SQL Server のエディション別の計算容量制限Compute capacity limits by edition of SQL Server

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

このトピックでは、SQL ServerSQL Server の各エディションの計算容量の制限と、ハイパースレッド プロセッサを持つ物理環境と仮想化環境での違いについて説明します。This article discusses compute capacity limits for editions of SQL ServerSQL Server and how they differ in physical and virtualized environments with hyperthreaded processors.

容量制限計算のためのマッピングMappings to compute capacity limits

このテーブルでは、前の図の表記について説明します。This table describes the notations in the preceding diagram:

Value 説明Description
0..10..1 0 個または 1 個Zero or one
11 1 個Exactly one
1..*1..* 1 個以上One or more
0..*0..* 0 個以上Zero or more
1..21..2 1 つまたは 2 つOne or two

重要

さらに詳しく説明します。To elaborate further:

  • 仮想マシン (VM) には、1 個以上の仮想プロセッサが含まれます。A virtual machine (VM) has one or more virtual processors.
  • 1 個の仮想マシンには、1 個以上の仮想プロセッサが割り当てられます。One or more virtual processors are allocated to exactly one virtual machine.
  • 0 個または 1 個の仮想プロセッサは、0 個以上の論理プロセッサにマップされます。Zero or one virtual processor is mapped to zero or more logical processors. 次に、仮想プロセッサの論理プロセッサに対するマッピングを示します。When the mapping of virtual processors to logical processors is:
    • 1 対 0 の場合は、ゲスト オペレーティング システムで使用されないアンバウンド論理プロセッサを表します。One to zero, it represents an unbound logical processor not used by the guest operating systems.
    • 1 対多の場合は、オーバーコミットを表します。One to many, it represents an overcommit.
    • 0 対多の場合は、ホスト システム上に仮想マシンがないことを表します。Zero to many, it represents the absence of virtual machine on the host system. そのため、VM は論理プロセッサを使用しません。So VMs don't use any logical processors.
  • ソケットは、0 個以上のコアにマップされます。A socket is mapped to zero or more cores. 次に、ソケットとコアのマッピングを示します。When the socket-to-core mapping is:
    • 1 対 0 の場合は、空のソケットを表します。One to zero, it represents an empty socket. チップはインストールされていません。No chip is installed.
    • 1 対 1 の場合は、ソケットに取り付けられているシングルコア チップを表します。One to one, it represents a single-core chip installed in the socket. このマッピングは最近ではまれです。This mapping is rare these days.
    • 1 対多の場合は、ソケットに取り付けられているマルチコア チップを表します。One to many, it represents a multi-core chip installed in the socket. 通常、この値は 2、4、8 です。Typical values are 2, 4, and 8.
  • コアは、1 個または 2 個の論理プロセッサにマップされます。A core is mapped to one or two logical processors. 次に、コアの論理プロセッサに対するマッピングを示します。When the mapping of cores to logical processors is:
    • 1 対 1 の場合は、ハイパースレッディングが無効です。One to one, hyperthreading is off.
    • 1 対 2 の場合は、ハイパースレッディングが有効です。One to two, hyperthreading is on.

次の定義は、このトピック全体で使用される用語に適用されます。The following definitions apply to the terms used in this article:

  • スレッドまたは論理プロセッサは、 SQL ServerSQL Server、オペレーティング システム、アプリケーション、ドライバーでは 1 個の論理コンピューティング エンジンとして見なされます。A thread or logical processor is one logical computing engine from the perspective of SQL ServerSQL Server, the operating system, an application, or a driver.

  • コアは、プロセッサ単位です。A core is a processor unit. 1 個以上の論理プロセッサで構成されます。It can consist of one or more logical processors.

  • 物理プロセッサは、1 個以上のコアで構成されます。A physical processor can consist of one or more cores. 物理プロセッサは、プロセッサ パッケージまたはソケットと同じです。A physical processor is the same as a processor package or a socket.

1 個以上の物理プロセッサを搭載したシステムや、複数のコアまたはハイパースレッドを持つ物理プロセッサを搭載したシステムでは、オペレーティング システムで複数のタスクを同時に実行できます。Systems with more than one physical processor or systems with physical processors that have multiple cores and/or hyperthreads enable the operating system to execute multiple tasks simultaneously. 各実行スレッドは論理プロセッサとして表示されます。Each thread of execution appears as a logical processor. たとえば、ハイパースレッディングが有効になっているクアッド コア プロセッサがお使いのコンピューターに 2 個搭載されていて、それぞれのコアにスレッドが 2 個ある場合、論理プロセッサの数は次のように 16 個になります: プロセッサ数が 2、プロセッサごとのコア数が 4、コアごとのスレッド数が 2 (2 x 4 x 2 = 16)For example, if your computer has two quad-core processors with hyperthreading enabled and two threads per core, you have 16 logical processors: 2 processors x 4 cores per processor x 2 threads per core. 次の点に注意してください。It's worth noting that:

  • ハイパースレッド コアの単一スレッドの論理プロセッサの計算容量は、ハイパースレッディングが無効になっている同じコアの論理プロセッサの計算容量よりも小さくなります。The compute capacity of a logical processor from a single thread of a hyperthreaded core is less than the compute capacity of a logical processor from that same core with hyperthreading disabled.

  • ハイパースレッド コアの 2 個の論理プロセッサの計算容量は、ハイパースレッディングが無効になっている同じコアの計算容量よりも大きくなります。The compute capacity of the two logical processors in the hyperthreaded core is greater than the compute capacity of the same core with hyperthreading disabled.

SQL ServerSQL Server の各エディションには、次の 2 つの計算容量制限があります。Each edition of SQL ServerSQL Server has two compute capacity limits:

  • ソケット (物理プロセッサまたはプロセッサ パッケージ) の最大数A maximum number of sockets (or physical processors or processor packages)

  • オペレーティング システムによって報告されたコアの最大数A maximum number of cores as reported by the operating system

これらの制限は、 SQL ServerSQL Serverの 1 つのインスタンスに適用され、These limits apply to a single instance of SQL ServerSQL Server. 1 つのインスタンスが使用する最大計算容量を表します。They represent the maximum compute capacity that a single instance will use. これらの制限には、インスタンスが配置される可能性があるサーバーは含まれません。They do not constrain the server where the instance may be deployed. 実際、SQL ServerSQL Server の複数のインスタンスを同じ物理サーバーに配置することは、以下に示す容量制限よりも多くのソケットまたはコアを搭載した物理サーバーの計算容量を使用するための効果的な方法です。In fact, deploying multiple instances of SQL ServerSQL Server on the same physical server is an efficient way to use the compute capacity of a physical server with more sockets and/or cores than the capacity limits allow.

次の表に、 SQL ServerSQL Serverの各エディションの 1 つのインスタンスに適用される計算容量制限を示します。The following table specifies the compute capacity limits for a single instance of each edition of SQL ServerSQL Server:

SQL ServerSQL Server エディションedition 1 つのインスタンスの最大計算容量 (SQL ServerSQL Serverデータベース エンジンDatabase Engine)Maximum compute capacity for a single instance (SQL ServerSQL Serverデータベース エンジンDatabase Engine) 1 つのインスタンスの最大計算容量 (AS、RS)Maximum compute capacity for a single instance (AS, RS)
Enterprise Edition: Core-based Licensing*Enterprise Edition: Core-based Licensing* オペレーティング システムの最大容量Operating system maximum オペレーティング システムの最大容量Operating system maximum
DeveloperDeveloper オペレーティング システムの最大容量Operating system maximum オペレーティング システムの最大容量Operating system maximum
StandardStandard 4 ソケットまたは 24 コアのいずれか小さいほうに制限Limited to lesser of 4 sockets or 24 cores 4 ソケットまたは 24 コアのいずれか小さいほうに制限Limited to lesser of 4 sockets or 24 cores
ExpressExpress 1 ソケットまたは 4 コアのいずれか小さいほうに制限Limited to lesser of 1 socket or 4 cores 1 ソケットまたは 4 コアのいずれか小さいほうに制限Limited to lesser of 1 socket or 4 cores

*Enterprise Edition with Server および Client Access License (CAL) のライセンスは、SQL ServerSQL Server インスタンスあたり 20 コアに制限されています。*Enterprise Edition with Server + Client Access License (CAL) licensing is limited to 20 cores per SQL ServerSQL Server instance. (このライセンスは新しい使用許諾契約では使用できません。)コアベースのサーバー ライセンス モデルでは、制限はありません。(This licensing is not available for new agreements.) There are no limits under the Core-based Server Licensing model.

仮想環境では、計算容量制限はコアではなく論理プロセッサの数に基づいています。In a virtualized environment, the compute capacity limit is based on the number of logical processors, not cores. プロセッサのアーキテクチャが、ゲスト アプリケーションに表示されないためです。The reason is that the processor architecture is not visible to the guest applications.

たとえば、クアッド コア プロセッサが搭載された 4 個のソケットと、コアごとに 2 個のハイパースレッドを有効にする機能を備えたサーバーには、ハイパースレッディングが有効になっている論理プロセッサが 32 個あります。For example, a server that has four sockets populated with quad-core processors and the ability to enable two hyperthreads per core contains 32 logical processors with hyperthreading enabled. しかし、ハイパースレッディングが無効になっている論理プロセッサは 16 個しかありません。But it contains only 16 logical processors with hyperthreading disabled. これらの論理プロセッサは、サーバー上の仮想マシンにマップすることができます。These logical processors can be mapped to virtual machines on the server. マップした論理プロセッサに対する仮想マシンの計算負荷がホスト サーバーの物理プロセッサの実行スレッドにマップされます。The virtual machines' compute load on that logical processor is mapped to a thread of execution on the physical processor in the host server.

仮想プロセッサあたりのパフォーマンスが重要な場合は、ハイパースレッディングを無効にすることができます。You might want to disable hyperthreading when the performance for each virtual processor is important. BIOS のセットアップ中にプロセッサの BIOS 設定からハイパースレッディングの有効と無効を切り替えることができます。You can enable or disable hyperthreading by using a BIOS setting for the processor during the BIOS setup. ただし、これは通常、サーバーを対象とした操作であり、そのサーバーで実行されているすべてのワークロードに影響します。But it's typically a server-scoped operation that will affect all workloads running on the server. したがって、仮想化された環境で実行されるワークロードを、物理オペレーティング システム環境でハイパースレッディングによるパフォーマンス向上の恩恵を受けるワークロードから切り離すと良い結果が得られる場合があります。This might suggest separating workloads that will run in virtualized environments from workloads that would benefit from the hyperthreading performance boost in a physical operating system environment.

関連項目See also

SQL Server 2016 のエディションとコンポーネント Editions and components of SQL Server 2016
SQL Server 2016 の各エディションでサポートされる機能 Features supported by the editions of SQL Server 2016
SQL Server の最大容量仕様 Maximum capacity specifications for SQL Server
SQL Server 2016 のクイックスタート インストールQuickstart installation of SQL Server 2016

ヘルプの参照

SQL ドキュメントへの投稿

コンテンツを自分で編集できることはご存じですか。Did you know that you could edit the content yourself? これにより、ドキュメントが改善されるだけでなく、ページの共同作成者としてもクレジットされます。If you do so, not only will our documentation improve, but you'll also be credited as a contributor to the page.