フェールオーバー クラスタリングをインストールする前にBefore Installing Failover Clustering

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SQL Server フェールオーバー クラスターをインストールする前に、SQL Server を実行するハードウェアとオペレーティング システムを選択する必要があります。Before you install a SQL Server failover cluster, you must select the hardware and the operating system on which SQL Server will run. また、Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) を構成し、ネットワーク、セキュリティ、およびフェールオーバー クラスターで実行するその他のソフトウェアに関する考慮事項を見直す必要があります。You must also configure Windows Server Failover Clustering (WSFC), and review network, security, and considerations for other software that will run on your failover cluster.

Windows クラスターにローカル ディスク ドライブがあり、共有ドライブと同じドライブ文字が 1 つ以上のクラスター ノードでも使用されている場合、そのドライブに SQL ServerSQL Server をインストールできません。If a Windows cluster has a local disk drive and the same drive letter is also used on one or more cluster nodes as a shared drive, you cannot install SQL ServerSQL Server on that drive.

SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスタリングの概念、機能、およびタスクについて詳しく学習するには、次のトピックも確認してください。You may also want to review the following topics to learn more about SQL ServerSQL Server failover clustering concepts, features and tasks.

トピックの説明Topic Description トピックTopic
SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスタリングの概念について説明し、関連するコンテンツとタスクへのリンクを示します。Describes SQL ServerSQL Server failover clustering concepts, and provides links to associated content and tasks. Always On フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)Always On Failover Cluster Instances (SQL Server)
SQL ServerSQL Server フェールオーバー ポリシーの概念について説明し、組織の要件に合うようにフェールオーバー ポリシーを構成するためのリンクを示します。Describes SQL ServerSQL Server failover policy concepts, and provides links to configuring the failover policy to suit your organizational requirements. Failover Policy for Failover Cluster InstancesFailover Policy for Failover Cluster Instances
既存の SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターの維持方法について説明します。Describes how to maintain and your existing SQL ServerSQL Server failover cluster. フェールオーバー クラスター インスタンスの管理とメンテナンスFailover Cluster Instance Administration and Maintenance
Windows Server フェールオーバー クラスター (WSFC) に Analysis ServicesAnalysis Services をインストールする方法について説明します。Explains how to install Analysis ServicesAnalysis Services on a Windows Server Failover Cluster (WSFC). SQL Server Analysis Services をクラスター化する方法How to Cluster SQL Server Analysis Services

ベスト プラクティスBest Practices

  • SQL Server 2017SQL Server 2017 リリース ノートを確認するReview SQL Server 2017SQL Server 2017 Release Notes

  • 前提条件となるソフトウェアをインストールします。Install prerequisite software. セットアップで SQL Server 2017SQL Server 2017のインストールまたはアップグレードを行う前に、以下に示す前提条件となるソフトウェアをインストールすると、インストール時間を短縮できます。Before running Setup to install or upgrade to SQL Server 2017SQL Server 2017, install the following prerequisites to reduce installation time. 各フェールオーバー クラスター ノードでの前提条件となるソフトウェアのインストール、およびその後のノードの再起動は、セットアップを実行する前に 1 回だけ行います。You can install prerequisite software on each failover cluster node and then restart nodes once before running Setup.

    • Windows PowerShell は SQL ServerSQL Server セットアップでインストールされなくなりました。Windows PowerShell is no longer installed by SQL ServerSQL Server Setup. SQL Server 2017SQL Server 2017データベース エンジンDatabase Engine のコンポーネントおよび [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studioをインストールするには、Windows PowerShell が必要です。Windows PowerShell is a prerequisite for installing SQL Server 2017SQL Server 2017データベース エンジンDatabase Engine components and [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio. Windows PowerShell がコンピューターで表示されない場合は、 Windows Management Framework に関するページの手順に従って有効にすることができます。If Windows PowerShell is not present on your computer, you can enable it by following the instructions on the Windows Management Framework page.

    • .NET Framework 3.5 SP1 は SQL ServerSQL Server セットアップでインストールされなくなりましたが、古い Windows オペレーティング システムに SQL ServerSQL Server をインストールする際に必要になる場合があります。.NET Framework 3.5 SP1 is no longer installed by SQL ServerSQL Server Setup, but may be required while installing SQL ServerSQL Server on older Windows operating systems. 詳細については、 SQL Server 2017SQL Server 2017リリース ノートをインストールするには、Windows PowerShell が必要です。For more information, see SQL Server 2017SQL Server 2017Release Notes.

    • MicrosoftMicrosoft Update パッケージ: セットアップ時に .NET Framework 4 のインストールによるコンピューターの再起動を回避するには、 SQL Server 2017SQL Server 2017 のセットアップを行う前に、 MicrosoftMicrosoft の更新プログラムをコンピューターにインストールする必要があります。MicrosoftMicrosoft Update package: To avoid computer restart due to .NET Framework 4 installation during setup, SQL Server 2017SQL Server 2017 setup requires a MicrosoftMicrosoft update to be installed on the computer. SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) を Windows 7 SP1 または Windows Server 2008Windows Server 2008 SP2 にインストールする場合、この更新プログラムは含まれています。If you are installing SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) on Windows 7 SP1 or Windows Server 2008Windows Server 2008 SP2 this update is included. それより前の Windows オペレーティング システムにインストールする場合は、 Windows Vista および Windows Server 2008 の .NET Framework 4.0 用 Microsoft Updateからダウンロードしてください。If you are installing on an older Windows operating system, download it from Microsoft Update for .NET Framework 4.0 on Windows Vista and Windows Server 2008.

    • .NET Framework 4: セットアップでは、クラスター化されたオペレーティング システムに対して .NET Framework 4 がインストールされます。.NET Framework 4: Setup installs .NET Framework 4 on a clustered operating system. インストール時間を短縮するには、セットアップを実行する前に .NET Framework 4 をインストールすることを検討してください。To reduce installation time, you may consider installing .NET Framework 4 before you run Setup.

    • SQL ServerSQL Server セットアップ サポート ファイル。Setup support files. これらのファイルは、 SQL Server 2017SQL Server 2017 インストール メディアにある SqlSupport.msi を実行してインストールできます。You can install these files by running SqlSupport.msi located on your SQL Server 2017SQL Server 2017 installation media.

  • ウイルス対策プログラムが WSFC クラスターにインストールされていないことを確認します。Verify that antivirus software is not installed on your WSFC cluster. 詳細については、 MicrosoftMicrosoft サポート技術情報で ウイルス対策ソフトウェアによるクラスター サービスの問題に関する資料を参照してください。For more information, see the MicrosoftMicrosoft Knowledge Base article, Antivirus software may cause problems with cluster services.

  • フェールオーバー クラスター インストールのクラスター グループに名前を付けるときは、次の文字を使用しないでください。When naming a cluster group for your failover cluster installation, you must not use any of the following characters in the cluster group name:

    • 小なり演算子 (<)Less than operator (<)

    • 大なり演算子 (>)Greater than operator (>)

    • 二重引用符 (")Double quote (")

    • 単一引用符 (')Single quote (')

    • アンパサンド (&)Ampersand (&)

    既存のクラスター グループ名に、サポートされていない文字が含まれていないことも確認してください。Also verify that existing cluster group names do not contain unsupported characters.

  • すべてのクラスター ノードが一意になるように構成します。構成要素は、COM+、ディスク ドライブ文字、管理者グループのユーザーなどです。Ensure that all cluster nodes are configured identically, including COM+, disk drive letters, and users in the administrators group.

  • すべてのノードでシステム ログを消去し、そのシステム ログを再確認します。Verify that you have cleared the system logs in all nodes and viewed the system logs again. 続行する前に、そのログにエラー メッセージが記録されていないことを確認します。Ensure that the logs are free of any error messages before continuing.

  • SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターをインストールまたは更新する前に、インストール中に SQL ServerSQL Server コンポーネントを使用する可能性のあるすべてのアプリケーションとサービスを無効にします。ただしディスク リソースはオンラインのままにします。Before you install or update a SQL ServerSQL Server failover cluster, disable all applications and services that might use SQL ServerSQL Server components during installation, but leave the disk resources online.

  • SQL ServerSQL Server セットアップにより、 SQL ServerSQL Server クラスター グループと、フェールオーバー クラスターに含まれるディスクとの間に自動的に依存関係が設定されます。Setup automatically sets dependencies between the SQL ServerSQL Server cluster group and the disks that will be in the failover cluster. セットアップ前に、ディスクの依存関係を設定しないでください。Do not set dependencies for disks before Setup.

    • SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターのインストール時に、 SQL ServerSQL Server ネットワーク リソース名に対応するコンピューター オブジェクト (Active Directory コンピューター アカウント) が作成されます。During SQL ServerSQL Server Failover Cluster installation, computer object (Active Directory computer accounts) for the SQL ServerSQL Server Network Resource Name is created. Windows Server 2008Windows Server 2008 クラスターの場合、クラスター名アカウント (クラスター自体のコンピューター アカウント) には、コンピューター オブジェクトを作成する権限が必要です。In a Windows Server 2008Windows Server 2008 cluster, the cluster name account (computer account of the cluster itself) needs to have permissions to create computer objects. 詳細については、 Active Directory でのアカウントの構成に関する記事を参照してください。For more information, see Configuring Accounts in Active Directory.

    • ストレージ オプションとして SMB ファイル共有を使用する場合は、 SQL ServerSQL Server セットアップ アカウントにファイル サーバーに対する SeSecurityPrivilege が必要です。If you are using SMB File share as a storage option, the SQL ServerSQL Server Setup account must have SeSecurityPrivilege on the file server. そのためには、ファイル サーバーで [ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールを使用して SQL ServerSQL Server [監査とセキュリティ ログの管理] 権限に セットアップ アカウントを追加します。To do this, using the Local Security Policy console on the file server, add the SQL ServerSQL Server setup account to Manage auditing and security log rights.

ハードウェア ソリューションの確認Verify Your Hardware Solution

  • クラスター ソリューションに地理的に分散したクラスター ノードが含まれている場合は、ネットワークの待機時間や共有ディスクのサポートなどの項目も確認する必要があります。If the cluster solution includes geographically dispersed cluster nodes, additional items like network latency and shared disk support must be verified.

  • SQL ServerSQL Server をインストールするディスクが圧縮または暗号化されていないことを確認します。Verify that the disk where SQL ServerSQL Server will be installed is not compressed or encrypted. 圧縮されたドライブまたは暗号化されたドライブに SQL ServerSQL Server をインストールしようとすると、 SQL ServerSQL Server セットアップが失敗します。If you attempt to install SQL ServerSQL Server to a compressed drive or an encrypted drive, SQL ServerSQL Server Setup fails.

  • SAN 構成は、 Windows Server 2008Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 の Advanced Server Edition および Datacenter Server Edition でもサポートされます。SAN configurations are also supported on Windows Server 2008Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 Advanced Server and Datacenter Server editions. Windows Catalog and Hardware Compatibility List の "Cluster/Multi-cluster Device" カテゴリには、SAN 対応のストレージ デバイス セットが一覧表示されます。このデバイス セットはテスト済みであり、複数の WSFC クラスターが接続されている SAN ストレージ装置としてサポートされています。The Windows Catalog and Hardware Compatibility List category "Cluster/Multi-cluster Device" lists the set of SAN-capable storage devices that have been tested and are supported as SAN storage units with multiple WSFC clusters attached. 認定済みのコンポーネントを検索した後で、クラスター検証を実行してください。Run cluster validation after finding the certified components.

  • データ ファイルをインストールするための SMB ファイル共有もサポートされています。SMB File Share is also supported for installing data files. 詳細については、「 データ ファイルのストレージの種類」を参照してください。For more information, see Storage Types for Data Files.

    警告

    SMB ファイル共有ストレージとして Windows ファイル サーバーを使用する場合は、 SQL ServerSQL Server セットアップ アカウントにファイル サーバーに対する SeSecurityPrivilege が必要です。If you are using Windows File Server as a SMB File Share storage, the SQL ServerSQL Server Setup account must have SeSecurityPrivilege on the file server. そのためには、ファイル サーバーで [ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールを使用して SQL ServerSQL Server [監査とセキュリティ ログの管理] 権限に セットアップ アカウントを追加します。To do this, using the Local Security Policy console on the file server, add the SQL ServerSQL Server setup account to Manage auditing and security log rights.

    Windows ファイル サーバー以外の SMB ファイル共有ストレージを使用する場合は、ファイル サーバー側での設定についてストレージ ベンダーに問い合わせてください。If you are using SMB file share storage other than Windows File server, please consult the storage vendor for an equivalent setting on the file server side.

  • SQL ServerSQL Server ではマウント ポイントがサポートされます。supports mount points.

    マウントされたボリューム、つまりマウント ポイントを使用すると、1 つのドライブ文字を使用して多数のディスクまたはボリュームを参照できます。A mounted volume, or mount point, allows you to use a single drive letter to refer to many disks or volumes. 通常のディスクやボリュームを参照するドライブ文字 D: を使用している場合、ドライブ文字 D: の下のディレクトリとして、新しいディスクまたはボリュームを接続するか "マウント" できます。この場合、新しいディスクまたはボリューム自体にドライブ文字は必要ありません。If you have a drive letter D: that refers to a regular disk or volume, you can connect or "mount" additional disks or volumes as directories under drive letter D: without the additional disks or volumes requiring drive letters of their own.

    SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスタリングに関するマウント ポイントの他の考慮事項は次のとおりです。Additional mount point considerations for SQL ServerSQL Server failover clustering:

    • SQL ServerSQL Server のセットアップでは、マウントされたドライブの基本ドライブがドライブ文字と関連付けられている必要があります。Setup requires that the base drive of a mounted drive has an associated drive letter. フェールオーバー クラスターのインストールでは、この基本ドライブをクラスター化されるドライブにする必要があります。For failover cluster installations, this base drive must be a clustered drive. このリリースでは、ボリューム GUID はサポートされていません。Volume GUIDs are not supported in this release.

    • ドライブ文字を持つ基本ドライブは、フェールオーバー クラスター インスタンス間で共有できません。The base drive, the one with the drive letter, cannot be shared among failover cluster instances. フェールオーバー クラスターには、通常、このような制約がありますが、スタンドアロンのサーバーや複数インスタンスのサーバーにはこのような制約はありません。This is a normal restriction for failover clusters, but is not a restriction on stand-alone, multi-instance servers.

    • SQL ServerSQL Server のクラスター化インストールは、使用可能なドライブ文字数以下に制限されます。The clustered installations of SQL ServerSQL Server are limited to the number of available drive letters. オペレーティング システムのドライブ文字は 1 文字だけで指定し、他のすべてのドライブ文字を通常のクラスター ドライブか、マウント ポイントをホストするクラスター ドライブとして使用できると想定しているので、フェールオーバー クラスターごとの SQL ServerSQL Server の最大インスタンス数は 25 になります。Assuming that you use only one drive letter for the operating system, and all other drive letters are available as normal cluster drives or cluster drives hosting mount points, you are limited to a maximum of 25 instances of SQL ServerSQL Server per failover cluster.

      ヒント

      SMB ファイル共有オプションを使用すると、インスタンス数の上限を 25 より高くできます。The 25 instance limit can be overcome by using SMB file share option. SMB ファイル共有をストレージ オプションとして使用する場合は、最大 50 の SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスをインストールできます。If you use SMB file share as the storage option, you can install up to 50 SQL ServerSQL Server failover cluster instances.

    • 増設ドライブのマウント後のフォーマットはサポートされません。Formatting a drive after mounting additional drives is not supported.

  • SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターのインストールでは、tempdb ファイルをインストールする場合のみローカル ディスクがサポートされます。failover cluster installation supports Local Disk only for installing the tempdb files. tempdb のデータ ファイルおよびログ ファイルに指定されたパスが、すべてのクラスター ノードで有効であることを確認してください。Ensure that the path specified for the tempdb data and log files is valid on all the cluster nodes. フェールオーバー中に、tempdb のディレクトリがフェールオーバーのターゲット ノード上で利用できない場合、 SQL ServerSQL Server リソースはオンラインへの移行に失敗します。During failover, if the tempdb directories are not available on the failover target node, the SQL ServerSQL Server resource will fail to come online. 詳細については、「 データ ファイルのストレージの種類 」および「 データベース エンジンの構成 - データ ディレクトリ」を参照してください。For more information, see Storage Types for Data Files and Database Engine Configuration - Data Directories.

  • SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターを iSCSI テクノロジのコンポーネント上に配置する場合は、慎重に行ってください。If you deploy a SQL ServerSQL Server failover cluster on iSCSI technology components, we recommend that you use appropriate caution. 詳細については、「 iSCSI テクノロジ コンポーネント上の SQL Server のサポート」を参照してください。For more information, see Support for SQL Server on iSCSI technology components.

  • 詳細については、 Microsoft クラスタリング用の SQL Server サポート ポリシーに関するページを参照してください。For more information, see SQL Server support policy for Microsoft Clustering.

  • 適切なクォーラム ドライブ構成の詳細については、 クォーラムの構成に関するページを参照してください。For more information about proper quorum drive configuration, see Quorum Drive Configuration Information.

  • SQL ServerSQL Server の元のインストール ファイルおよびクラスターが、異なる複数のドメインに分散している場合、 SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターをインストールするには、 SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターに対して使用できる現在のドメインにインストール ファイルをコピーします。To install a SQL ServerSQL Server failover cluster when the SQL ServerSQL Server source installation files and the cluster exist on different domains, copy the installation files to the current domain available to the SQL ServerSQL Server failover cluster.

セキュリティに関する注意点の確認Review Security Considerations

  • 暗号化を使用するには、 SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター内のすべてのノードに、WSFC クラスターの完全修飾 DNS 名を使用してサーバー証明書をインストールします。To use encryption, install the server certificate with the fully qualified DNS name of the WSFC cluster on all nodes in the SQL ServerSQL Server failover cluster. たとえば、"Test1.DomainName.com" と "Test2.DomainName.com" という名前のノード、および "Virtsql" という名前の SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスが存在する 2 ノード クラスターでは、"Virtsql.DomainName.com" の証明書を入手し、test1 ノードと test2 ノードにその証明書をインストールする必要があります。For example, if you have a two-node cluster, with nodes named "Test1.DomainName.com" and "Test2.DomainName.com" and a SQL ServerSQL Server failover cluster instance named "Virtsql", you must get a certificate for "Virtsql.DomainName.com" and install the certificate on the test1 and test2 nodes. その後、 構成マネージャーの [プロトコル暗号化を設定する] SQL ServerSQL Server チェック ボックスをオンにして、フェールオーバー クラスターでの暗号化を構成できるようになります。Then you can select the Force protocol encryption check box on the SQL ServerSQL Server Configuration Manager to configure your failover cluster for encryption.

    重要

    [プロトコル暗号化を設定する] チェック ボックスは、フェールオーバー クラスター インスタンスに参加しているすべてのノードに証明書をインストールした後でオンにしてください。Do not select the Force protocol encryption check box until you have certificates installed on all participating nodes in your failover cluster instance.

  • 以前のバージョンとサイド バイ サイドでインストールされている SQL ServerSQL Server の場合、 SQL ServerSQL Server サービスは、グローバル ドメイン グループのみで検出されたアカウントを使用する必要があります。For SQL ServerSQL Server installations in side-by-side configurations with previous versions, SQL ServerSQL Server services must use accounts found only in the global domains group. さらに、 SQL ServerSQL Server サービスによって使用されるアカウントは、ローカルの Administrators グループに表示されないようにする必要があります。Additionally, accounts used by SQL ServerSQL Server services must not appear in the local Administrators group. このガイドラインに沿っていない場合、予期しないセキュリティ動作を招くことになります。Failure to comply with this guideline will result in unexpected security behavior.

  • フェールオーバー クラスターを作成するには、サービスとしてログオンする権限、およびフェールオーバー クラスター インスタンスのすべてのノード上にあるオペレーティング システムの一部として機能する権限を持つ、ローカルな管理者である必要があります。To create a failover cluster, you must be a local administrator with permissions to log on as a service, and to act as part of the operating system on all nodes of the failover cluster instance.

  • Windows Server 2008Windows Server 2008では、 SQL Server 2017SQL Server 2017 サービスで使用するためのサービス SID が自動的に生成されます。On Windows Server 2008Windows Server 2008, service SIDs are generated automatically for use with SQL Server 2017SQL Server 2017 services. SQL Server 2017SQL Server 2017 の以前のバージョンからアップグレードされた SQL ServerSQL Serverフェールオーバー クラスター インスタンスでは、既存のドメイン グループおよび ACL 構成が保持されます。For SQL Server 2017SQL Server 2017 failover cluster instances upgraded from previous versions of SQL ServerSQL Server, existing domain groups and ACL configurations will be preserved.

  • ドメイン グループは、コンピューターのアカウントと同じドメイン内にある必要があります。Domain groups must be within the same domain as the machine accounts. たとえば、 SQL ServerSQL Server のインストール先のコンピューターが、MYDOMAIN の子である SQLSVR ドメイン内にある場合は、SQLSVR ドメイン内のグループを指定する必要があります。For example, if the machine where SQL ServerSQL Server will be installed is in the SQLSVR domain which is a child of MYDOMAIN, you must specify a group in the SQLSVR domain. SQLSVR ドメインには、MYDOMAIN に属するユーザー アカウントが含まれることもあります。The SQLSVR domain may contain user accounts from MYDOMAIN.

  • SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスタリングは、クラスター ノードがドメイン コントローラーの場合はインストールできません。failover clustering cannot be installed where cluster nodes are domain controllers.

  • SQL Server インストールにおけるセキュリティの考慮事項の内容について検討してください。Review content in Security Considerations for a SQL Server Installation.

  • SQL ServerSQL Serverで Kerberos 認証を有効にするには、 サポート技術情報の「 SQL Server で Kerberos 認証を使用する方法 MicrosoftMicrosoft 」を参照してください。To enable Kerberos authentication with SQL ServerSQL Server, see How to use Kerberos authentication in SQL Server in the MicrosoftMicrosoft Knowledge Base.

ネットワーク、ポート、およびファイアウォールに関する注意点の確認Review Network, Port, and Firewall Considerations

  • すべてのプライベート ネットワーク カードの NetBIOS が無効になっていることを確認してから、 SQL ServerSQL Server セットアップを開始します。Verify that you have disabled NetBIOS for all private network cards before beginning SQL ServerSQL Server Setup.

  • SQL ServerSQL Server のネットワーク名と IP アドレスは、ファイル共有などの、フェールオーバー クラスタリング以外の目的に使用しないでください。The network name and IP address of your SQL ServerSQL Server should not be used for any other purpose, such as file sharing. ファイル共有リソースを作成する場合、異なる一意なネットワーク名と IP アドレスをそのリソースに使用する必要があります。If you want to create a file share resource, use a different, unique network name and IP address for the resource.

    重要

    データ ドライブでファイル共有を使用すると SQL ServerSQL Server の動作とパフォーマンスに影響することがあるので、ファイル共有の使用はお勧めしません。We recommend that you do not use file shares on data drives, because they can affect SQL ServerSQL Server behavior and performance.

  • SQL ServerSQL Server でクラスター内の名前付きパイプと TCP/IP Sockets over TCP/IP の両方がサポートされている場合でも、クラスター化された構成では TCP/IP ソケットを使用することをお勧めします。Even though SQL ServerSQL Server supports both Named Pipes and TCP/IP Sockets over TCP/IP within a cluster, we recommend that you use TCP/IP Sockets in a clustered configuration.

  • ISA Server は Windows クラスタリングでサポートされていないので、 SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターでもサポートされないことに注意してください。Note that ISA server is not supported on Windows Clustering and consequently is also not supported on SQL ServerSQL Server failover clusters.

  • リモート レジストリ サービスを起動して実行している必要があります。The Remote Registry service must be up and running.

  • リモート管理が有効になっている必要があります。Remote Administration must be enabled.

  • SQL ServerSQL Server ポートでは、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、 SQL ServerSQL Server ネットワークの構成で、ブロックを解除するインスタンスの TCP/IP プロトコルを確認します。For the SQL ServerSQL Server port, use SQL ServerSQL Server Configuration Manager to check the SQL ServerSQL Server network configuration for the TCP/IP protocol for the instance you want to unblock. インストール後に TCP を使用して SQL ServerSQL Server に接続する場合は、IPALL に対して TCP ポートを有効にする必要があります。You must enable the TCP port for IPALL if you want to connect to SQL ServerSQL Server using TCP after installation. 既定では、SQL Browser は UDP ポート 1434 でリッスンします。By default, SQL Browser listens on UDP port 1434.

  • フェールオーバー クラスター セットアップ操作には、ネットワーク バインド順序をチェックするルールが含まれています。Failover cluster Setup operations include a rule that checks network binding order. バインド順序が正しいように見えても、実際には実体のない無効化された NIC 構成がシステムに存在している場合があります。Although binding orders might seem correct, you might have disabled or "ghosted" NIC configurations on the system. 実体のない NIC 構成が存在すると、バインド順序に影響が生じ、バインド順序ルールから警告が発行されることがあります。"Ghosted" NIC configurations can affect the binding order and cause the binding order rule to issue a warning. この状況を回避するには、次の手順で無効なネットワーク アダプターを特定し、削除します。To avoid this situation, use the following steps to identify and remove disabled network adapters:

    1. コマンド プロンプトで、「set devmgr_Show_Nonpersistent_Devices=1」と入力します。At a command prompt, type: set devmgr_Show_Nonpersistent_Devices=1.

    2. 「start Devmgmt.msc」と入力し、実行します。Type and run: start Devmgmt.msc.

    3. ネットワーク アダプターの一覧を展開します。Expand the list of network adapters. この一覧には、物理的なアダプターのみが表示されているはずです。Only the physical adapters should be in the list. 無効なネットワーク アダプターがある場合は、セットアップでネットワーク バインド順序ルールに関するエラーが報告されます。If you have a disabled network adapter, Setup will report a failure for the network binding order rule. コントロール パネルの [ネットワーク接続] でも、そのアダプターが無効であることが示されます。Control Panel/Network Connections will also show that adapter was disabled. コントロール パネルの [ネットワーク接続] に表示される一覧が、devmgmt.msc を実行して示される有効な物理的アダプターの一覧と同じであることを確認します。Confirm that Network Settings in Control Panel shows the same list of enabled physical adapters that devmgmt.msc shows.

    4. SQL Server セットアップを実行する前に、無効なネットワーク アダプターを削除します。Remove disabled network adapters before you run SQL Server Setup.

    5. セットアップが完了したら、コントロール パネルの [ネットワーク接続] に戻り、現在使用されていないネットワーク アダプターを無効にします。After Setup finishes, return to Network Connections in Control Panel and disable any network adapters that are not currently in use.

オペレーティング システムの確認Verify Your Operating System

オペレーティング システムが適切にインストールされており、フェールオーバー クラスタリングをサポートするように設定されていることを確認します。Make sure that your operating system is installed properly and is designed to support failover clustering. SQL ServerSQL Server の各エディションおよびそれらをサポートするオペレーティング システムの一覧を次の表に示します。The following table is a list of SQL ServerSQL Server editions and the operating systems that support them.

SQL ServerSQL Server のエディションedition Windows Server 2008Windows Server 2008 EnterpriseEnterprise Windows Server 2008Windows Server 2008 Datacenter ServerDatacenter Server Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 EnterpriseEnterprise Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 Datacenter ServerDatacenter Server
SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) Enterprise (64 ビット) x64*Enterprise (64-bit) x64* [ユーザー アカウント制御]Yes [ユーザー アカウント制御]Yes 可**Yes** 可**Yes**
SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) Enterprise (32 ビット)Enterprise (32-bit) [ユーザー アカウント制御]Yes [ユーザー アカウント制御]Yes
SQL Server 2017SQL Server 2017 Developer (64 ビット)-bit) Developer (64 [ユーザー アカウント制御]Yes [ユーザー アカウント制御]Yes 可**Yes** 可**Yes**
SQL Server 2017SQL Server 2017 Developer (32 ビット)Developer (32-bit) [ユーザー アカウント制御]Yes [ユーザー アカウント制御]Yes
SQL Server 2017SQL Server 2017 Standard (64 ビット)Standard (64-bit) [ユーザー アカウント制御]Yes [はい]Yes [はい]Yes [ユーザー アカウント制御]Yes
SQL Server 2017SQL Server 2017 Standard (32 ビット)Standard (32-bit) [ユーザー アカウント制御]Yes [ユーザー アカウント制御]Yes

*SQL ServerSQL Server クラスターは、WOW モードではサポートされません。*SQL ServerSQL Server clusters are not supported in WOW mode. これには、WOW で最初にインストールされた SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターの以前のバージョンからのアップグレードが含まれます。That includes upgrades from previous versions of SQL ServerSQL Server failover clusters that were originally installed in WOW. この場合に使用できる唯一のアップグレード オプションは、新しいバージョンをサイド バイ サイドでインストールしてから移行することです。For those the only upgrade option is to install the new version side by side and migrate.

** SQL ServerSQL Server マルチサブネット フェールオーバー クラスタリングでサポートされます。**Supported for SQL ServerSQL Server multi-subnet failover clustering.

マルチサブネットの構成に関するその他の注意点Additional Considerations for Multi-Subnet Configurations

以下のセクションでは、 SQL ServerSQL Server マルチサブネット フェールオーバー クラスターをインストールする場合に留意する要件について説明します。The sections below describe the requirements to keep in mind when installing a SQL ServerSQL Server multi-subnet failover cluster. マルチサブネットを構成する場合は、複数のサブネットにわたってクラスター化されるため、この操作では、複数の IP アドレスが使用され、IP アドレス リソースの依存関係への変更が行われます。A multi-subnet configuration involves clustering across multiple subnets, therefore involves using multiple IP addresses and changes to IP address resource dependencies.

SQL ServerSQL Server のエディションとオペレーティング システムに関する注意点Edition and Operating System Considerations

  • SQL ServerSQL Server マルチサブネット フェールオーバー クラスターをサポートする SQL ServerSQL Server のエディションについては、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートされる機能」を参照してください。For information about the editions of SQL ServerSQL Server that support a SQL ServerSQL Server multi-subnet failover cluster, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.

  • SQL ServerSQL Server マルチサブネット フェールオーバー クラスターを作成するには、まず、複数のサブネット上に Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 マルチサイト フェールオーバー クラスターを作成する必要があります。To create a SQL ServerSQL Server multi-subnet failover cluster, you must first create the Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 multi-site failover cluster on multiple subnets.

  • SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターでは、Windows Server フェールオーバー クラスターを利用して、フェールオーバー発生時に IP 依存関係の条件が有効であるかどうかを確認します。failover cluster depends on the Windows Server failover cluster to make sure that the IP dependency conditions are valid if there is a failover.

  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 では、すべてのクラスター サーバーが同じ Active Directory ドメインに属している必要があります。requires that all the cluster servers must be in the same Active Directory domain. したがって、 SQL ServerSQL Server マルチサブネット フェールオーバー クラスターでは、クラスター ノードが異なるサブネットにある場合でも、それらはすべて同じ Active Directory ドメインに属している必要があります。Therefore, SQL ServerSQL Server multi-subnet failover cluster requires that all the cluster nodes be in the same Active Directory domain even if they are in different subnets.

IP アドレスと IP アドレス リソースの依存関係IP Address and IP Address Resource Dependencies

  1. IP アドレス リソースの依存関係は、マルチサブネット構成では OR に設定されています。The IP Address resource dependency is set to OR in a multi-subnet configuration. 詳細については、「新しい SQL Server フェールオーバー クラスターの作成 (セットアップ)」をご覧ください。For more information, see Create a New SQL Server Failover Cluster (Setup)

  2. AND-OR の混合 IP アドレスの依存関係はサポートされていません。Mixed AND-OR IP address dependencies are not supported. たとえば、<<IP1> AND <IP2> OR <IP3> はサポートされていません。For example, <IP1> AND <IP2> OR <IP3> is not supported.

  3. 1 つのサブネットに複数の IP アドレスを使用することはサポートされていません。More than one IP address per subnet is not supported.

    同じサブネットに対して構成された複数の IP アドレスを使用する場合、 SQL ServerSQL Server 起動中にクライアント接続障害が発生する可能性があります。If you decide to use more than one IP address configured for the same subnet, you may experience client connection failures during SQL ServerSQL Server startup.

Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 のマルチサイト フェールオーバーの詳細については、 Windows Server 2008 R2 フェールオーバー クラスタリングに関するサイト および「 Design for a Clustered Service or Application in a Multi-Site Failover Cluster (マルチサイト フェールオーバー クラスターでのクラスター化サービスまたはアプリケーションの設計)」を参照してください。For more information about Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 multi-site failover, see Windows Server 2008 R2 Failover Clustering Site and Design for a Clustered Service or Application in a Multi-Site Failover Cluster.

Windows Server フェールオーバー クラスターの構成Configure Windows Server Failover Cluster

  • MicrosoftMicrosoft Cluster Service (WSFC) は、サーバー クラスターの少なくとも 1 つのノード上で構成する必要があります。Cluster Service (WSFC) must be configured on at least one node of your server cluster. また、WSFC と共に SQL ServerSQL Server Enterprise、 SQL ServerSQL Server Business Intelligence、または SQL ServerSQL Server Standard を実行する必要もあります。You must also run SQL ServerSQL Server Enterprise, SQL ServerSQL Server Business Intelligence, or SQL ServerSQL Server Standard in conjunction with WSFC. SQL ServerSQL Server Enterprise では、16 ノードまでのフェールオーバー クラスターがサポートされています。Enterprise support failover clusters with up to 16 nodes. SQL ServerSQL Server Business Intelligence および SQL ServerSQL Server Standard では、2 ノードのフェールオーバー クラスターがサポートされています。Business Intelligence and SQL ServerSQL Server Standard supports two-node failover clusters.

  • SQL ServerSQL Server サービスのリソース DLL は、WSFC クラスター マネージャーで SQL ServerSQL Server リソースの可用性をチェックするために使用する 2 つの関数をエクスポートします。The resource DLL for the SQL ServerSQL Server service exports two functions used by WSFC Cluster Manager to check for availability of the SQL ServerSQL Server resource. 詳細については、「 フェールオーバー クラスター インスタンスのフェールオーバー ポリシー」をご覧ください。For more information, see Failover Policy for Failover Cluster Instances.

  • WSFC では、IsAlive チェックを使用して、フェールオーバー クラスター インスタンスが実行されていることを確認できる必要があります。WSFC must be able to verify that the failover clustered instance is running by using the IsAlive check. そのため、信頼関係接続を使用して、サーバーに接続する必要があります。This requires connecting to the server by using a trusted connection. 既定では、クラスター サービスを実行するアカウントはクラスター内のノードの管理者として構成されていないため、BUILTIN\Administrators グループには SQL ServerSQL Serverにログインする権限がありません。By default, the account that runs the cluster service is not configured as an administrator on nodes in the cluster, and the BUILTIN\Administrators group does not have permission to log into SQL ServerSQL Server. これらの設定が変更されるのは、クラスター ノードで権限を変更する場合だけです。These settings change only if you change permissions on the cluster nodes.

  • ドメイン ネーム サービス (DNS) または Windows インターネット ネーム サービス (WINS) を構成します。Configure Domain Name Service (DNS) or Windows Internet Name Service (WINS). DNS サーバーまたは WINS サーバーは、 SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターがインストールされる環境で実行されている必要があります。A DNS server or WINS server must be running in the environment where your SQL ServerSQL Server failover cluster will be installed. SQL ServerSQL Server セットアップでは、ドメイン ネーム サービスで SQL ServerSQL Server IP インターフェイスの仮想参照を動的に登録する必要があります。Setup requires dynamic domain name service registration of the SQL ServerSQL Server IP interface virtual reference. DNS サーバーの構成では、クラスター ノードでオンラインの IP アドレス マップをネットワーク名に動的に登録できるようにする必要があります。DNS server configuration should allow cluster nodes to dynamically register an online IP address map to Network Name. 動的登録を完了できないと、セットアップが失敗し、インストールがロールバックされます。If the dynamic registration cannot be completed, Setup fails and the installation is rolled back. 詳細については、 こちらのサポート技術情報の記事を参照してください。For more information, see this knowledgebase article

MicrosoftMicrosoft 分散トランザクション コーディネーターのインストールInstall MicrosoftMicrosoft Distributed Transaction Coordinator

フェールオーバー クラスターに SQL ServerSQL Server をインストールする前に、 MicrosoftMicrosoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) クラスター リソースを作成する必要があるかどうかを判断します。Before installing SQL ServerSQL Server on a failover cluster, determine whether the MicrosoftMicrosoft Distributed Transaction Coordinator (MSDTC) cluster resource must be created. データベース エンジンDatabase Engineだけをインストールする場合、MSDTC クラスター リソースは必要ありません。If you are installing only the データベース エンジンDatabase Engine, the MSDTC cluster resource is not required. データベース エンジンDatabase Engine と SSIS やワークステーション コンポーネントをインストールする場合、または分散トランザクションを使用する場合は、MSDTC のインストールが必要です。If you are installing the データベース エンジンDatabase Engine and SSIS, Workstation Components, or if you will use distributed transactions, you must install MSDTC. Analysis ServicesAnalysis Servicesのみのインスタンスには MSDTC は必要ありません。Note that MSDTC is not required for Analysis ServicesAnalysis Services-only instances.

Windows Server 2008Windows Server 2008Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2では、MSDTC の複数のインスタンスを 1 つのフェールオーバー クラスターにインストールできます。On Windows Server 2008Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2, you can install multiple instances of MSDTC on a single failover cluster. インストールされている MSDTC の最初のインスタンスが、MSDTC のクラスターの既定のインスタンスになります。The first instance of MSDTC that is installed will be the cluster default instance of MSDTC. SQL ServerSQL Server では、この MSDTC インスタンスが自動的に使用され、 SQL ServerSQL Server ローカル クラスター リソース グループにインストールされている MSDTC インスタンスが利用されます。will take advantage of an instance of MSDTC installed to the SQL ServerSQL Server local cluster resource group by automatically using the instance of MSDTC. ただし、個々のアプリケーションはクラスターのすべての MSDTC インスタンスにマップすることができます。However, individual applications can be mapped to any instance of MSDTC on the cluster.

SQL ServerSQL Serverによって選択される MSDTC のインスタンスは、次のいずれかのルールを満たすものです。The following rules are applied for an instance of MSDTC to be chosen by SQL ServerSQL Server:

  • ローカル グループにインストールされた MSDTC を使用する。Use MSDTC installed to the local group, else

  • MSDTC のマップされたインスタンスを使用する。Use the mapped instance of MSDTC, else

  • クラスターの既定の MSDTC インスタンスを使用する。Use the cluster's default instance of MSDTC, else

  • ローカル コンピューターのインストール済み MSDTC インスタンスを使用する。Use the local machine's installed instance of MSDTC

重要

SQL ServerSQL Server のローカル クラスター グループにインストールされている MSDTC インスタンスが失敗すると、 SQL ServerSQL Server では、既定のクラスター インスタンスまたはローカル コンピューターの MSDTC インスタンスが自動的には使用されません。If the MSDTC instance that is installed to the local cluster group of SQL ServerSQL Server fails, SQL ServerSQL Server does not automatically attempt to use the default cluster instance or the local machine instance of MSDTC. SQL ServerSQL Server グループから失敗した MSDTC インスタンスを完全に削除して、別の MSDTC インスタンスを使用する必要があります。You would need to completely remove the failed instance of MSDTC from the SQL ServerSQL Server group to use another instance of MSDTC. 同様に、 SQL ServerSQL Server のマッピングを作成し、マップされる MSDTC インスタンスが失敗した場合は、分散トランザクションも失敗します。Likewise, if you create a mapping for SQL ServerSQL Server and the mapped instance of MSDTC fails, your distributed transactions will also fail. SQL ServerSQL Server で別の MSDTC インスタンスを使用するには、MSDTC インスタンスを SQL ServerSQL Server のローカルのクラスター グループに追加するか、マッピングを削除する必要があります。If you want SQL ServerSQL Server to use a different instance of MSDTC, you must either add an instance of MSDTC to the local cluster group of the SQL ServerSQL Server or delete the mapping.

MicrosoftMicrosoft 分散トランザクション コーディネーターの構成Configure MicrosoftMicrosoft Distributed Transaction Coordinator

オペレーティング システムをインストールしてクラスターを構成した後で、クラスター アドミニストレーターを使用して、クラスター内で機能するように MSDTC を構成する必要があります。After you install the operating system and configure your cluster, you must configure MSDTC to work in a cluster by using the Cluster Administrator. MSDTC のクラスター化に失敗しても SQL ServerSQL Server セットアップは中断しませんが、MSDTC が適切に構成されていない場合は SQL ServerSQL Server のアプリケーション機能に影響が生じる可能性があります。Failure to cluster MSDTC will not block SQL ServerSQL Server Setup, but SQL ServerSQL Server application functionality may be affected if MSDTC is not properly configured.

参照See Also

SQL Server 2016 のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェア Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2016
システム構成チェッカーの検査パラメーター Check Parameters for the System Configuration Checker
フェールオーバー クラスター インスタンスの管理とメンテナンスFailover Cluster Instance Administration and Maintenance