タスクと権限

Reporting Services では、 タスク はユーザーまたは管理者が実行できるアクションです。 タスクは事前に定義されています。 カスタム タスクを作成したり、プログラムまたはツールから提供されるタスクを変更することはできません。 タスクは全部で 25 種類あります。 これらのタスクにより、ロールベースのセキュリティで実行できる操作の全体が構成されています。 タスクの例としては、"レポートの表示"、"レポートの管理"、"レポート サーバーのプロパティを管理" などがあります。

各タスクは、同様に事前定義されている一連の権限で構成されます。 たとえば、"フォルダーの管理" タスクには、フォルダーを作成および削除する権限や、フォルダーのプロパティを表示および更新する権限が含まれています。 各タスクに対する権限は、各タスクをより詳細に説明するために記述されています。 権限を直接操作したり、ロールの割り当てで指定したりすることはできません。 ユーザーは、ロールの定義に含まれているタスクから間接的に権限を与えられます。

タスクは、そのタスクがロールの一部であり、そのロールがロールの割り当てに含まれている場合にのみ実行できます。 そのため、たとえば "モデルの表示" タスクがロールに含まれていない場合や、そのロールがロールの割り当てに含まれていない場合、ユーザーはレポート モデルを表示できません。 次の図では、権限がタスクにどのように組み込まれるか、および特定のロールの割り当てに使用できるロールにタスクがどのように組み込まれるかを示します。

Permissions and task diagram
権限とタスク図

システムレベルおよびアイテムレベルのタスク

タスクは、システムレベルとアイテムレベルの 2 つのカテゴリに分類されます。 ロールは、単一のカテゴリからのみタスクを含めることができます。 次の表で、タスクの各カテゴリについて説明します。

カテゴリ 説明
アイテムレベルのタスク フォルダー、レポート、レポート モデル、リソースなど、レポート サーバーで管理されるアイテムに対して実行されるアクションです。

アイテムレベルのタスクは、レポート サーバー フォルダーの名前空間に対して有効です。 レポート サーバーのフォルダーまたは URL によってアクセスするすべてのアイテムは、アイテムレベルのタスクを含んだロールの割り当てによってセキュリティ保護されています。
システムレベルのタスク ジョブまたは共有スケジュールの管理などの、システムレベルで実行されるアクションです。これらのアクションは、多くのアイテムで使用できます。 システムレベルのタスクは、レポート サーバー フォルダーの名前空間の外部に対して有効です。

参照

ロールの定義
定義済みロール
ネイティブ モードのレポート サーバーに対する権限の許可