Reporting Services ツール

SQL Server Reporting Services には、管理環境での機能豊富なレポートの開発と使用をサポートするグラフィカル ツールとスクリプト ツールのセットが用意されています。 このツール セットには、開発ツール、構成と管理ツール、およびレポート表示ツールが含まれています。 この記事では、Reporting Services の各ツールと、それらにアクセスする方法について、簡単に説明します。

ツールをすぐに見つけるには、「チュートリアル:Reporting Services ツールを検索および開始する方法 (SSRS)」を参照してください。

レポートの作成ツール

次の表に、SQL Server Reporting Services でのレポートの作成に使用できるツールの一覧を示します。

ツール 説明 アクセス方法
SQL Server Mobile Report Publisher Mobile Report Publisher を使用すると、画面やブラウザー ウィンドウに応じてコンテンツを動的に調整し、任意の画面サイズに合わせて拡大または縮小できるモバイル レポートを作成できます。

調整可能なグリッド行とグリッド列、柔軟なモバイル レポート要素を備えたデザイン領域でモバイル レポートを作成します。

詳細については、「 SQL Server Mobile Report Publisher を使用してモバイル レポートを作成する」をご覧ください。
SQL Server Mobile Report Publisherをダウンロードする
Power View Analysis Services 表形式モデルに基づいてレポートを作成し、対話できるようにデザインされた、対話型データの探索およびビジュアル化が可能です。 Reporting Services SharePoint モードの Silverlight がインストールされているブラウザー
レポート デザイナー このツールを使用してレポートをデザインします。 次の機能があります。

ネイティブ モードまたは SharePoint モードのレポート サーバーに配置する

でホストされる SQL Server Data Tools (SSDT)

レポートで使用されるデータを編成するためのレポート データ ペイン

対話型のレポート デザインのデザインおよびプレビューに使用するタブ付きビュー

データ ソースから取得するデータを指定できるクエリ デザイナー、および RSReportDesigner Configuration File内のデータ ソースの種類に関連付けられているクエリ デザイナー

レポートのコンテンツと外観をカスタマイズする Visual Basic 式を作成するための IntelliSense 対応の式エディター

カスタム レポート アイテムとカスタム クエリ デザイナーをサポート



詳細については、「SQL Server データ ツールの Reporting Services (SSDT)」を参照してください。
SQL Server Data Tools (SSDT)
レポート ビルダー このツールを使用してレポートをデザインします。 次の機能があります。

ネイティブ モードまたは SharePoint モードのレポート サーバーに配置する

Microsoft Office と同様の作成環境SQL Server Mobile Report Publisher

レポート アイテムをレポート パーツとして保存する機能

マップを作成するウィザード

集計の集計

式のサポート強化

選択した組み込みのデータ ソースの種類から取得するデータを指定できるクエリ デザイナー

詳しくは、「SQL Server のレポート ビルダー」をご覧ください。
レポート ビルダーのスタンドアロン バージョンをダウンロードする

または、Web ポータルか SharePoint から開く

レポート サーバー管理用のツール

グラフィカル ツールとスクリプト ツールのセットを使用して、SQL Server Reporting Services のレポート サーバーを管理できます。 使用するツールは、レポート サーバーの配置モードによって異なります。

ネイティブ モード

次の表に、ネイティブ モードで配置されているレポート サーバーの管理に使用できるツールの一覧を示します。

ツール 説明 アクセス方法
レポート サーバー構成マネージャー Reporting Services のインストールを構成するには、このツールを使用します。 実行できるタスクは次のとおりです。

レポート サーバー サービス アカウントの構成

1 つ以上の Web サービス URL の作成および構成

Web ポータルの URL を構成する

レポート サーバー データベースの作成および構成

スケールアウト配置の構成

保存されている接続文字列や資格情報を暗号化する対称キーのバックアップ、復元、または置き換え

自動実行アカウントの構成

サブスクリプション設定の構成

電子メール配信用の SMTP サーバーの構成

Power BI サービス (クラウド) の構成

注:レポート サーバー構成マネージャーは、レポート サーバー コンテンツの管理、追加機能の有効化、サーバーへのアクセス権の付与に対する支援を行いません。

詳細については、「レポート サーバー構成マネージャー (ネイティブ モード)」を参照してください。
[スタート] メニュー
SQL Server Management Studio 次のように、単一の環境で 1 つ以上のレポート サーバー インスタンスを管理するには、このツールを使用します。

ローカルとリモートの両方のレポート サーバー インスタンスの管理

レポート サーバーのプロパティの設定

ロールの定義の変更

使用していないレポート サーバー機能の無効化

ジョブの管理

共有スケジュールの管理
[スタート] メニュー
Rsconfig ユーティリティ レポート サーバー データベースへのレポート サーバー接続を構成および管理するには、このツールを使用します。 これを使用して、自動レポート処理に使用するユーザー アカウントを指定することもできます。

詳細については、「レポート サーバーのコマンド プロンプト ユーティリティ (SSRS)」を参照してください。
コマンド プロンプト
Rskeymgmt ユーティリティ このツールは次の場合に使用します。

レポート サーバー データの暗号化に使用する対称キーの抽出、復元、作成、および削除

スケールアウト配置へのレポート サーバー インスタンスの追加



詳細については、「レポート サーバーのコマンド プロンプト ユーティリティ (SSRS)」を参照してください。
コマンド プロンプト
Windows Management Instrumentation (WMI) クラス グラフィカル ユーザー インターフェイスを使用せずに、レポート サーバー構成マネージャーの構成タスクを自動化するには、これらのクラスを使用します。

詳細については、「 Accessing the WMI Provider Programmatically」を参照してください。
Visual Basic スクリプト

SharePoint 統合モード

SharePoint モードでは、Reporting Services は SharePoint アーキテクチャのサービス アプリケーションであり、SharePoint によって直接管理されます。

ツール 説明 アクセス方法
SharePoint サーバーの全体管理 Reporting Servicesの共有サービス アプリケーションを作成、クエリ、および管理するには、SharePoint サーバーの全体管理を使用します。

詳細については、「レポート サーバーの構成と管理 (Reporting Services SharePoint モード)」を参照してください。
サーバーの全体管理の SharePoint サイト URL に接続するブラウザー
PowerShell コマンドレット Reporting Servicesの共有サービス アプリケーションを作成、クエリ、および管理するには、PowerShell コマンドレットを使用します。

詳細については、「 Reporting Services SharePoint モード用の PowerShell コマンドレット」をご覧ください。
SharePoint 2010 管理シェル

レポート コンテンツ管理用のツール

グラフィカル ツールとスクリプト ツールのセットを使用して、SQL Server Reporting Services のコンテンツを管理できます。 使用するツールは、レポート サーバーの配置モードによって異なります。

ツール 説明 アクセス方法
レポート サーバー Web サービスの URL 汎用アイテム ナビゲーション ページのレポート カタログのコンテンツを参照するには、このツールを使用します。

詳細については、「 Report Server Web Service」を参照してください。
Browser
Web ポータル (ネイティブ モードのみ) HTTP 接続を経由してリモートの場所から 1 つのレポート サーバー インスタンスを管理するには、このツールを使用します。 次の操作を実行できます。

レポートの表示、検索、印刷、およびサブスクライブ。

サーバー上のアイテムを整理するフォルダー階層の作成、セキュリティ保護、および保守。

アイテムおよび操作に対するアクセスを決定するロールベースのセキュリティの構成。

レポート実行プロパティ、レポート履歴、およびレポート パラメーターの構成。

Microsoft SQL Server Analysis Services データ ソースまたは SQL Server リレーショナル データ ソースに接続してデータを取得するレポート モデルの作成。

モデル内の特定のエンティティへのアクセスを許可するモデル アイテム セキュリティの設定、または事前に作成した定義済みのクリックスルー レポートへのエンティティのマップ。

スケジュールおよびデータ ソース接続をさらに管理しやすくする共有スケジュールおよび共有データ ソースの作成。

大きい受信者一覧にレポートをロール アウトするデータ ドリブン サブスクリプションの作成。

既存レポートの再利用や目的変更を行うための、リンク レポートの作成。

レポートを作成するレポート ビルダーの起動。作成したレポートは、レポート サーバーで保存および実行できます。 詳細については、「レポート サーバーの Web ポータル (SSRS ネイティブ モード)」をご覧ください。
Browser
RS ユーティリティ このツールは、スクリプト操作の実行に使用できるスクリプト ホストです。 このツールを使用して、レポート サーバー データベース間でのデータのコピー、レポートのパブリッシュ、レポート サーバー データベースでのアイテムの作成などを行う Visual Basic スクリプトを実行します。 詳細については、「レポート サーバーのコマンド プロンプト ユーティリティ (SSRS)」を参照してください。 コマンド プロンプト

関連項目

Reporting Services Report Server
Reporting Services の概念 (SSRS)
SQL Server Reporting Services (SSRS) とは