Reporting Services チュートリアル (SSRS)

適用対象: SQL Server 2016 Power BI Report Server

以下のチュートリアルでは、サンプル データを使って SQL Server 2016 Reporting Services 以降 (SSRS)、 SQL Server Data Tools (SSDT)、およびレポート ビルダーの機能について説明します。

基本的なテーブル レポートの作成

レポートを初めて作成する場合は、このチュートリアルの手順に従ってください。 このチュートリアルでは、 SQL Server Data Tools (SSDT) を使用してデータ接続 (データ ソース) を作成する方法、簡単なクエリ (データセット) を定義する方法、およびデータを格納するデータ領域を構成する方法について説明します。

データ ドリブン サブスクリプションの作成

Reporting Services が提供するデータ ドリブン サブスクリプションにより、レポートを受信するサブスクライバーの動的な一覧に基づいてレポートの配信をカスタマイズできます。 通常、データ ドリブン サブスクリプションはレポート サーバー管理者が作成し、保守します。 データ ドリブン サブスクリプションを作成するには、クエリ作成の専門知識、サブスクライバー データを持つデータ ソースに関する知識、およびレポート サーバーへの高度なアクセス権が必要です。

ReportViewer を使用してパラメーターを含む詳細 (RDLC) レポートを作成する

学習するには、このチュートリアルの手順に ReportViewer コントロールを使用してパラメーターの詳細レポート、およびフィルターを作成する方法を学習します。

レポート ビルダー チュートリアル

これらのチュートリアルでは、レポート ビルダーを使用して作成できるマップやスパーク ラインなどのさまざまな視覚エフェクト、およびパラメーターや式の使用方法について説明します。

参照