パフォーマンス カウンター - ReportServer サービス、パフォーマンス オブジェクト

このトピックでは、 の配置に含まれる ReportServer:Service および ReportServerSharePoint:Service SQL Server 2012 (11.x) パフォーマンス オブジェクトのパフォーマンス カウンターについて説明します。

注意

このパフォーマンス オブジェクトを使用して、ローカル レポート サーバー上のイベントを監視します。 スケールアウト配置でレポート サーバーを実行している場合、カウントはスケールアウト配置全体ではなく、現在のサーバーに適用されます。

パフォーマンス オブジェクトは、Windows パフォーマンス モニター (Perfmon.exe) で利用できます。 詳細については、Windows のマニュアルを参照してください。 ランタイム プロファイリング (https://msdn.microsoft.com/library/w4bz2147.aspx) 。

このトピックの内容:

適用対象: SQL Server 2012 (11.x).

ReportServer:Service パフォーマンス カウンター (ネイティブ モードのレポート サーバー)

ReportServer:Service パフォーマンス オブジェクトには複数のカウンターが含まれおり、レポート サーバー インスタンスの HTTP 関連のイベントやメモリ関連のイベントの追跡に使用されます。 このパフォーマンス オブジェクトは、コンピューター上の Reporting Services インスタンスごとに 1 つ存在します。各インスタンスのパフォーマンス オブジェクトに対して、カウンターを追加したり削除したりできます。 既定のインスタンスのカウンターは、 ReportServer:Service という形式で表示されます。 名前付きインスタンスのカウンターは、ReportServer$<instance_name>:Service という形式で表示されます。

ReportServer:Service パフォーマンス オブジェクトは、SQL Server 2008 Reporting Services の新機能で、以前のバージョンの Reporting Services でインターネット インフォメーション サービス (IIS) と ASP.NET に含まれていたカウンターのサブセットを備えています。 これらは、 Reporting Servicesに固有の新しいカウンターです。要求、接続、ログオン試行など、レポート サーバーにおける HTTP 関連のイベントが追跡されます。 さらに、このパフォーマンス オブジェクトには、メモリ管理イベントを追跡するカウンターも含まれています。

次の表は、 ReportServer:Service パフォーマンス オブジェクトに含まれているカウンターの一覧です。

PowerShell 関連コンテンツ 次の Windows PowerShell スクリプトは CounterSetName のパフォーマンス カウンターの一覧を返します

(get-counter -listset "ReportServer:Service").paths  
カウンター 説明
Active connections サーバー上で現在アクティブな接続の数。
Bytes Received Total サーバーが受信したバイト数。 レポート マネージャーとレポート サーバーの両方によって受信された生のバイトの合計がカウントされます。
Bytes Received/sec サーバーが受信した 1 秒あたりのバイト数。 このカウンターは、転送が完了したときのみ更新されます。 つまり、転送が完了して初めて、カウンターの値が 0 の状態から増加します。
Bytes Sent Total サーバーから送信されたバイト数。 レポート マネージャーとレポート サーバーの両方によって送信された生のバイトの合計がカウントされます。
Bytes Sent/sec サーバーから送信された 1 秒あたりのバイト数。 このカウンターは、転送が完了したときのみ更新されます。 つまり、転送が完了して初めて、カウンターの値が 0 の状態から増加します。
Errors Total HTTP 要求の処理中に発生したエラーの合計数。 このエラーには、HTTP ステータス コードの 400 番台と 500 番台が含まれます。
Errors/sec HTTP 要求の処理中に発生した 1 秒あたりのエラーの合計数。 このエラーには、HTTP ステータス コードの 400 番台と 500 番台が含まれます。
Logon Attempts Total RSWindows 認証タイプに基づくログオン試行の回数。 RSWindows 認証タイプには、RSWindowsNegotiate、RSWindowsNTLM、RSWindowsKerberos、RSWindowsBasic などがあります。 ゼロ (0) はカスタム認証を表します。
Logon Attempts/sec ログオン試行の割合。
Logon Successes Total RSWindows 認証タイプのログオンに成功した回数。 RSWindows 認証タイプには、RSWindowsNegotiate、RSWindowsNTLM、RSWindowsKerberos、RSWindowsBasic などがあります。 ゼロ (0) はカスタム認証を表します。
Logon Successes/sec 成功したログオンの割合。
Memory Pressure State サーバーの現在のメモリの状態を示す 1 ~ 5 の数値。

1:負荷なし

2:低負荷

3:中負荷

4:高負荷

5:負荷が限度を超えている
Memory Shrink Amount 使用メモリ量を縮小するためにサーバーが要求したバイト数。
Memory Shrink Notifications/sec 使用メモリ量を縮小するために、サーバーが直前の 1 秒間に送信した通知の数。 この値は、サーバーでメモリ不足が何回発生しているかを示しています。
Requests Disconnected 通信エラーのために切断された要求の数。
Requests Executing 現在処理中の要求の数。
Requests Not Authorized HTTP 401 ステータス コードで失敗した要求の数。
Requests Rejected サーバー リソースが不足しているために処理されなかった要求の合計数。 このカウンターは、サーバーがビジーであることを示す HTTP 503 ステータス コードを返した要求の数を表します。
Requests Total レポート サーバー サービスが起動後に受け取った要求の合計数。 レポート マネージャーに送信された要求およびレポート マネージャーからレポート サーバーに送信ざれた要求がカウントされます。
要求数/秒 1 秒あたりに処理された要求の数。 この値はアプリケーションの現在のスループットを表します。
Tasks Queued スレッドが使用可能になるのを待機しているタスクの数。 レポート サーバーに対する要求は、それぞれ、1 つまたは複数のタスクと対応します。 このカウンターによって表されるのは、処理の準備が整っているタスクの数だけです。現在実行中のタスクの数は含まれません。

ReportServerSharePoint:Service (SharePoint モードのレポート サーバー)

ReportServerSharePoint:Service パフォーマンス オブジェクトは、SQL Server 2012 (11.x) Reporting Services で追加されました。

PowerShell 関連コンテンツ 次の Windows PowerShell スクリプトは CounterSetName のパフォーマンス カウンターの一覧を返します

(get-counter -listset "ReportServerSharePoint:Service").paths  
カウンター 説明
Memory Pressure State
Memory Shrink Amount
Memory Shrink Notifications/Sec

PowerShell コマンドレットを使用して一覧を取得する

PowerShell 関連コンテンツ 次の Windows PowerShell スクリプトは CounterSetName "ReportServerSharePoint:Service" のパフォーマンス カウンターの一覧を返します。

(get-counter -listset "ReportServerSharePoint:Service").paths  

参照

レポート サーバーのパフォーマンスの監視
MSRS 2011 Web Service と MSRS 2011 Windows Service パフォーマンス オブジェクトのパフォーマンス カウンター (ネイティブ モード)
MSRS 2011 Web Service SharePoint Mode と MSRS 2011 Windows Service SharePoint Mode パフォーマンス オブジェクトのパフォーマンス カウンター (SharePoint モード)