Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) と SQL ServerWindows Server Failover Clustering (WSFC) with SQL Server

Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) クラスターは、アプリケーションとサービスの可用性を高めるために連携する独立したサーバーのグループです。A Windows Server Failover Clustering (WSFC) cluster is a group of independent servers that work together to increase the availability of applications and services. SQL Server 2014SQL Server 2014 は、WSFC サービスと機能を活用して Always On 可用性グループAlways On Availability GroupsSQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスをサポートします。takes advantage of WSFC services and capabilities to support Always On 可用性グループAlways On Availability Groups and SQL ServerSQL Server Failover Cluster Instances.

用語と定義Terms and Definitions

WSFC クラスターWSFC cluster
Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) クラスターは、アプリケーションとサービスの可用性を高めるために連携する独立したサーバーのグループです。A Windows Server Failover Clustering (WSFC) cluster is a group of independent servers that work together to increase the availability of applications and services.

フェールオーバー クラスター インスタンスFailover cluster instance
1 つ以上のアプリケーションまたはサービスを実行するために必要となる、IP アドレス リソース、ネットワーク名リソース、その他のリソースを管理する Windows サービスのインスタンスです。An instance of a Windows service that manages an IP address resource, a network name resource, and additional resources that are required to run one or more applications or services. クライアントは、コンピューター名を使用して物理サーバーのサービスにアクセスする場合と同様に、ネットワーク名を使用してグループ内のリソースにアクセスできます。Clients can use the network name to access the resources in the group, similar to using a computer name to access the services on a physical server. ただし、フェールオーバー クラスター インスタンスはグループであるため、基になる名前またはアドレスに影響を与えることなく他のノードにフェールオーバーできます。However, because a failover cluster instance is a group, it can be failed over to another node without affecting the underlying name or address.

ノードNode
サーバー クラスターのアクティブまたは非アクティブなメンバーである Microsoft Windows サーバー システムです。A Microsoft Windows Server system that is an active or inactive member of a server cluster.

クラスター リソースCluster resource
物理的または論理的エンティティです。ノードによる所有、オンライン化またはオフライン化、ノード間での移動、クラスター オブジェクトとしての管理が可能です。A physical or logical entity that can be owned by a node, brought online and taken offline, moved between nodes, and managed as a cluster object. 特定の時点でクラスター リソースを所有できるのは 1 つのノードのみです。A cluster resource can be owned by only a single node at any point in time.

リソース グループResource group
単一クラスター オブジェクトとして管理されるクラスター リソースのコレクションです。A collection of cluster resources managed as a single cluster object. 通常、リソース グループには、特定のアプリケーションまたはサービスを実行するために必要なすべてのクラスター リソースが含まれます。Typically a resource group contains all of the cluster resources that are required to run a specific application or service. フェールオーバーとフェールバックは常にリソース グループ上で行われます。Failover and failback always act on resource groups.

リソースの依存関係Resource dependency
他のリソースが依存するリソースです。A resource on which another resource depends. リソース A がリソース B に依存している場合、B は A の依存関係です。If resource A depends on resource B, then B is a dependency of A.

ネットワーク名リソースNetwork name resource
クラスター リソースとして管理されている論理サーバーの名前です。A logical server name that is managed as a cluster resource. ネットワーク名リソースは、IP アドレス リソースと共に使用する必要があります。A network name resource must be used with an IP address resource.

優先所有者Preferred owner
リソース グループの実行が優先されるノードです。A node on which a resource group prefers to run. 各リソース グループには、優先順に並べられた優先所有者のリストが関連付けられています。Each resource group is associated with a list of preferred owners sorted in order of preference. 自動フェールオーバー中に、リソース グループは、優先所有者リスト内の次の優先ノードに移動します。During automatic failover, the resource group is moved to the next preferred node in the preferred owner list.

実行可能な所有者Possible owner
リソースを実行できるセカンダリ ノードです。A secondary node on which a resource can run. 各リソース グループには、実行可能な所有者のリストが関連付けられています。Each resource group is associated with a list of possible owners. リソース グループは、実行可能な所有者としてリストされているノードにのみフェールオーバーできます。Resource groups can fail over only to nodes that are listed as possible owners.

クォーラム モードQuorum mode
クラスターが維持できるノード障害の数を決定するフェールオーバー クラスター内のクォーラム構成です。The quorum configuration in a failover cluster that determines the number of node failures that the cluster can sustain.

強制されたクォーラムForced quorum
クォーラムに必要な少数の要素のみが通信しているときでもクラスターを開始するためのプロセスです。The process to start the cluster even though only a minority of the elements that are required for quorum are in communication.

詳細については、以下をご覧ください。フェールオーバー クラスター用語集For more information, see: Failover Cluster Glossary

Windows Server フェールオーバー クラスタリングの概要Overview of Windows Server Failover Clustering

Windows Server フェールオーバー クラスタリングは、Microsoft SQL ServerSQL Server や Microsoft Exchange などのホストされるサーバー アプリケーションの高可用性とディザスター リカバリー シナリオをサポートするインフラストラクチャ機能を提供します。Windows Server Failover Clustering provides infrastructure features that support the high-availability and disaster recovery scenarios of hosted server applications such as Microsoft SQL ServerSQL Server and Microsoft Exchange. クラスター ノードまたはサービスに障害が発生すると、そのノードでホストされていたサービスは自動的に、または手動で、他の可用性ノードに転送されます。このプロセスを フェールオーバーと呼びます。If a cluster node or service fails, the services that were hosted on that node can be automatically or manually transferred to another available node in a process known as failover.

WSFC クラスター内のノードは連携して、次のような機能を提供します。The nodes in the WSFC cluster work together to collectively provide these types of capabilities:

  • 分散メタデータと通知。Distributed metadata and notifications. WSFC サービスとホストされるアプリケーション メタデータは、クラスター内の各ノードで維持されます。WSFC service and hosted application metadata is maintained on each node in the cluster. このメタデータには、ホストされるアプリケーションの設定に加え、WSFC 構成と状態が含まれます。This metadata includes WSFC configuration and status in addition to hosted application settings. ノードのメタデータまたは状態の変更は、クラスター内の他のノードに自動的に反映されます。Changes to a node's metadata or status are automatically propagated to the other nodes in the cluster.

  • リソース管理。Resource management. クラスター内の各ノードは、直接アタッチされたストレージ、ネットワーク インターフェイス、共有ディスク ストレージへのアクセスなどの物理的リソースを提供する場合があります。Individual nodes in the cluster may provide physical resources such as direct-attached storage, network interfaces, and access to shared disk storage. ホストされるアプリケーション自体もクラスター リソースとして登録されます。また、他のリソース上でスタートアップと正常性依存関係を構成する場合があります。Hosted applications register themselves as a cluster resource, and may configure startup and health dependencies upon other resources.

  • 正常性状態の監視。Health monitoring. ノード間およびプライマリ ノードの正常性状態の検出は、ハートビート ネットワーク通信およびリソース監視の組み合わせによって行われます。Inter-node and primary node health detection is accomplished through a combination of heartbeat-style network communications and resource monitoring. クラスターの全体的な正常性状態は、クラスター内のノードのクォーラムの投票によって決定されます。The overall health of the cluster is determined by the votes of a quorum of nodes in the cluster.

  • フェールオーバーの調整。Failover coordination. 各リソースはプライマリ ノードでホストされるように構成され、それぞれ自動的に、または手動で 1 つ以上のセカンダリ ノードに転送されます。Each resource is configured to be hosted on a primary node, and each can be automatically or manually transferred to one or more secondary nodes. 正常性ベースのフェールオーバー ポリシーによって、ノード間でのリソース所有権の自動転送が制御されます。A health-based failover policy controls automatic transfer of resource ownership between nodes. フェールオーバーが発生すると、適切に対応できるように、ノードおよびホストされているアプリケーションに通知されます。Nodes and hosted applications are notified when failover occurs so that they may react appropriately.

詳細については、以下をご覧ください。Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスターFor more information, see: Failover Clusters in Windows Server 2008 R2

SQL Server AlwaysOn テクノロジと WSFCSQL Server AlwaysOn Technologies and WSFC

SQL Server 2014SQL Server 2014 AlwaysOnは、新しい高可用性とディザスター リカバリー ソリューションの WSFC を利用します。AlwaysOn is a new high availability and disaster recovery solution that takes advantage of WSFC. AlwaysOn は、アプリケーションの可用性を高め、ハードウェア投資の回収率を上げ、高可用性配置と管理を簡素化する、統合された柔軟なソリューションを提供します。AlwaysOn provides an integrated, flexible solution that increases application availability, provides better returns on hardware investments, and simplifies high availability deployment and management.

Always On 可用性グループAlways On Availability Groups と AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスのどちらも WSFC をプラットフォーム テクノロジとして使用して、コンポーネントとしてを WSFC クラスター リソースとして登録します。Both Always On 可用性グループAlways On Availability Groups and AlwaysOn Failover Cluster Instances use WSFC as a platform technology, registering components as WSFC cluster resources. 関連するリソースは リソース グループとしてまとめられ、他の WSFC クラスター リソースに依存するように設定できます。Related resources are combined into a resource group, which can be made dependent upon other WSFC cluster resources. これによって、WSFC クラスター サービスは、SQL ServerSQL Server インスタンスを再起動する必要がある場合はこれを検出して通知したり、WSFC クラスター内の他のサーバー ノードに自動的にフェールオーバーしたりします。The WSFC cluster service can then sense and signal the need to restart the SQL ServerSQL Server instance or automatically fail it over to a different server node in the WSFC cluster.

重要

SQL ServerSQL Server AlwaysOn テクノロジの利点を完全に活かすには、WSFC 関連のいくつかの前提条件を適用する必要があります。To take full advantage of SQL ServerSQL Server AlwaysOn technologies, you should apply several WSFC-related prerequisites.

詳細については、以下をご覧ください。前提条件、制限事項、および AlwaysOn 可用性グループの推奨事項(SQL Server)For more information, see: Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for AlwaysOn Availability Groups (SQL Server)

AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスとインスタンス レベルの高可用性Instance-level High Availability with AlwaysOn Failover Cluster Instances

AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) は、WSFC クラスター内のノードにまたがってインストールされた SQL ServerSQL Server インスタンスです。An AlwaysOn Failover Cluster Instance (FCI) is a SQL ServerSQL Server instance that is installed across nodes in a WSFC cluster. この種類のインスタンスには、共有ディスク ストレージ (ファイバー チャネルまたは iSCSI SAN 経由) および仮想ネットワーク名に対してリソース依存関係があります。This type of instance has resource dependencies on shared disk storage (via Fibre Channel or iSCSI SAN) and on a virtual network name. 仮想ネットワーク名には、それぞれが異なるサブネットに存在する 1 つ以上の仮想 IP アドレスに対してリソース依存関係があります。The virtual network name has a resource dependency on one or more virtual IP addresses, each in a different subnet. SQL Server サービスおよび SQL Server エージェント サービスはリソースとして登録され、どちらも仮想ネットワーク名リソースに依存します。The SQL Server service and the SQL Server Agent service are registered as resources, and both are made dependent upon the virtual network name resource.

フェールオーバーが発生した場合、WSFC サービスはインスタンスのリソース所有権を指定されたフェールオーバー ノードに転送します。In the event of a failover, the WSFC service transfers ownership of instance's resources to a designated failover node. その後、 SQL ServerSQL Server インスタンスは、フェールオーバー ノードで再起動され、データベースが通常どおり復元されます。The SQL ServerSQL Server instance is then re-started on the failover node, and databases are recovered as usual. 特定の時点で、FCI と基になるリソースをホストできるのは、クラスター内の 1 つのノードのみです。At any given moment, only a single node in the cluster can host the FCI and underlying resources.

注意

AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスには、ストレージ エリア ネットワーク (SAN)、SMB ファイル共有などの対称的な共有ディスク ストレージが必要です。An AlwaysOn Failover Cluster Instance requires symmetrical shared disk storage such as a storage area network (SAN) or SMB file share. 共有ディスク ストレージ ボリュームは、WSFC クラスター内のすべてのフェールオーバー ノードで使用できる必要があります。The shared disk storage volumes must be available to all potential failover nodes in the WSFC cluster.

詳細については、以下をご覧ください。AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスFor more information, see: AlwaysOn Failover Cluster Instances

データベース レベルの高可用性 Always On 可用性グループAlways On Availability GroupsDatabase-level High Availability with Always On 可用性グループAlways On Availability Groups

可用性グループ は、共にフェールオーバーするユーザー データベースのセットです。An availability group is a set of user databases that fail over together. 可用性グループは、1 つのプライマリ 可用性レプリカ と、共有ストレージを必要としないデータ保護のために SQL Server ログに基づくデータ移動を介して維持される 1 ~ 4 個のセカンダリ レプリカから構成されます。An availability group consists of a primary availability replica and one to four secondary replicas that are maintained through SQL Server log-based data movement for data protection without the need for shared storage. 各レプリカは、WSFC クラスターの別々のノードにある SQL ServerSQL Server のインスタンスによってホストされます。Each replica is hosted by an instance of SQL ServerSQL Server on a different node of the WSFC cluster. 可用性グループとこれに対応する仮想ネットワーク名は、WSFC クラスターのリソースとして登録されます。The availability group and a corresponding virtual network name are registered as resources in the WSFC cluster.

プライマリ レプリカのノード上の 可用性グループ リスナー は、受信クライアント要求に応答し、仮想ネットワーク名に接続します。そして、接続文字列の属性に基づいて各要求を適切な SQL ServerSQL Server インスタンスにリダイレクトします。An availability group listener on the primary replica's node responds to incoming client requests to connect to the virtual network name, and based on attributes in the connection string, it redirects each request to the appropriate SQL ServerSQL Server instance.

フェールオーバーが発生した場合は、共有物理リソースの所有権を他のノードに転送する代わりに、WSFC を利用して他の SQL ServerSQL Server インスタンス上でセカンダリ レプリカを再構成し、可用性グループのプライマリ レプリカにします。In the event of a failover, instead of transferring ownership of shared physical resources to another node, WSFC is leveraged to reconfigure a secondary replica on another SQL ServerSQL Server instance to become the availability group's primary replica. その後、可用性グループの仮想ネットワーク名リソースが、そのインスタンスに転送されます。The availability group's virtual network name resource is then transferred to that instance.

特定の時点で、可用性グループ データベースのプライマリ レプリカをホストできるのは、1 つの SQL ServerSQL Server インスタンスのみです。また、関連付けられたすべてのセカンダリ レプリカは別々のインスタンスに存在する必要があり、各インスタンスは別々の物理ノードに存在する必要があります。At any given moment, only a single SQL ServerSQL Server instance may host the primary replica of an availability group's databases, all associated secondary replicas must each reside on a separate instance, and each instance must reside on separate physical nodes.

注意

Always On 可用性グループAlways On Availability Groupsではフェールオーバー クラスター インスタンスを配置する必要はありません。また、対称共有ストレージ (SAN または SMB) を使用する必要もありません。do not require deployment of a Failover Cluster Instance or use of symmetric shared storage (SAN or SMB).

フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) を可用性グループと共に使用することによって、可用性レプリカの可用性を高めることができます。A Failover Cluster Instance (FCI) may be used together with an availability group to enhance the availability of an availability replica. ただし、WSFC クラスター内での競合状態の発生を回避するため、FCI 上でホストされる可用性レプリカとの間の可用性グループの自動フェールオーバーはサポートされていません。However, to prevent potential race conditions in the WSFC cluster, automatic failover of the availability group is not supported to or from an availability replica that is hosted on a FCI.

詳細については、以下をご覧ください。AlwaysOn 可用性グループの概要(SQL Server)For more information, see: Overview of AlwaysOn Availability Groups (SQL Server)

WSFC の正常性監視とフェールオーバーWSFC Health Monitoring and Failover

AlwaysOn ソリューションの高可用性は、物理的および論理的 WSFC クラスター リソースのプロアクティブな正常性状態の監視と、冗長ハードウェアでの自動フェールオーバーおよび再構成によって実現します。High availability for an AlwaysOn solution is accomplished though proactive health monitoring of physical and logical WSFC cluster resources, together with automatic failover onto and re-configuration of redundant hardware. また、システム管理者は、可用性グループまたはノード間での インスタンスの 手動フェールオーバー SQL ServerSQL Server を開始できます。A system administrator can also initiate a manual failover of an availability group or SQL ServerSQL Server instance from one node to another.

ノード、フェールオーバー クラスター インスタンス、可用性グループのフェールオーバー ポリシーFailover Policies for Nodes, Failover Cluster Instances, and Availability Groups

フェールオーバー ポリシー は、WSFC クラスター ノード、 SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI)、および可用性グループのレベルで構成されます。A failover policy is configured at the WSFC cluster node, the SQL ServerSQL Server Failover Cluster Instance (FCI), and the availability group levels. これらのポリシーは、クラスター リソースの異常な状態の重大度、期間、頻度とノードの応答時間に基づいたもので、サービスの再起動のトリガー、ノード間でのクラスター リソースの 自動フェールオーバー のトリガー、 SQL ServerSQL Server インスタンス間での可用性グループ プライマリ レプリカの移動のトリガーを行うことができます。These policies, based on the severity, duration, and frequency of unhealthy cluster resource status and node responsiveness, can trigger a service restart or an automatic failover of cluster resources from one node to another, or can trigger the move of an availability group primary replica from one SQL ServerSQL Server instance to another.

可用性グループ レプリカのフェールオーバーは、基になる SQL ServerSQL Server インスタンスに影響しません。Failover of an availability group replica does not affect the underlying SQL ServerSQL Server instance. FCI のフェールオーバーでは、ホストされている可用性グループ レプリカとインスタンスが移動します。Failover of a FCI moves the hosted availability group replicas with the instance.

詳細については、以下をご覧ください。Failover Policy for Failover Cluster InstancesFor more information, see: Failover Policy for Failover Cluster Instances

WSFC リソースの正常性の検出WSFC Resource Health Detection

WSFC クラスター ノード内の各リソースの状態と正常性は、定期的または要求時に報告されます。Each resource in a WSFC cluster node can report its status and health, periodically or on-demand. リソースの障害を示す状況としては、電源障害、ディスクまたはメモリのエラー、ネットワーク通信エラー、応答しないサービスなどがあります。A variety of circumstances may indicate resource failure; e.g. power failure, disk or memory errors, network communication errors, or non-responsive services.

ネットワーク、ストレージ、サービスなどの WSFC クラスター リソースは、互いに依存するように構成できます。WSFC cluster resources such as networks, storage, or services can be made dependent upon one another. リソースの累積正常性は、リソース依存関係の正常性で正常性を連続的にロール アップすることで決定されます。The cumulative health of a resource is determined by successively rolling up its health with the health of each of its resource dependencies.

WSFC ノード間の正常性の検出とクォーラム投票WSFC Inter-node Health Detection and Quorum Voting

WSFC クラスター内の各ノードは、定期的なハートビート通信に参加し、ノードの正常性状態を他のノードと共有します。Each node in a WSFC cluster participates in periodic heartbeat communication to share the node's health status with the other nodes. 応答しないノードは、エラー状態であると見なされます。Unresponsive nodes are considered to be in a failed state.

クォーラム ノード セットは、WSFC クラスター内の大多数の投票ノードおよび監視サーバーです。A quorum node set is a majority of the voting nodes and witnesses in the WSFC cluster. WSFC クラスターの全体的な正常性と状態は、定期的な クォーラムの投票によって決定されます。The overall health and status of a WSFC cluster is determined by a periodic quorum vote. クォーラムの存在は、クラスターが正常であり、ノード レベルのフォールト トレランスを提供できることを表します。The presence of a quorum means that the cluster is healthy and able to provide node-level fault tolerance.

クォーラム モード は、WSFC クラスター レベルで構成され、クォーラム投票の方法、および自動フェールオーバーを実行するタイミングまたはクラスターをオフラインにするタイミングを指定します。A quorum mode is configured at the WSFC cluster level that dictates the methodology used for quorum voting and when to perform an automatic failover or take the cluster offline.

ヒント

WSFC クラスターのクォーラム投票の数は、常に奇数にすることをお勧めします。It is best practice to always have an odd number of quorum votes in a WSFC cluster. クォーラム投票のために、 SQL ServerSQL Server をクラスター内のすべてのノードにインストールする必要はありません。For the purposes of quorum voting, SQL ServerSQL Server does not have to be installed on all nodes in the cluster. 追加サーバーはクォーラム メンバーとして機能できます。また、リモート ファイル共有を決定機構として使用するように WSFC クォーラム モデルを構成することもできます。An additional server can act as a quorum member, or the WSFC quorum model can be configured to use a remote file share as a tie-breaker.

詳細については、以下をご覧ください。WSFC クォーラム モードと投票の構成 (SQL Server)For more information, see: WSFC Quorum Modes and Voting Configuration (SQL Server)

強制されたクォーラムによる災害復旧Disaster Recovery Through Forced Quorum

実際の運用状況と WSFC クラスター構成に応じて、自動フェールオーバーと手動フェールオーバーの両方を使用できます。これによって、堅牢でフォールト トレランスな SQL ServerSQL Server AlwaysOn ソリューションを維持できます。Depending upon operational practices and WSFC cluster configuration, you can incur both automatic and manual failovers, and still maintain a robust, fault-tolerant SQL ServerSQL Server AlwaysOn solution. ただし、WSFC クラスター内の投票ノードのクォーラムが相互に通信できない場合、または WSFC クラスターがこれ以外の理由で正常性の検証に失敗する場合は、WSFC クラスターがオフラインになる場合があります。However, if a quorum of the eligible voting nodes in the WSFC cluster cannot communicate with one another, or if the WSFC cluster otherwise fails health validation, then the WSFC cluster may go offline.

災害や、永続的なハードウェア障害または通信障害が原因で WSFC クラスターがオフラインになった場合は、手動で管理操作を実行して、 クォーラムを強制 し、稼働しているクラスター ノードを非フォールト トレラント構成でオンラインに戻す必要があります。If the WSFC cluster goes offline because of an unplanned disaster, or due to a persistent hardware or communications failure, then manual administrative intervention is required to force a quorum and bring the surviving cluster nodes back online in a non-fault-tolerant configuration.

その後、WSFC クラスターを再構成し、影響を受けたデータベース レプリカを復元し、新しいクォーラムを再構築するという一連の手順を実行する必要があります。Afterwards, a series of steps must also be taken to reconfigure the WSFC cluster, recover the affected database replicas, and to re-establish a new quorum.

詳細については、以下をご覧ください。WSFC の強制クォーラムによる災害復旧 (SQL Server)For more information, see: WSFC Disaster Recovery through Forced Quorum (SQL Server)

SQL Server AlwaysOn コンポーネントと WSFC との関係Relationship of SQL Server AlwaysOn Components to WSFC

SQL ServerSQL Server AlwaysOn と WSFC の機能およびコンポーネント間には、いくつかのリレーションシップの層が存在します。Several layers of relationships exist between SQL ServerSQL Server AlwaysOn and WSFC features and components.

AlwaysOn 可用性グループは、SQL ServerSQL Server インスタンスでホストされています。AlwaysOn availability groups are hosted on SQL ServerSQL Server instances.
クライアントは、可用性グループ リスナーの論理ネットワーク名を指定してプライマリまたはセカンダリ データベースに接続することを要求します。この要求は、基になる SQL ServerSQL Server インスタンスまたは SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) の適切なインスタンス ネットワーク名にリダイレクトされます。A client request that specifies a logical availability group listener network name to connect to a primary or secondary database is redirected to the appropriate instance network name of the underlying SQL ServerSQL Server instance or SQL ServerSQL Server Failover Cluster Instance (FCI).

SQL サーバー インスタンスは、1 つのノード上でアクティブにホストされています。SQL Server instances are actively hosted on a single node.
スタンドアロンの SQL ServerSQL Server インスタンスが存在する場合は、静的なインスタンス ネットワーク名で、常に 1 つのノードにあります。If present, a stand-alone SQL ServerSQL Server Instance always resides on a single Node with a static instance network name. SQL ServerSQL Server FCI が存在する場合は、1 つの仮想インスタンス ネットワーク名で、2 つ以上のフェールオーバー ノードの中の 1 つのノードでアクティブになります。If present, a SQL ServerSQL Server FCI is active on one of two or more possible failover nodes with a single virtual Instance Network Name.

ノードは、WSFC クラスターのメンバーです。Nodes are members of a WSFC cluster.
すべてのノードの WSFC 構成メタデータと状態は、各ノードに保存されます。WSFC configuration metadata and status for all nodes is stored on each node. 各サーバーは、ユーザーまたはシステム データベースに対して非対称ストレージまたは共有ストレージ (SAN) ボリュームを提供できます。Each server may provide asymmetric storage or shared storage (SAN) volumes for user or system databases. 各サーバーには、1 つまたは複数のサブネット上に少なくとも 1 つの物理ネットワーク インターフェイスがあります。Each server has at least one physical network interface on one or more IP subnets.

WSFC サービスは、サーバー グループの正常性を監視し、構成を管理します。The WSFC service monitors health and manages configuration for a group of servers.
Windows Server フェールオーバー クラスター (WSFC) サービスは、WSFC 構成メタデータへの変更とその状態を、クラスター内のすべてのノードに反映します。The Windows Server Failover Cluster (WSFC) service propagates changes to WSFC Configuration metadata and status to all nodes in the cluster. 一部のメタデータと状態が、WSFC クォーラム監視リモート ファイル共有に保存されることもあります。Partial metadata and status may be stored on a WSFC quorum-witness remote file share. 2 つ以上のアクティブなノードまたは監視サーバーによって、WSFC クラスターの正常性について投票するクォーラムが構成されます。Two or more active nodes or witnesses constitute a quorum to vote on the health of the WSFC cluster.

Always On 可用性グループAlways On Availability Groups レジストリ キーは WSFC クラスターのサブキーです。registry keys are subkeys of the WSFC cluster.
WSFC クラスターを削除してから再作成した場合は、 Always On 可用性グループAlways On Availability Groups を有効にしていた、元の WSFC クラスター上の各サーバー インスタンスについて、 Always On 可用性グループAlways On Availability Groups 機能を無効にしてから再度有効にする必要があります。If you delete and re-create a WSFC cluster, you must disable and re-enable the Always On 可用性グループAlways On Availability Groups feature on each server instance that was enabled for Always On 可用性グループAlways On Availability Groups on the original WSFC cluster. 詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの有効化と無効化 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Enable and Disable AlwaysOn Availability Groups (SQL Server).

SQL Server AlwaysOn コンポーネント コンテキストの図SQL Server AlwaysOn Component Context Diagram

関連タスクRelated Tasks

関連コンテンツRelated Content

参照See Also

AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server) AlwaysOn Failover Cluster Instances (SQL Server)
AlwaysOn 可用性グループの概要(SQL Server) Overview of AlwaysOn Availability Groups (SQL Server)
WSFC クォーラム モードと投票の構成 (SQL Server) WSFC Quorum Modes and Voting Configuration (SQL Server)
フェールオーバー クラスター インスタンスのフェールオーバー ポリシー Failover Policy for Failover Cluster Instances
WSFC の強制クォーラムによる災害復旧 (SQL Server)WSFC Disaster Recovery through Forced Quorum (SQL Server)