SQL Server の既定のインスタンスおよび名前付きインスタンスのファイルの場所File Locations for Default and Named Instances of SQL Server

適用対象: ○SQL Server (Windows のみ)×Azure SQL Database ×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (Windows only) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server のインストールは、1 つ以上の別個のインスタンスで構成されます。An installation of SQL ServerSQL Server consists of one or more separate instances. 既定のインスタンスか名前付きインスタンスかにかかわらず、各インスタンスには、それぞれ専用のプログラム ファイルとデータ ファイルが用意されます。さらに、コンピューター上の SQL ServerSQL Server のすべてのインスタンスが使用する共有ファイル セットもあります。An instance, whether default or named, has its own set of program and data files, as well as a set of common files shared between all instances of SQL ServerSQL Server on the computer.

SQL ServerSQL Server のインスタンスに データベース エンジンDatabase EngineAnalysis ServicesAnalysis ServicesReporting ServicesReporting Servicesが含まれている場合は、これらの各コンポーネントで使用するデータと実行ファイルのセット、およびすべてのコンポーネントが使用する共有ファイルが用意されます。For an instance of SQL ServerSQL Server that includes the データベース エンジンDatabase Engine, Analysis ServicesAnalysis Services, and Reporting ServicesReporting Services, each component has a full set of data and executable files, and common files shared by all components.

コンポーネントごとにインストール場所を分けるため、 SQL ServerSQL Serverインスタンス内の各コンポーネントについて一意のインスタンス ID が生成されます。To isolate install locations for each component, unique instance IDs are generated for each component within a given instance of SQL ServerSQL Server.

重要

リムーバブル ディスク ドライブ、圧縮を使用するファイル システム、システム ファイルが存在するディレクトリ、およびフェールオーバー クラスター インスタンス上の共有ドライブには、プログラム ファイルとデータ ファイルをインストールすることができません。Program files and data files cannot be installed on a removable disk drive, cannot be installed on a file system that uses compression, cannot be installed to a directory where system files are located, and cannot be installed on shared drives on a failover cluster instance.

SQL Server のフォルダーおよびファイルの種類を除外するように、ウイルス対策アプリケーションやスパイウェア対策アプリケーションなどのスキャン ソフトウェアを構成することが必要な場合があります。You might need to configure scanning software, such as antivirus and antispyware applications, to exclude SQL Server folders and file types. 詳細については、「SQL Server を実行しているコンピューター上で実行するウイルス対策ソフトウェア」のサポート記事を参照してください。Review this support article for more information: Antivirus software on computers running SQL Server.

システム データベース (master、model、MSDB、および tempdb) と データベース エンジンDatabase Engine のユーザー データベースは、ストレージ オプションとしてサーバー メッセージ ブロック (SMB) ファイル サーバーを指定してインストールできます。System databases (master, model, MSDB, and tempdb), and データベース エンジンDatabase Engine user databases can be installed with Server Message Block (SMB) file server as a storage option. これは、 SQL ServerSQL Server スタンドアロン インストールと SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスター インストール (FCI) の両方に当てはまります。This applies to both SQL ServerSQL Server stand-alone and SQL ServerSQL Server failover cluster installations (FCI). 詳細については、「 SQL Server をストレージ オプションとして SMB ファイル共有にインストールする」を参照してください。For more information, see Install SQL Server with SMB Fileshare as a Storage Option.

Binn、Data、Ftdata、HTML、1033 の各ディレクトリとその内容は削除しないでください。Do not delete any of the following directories or their contents: Binn, Data, Ftdata, HTML, or 1033. 他のディレクトリは必要に応じて削除できますが、削除した機能やデータを元に戻すには、 SQL ServerSQL Serverをいったんアンインストールしてからインストールし直す必要があります。You can delete other directories, if necessary; however, you might not be able to retrieve any lost functionality or data without uninstalling and then reinstalling SQL ServerSQL Server. HTML ディレクトリ内のすべての .htm ファイルは、削除も修正もしないでください。Do not delete or modify any of the .htm files in the HTML directory. SQL ServerSQL Server のツールを正常に機能させるには、これらのファイルが必要です。They are required for SQL ServerSQL Server tools to function properly.

のすべてのインスタンスで共有されるファイル SQL ServerSQL ServerShared Files for All Instances of SQL ServerSQL Server

1 台のコンピューター上のすべてのインスタンスで使用される共通ファイルはフォルダー <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\ にインストールされます。Common files used by all instances on a single computer are installed in the folder <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\. <drive> はコンポーネントがインストールされるドライブ文字です。<drive> is the drive letter where components are installed. 既定値は通常はドライブ C です。<nnn> は、バージョンを識別します。The default is usually drive C. <nnn> identifies the version. 次の表では、パスのバージョンを識別します。The following table identifies versions for the paths.

<nnn><nnn> バージョンVersion
140140 SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x)
130130 SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x)
120120 SQL Server 2014SQL Server 2014
110110 SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x)

ファイルの場所とレジストリのマッピングFile Locations and Registry Mapping

SQL ServerSQL Server セットアップの実行時には、サーバー コンポーネントごとにインスタンス ID が生成されます。During SQL ServerSQL Server Setup, an instance ID is generated for each server component. この SQL ServerSQL Server リリースのサーバー コンポーネントは、 データベース エンジンDatabase EngineAnalysis ServicesAnalysis Services、および Reporting ServicesReporting Servicesです。The server components in this SQL ServerSQL Server release are the データベース エンジンDatabase Engine, Analysis ServicesAnalysis Services, and Reporting ServicesReporting Services.

既定のインスタンス ID は、次の形式を使用して作成されます。The default instance ID is constructed by using the following format:

  • データベース エンジンDatabase Engineを表す "MSSQL" に、メジャー バージョン番号、アンダースコアおよびマイナー番号 (該当する場合)、ピリオド、およびインスタンス名を連結した形式MSSQL for the データベース エンジンDatabase Engine, followed by the major version number, followed by an underscore and the minor version when applicable, and a period, followed by the instance name.

  • Analysis ServicesAnalysis Servicesを表す "MSAS" に、メジャー バージョン番号、アンダースコアおよびマイナー番号 (該当する場合)、ピリオド、およびインスタンス名を連結した形式MSAS for Analysis ServicesAnalysis Services, followed by the major version number, followed by an underscore and the minor version when applicable, and a period, followed by the instance name.

  • Reporting ServicesReporting Servicesを表す "MSRS" に、メジャー バージョン番号、アンダースコアおよびマイナー番号 (該当する場合)、ピリオド、およびインスタンス名を連結した形式MSRS for Reporting ServicesReporting Services, followed by the major version number, followed by an underscore and the minor version when applicable, and a period, followed by the instance name.

このリリースの SQL ServerSQL Server における既定のインスタンス ID の例を次に示します。Examples of default instance IDs in this release of SQL ServerSQL Server are as follows:

  • SQL Server 2017SQL Server 2017 の既定のインスタンスの MSSQL14.MSSQLSERVER。MSSQL14.MSSQLSERVER for a default instance of SQL Server 2017SQL Server 2017.

  • SQL Server 2017 Analysis Services (SSAS)SQL Server 2017 Analysis Services (SSAS) の既定のインスタンスの MSAS14.MSSQLSERVER。MSAS14.MSSQLSERVER for a default instance of SQL Server 2017 Analysis Services (SSAS)SQL Server 2017 Analysis Services (SSAS).

  • "MyInstance" という名前の SQL Server 2017SQL Server 2017 インスタンスの場合: MSSQL14.MyInstance。MSSQL14.MyInstance for a named instance of SQL Server 2017SQL Server 2017 named "MyInstance."

    注意

    インスタンス ID パスの 2 桁の数字は、バージョン番号を識別します。The two digit number in the instance ID path identifies the version number. 前の例で、バージョン番号 14 は SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) です。In the preceding examples, version number 14 is SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x).

SQL Server 2017SQL Server 2017 および データベース エンジンDatabase Engine を含み、名前が "MyInstance" で、インストール先が既定のディレクトリである Analysis ServicesAnalysis Servicesの名前付きインスタンスの場合、ディレクトリ構造は次のようになります。The directory structure for a SQL Server 2017SQL Server 2017 named instance that includes the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services, named "MyInstance", and installed to the default directories would be as follows:

  • C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL14.MyInstanceC:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL14.MyInstance\

  • C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSAS14.MyInstanceC:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSAS14.MyInstance\

インスタンス ID には任意の値を指定できますが、特殊文字や予約されたキーワードは使用しないでください。You can specify any value for the instance ID, but avoid special characters and reserved keywords.

SQL ServerSQL Server セットアップ時に、既定以外のインスタンス ID を指定できます。You can specify a non-default instance ID during SQL ServerSQL Server Setup. ユーザーが既定のインストール ディレクトリを変更した場合は、<Program Files>\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server の代わりに <カスタム パス>\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server が使用されます。Instead of <Program Files>\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server, a <custom path>\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server is used if the user chooses to change the default installation directory. アンダースコア () で始まるインスタンス ID、またはシャープ記号 (#) かドル記号 ($) を含むインスタンス ID はサポートされていないことに注意してください。Note that instance IDs that begin with an underscore () or that contain the number sign (#) or the dollar sign ($) are not supported.

注意

Integration ServicesIntegration Services とクライアント コンポーネントはインスタンス対応でないため、インスタンス ID は割り当てられません。and client components are not instance aware and, therefore are not assigned an instance ID. 既定では、インスタンス対応でないコンポーネントが単一のディレクトリ <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\にインストールされます。By default, non-instance-aware components are installed to a single directory: <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\. 1 つの共有コンポーネントのインストール パスを変更すると、他の共有コンポーネントのパスも変更されます。Changing the installation path for one shared component also changes it for the other shared components. 後続のインストールでは、最初のインストールと同じディレクトリに、インスタンス対応でないコンポーネントがインストールされます。Subsequent installations install non-instance-aware components to the same directory as the original installation.

SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services は、インストール後にインスタンスの名前を変更できる、唯一の SQL ServerSQL Server コンポーネントです。Analysis ServicesAnalysis Services is the only SQL ServerSQL Server component that supports instance renaming after installation. Analysis ServicesAnalysis Services のインスタンスの名前を変更しても、インスタンス ID は変更されません。If an instance of Analysis ServicesAnalysis Services is renamed, the instance ID will not change. インスタンスの名前変更が完了した後も、ディレクトリとレジストリ キーは、インストール時に作成されたインスタンス ID を引き続き使用します。After instance renaming is complete, directories and registry keys will continue to use the instance ID created during installation.

インスタンス対応のコンポーネントの場合は、HKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\<Instance_ID> の下にレジストリ ハイブが作成されます。The registry hive is created under HKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\<Instance_ID> for instance-aware components. 例を次に示します。For example,

  • HKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.MyInstanceHKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.MyInstance

  • HKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSAS14.MyInstanceHKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSAS14.MyInstance

  • HKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSRS14.MyInstanceHKLM\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSRS14.MyInstance

このレジストリは、インスタンス ID とインスタンス名のマッピングも管理します。The registry also maintains a mapping of instance ID to instance name. インスタンス ID とインスタンス名のマッピングは次のようになります。Instance ID to instance name mapping is maintained as follows:

  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\Instance Names\SQL] "InstanceName"="MSSQL14"[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\Instance Names\SQL] "InstanceName"="MSSQL14"

  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\Instance Names\OLAP] "InstanceName"="MSAS14"[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\Instance Names\OLAP] "InstanceName"="MSAS14"

  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\Instance Names\RS] "InstanceName"="MSRS14"[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\MicrosoftMicrosoft\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\Instance Names\RS] "InstanceName"="MSRS14"

ファイル パスの指定Specifying File Paths

セットアップ中、次の機能のインストール パスを変更できます。During Setup, you can change the installation path for the following features:

セットアップでインストール パスが表示されるのは、ユーザーがインストール先フォルダーを構成できる機能のみです。The installation path is displayed in Setup only for features with a user-configurable destination folder:

コンポーネントComponent 既定のパスDefault path 構成可能/固定パスConfigurable or Fixed Path
データベース エンジンDatabase Engine サーバー コンポーネントserver components \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceID>\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceID>\ 構成可能Configurable
データベース エンジンDatabase Engine データ ファイルdata files \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceID>\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceID>\ 構成可能Configurable
Analysis ServicesAnalysis Services サーバー (server)server \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSAS14.<InstanceID>\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSAS14.<InstanceID>\ 構成可能Configurable
Analysis ServicesAnalysis Services データ ファイルdata files \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSAS14.<InstanceID>\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSAS14.<InstanceID>\ 構成可能Configurable
Reporting ServicesReporting Services レポート サーバー (report server)report server \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSRS14.<InstanceID>\Reporting Services\ReportServer\Bin\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSRS14.<InstanceID>\Reporting Services\ReportServer\Bin\ 構成可能Configurable
Reporting ServicesReporting Services レポート マネージャーreport manager \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSRS14.<InstanceID>\Reporting Services\ReportManager\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSRS14.<InstanceID>\Reporting Services\ReportManager\ 固定パスFixed path
Integration ServicesIntegration Services <インストール ディレクトリ>\140\DTS\ 1<Install Directory>\140\DTS\ 1 構成可能Configurable
クライアント コンポーネント (bcp.exe および sqlcmd.exe を除く)Client Components (except bcp.exe and sqlcmd.exe) <インストール ディレクトリ>\140\Tools\ 1<Install Directory>\140\Tools\ 1 構成可能Configurable
クライアント コンポーネント (bcp.exe および sqlcmd.exe)Client Components (bcp.exe and sqlcmd.exe) <インストール ディレクトリ>\Client SDK\ODBC\110\Tools\Binn<Install Directory>\Client SDK\ODBC\110\Tools\Binn 固定パスFixed path
レプリケーションおよびサーバー側 COM オブジェクトReplication and server-side COM objects <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\COM\ 2COM\ 2 固定パスFixed path
Integration ServicesIntegration Services コンポーネント DLL (データ変換ランタイム エンジン、データ変換パイプライン エンジン、および dtexec コマンド プロンプト ユーティリティ用)component DLLs for the Data Transformation Run-time engine, the Data Transformation Pipeline engine, and the dtexec command prompt utility <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\DTS\BinnDTS\Binn 固定パスFixed path
DLL。次のマネージド接続をサポート: Integration ServicesIntegration ServicesDLLs that provide managed connection support for Integration ServicesIntegration Services <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\DTS\ConnectionsDTS\Connections 固定パスFixed path
Integration ServicesIntegration Services がサポートする列挙子の型ごとの DLLDLLs for each type of enumerator that Integration ServicesIntegration Services supports <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\DTS\ForEachEnumeratorsDTS\ForEachEnumerators 固定パスFixed path
SQL ServerSQL Server Browser Service、WMI プロバイダーBrowser Service, WMI providers <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\Shared</span>Shared</span> 固定パスFixed path
次のすべてのインスタンス間で共有されるコンポーネント: SQL ServerSQL ServerComponents that are shared between all instances of SQL ServerSQL Server <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn<drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\Shared</span>Shared</span> 固定パスFixed path

警告

\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\ フォルダーがアクセス許可の制限により保護されていることを確認してください。Ensure that the \Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\ folder is protected with limited permissions.

ファイルの場所の既定のドライブは systemdriveで、通常は C ドライブです。子機能のインストール パスは、親機能のインストール パスと同じになります。Note that the default drive for file locations is systemdrive, normally drive C. Installation paths for child features are determined by the installation path of the parent feature.

1 1 つのインストール パスが Integration ServicesIntegration Services とクライアント コンポーネントの間で共有されます。1 A single installation path is shared between Integration ServicesIntegration Services and client components. 1 つのコンポーネントのインストール パスを変更すると、他のコンポーネントのパスも変更されます。Changing the installation path for one component also changes it for other components. 後続のインストールでは、最初のインストールと同じ場所にコンポーネントがインストールされます。Subsequent installations install components to the same location as the original installation.

2 このディレクトリは、コンピューター上のすべての SQL ServerSQL Server インスタンスで使用されます。2 This directory is used by all instances of SQL ServerSQL Server on a computer. コンピューター上のいずれかのインスタンスに更新を適用すると、このフォルダー内のファイルに対する変更内容が、コンピューター上のすべてのインスタンスに反映されます。If you apply an update to any of the instances on the computer, any changes to files in this folder will affect all instances on the computer. 既存のインストールに機能を追加する場合、前にインストールした機能の場所は変更できません。また、新しい機能のインストール場所を指定することもできません。When you add features to an existing installation, you cannot change the location of a previously installed feature, nor can you specify the location for a new feature. セットアップで以前に設定したディレクトリに追加機能をインストールするか、製品をいったんアンインストールしてインストールし直す必要があります。You must either install additional features to the directories already established by Setup, or uninstall and reinstall the product.

注意

クラスター化された構成では、クラスターのすべてのノードで使用できるローカル ドライブを選択する必要があります。For clustered configurations, you must select a local drive that is available on every node of the cluster.

セットアップ時にサーバー コンポーネントまたはデータ ファイルのインストール パスを指定する場合、プログラム ファイルとデータ ファイルについては、指定した場所に加えてインスタンス ID も使用されます。When you specify an installation path during Setup for the server components or data files, the Setup program uses the instance ID in addition to the specified location for program and data files. ツールおよびその他の共有ファイルについては、インスタンス ID は使用されません。Setup does not use the instance ID for tools and other shared files. また、 Analysis ServicesAnalysis Services プログラム ファイルとデータ ファイルについてもインスタンス ID は使用されませんが、 Analysis ServicesAnalysis Services リポジトリについてはインスタンス ID が使用されます。Setup also does not use any instance ID for the Analysis ServicesAnalysis Services program and data files, although it does use the instance ID for the Analysis ServicesAnalysis Services repository.

データベース エンジンDatabase Engine 機能のインストール パスを設定すると、 SQL ServerSQL Server セットアップではそのパスがルート ディレクトリとして使用されます。このルート ディレクトリは、SQL データ ファイルを含め、そのインストールで使用するすべてのインスタンス固有フォルダーに適用されます。If you set an installation path for the データベース エンジンDatabase Engine feature, SQL ServerSQL Server Setup uses that path as the root directory for all instance-specific folders for that installation, including SQL Data Files. この場合、ルートを"C:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceName>\MSSQL\" に設定すると、このパスの末尾にインスタンス固有のディレクトリが追加されます。In this case, if you set the root to "C:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceName>\MSSQL\", instance-specific directories are added to the end of that path.

SQL ServerSQL Server インストール ウィザード (セットアップ UI モード) で USESYSDB アップグレード機能の使用を選択すると、製品が再帰的フォルダー階層にインストールされることがよくあります。Customers who choose to use the USESYSDB upgrade functionality in the SQL ServerSQL Server Installation Wizard (Setup UI mode) can easily lead themselves into a situation where the product gets installed into a recursive folder structure. たとえば、<SQLProgramFiles>\MSSQL14\MSSQL\MSSQL10_50\MSSQL\Data\。For example, <SQLProgramFiles>\MSSQL14\MSSQL\MSSQL10_50\MSSQL\Data\. USESYSDB 機能を使用する場合は、 データベース エンジンDatabase Engine 機能ではなく、SQL データ ファイル機能のインストール パスを設定してください。Instead, to use the USESYSDB feature, set an installation path for the SQL Data Files feature instead of the データベース エンジンDatabase Engine feature.

注意

データ ファイルは、常に、Data という名前の子ディレクトリに格納されているものと見なされます。Data files are always expected to be found in a child directory named Data. たとえば、アップグレード時に、システム データベースのデータ ディレクトリのルート パスとして C:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceName>\ を指定すると、データ ファイルは C:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceName>\MSSQL\Data に見つかります。For example, specify C:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceName>\ to specify the root path to the data directory of the system databases during upgrade when data files are found under C:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\MSSQL14.<InstanceName>\MSSQL\Data.

参照See Also

データベース エンジンの構成 - データ ディレクトリ Database Engine Configuration - Data Directories
Analysis Services の構成 - データ ディレクトリAnalysis Services Configuration - Data Directories