー アクセスを許可する」を参照してください。

別のコンピューター上で Web ポータルを起動することによって、ポートが正しく開かれているかどうかを確認することもできます。 詳細については、レポート サーバーの Web ポータルに関するページをご覧ください。

関連項目

レポート サーバー サービス アカウントの構成 (レポート サーバー構成マネージャー)
レポート サーバー URL の構成 (レポート サーバー構成マネージャー)
レポート サーバー データベースの作成 (レポート サーバー構成マネージャー)
レポート サーバー サービス アカウントの構成 (レポート サーバー構成マネージャー)
Reporting Services ネイティブ モードのレポート サーバーの管理