RSReportDesigner 構成ファイル

RSReportDesigner.config ファイルには、レポート デザイナーに利用できる表示拡張機能およびデータ処理拡張機能に関する設定が保存されています。 データ処理拡張機能の情報は、 Data 要素に保存されます。 表示拡張機能の情報は、 Render 要素に保存されます。 Designer 要素には、レポート デザイナーで使用されるクエリ ビルダーが列挙されます。

レポート デザイナーでは、レポートをプレビューするために埋め込みのレポート サーバー機能を使用します。 サーバー関連の設定を指定すると、サーバー側のプレビュー処理をローカルでサポートできます。 レポート サーバーの構成設定の詳細については、「 RsReportServer.config 構成ファイル」を参照してください。

ファイルの場所

このファイルは、\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\PrivateAssemblies にあります。

編集のガイドライン

カスタム拡張機能を配置または削除する場合、プレビュー時のキャッシュを無効にする場合、およびサービス パック アップグレードの後に新しいデータ処理拡張機能を登録する場合を除いて、このファイルの設定を変更しないでください。

表示拡張機能の設定をカスタマイズしている場合は、構成ファイルの編集方法を説明したトピックが用意されています。 詳細については、「 RSReportServer.Config で表示拡張機能パラメーターをカスタマイズする」を参照してください。

構成ファイルを編集する方法の一般的な手順については、「 Modify a Reporting Services Configuration File (RSreportserver.config)」を参照してください

構成ファイルの例

以下の例は、RSReportDesigner.config ファイルの形式を示しています。

<Configuration>  
  <Add Key="SecureConnectionLevel" Value="0" />  
  <Add Key="InstanceName" Value="Microsoft.ReportingServices.PreviewServer" />  
  <Add Key="SessionCookies" Value="true" />  
  <Add Key="SessionTimeoutMinutes" Value="3" />  
  <Add Key="PolicyLevel" Value="rspreviewpolicy.config" />  
  <Add Key="CacheDataForPreview" Value="true" />  
  <Extensions>  
    <Render> . . . </Render>  
    <Data> . . . </Data>  
    <Designer> . . . </Designer>  

構成設定

設定 説明
SecureConnectionLevel Web サービス接続のセキュリティ レベルを指定します。 有効な値は、0 ~ 3 で、0 はセキュリティ レベルが最も低くなります。 詳細については、「 セキュリティで保護された Web サービス メソッドの使用」を参照してください。
InstanceName プレビュー サーバーの識別子です。 この値は変更しないでください。
SessionCookies レポート サーバーがブラウザーのクッキーを使用してセッション情報を保持するかどうかを指定します。 有効な値は true および falseです。 既定値は trueです。 この値を false に設定すると、セッション データが reportservertempdb データベースに格納されます。
SessionTimeoutMinutes セッションのクッキーの有効期間を指定します。 既定値は 3 分です。
PolicyLevel セキュリティ ポリシーの構成ファイルを指定します。 有効な値は Rspreviewpolicy.config です。詳細については、「 Using Reporting Services Security Policy Files」を参照してください。
CacheDataForPreview Trueに設定すると、レポート デザイナーがローカル コンピューター上のキャッシュ ファイルにデータを格納します。 有効な値は True (既定値) および Falseです。 詳細については、「 レポートのプレビュー」を参照してください。
Render プレビューのためにレポート デザイナーで利用できる表示拡張機能を列挙します。 プレビューに使用する表示拡張機能のセットは、レポート サーバーと一緒にインストールされた表示拡張機能と同一である必要があります。

Name は、表示拡張機能を指定します。 コードで表示拡張機能を起動している場合は、この値を使用して、特定の拡張機能を呼び出します。

Type は、拡張クラスの完全修飾クラス名、およびライブラリ名をコンマで区切って指定します。

Visible は、任意のユーザー インターフェイスに名前を表示するかどうかを指定します。 この値には、 True (既定値) または Falseがあります。 Trueを指定すると、名前がユーザー インターフェイスに表示されます。
データ レポートにデータを提供するデータ ソースに接続するためにレポート デザイナーで利用できるデータ処理拡張機能を列挙します。 レポート デザイナーで使用するデータ処理拡張機能のセットは、レポート サーバーと一緒にインストールされたデータ処理拡張機能と同一のものである場合があります。 カスタム拡張機能を追加または削除する場合は、「 データ処理拡張機能の配置」を参照してください。

Name は、データ処理拡張機能を指定します。

Type は、拡張クラスの完全修飾クラス名、およびライブラリ名をコンマで区切って指定します。
Designer レポート デザイナーで使用できるクエリ ビルダーが列挙されます。 クエリ ビルダーは、レポートで使用されるデータを取得するクエリを構築するためのユーザー インターフェイスを提供します。 クエリ ビルダーは、データ処理拡張機能によって異なる場合があります。 既定では、Reporting Services は、製品に含まれるすべてのデータ処理拡張機能に 1 つのビジュアル データ ツール ユーザー インターフェイスを提供します。 ただし、サード パーティのデータ処理拡張機能を構築または使用している場合は、他のクエリ ビルダー インターフェイスが適用されることがあります。
PreviewProcessingServiceStartupTimeoutSeconds エラー メッセージを表示する前にプレビュー処理サービスの起動を待機する時間を指定します。 既定値は 15 秒です。

参照

Reporting Services 構成ファイル
クエリ デザイン ツール (SSRS)