URL Access Parameter ReferenceURL Access Parameter Reference

次のパラメーターを URL の一部として使用すると、レポートのルック アンド フィールを構成できます。You can use the following parameters as part of a URL to configure the look and feel of your reports. ここでは、最も一般的なパラメーターについて説明します。The most common parameters are listed in this section. パラメーターは大文字と小文字が区別されます。レポート サーバーに出力する場合は rs: 、HTML ビューアーに出力する場合は rc: をパラメーターの先頭に追加します。Parameters are case-insensitive and begin with the parameter prefix rs: if directed to the report server and rc: if directed to an HTML Viewer. デバイスや表示拡張機能に固有のパラメーターを指定することもできます。You can also specify parameters that are specific to devices or rendering extensions. デバイスに固有のパラメーターの詳細については、「 URL でデバイス情報設定を指定する」を参照してください。For more information about device-specific parameters, see Specify Device Information Settings in a URL.

重要

SharePoint および _vti_bin HTTP プロキシ経由で要求をルーティングする Reporting ServicesReporting Services プロキシ構文を URL に含めることは重要です。It is important the URL include the _vti_bin proxy syntax to route the request through SharePoint and the Reporting ServicesReporting Services HTTP proxy. プロキシによって、HTTP 要求にいくつかのコンテキストが追加されます。これは、SharePoint モード レポート サーバーに対してレポートを適切に実行するために必要なコンテキストです。The proxy adds some context to the HTTP request, context that is required to ensure proper execution of the report for SharePoint mode report servers. 例については、「 Access Report Server Items Using URL Access」を参照してください。For examples, see Access Report Server Items Using URL Access.

レポート パラメーターを URL に含める方法および例については、「 Pass a Report Parameter Within a URL」を参照してください。For information about including report parameters in a URL, and examples, see Pass a Report Parameter Within a URL.

HTML ビューアーのコマンド (rc:)HTML Viewer Commands (rc:)

次の表に、URL アクセス パラメーターが付いているrc: HTML ビューアーをターゲットに使用されます。The following table describes the URL access parameters that are prefixed with rc: and are used to target the HTML Viewer.

パラメーターParameter 説明Description Values
[ツール バー]Toolbar ツール バーの表示と非表示を切り替えます。Shows or hides the toolbar.

** 重要な* * rc:Toolbar = falseでホストされているレポートを対象に、ドメイン名の代わりに、アドレス、ip アドレスを使用する URL アクセス文字列に対しては機能しません、SharePoint サイトです。** Important ** rc:Toolbar=false does not work for URL access strings that use an IP address, instead of a domain name, to target a report hosted on a SharePoint site.
このパラメーターの値が false の場合、残りのオプションすべてが無視されます。If the value of this parameter is false, all remaining options are ignored. このパラメーターを省略すると、サポートされている表示形式でツール バーが自動的に表示されます。If you omit this parameter, the toolbar is automatically displayed for rendering formats that support it. このパラメーターの既定値は true です。The default of this parameter is true.

true
false
パラメーターParameters ツール バーのパラメーター領域の表示と非表示を切り替えます。Shows or hides the parameters area of the toolbar.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales&rc:Parameters=Collapsed

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales&rc:Parameters=Collapsed
このパラメーターを true に設定すると、ツール バーのパラメーター領域が表示されます。If you set this parameter to true, the parameters area of the toolbar is displayed. このパラメーターを false に設定すると、パラメーター領域は表示されません。ユーザーが表示することもできません。If you set this parameter to false, the parameters area is not displayed and cannot be displayed by the user. このパラメーターの値を Collapsed に設定すると、パラメーター領域は表示されませんが、エンド ユーザーが表示と非表示を切り替えることができます。If you set this parameter to a value of Collapsed, the parameters area will not be displayed, but can be toggled by the end user. このパラメーターの既定値はtrueします。The default value of this parameter is true. 有効な値は、Valid values are:

true
false
Collapsed
[ズーム]Zoom レポート ズーム値を整数のパーセンテージまたは文字列定数として設定します。Sets the report zoom value as an integer percentage or a string constant.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales&rc:Zoom=Page Width

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales&rc:Zoom=Page Width
標準的な文字列値には Page WidthWhole Page などがあります。Standard string values include Page Width and Whole Page. Internet Explorer 5.0 よりも前のバージョンの Internet Explorer およびMicrosoftMicrosoft 以外のすべてのブラウザーでは、このパラメーターが無視されます。This parameter is ignored by versions of Internet Explorer earlier than Internet Explorer 5.0 and all non-MicrosoftMicrosoft browsers. このパラメーターの既定値は100します。The default value of this parameter is 100.
セクションSection 表示するレポートのページを設定します。Sets which page in the report to display.

Native レポートの 2 ページ目を表示するモードの例:Native mode example to display page 2 of the report:

http://myrshost/reportserver?/Sales&rc:Section=2

SharePoint レポートの 2 ページ目を表示するモードの例:SharePoint mode example to display page 2 of the report:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales&rc:Section=2
レポートのページ数よりも大きい値を設定すると、最後のページが表示されます。Any value that is greater than the number of pages in the report displays the last page. 0 よりも小さい値を設定すると、レポートの 1 ページが表示されます。Any value that is less than 0 displays page 1 of the report. このパラメーターの既定値は1します。The default value of this parameter is 1.
FindStringFindString レポート内で特定のテキスト セットを検索します。Search a report for a specific set of text.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales&rc:FindString=Mountain-400

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales&rc:FindString=Mountain-400
StartFindStartFind 検索する最後のセクションを指定します。Specifies the last section to search.

Native モードの例は、最初に見つかった"mountain-400"Product Catalog サンプル内のテキストの検索にレポート 1 ~ 5 ページ:Native mode example that searches for the first occurrence of the text "Mountain-400" in the Product Catalog sample report starting with page one and ending with page five:

http://server/Reportserver?/SampleReports/Product Catalog&rs:Command=Render&rc:StartFind=1&rc:EndFind=5&rc:FindString=Mountain-400
このパラメーターの既定値は、レポートの最終ページです。The default value of this parameter is the last page of the report.
EndFindEndFind 検索に使用する最終ページの番号を設定します。Sets the number of the last page to use in the search. たとえば、5 の値は、検索する最後のページがレポートの 5 ページであることを示します。For example, a value of 5 indicates that the last page to be searched is page 5 of the report. このパラメーターは、 StartFind パラメーターと一緒に使用します。Use this parameter in conjunction with the StartFind parameter. 上記の例をご覧くださいStartFindします。See the above example for StartFind . 既定値は現在のページ番号です。The default value is the number of the current page.
FallbackPageFallbackPage 検索またはドキュメント マップの選択が失敗した場合に表示するページ番号を設定します。Sets the number of the page to display if a search or a document map selection fails. 既定値は現在のページ番号です。The default value is the number of the current page.
GetImageGetImage HTML ビューアー ユーザー インターフェイス用の特定のアイコンを取得します。Gets a particular icon for the HTML Viewer user interface.
アイコンIcon 特定の表示拡張機能のアイコンを取得します。Gets the icon of a particular rendering extension.
スタイル シートStylesheet HTML ビューアーに適用するスタイル シートを指定します。Specifies a style sheet to be applied to the HTML Viewer.
デバイス情報設定Device Information Setting 形式で、デバイス情報設定を指定しますrc:tag=valueここで、タグデバイス情報設定は現在使用されている表示拡張機能に固有の名前を指定します (の説明を参照して、 。書式設定パラメーター)。Specifies a device information setting in the form of rc:tag=value, where tag is the name of a device information setting specific to the rendering extension that is currently used (see the description for the Format parameter). たとえば、IMAGE 表示拡張機能の OutputFormat デバイス情報設定を使用すると、URL アクセス文字列に ...&rs:Format=IMAGE&rc:OutputFormat=JPEGパラメーターを指定することで、レポートを JPEG 画像で表示できます。For example, you can use the OutputFormat device information setting for the IMAGE rendering extension to render the report to a JPEG image using the following parameters in the URL access string: ...&rs:Format=IMAGE&rc:OutputFormat=JPEG. 拡張機能に固有のすべてのデバイス情報設定の詳細については、「表示拡張機能のデバイス情報設定 (Reporting Services)」を参照してください。For more information on all extension-specific device information settings, see Device Information Settings for Rendering Extensions (Reporting Services).

レポート サーバー コマンド (rs:)Report Server Commands (rs:)

次の表に、URL アクセス パラメーターが付いているrs: され、レポート サーバーを対象に使用されます。The following table describes the URL access parameters that are prefixed with rs: and are used to target the report server.

パラメーターParameter 説明Description
CommandCommand アイテムの種類に応じて、カタログ アイテムに対して操作を実行します。Performs an action on a catalog item, depending on its item type. 既定値は、URL アクセス文字列で参照されるカタログ アイテムの種類で決まります。The default value is determined by the type of the catalog item referenced in the URL access string. 有効な値は、Valid values are:

ListChildren GetChildrenフォルダーの内容を表示します。ListChildren and GetChildren Displays the contents of a folder. フォルダー アイテムは、汎用アイテム ナビゲーション ページに表示されます。The folder items are displayed within a generic item-navigation page.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales&rs:Command=GetChildren

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales&rs:Command=GetChildren
Render 指定されたレポートを表示します。Render Renders the specified report.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales/YearlySalesByCategory&rs:Command=Render

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales/YearlySalesByCategory&rs:Command=Render
GetSharedDatasetDefinition 共有データセットに関連付けられた XML 定義を表示します。GetSharedDatasetDefinition Displays the XML definition associated with a shared dataset. クエリ、データセット パラメーター、既定値、データセット フィルター、照合順序や大文字と小文字の区別などのデータ オプションを含む共有データセット プロパティは、定義内に保存されます。Shared dataset properties, including the query, dataset parameters, default values, dataset filters, and data options such as collation and case sensitivity, are saved in the definition. この値を使用するには、共有データセットに対する Read Report Definition 権限が必要です。You must have Read Report Definition permission on a shared dataset to use this value.

Native モードの例:Native mode example:

http://localhost/reportserver/?/DataSet1&rs:command=GetShareddatasetDefinition
GetDataSourceContents 指定した共有データ ソースのプロパティを XML として表示されます。GetDataSourceContents Displays the properties of a given shared data source as XML. ブラウザーで XML がサポートされていて、目的のデータ ソースに対して Read Contents 権限が与えられている認証ユーザーである場合は、そのデータ ソース定義が表示されます。If your browser supports XML and if you are an authenticated user with Read Contents permission on the data source, the data source definition is displayed.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales/AdventureWorks2012&rs:Command=GetDataSourceContents

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales/AdventureWorks2012&rs:Command=GetDataSourceContents
GetResourceContents リソースをレンダリングし、リソースがブラウザーと互換性のある場合は、HTML ページに表示します。GetResourceContents Renders a resource and displays it in an HTML page if the resource is compatible with the browser. それ以外の場合は、ファイルまたはリソースを開くか、ディスクに保存するように要求されます。Otherwise, you are prompted to open or save the file or resource to disk.

Native モードの例:Native mode example:

http://myrshost/reportserver?/Sales/StorePicture&rs:Command=GetResourceContents

SharePoint モードの例:SharePoint mode example:

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/Sales/StorePicture.jpg&rs:Command=GetResourceContents
GetComponentDefinition パブリッシュ済みレポート アイテムに関連付けられた XML 定義を表示します。GetComponentDefinition Displays the XML definition associated with a published report item. 必要がありますRead Contentsこの値を使用するパブリッシュ済みレポート アイテムに対する権限。You must have Read Contents permission on a published report item to use this value.
形式Format レポートを表示する形式を指定します。Specifies the format in which to render a report. 一般的な値には、ATOMHTML4.0MHTMLIMAGEEXCELWORDCSVPDFXML があります。Common values include ATOM, HTML4.0, MHTML, IMAGE, EXCEL, WORD, CSV, PDF, XML. 既定値は HTML4.0 です。The default value is HTML4.0. 詳細については、「 URL アクセスを使用してレポートをエクスポート」を参照してください。For more information, see Export a Report Using URL Access.

Native のレポート サーバーからレポートの PDF コピーを直接取得する例。For example to get a PDF copy of a report directly from a Native mode report server.

http://myrshost/ReportServer?/myreport&rs:Format=PDF

たとえばSharePointモード。For example in SharePoint mode.

http://myspsite/subsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite/subsite/myrereport.rdl&rs:Format=PDF
ParameterLanguageParameterLanguage ブラウザーの言語とは関係なく、URL で渡されるパラメーターの言語を指定します。Provides a language for parameters passed in a URL that is independent of the browser language. 既定値は、ブラウザーの言語です。The default value is the browser language. 値は、en-usde-de. などのカルチャ値に設定できます。The value can be a culture value, such as en-us or de-de.

Native モードで、ブラウザーの言語をオーバーライドし、de-DE というカルチャ値を指定する例。For example in Native mode, to override the browser language and specify a culture value of de-DE.

http://myrshost/Reportserver?/SampleReports/Product+Line+Sales&rs:Command=Render&StartDate=4/10/2008&EndDate=11/10/2008&rs:ParameterLanguage=de-DE
スナップショットSnapshot レポート履歴スナップショットに基づいたレポートを表示します。Renders a report based on a report history snapshot. 詳細については、「 URL アクセスを使用してレポート履歴スナップショットを表示する」を参照してください。For more information, see Render a Report History Snapshot Using URL Access.

Native モードで、日付が 2003-04-07 でタイムスタンプが 13:40:02 のレポート履歴スナップショットを取得する例。For example in Native mode, retrieve a report history snapshot dated 2003-04-07 with a timestamp of 13:40:02.

http://myrshost/reportserver?/SampleReports/Company Sales&rs:Snapshot=2003-04-07T13:40:02
PersistStreamsPersistStreams 1 つの永続化ストリームでレポートを表示します。Renders a report in a single persisted stream. このパラメーターは、表示レポートをチャンク単位で送信するために画像レンダラーによって使用されます。This parameter is used by the Image renderer to transmit the rendered report one chunk at a time. URL アクセス文字列でこのパラメーターを使用した後、同じ URL アクセス文字列を、 GetNextStream パラメーターではなく PersistStreams パラメーターと共に使用すると、永続化ストリームの次のチャンクを取得できます。After using this parameter in a URL access string, use the same URL access string with the GetNextStream parameter instead of the PersistStreams parameter to get the next chunk in the persisted stream. この URL コマンドは、最終的に永続化ストリームの末尾に到達した時点で 0 バイト ストリームを返します。This URL command will eventually return a 0-byte stream to indicate the end of the persisted stream. 既定値は false です。The default value is false.
GetNextStreamGetNextStream PersistStreams パラメーターを使用してアクセスした永続化ストリームの次のデータ チャンクを取得します。Gets the next data chunk in a persisted stream that is accessed using the PersistStreams parameter. 詳細については、 PersistStreamsの説明を参照してください。For more information, see the description for PersistStreams. 既定値は false です。The default value is false.
SessionIDSessionID クライアント アプリケーションとレポート サーバー間で確立されたアクティブ レポート セッションを指定します。Specifies an established active report session between the client application and the report server. このパラメーターの値は、セッション ID に設定されます。The value of this parameter is set to the session identifier.

セッション ID をクッキーまたは URL の一部として指定できます。You can specify the session ID as a cookie or as part of the URL. セッション クッキーを使用しないようにレポート サーバーを構成している場合、指定したセッション ID なしの最初の要求はセッション ID 付きでリダイレクトされます。When the report server has been configured not to use session cookies, the first request without a specified session ID results in a redirection with a session ID. レポート サーバーのセッションの詳細については、「 Identifying Execution State」を参照してください。For more information about report server sessions, see Identifying Execution State.
ClearSessionClearSession 値が true の場合は、レポート セッションからレポートを削除するようにレポート サーバーに指示します。A value of true directs the report server to remove a report from the report session. 認証されているユーザーに関連付けられたすべてのレポート インスタンスがレポート セッションから削除されますAll report instances associated with an authenticated user are removed from the report session. (レポート インスタンスは、別のレポート パラメーターの値を指定して、レポートを複数回実行するように定義されます)。既定値は false です。(A report instance is defined as the same report run multiple times with different report parameter values.) The default value is false.
ResetSessionResetSession 値が true の場合は、レポート セッションのすべてのレポート スナップショットとの関連付けを削除することによって、レポート セッションをリセットするようレポート サーバーに指示します。A value of true directs the report server to reset the report session by removing the report session's association with all report snapshots. 既定値は false です。The default value is false.
ShowHideToggleShowHideToggle レポートのセクションの表示と非表示を切り替えます。Toggles the show and hide state of a section of the report. 切り替えるセクションを表す正の整数を指定します。Specify a positive integer to represent the section to toggle.

レポート ビューアー Web パーツのコマンド (rv:)Report Viewer Web Part Commands (rv:)

次の表では、SharePoint と統合されているレポート ビューアー Web パーツをターゲットとするために使用する、SQL ServerSQL Server の予約済みのレポート パラメーター名について説明します。The following table describes the SQL ServerSQL Server reserved report parameter names that are used to target the Report Viewer Web Part that is integrated with SharePoint. これらのパラメーター名の先頭には rv: が付いています。These parameter names are prefixed with rv:. レポート ビューアー Web パーツでは、 rs:ParameterLanguage パラメーターも受け取ります。The Report Viewer Web Part also accepts the rs:ParameterLanguage parameter.

パラメーターParameter 操作Action
[ツール バー]Toolbar レポート ビューアー Web パーツのツール バーの表示を制御します。Controls the toolbar display for the Report Viewer Web Part. 既定値は Full です。The default value is Full. 値は次のとおりです。Values can be:

Full: ツール バーを完全に表示します。Full: display the complete toolbar.

Navigation: ツール バーに改ページのみ表示します。Navigation: display only pagination in the toolbar.

None: ツール バーを表示しません。None: do not display the toolbar.



SharePoint モードで、ツール バーに改ページのみを表示する例。For example in SharePoint mode, to display only pagination in the toolbar.

http://myspsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite002%fShared+Documents%2fmyreport.rdl&rv:DocMapMode=Displayed&rv:Toolbar=Navigation
HeaderAreaHeaderArea レポート ビューアー Web パーツのヘッダーの表示を制御します。Controls the header display for the Report Viewer Web Part. 既定値は Full です。The default value is Full. 値は次のとおりです。Values can be:

Full: ヘッダーを完全に表示します。Full: display the complete header.

BreadCrumbsOnly: ヘッダーに階層リンクのナビゲーションのみを表示して、アプリケーションでの現在位置をユーザーに示します。BreadCrumbsOnly: display only the bread-crumb navigation in the header to inform the user where they are in the application.

None: ヘッダーを表示しません。None: do not display the header.



SharePoint モードで、ヘッダーに階層リンクのナビゲーションのみを表示する例。For example in SharePoint mode, to display only the bread-crumb navigation in the header.

http://myspsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite002%fShared+Documents%2fmyreport.rdl&rv:DocMapMode=Displayed&rv:HeaderArea=BreadCrumbsOnly
DocMapAreaWidthDocMapAreaWidth レポート ビューアー Web パーツのパラメーター領域の表示幅をピクセル単位で制御します。Controls the display width, in pixels, of the parameter area in the Report Viewer Web Part. 既定値は、レポート ビューアー Web パーツの既定値と同じです。The default value is the same as the Report Viewer Web Part default. 値には、負以外の整数値を指定する必要があります。The value must be a non-negative integer.
AsyncRenderAsyncRender レポートが非同期に表示されるかどうかを制御します。Controls whether a report is rendered asynchronously. 既定値は true で、レポートが非同期に表示されることを示します。The default value is true, which specifies that a report be rendered asynchronously. この値には、true または false のブール値を指定する必要があります。The value must be a Boolean value of true or false.
ParamModeParamMode レポート ビューアー Web パーツのパラメーター プロンプト領域を全体表示で表示する方法を制御します。Controls how the Report Viewer Web Part's parameter prompt area is displayed in full-page view. 既定値は Full です。The default value is Full. 有効な値は、Valid values are:

Full: パラメーター プロンプト領域を表示します。Full: display the parameter prompt area.

Collapsed: パラメーター プロンプト領域を折りたたみます。Collapsed: collapse the parameter prompt area.

Hidden: パラメーター プロンプト領域を非表示にします。Hidden: hide the parameter prompt area.

SharePoint モードで、パラメーター プロンプト領域を折りたたむ例。For example in SharePoint mode, to collapse the parameter prompt area.

http://myspsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite002%fShared+Documents%2fmyreport.rdl&rv:DocMapMode=Displayed&rv:ParamMode=Collapsed
DocMapModeDocMapMode レポート ビューアー Web パーツのドキュメント マップ領域を全体表示で表示する方法を制御します。Controls how the Report Viewer Web Part's document map area is displayed in full-page view. 既定値は Full です。The default value is Full. 有効な値は、Valid values are:

Full: ドキュメント マップ領域を表示します。Full: display the document map area.

Collapsed: ドキュメント マップ領域を折りたたみます。Collapsed: collapse the document map area.

Hidden: ドキュメント マップ領域を非表示にします。Hidden: hide the document map area.
DockToolBarDockToolBar レポート ビューアー Web パーツのツールバーを上部または下部にドッキングするかどうかを制御します。Controls whether the Report Viewer Web Part's toolbar is docked to the top or bottom. 有効値は Top および Bottom です。Valid values are Top and Bottom. 既定値は Top です。The default value is Top.



SharePoint モードで、下部にツール バーをドッキングする例。For example in SharePoint mode, to dock the toolbar to the bottom.

http://myspsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite002%fShared+Documents%2fmyreport.rdl&rv:DocMapMode=Displayed&rv:DockToolBar=Bottom
ToolBarItemsDisplayModeToolBarItemsDisplayMode 表示するツール バー項目を制御します。Controls which toolbar items are displayed. これはビットごとの列挙値です。This is a bitwise enumeration value. ツール バー項目を含めるには、項目の値を合計値に加算します。To include a toolbar item, add the item's value to the total value. たとえば、[アクション] メニューが表示されない場合は、rv:ToolBarItemsDisplayMode=63 (または 0x3F) を使用します。これは 1+2+4+8+16+32 を表します。[アクション] メニュー項目のみを表示する場合は、rv:ToolBarItemsDisplayMode=960 (または 0x3C0) を使用します。For example: for no Actions menu, use rv:ToolBarItemsDisplayMode=63 (or 0x3F), which is 1+2+4+8+16+32; for Actions menu items only, use rv:ToolBarItemsDisplayMode=960 (or 0x3C0). 既定値は -1 です。すべてのツール バー項目を表示します。The default value is -1, which includes all toolbar items. 有効な値は、Valid values are:

1 (0x1): [戻る] ボタン1 (0x1): the Back button

2 (0x2): テキスト検索コントロール2 (0x2): the text search controls

4 (0x4): ページ ナビゲーション コントロール4 (0x4): the page navigation controls

8 (0x8): [更新] ボタン8 (0x8): the Refresh button

16 (0x10): [ズーム] ボックスの一覧16 (0x10): the Zoom list box

32 (0x20): [Atom フィード] ボタン32 (0x20): the Atom Feed button

64 (0x40): [アクション][印刷] メニュー オプション64 (0x40): the Print menu option in Actions

128 (0x80): [アクション][エクスポート] サブメニュー128 (0x80): the Export submenu in Actions

256 (0x100): [アクション][レポート ビルダーで開く] メニュー オプション256 (0x100: the Open with Report Builder menu option in Actions

512 (0x200): [アクション][サブスクライブ] メニュー オプション512 (0x200: the Subscribe menu option in Actions

1024 (0x400): [アクション][新しいデータの警告] メニュー オプション1024 (0x400: the New Data Alert menu option in Actions

たとえば、SharePointモードのみを表示する、戻るボタン、テキスト検索コントロール、ページ ナビゲーション コントロールと更新ボタン。For example, in SharePoint mode to display only the Back button, text search controls, page navigation controls, and the Refresh button.

http://myspsite/_vti_bin/reportserver?http://myspsite002%fShared+Documents%2fmyreport.rdl&rv:DocMapMode=Displayed&rv:ToolBarItemsDisplayMode=15

関連項目See Also

URL アクセス (SSRS)URL Access (SSRS)