WSFC クォーラム モードと投票の構成 (SQL Server)WSFC Quorum Modes and Voting Configuration (SQL Server)

両方SQL ServerSQL Server Always On 可用性グループAlways On Availability Groups AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) を利用の Windows Server フェールオーバー クラスタ リング (WSFC) をプラットフォーム テクノロジとして。Both SQL ServerSQL ServerAlways On 可用性グループAlways On Availability Groups and AlwaysOn Failover Cluster Instances (FCI) take advantage of Windows Server Failover Clustering (WSFC) as a platform technology. WSFC は、クォーラム ベースのアプローチを使用してクラスターの全体的な正常性を監視し、ノード レベルのフォールト トレランスを最大限に高めます。WSFC uses a quorum-based approach to monitoring overall cluster health and maximize node-level fault tolerance. WSFC クォーラム モードおよびノード投票構成の基本について理解することは、AlwaysOn 高可用性およびディザスター リカバリー ソリューションの設計、運用、トラブルシューティングのために非常に重要です。A fundamental understanding of WSFC quorum modes and node voting configuration is very important to designing, operating, and troubleshooting your AlwaysOn high availability and disaster recovery solution.

このトピックの内容:In this topic:

クォーラムによるクラスター状態検出Cluster Health Detection by Quorum

WSFC クラスター内の各ノードは、定期的なハートビート通信に参加し、ノードの正常性状態を他のノードと共有します。Each node in a WSFC cluster participates in periodic heartbeat communication to share the node's health status with the other nodes. 応答しないノードは、エラー状態であると見なされます。Unresponsive nodes are considered to be in a failed state.

クォーラム ノード セットは、WSFC クラスター内の大多数の投票ノードおよび監視サーバーです。A quorum node set is a majority of the voting nodes and witnesses in the WSFC cluster. WSFC クラスターの全体的な正常性と状態は、定期的な クォーラムの投票によって決定されます。The overall health and status of a WSFC cluster is determined by a periodic quorum vote. クォーラムの存在は、クラスターが正常であり、ノード レベルのフォールト トレランスを提供できることを表します。The presence of a quorum means that the cluster is healthy and able to provide node-level fault tolerance.

クォーラムがない状態は、クラスターが正常でないことを示します。The absence of a quorum indicates that the cluster is not healthy. プライマリ ノードのフェールオーバー先として正常なセカンダリ ノードを使用できるようにするために、WSFC クラスターの全体的な正常性が維持される必要があります。Overall WSFC cluster health must be maintained in order to ensure that healthy secondary nodes are available for primary nodes to fail over to. クォーラム投票に失敗した場合、WSFC クラスターは、予防策としてオフラインに設定されます。If the quorum vote fails, the WSFC cluster will be set offline as a precautionary measure. これによって、クラスターに登録されている SQL ServerSQL Server インスタンスがすべて停止します。This will also cause all SQL ServerSQL Server instances registered with the cluster to be stopped.

重要

クォーラム障害のために WSFC クラスターがオフラインに設定されると、オンラインに戻すために手動介入が必要です。If a WSFC cluster is set offline because of quorum failure, manual intervention is required to bring it back online.

詳細については、「 WSFC の強制クォーラムによる災害復旧 (SQL Server)によって決定されます。For more information, see: WSFC Disaster Recovery through Forced Quorum (SQL Server).

クォーラム モードQuorum Modes

クォーラム モード は、WSFC クラスター レベルで構成され、クォーラム投票の方法を指定します。A quorum mode is configured at the WSFC cluster level that dictates the methodology used for quorum voting. フェールオーバー クラスター マネージャー ユーティリティは、クラスター内のノード数に基づいて、クォーラム モードを推奨します。The Failover Cluster Manager utility will recommend a quorum mode based on the number of nodes in the cluster.

投票クォーラムの構成を決定するために、次のクォーラム モードを使用できます。The following quorum modes can be used to determine what constitutes a quorum of votes:

  • ノード マジョリティ。Node Majority. クラスターが正常であるためには、クラスター内の半分以上の投票ノードが肯定的に投票する必要があります。More than one-half of the voting nodes in the cluster must vote affirmatively for the cluster to be healthy.

  • ノードおよびファイル共有マジョリティ。Node and File Share Majority. ノード マジョリティ クォーラム モードに似ていますが、リモート ファイル共有も投票監視として構成され、その共有に対する各ノードからの接続も肯定的な投票としてカウントされます。Similar to Node Majority quorum mode, except that a remote file share is also configured as a voting witness, and connectivity from any node to that share is also counted as an affirmative vote. クラスターが正常であるためには、使用可能な投票の半分以上が肯定的である必要があります。More than one-half of the possible votes must be affirmative for the cluster to be healthy.

    推奨事項として、監視ファイル共有はクラスター内のノードに存在せず、クラスター内のすべてのノードから見える必要があります。As a best practice, the witness file share should not reside on any node in the cluster, and it should be visible to all nodes in the cluster.

  • ノードおよびディスク マジョリティ。Node and Disk Majority. ノード マジョリティ クォーラム モードに似ていますが、共有ディスク クラスター リソースも投票監視として使用され、その共有ディスクに対する各ノードからの接続も肯定的な投票としてカウントされます。Similar to Node Majority quorum mode, except that a shared disk cluster resource is also designated as a voting witness, and connectivity from any node to that shared disk is also counted as an affirmative vote. クラスターが正常であるためには、使用可能な投票の半分以上が肯定的である必要があります。More than one-half of the possible votes must be affirmative for the cluster to be healthy.

  • ディスクのみ。Disk Only. 共有ディスク クラスター リソースが監視として使用され、その共有ディスクに対する各ノードからの接続も肯定的な投票としてカウントされます。A shared disk cluster resource is designated as a witness, and connectivity by any node to that shared disk is counted as an affirmative vote.

ヒント

Always On 可用性グループAlways On Availability Groupsの非対称的なストレージ構成を使用する際には、通常、投票ノード数が奇数の場合はノード マジョリティ クォーラム モード、投票ノード数が偶数の場合はノードおよびファイル共有マジョリティ クォーラム モードを使用してください。When using an asymmetric storage configuration for Always On 可用性グループAlways On Availability Groups, you should generally use the Node Majority quorum mode when you have an odd number of voting nodes, or the Node and File Share Majority quorum mode when you have an even number of voting nodes.

投票と非投票ノードVoting and Non-Voting Nodes

既定では、WSFC クラスター内の各ノードがクラスター クォーラムのメンバーとして含まれます。各ノードはクラスターの全体的な正常性の決定において 1 つの投票を持ちます。また、各ノードはクォーラムの構築を試行し続けます。By default, each node in the WSFC cluster is included as a member of the cluster quorum; each node has a single vote in determining the overall cluster health, and each node will continuously attempt to establish a quorum. クォーラムに関するここまでの説明では、クラスター状態について投票する WSFC クラスター ノードのセットを 投票ノードとして注意深く限定してきました。The quorum discussion to this point has carefully qualified the set of WSFC cluster nodes that vote on cluster health as voting nodes.

WSFC クラスター内のノードは、クラスターが全体として正常であるまたは正常でないと明確に決定することはできません。No individual node in a WSFC cluster can definitively determine that the cluster as a whole is healthy or unhealthy. 特定の時点で、各ノードからは、他のノードの一部はオフラインに見えるか、フェールオーバー中であるか、またはネットワーク通信のエラーにより応答不能に見えます。At any given moment, from the perspective of each node, some of the other nodes may appear to be offline, or appear to be in the process of failover, or appear unresponsive due to a network communication failure. クォーラム投票の主な機能は、WSFC クラスターの各ノードの外観の状態が、本当にそれらのノードの実際の状態であるかどうかを判断することです。A key function of the quorum vote is to determine whether the apparent state of each of node in the WSFC cluster is indeed that actual state of those nodes.

"ディスクのみ" 以外のすべてのクォーラム モデルでは、クォーラム投票の有効性は、クラスター内のすべての投票ノード間の信頼できる通信によります。For all of the quorum models except ‘Disk Only’, the effectiveness of a quorum vote depends on reliable communications between all of the voting nodes in the cluster. 同じ物理サブネット上のノード間のネットワーク通信は信頼性が高いと見なす必要があります。クォーラム投票は、信頼される必要があります。Network communications between nodes on the same physical subnet should be considered reliable; the quorum vote should be trusted.

しかし、クォーラム投票で他のサブネット上のノードが応答しないように見えるが実際はオンラインで正常である場合、サブネット間のネットワーク通信のエラーが原因であることが考えられます。However, if a node on another subnet is seen as non-responsive in a quorum vote, but it is actually online and otherwise healthy, that is most likely due to a network communications failure between subnets. クラスター トポロジ、クォーラム モード、およびフェールオーバー ポリシー構成によっては、ネットワーク通信エラーによって投票ノードのセット (またはサブセット) が実質的に複数作成されてしまう可能性があります。Depending upon the cluster topology, quorum mode, and failover policy configuration, that network communications failure may effectively create more than one set (or subset) of voting nodes.

投票ノードの複数のサブセットが自身でクォーラムを構築できる場合、それは スプリット ブレイン シナリオと呼ばれます。When more than one subset of voting nodes is able to establish a quorum on its own, that is known as a split-brain scenario. このようなシナリオでは、各クォーラム上のノードが別々の動作をし、相互に競合します。In such a scenario, the nodes in the separate quorums may behave differently, and in conflict with one another.

注意

スプリット ブレイン シナリオは、システム管理者が強制クォーラム動作を手動で実行、または非常にまれですが強制フェールオーバーを実行することで、クォーラム ノード セットが明示的に細分化された場合にのみ発生する可能性があります。The split-brain scenario is only possible when a system administrator manually performs a forced quorum operation, or in very rare circumstances, a forced failover; explicitly subdividing the quorum node set.

クォーラム構成を単純化し、稼働時間を増やすために、クォーラムに対するノードの投票がカウントされないように各ノードの NodeWeight 設定を調整することもできます。In order to simplify your quorum configuration and increase up-time, you may want to adjust each node’s NodeWeight setting so that the node’s vote is not counted towards the quorum.

重要

NodeWeight 設定を使用するには、次の修正プログラムが WSFC クラスターのすべてのサーバーに適用されている必要があります。In order to use NodeWeight settings, the following hotfix must be applied to all servers in the WSFC cluster:

KB2494036: この修正プログラムを使用すると、クォーラムの投票のないクラスター ノードを Windows Server 2008Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2KB2494036: A hotfix is available to let you configure a cluster node that does not have quorum votes in Windows Server 2008Windows Server 2008 and in Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2

クォーラム投票に推奨される調整Recommended Adjustments to Quorum Voting

特定の WSFC ノードの投票を有効または無効にする場合は、次のガイドラインに従ってください。When enabling or disabling a given WSFC node’s vote, follow these guidelines:

  • 既定では、投票は行いません。No vote by default. 各ノードは明白な正当性がなければ投票しないものとします。Assume that each node should not vote without explicit justification.

  • すべてのプライマリ レプリカを含めます。Include all primary replicas. 可用性グループのプライマリ レプリカをホストしているか、FCI の優先所有者である各 WSFC ノードは、投票を持つ必要があります。Each WSFC node that hosts an availability group primary replica or is the preferred owner of an FCI should have a vote.

  • 可能性のある自動フェールオーバーの所有者を含めます。Include possible automatic failover owners. 自動可用性グループ フェールオーバーまたは FCI フェールオーバーの結果として、プライマリ レプリカをホストする可能性がある各ノードは、投票を持つ必要があります。Each node that could host a primary replica, as the result of an automatic availability group failover or FCI failover, should have a vote. WSFC クラスターに可用性グループが 1 つだけあり、可用性レプリカがスタンドアロン インスタンスだけによってホストされている場合、この規則には自動フェールオーバー ターゲットであるセカンダリ レプリカだけが含まれます。If there is only one availability group in the WSFC cluster and availability replicas are hosted only by standalone instances, this rule includes only the secondary replica that is the automatic failover target.

  • セカンダリ サイト ノードを除外します。Exclude secondary site nodes. 通常は、セカンダリ ディザスター リカバリー サイトに存在する WSFC ノードには投票を提供しないでください。In general, do not give votes to WSFC nodes that reside at a secondary disaster recovery site. プライマリ サイトに問題がない場合、セカンダリ サイト内のノードがクラスターをオフラインにするという判断に影響を与えることは避けるべきです。You do not want nodes in the secondary site to contribute to a decision to take the cluster offline when there is nothing wrong with the primary site.

  • 投票数を奇数にします。Odd number of votes. 必要に応じて、監視ファイル共有、監視ノード、または監視ディスクをクラスターに追加し、クォーラム モードを調整してクォーラム投票内の結合を防止します。If necessary, add a witness file share, a witness node, or a witness disk to the cluster and adjust the quorum mode to prevent possible ties in the quorum vote.

  • フェールオーバー後の投票割り当てを再評価します。Re-assess vote assignments post-failover. 正常なクォーラムをサポートしないクラスター構成にフェールオーバーすることは避けます。You do not want to fail over into a cluster configuration that does not support a healthy quorum.

重要

WSFC クォーラム投票の構成を検証するときに、以下の条件が該当する場合、AlwaysOn 可用性グループ ウィザードで警告が表示されます。When validating WSFC quorum vote configuration, the AlwaysOn Availability Group Wizard shows a warning if any of the following conditions are true:

  • プライマリ レプリカをホストしているクラスター ノードが投票を持たない。The cluster node that hosts the primary replica does not have a vote
    • セカンダリ レプリカが自動フェールオーバー用に構成されており、そのクラスター ノードが投票を持たない。A secondary replica is configured for automatic failover and its cluster node does not have a vote.
    • 可用性レプリカをホストしているすべてのクラスター ノードにKB2494036 がインストールされていない。KB2494036 is not installed on all cluster nodes that host availability replicas. この修正プログラムは、マルチサイト配置でのクラスター ノードに対する投票の追加または削除のために必要です。This patch is required to add or remove votes for cluster nodes in multi-site deployments. ただし、単一サイト配置では通常は不要であり、警告を無視しても安全です。However, in single-site deployments, it is usually not required and you may safely ignore the warning.

ヒント

SQL ServerSQL Server WSFC クラスター構成およびノード クォーラム投票に関する設定を管理するために、いくつかのシステム動的管理ビュー (DMV) を公開しています。 exposes several system dynamic management views (DMVs) that can help you manage settings related WSFC cluster configuration and node quorum voting.

詳細については、 sys.dm_hadr_cluster, sys.dm_hadr_cluster_members, sys.dm_os_cluster_nodes, sys.dm_hadr_cluster_networksを参照してください。For more information, see: sys.dm_hadr_cluster, sys.dm_hadr_cluster_members, sys.dm_os_cluster_nodes, sys.dm_hadr_cluster_networks

関連タスクRelated Tasks

関連コンテンツRelated Content

参照See Also

WSFC の強制クォーラムによる災害復旧 (SQL Server) WSFC Disaster Recovery through Forced Quorum (SQL Server)
Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) と SQL ServerWindows Server Failover Clustering (WSFC) with SQL Server