レポート サーバーの Web ポータル (SSRS ネイティブ モード)

適用対象: ✔ SQL Server 2016 Reporting Services 以降 ✔️ Power BI Report Server

Reporting Services レポート サーバーの Web ポータルは Web ベース エクスペリエンスです。 このポータルでは、レポート、モバイル レポート、KPI を表示したり、レポート サーバー インスタンス内の要素間を移動したりできます。 Web ポータルを利用し、1 つのレポート サーバー インスタンスを管理することもできます。

SQL Server Reporting Services ポータルを示すスクリーンショット。

Web ポータルとは何か

Web ポータルを利用し、次のタスクを実行できます。

  • レポートの表示、検索、印刷、およびサブスクライブ。
  • サーバー上のアイテムを整理するフォルダー階層の作成、セキュリティ保護、および保守。
  • アイテムおよび操作に対するアクセスを決定するロールベースのセキュリティの構成。 詳細については、「ロールの定義 - 定義済みロール」を参照してください。
  • レポート実行プロパティ、レポート履歴、およびレポート パラメーターの構成。
  • スケジュールおよびデータ ソース接続をさらに管理しやすくする共有スケジュールおよび共有データ ソースの作成。
  • 大きい受信者一覧にレポートをロール アウトするデータ ドリブン サブスクリプションの作成。
  • 既存レポートの再利用や目的変更を行うための、リンク レポートの作成。
  • Report Builder や Mobile Report Publisher など、一般的なツールのダウンロード。
  • KPI の作成
  • フィードバックや機能要求の送信。

Web ポータルでは、レポート サーバー フォルダーを参照したり、特定のレポートを検索したりできます。 レポート、その全般プロパティ、レポート履歴にキャプチャされているレポートの過去のコピーを表示できます。 権限に応じて、レポートにサブスクライブし、電子メールの受信ボックスやファイル システム上の共有フォルダーに配信させることもできます。

注意

サポートされているブラウザーやバージョンの詳細については、「 Reporting Services のブラウザー サポートの計画」を参照してください。

Web ポータルは、ネイティブ モードで実行されているレポート サーバーでのみ使用されます。 SharePoint 統合モード用に構成されたレポート サーバーでは使用できません。

一部の Web ポータル機能は、特定のエディションの SQL Server だけで利用できます。 詳しくは、「SQL Server の各エディションがサポートする Reporting Services の機能」をご覧ください。

新しくインストールした場合、コンテンツおよび設定を操作するのに十分な権限を持っているのはローカル管理者のみです。 他のユーザーに権限を与えるには、ローカル管理者がレポート サーバーへのアクセスを許可するロールの割り当てを作成する必要があります。 ロールの割り当てが作成された後、ユーザーがアクセスできるようになるアプリケーション ページとタスクは、そのユーザーに対するロールの割り当てによって異なります。 詳細については、「レポート サーバーへのユーザー アクセスを許可する」をご覧ください。

注意

サーバーが実行されているローカル コンピューターで Web ポータルを閲覧している場合、このフォルダーの表示が禁止されている旨のメッセージが表示されることがあります。 これは Universal Access Control (UAC) による規制であり、また、ユーザーが管理者としてブラウザーを実行していないことに起因します。サーバーをリモートで参照するか、Edge をローカルで利用してアクセス許可を設定することで、フォルダーに対する権限をアカウント コンテンツ マネージャーに与える必要があります。 [管理者として実行] コンテキスト メニューから管理者として Microsoft Edge を実行することはできません。 ただし、SHIFT キーを押しながらエッジ ショートカットを右クリックして [別のユーザーとして実行] を選択し、[ログイン] ダイアログでローカル コンピューターの管理者アカウント情報を指定することで、ローカル管理者アカウントとして Edge を実行できます。 Web ポータルをリモートで利用する場合、自分のアカウントにフォルダーのコンテンツ管理権限を与える必要があります。

Web ポータルの開始と使用

Web ポータルは Web アプリケーションであり、ブラウザー ウィンドウのアドレス バーに Web ポータル の URL を入力して起動します。 Web ポータル の起動時に表示されるページ、リンク、オプションは、レポート サーバーに対してユーザーが持っている権限によって異なります。 タスクを実行するには、そのタスクを含むロールに割り当てられている必要があります。 すべての権限を持つロールに割り当てられたユーザーは、レポート サーバーの管理に利用できるすべてのアプリケーション メニューとページにアクセスできます。 一方、レポートの表示と実行の権限を持つロールに割り当てられたユーザーは、それらの操作をサポートするメニューとページのみを表示できます。 各ユーザーに対して、レポート サーバーごとに異なるロールを割り当てることも、単一のレポート サーバーに保存されている多様なレポートまたはフォルダーごとに異なるロールを割り当てることもできます。

ロールの詳細については、「 ネイティブ モードのレポート サーバーに対する権限の許可」を参照してください。

Web ポータルを開始するには

次の手順でブラウザーから Web ポータルを起動します。

  1. Web ブラウザーを開きます。 サポートされている Web ブラウザーの一覧は「 Reporting Services のブラウザー サポートの計画」でご確認いただけます。

  2. Web ブラウザーのアドレス バーに、Web ポータルの URL を入力します。

    既定の URL は https://[ComputerName]/reports です。

    レポート サーバーは、特定のポートを使用するように構成できます。 たとえば、https://[ComputerName]:80/reports または https://[ComputerName]:8080/reports

カテゴリ別のグループ化

Web ポータルは、アイテムを複数のカテゴリにグループ化します。 次のようなカテゴリがあります。

  • KPI
  • モバイル レポート
  • ページネーションのあるレポート
  • Power BI Desktop レポート
  • Excel ブック
  • データセット
  • ソリューション エクスプローラー
  • リソース

右上の [表示] を選択すると、表示内容を変更できます。 [非表示項目の表示] を選択した場合、そのアイテムは薄い色で表示されます。

[表示] ドロップダウンのスクリーンショット。[非表示項目の表示] オプションが選択されています。

[ページネーションのあるレポート] オプションが使用できないことを示すスクリーンショット。

Power BI Desktop レポートと Excel ブック

Power BI Desktop レポートと Excel ブックのアクセス許可をアップロード、整理、管理できます。 Web ポータル内でグループ化されます。

[Power BI Desktop レポート] セクションと [Excel ブック] セクションを示すスクリーンショット。

ファイルは他のリソース ファイルと同様に Reporting Services 内に保管されます。 いずれかのアイテムを選択すると、デスクトップにローカル ダウンロードされます。 レポート サーバーに再アップロードすることで、変更を保存できます。

アイテムの検索

検索語句を入力すると、ユーザーがアクセスできるアイテムが表示されます。 結果は KPI、レポート、データセット、その他のアイテムに分類されます。 その後、結果を使用したり、お気に入りに追加したりできます。

SQL Server Reporting Services ポータルを示すスクリーンショット。[検索] テキスト ボックスが選択されています。

Web ポータル タスク

Web ポータルのブランド化

KPI の操作

共有データセットの操作

関連項目

SQL Server Mobile Report Publisher を使用してモバイル レポートを作成する
URL の構成 (レポート サーバー構成マネージャー)
Reporting Services ツール
Reporting Services のブラウザー サポートの計画
SQL Server の各エディションがサポートする Reporting Services の機能

その他の質問 Reporting Services のフォーラムにアクセスします