SharePoint 2010 用 Reporting Services の SharePoint モードのインストールInstall Reporting Services SharePoint Mode for SharePoint 2010

このトピックでは、SharePoint モードでの Reporting Services レポート サーバーのシングル サーバー インストールの手順について説明します。The procedures in this topic guide you through a single server installation of a Reporting Services report server in SharePoint mode. 手順には、SQL Server インストール ウィザードの実行と、SharePoint 2010 サーバーの全体管理を使用する追加構成タスクが含まれます。The steps include running the SQL Server installation wizard as well as additional configuration tasks that use SharePoint 2010 central administration. また、既存のインストールについての個々の手順 (Reporting ServicesReporting Services サービス アプリケーションの作成など) をこのトピックで確認することもできます。The topic can also be used for individual procedures for an existing installation, for example to create a Reporting ServicesReporting Services service application. 追加の追加についてReporting ServicesReporting Services、既存のファームにサーバーを参照してくださいファームにレポート サーバーの追加(SSRS スケール アウト)Reporting Services Web の追加ファームのフロント エンドします。For information on adding additional Reporting ServicesReporting Services servers to an existing farm, see Add an Additional Report Server to a Farm (SSRS Scale-out) and Add an Additional Reporting Services Web Front-end to a Farm.

適用対象:Applies to: SharePoint 2010適用対象:Applies to: SharePoint 2010

シングル サーバー インストールでは、開発およびテスト シナリオに適していますが、運用環境は推奨されません。A single server installation is useful for development and testing scenarios but is not recommended for production environments.

注意

アップグレードして、既存のについてReporting ServicesReporting ServicesSharePoint モードのインストールをSQL Server 2014SQL Server 2014を参照してくださいUpgrade and Migrate Reporting Servicesします。For information on upgrading and existing Reporting ServicesReporting Services SharePoint mode installation to SQL Server 2014SQL Server 2014, see Upgrade and Migrate Reporting Services.

前提条件Prerequisites

  • 重要

    Reporting ServicesReporting Services SharePoint モードを構成および管理するために、Reporting ServicesReporting Services 構成マネージャーを使用するまたはサポートする必要はなくなりました。The Reporting ServicesReporting Services Configuration Manager is no longer required or supported to configure and administer Reporting ServicesReporting Services SharePoint mode. SharePoint モードでレポート サーバーを構成するには、SharePoint サーバーの全体管理を使用します。Use SharePoint Central Administration to configure a report server in SharePoint mode. 詳細については、次を参照してください。 Reporting Services SharePoint サービス アプリケーションの管理します。For more information, see Manage a Reporting Services SharePoint Service Application.

  • SharePoint 2010 製品を含む要件については、次のトピックを参照してください。Review the following topics for requirements, including SharePoint 2010 products:

  • このトピックでは、SharePoint 2010 製品のインストールについては説明しません。This topic does no cover the installation of SharePoint 2010 Products. 詳細については、次を参照してください。 、SharePoint 2010 ファームで SQL Server BI 機能を使用するためのガイダンスします。For more information, see Guidance for Using SQL Server BI Features in a SharePoint 2010 Farm.

  • ここで説明する手順は、SQL Server 2014SQL Server 2014 レポート サーバーを構成するためのものであり、以前のバージョンのレポート サーバーには使用できません。These procedures are intended for configuring a SQL Server 2014SQL Server 2014 report server and do not work for previous versions of report server. 以前のバージョンのレポート サーバーでは、SharePoint 共有サービス アーキテクチャが使用されていませんでした。Previous versions of report server did not use the SharePoint Shared Service architecture. たとえば、SQL Server 2008 Reporting ServicesReporting Services レポート サーバーや、SQL Server 2008 R2 Reporting ServicesReporting Services レポート サーバーなどです。For example, SQL Server 2008 Reporting ServicesReporting Services report servers and SQL Server 2008 R2 Reporting ServicesReporting Services report servers.

  • 確認、 SharePoint 2010 管理Windows サーバー マネージャーでサービスが開始します。Verify the SharePoint 2010 Administration service is started in Windows Server Manager.

1 つのサーバー インストール上の SSRS コンポーネントSSRS components on a 1 server installation

単一のサーバー構成に関するデータベースの注意事項Database Considerations for a Single Server Configuration

  • Reporting Services および SharePoint 製品とテクノロジはどちらも、SQL Server のリレーショナル データベースを使用して、アプリケーション データを格納します。Both Reporting Services and SharePoint products and technologies use SQL Server relational databases to store application data.

  • SQL Server 2014 Reporting Services (SSRS)SQL Server 2014 Reporting Services (SSRS) には、SQL エンジンの互換性のある SQL Server 評価版インスタンスが必要です。requires a compatible SQL Server evaluation edition instance of the SQL Engine.

  • SharePoint 製品では、既存のデータベース インスタンスを使用できます。SharePoint products can use an existing database instance. データベース エンジンのインスタンスがインストールされていない場合、SharePoint 製品のセットアップ プログラムは、SharePoint アプリケーション データベース用 SQL Server Express Edition をインストールします。If an instance of Database Engine is not installed, the SharePoint Products Setup program installs SQL Server Express Edition for the SharePoint application databases.

  • レポート サーバー インスタンスの場合、データベースに SQL Server Express Edition を使用することはできません。The report server instance cannot use the SQL Server Express Edition for its database. ただし、SharePoint 製品によってインストールされる SQL Server Express Edition インスタンスは、他のデータベース エンジン エディションと共存できます。However, the SQL Server Express Edition instance that is installed by the SharePoint product can exist side-by-side with other Database Engine editions.

SharePoint モードで Reporting Services レポート サーバーをインストールします。Install Reporting Services Report Server in SharePoint mode

  1. SQL Server インストール ウィザードを実行します。Run the SQL Server Installation Wizard.

  2. ウィザードの左側の [インストール] をクリックし、 [SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します] をクリックします。Click Installation in the left side of the wizard and then click New SQL Server stand-alone installation or add features to an existing installation.

  3. [セットアップ サポート ルール] ページで、すべてのルールに合格したら、 [OK] をクリックします。Click OK on the Setup Support Rules page, assuming all rules passed.

  4. [セットアップ サポート ファイル] ページで、 [インストール] をクリックします。Click Install on the Setup Support Files page.

  5. をクリックして [次へ] サポート ファイルは、インストールが完了したら、サポート ルールの状態の表示後渡されるします。Click Next after the support files have completed installing and the support rules show a status of passed. 警告やインストールの障害となる問題を確認します。Review any warnings or blocking issues.

  6. プロダクト キーページで、キーを入力するか、"Enterprise evaluation"の既定値を受け入れます。On the Product Key page, type your key or accept the default of the 'Enterprise Evaluation' edition.

    [次へ] をクリックします。Click Next.

  7. 使用許諾条件を確認して同意します。Review and accept the license terms. マイクロソフトでは、機能使用状況に関するデータを送信することに同意して、製品の機能やサポートの改善にご協力いただき感謝しております。Microsoft appreciates you clicking to agree to send feature usage data to help improve product features and support.

    [次へ] をクリックします。Click Next.

  8. 選択SQL Server 機能のインストール上、セットアップ ロールページ。Select SQL Server Feature Installation on the Setup Role page.

    *[次へ]* をクリックします。Click Next

    セットアップ ロールの SQL Server 機能のインストールSQL Server Feature Installation for setup role

  9. [機能の選択] ページで、次のオプションを選択します。Select the following on the Feature Selection page:

    • Reporting Services - SharePointReporting Services - SharePoint

    • Reporting Services アドインを SharePoint 2010 製品用します。Reporting Services add-in for SharePoint 2010 products. 注では、アドインをインストールするため、インストール ウィザードのオプション、SQL Server 2014SQL Server 2014リリースします。noteThe installation wizard option for installing the add-in is new with the SQL Server 2014SQL Server 2014 release.

    • SQL Server データベース エンジンDatabase Engineのインスタンスがまだインストールされていない場合は、 [データベース エンジン サービス] および [管理ツール - 完全] をクリックして完全な環境をインストールすることもできます。If you do not already have an instance of SQL Server データベース エンジンDatabase Engine, you could also select Database Engine Services and Management Tools Complete for a complete environment.

    [次へ] をクリックします。Click Next.

    SharePoint モードの SSRS 機能の選択SSRS Feature Selection for SharePoint mode

  10. をクリックして上、インストール ルールページ。Click Next on the Installation Rules page. 警告やインストールの障害となる問題を確認します。Review any warnings or blocking issues.

  11. データベース エンジン サービスを選択した場合は、 [インスタンスの構成] ページで MSSQLSERVER の既定のインスタンスを受け入れて、 [次へ] をクリックします。If you selected the Database Engine services, accept the default instance of MSSQLSERVER on the Instance Configuration page and click Next. Reporting Services 共有サービス アーキテクチャは、以前の Reporting Services アーキテクチャとは異なり、SQL Server "インスタンス" に基づいていません。The Reporting Services shared service architecture is not based on a SQL Server "instance" was the previous Reporting Services architecture.

  12. [必要なディスク領域] ページを確認し、 [次へ] をクリックします。Review the Disk Space Requirements page and click Next.

  13. サーバー構成ページの適切な資格情報を入力します。On the Server Configuration page type appropriate credentials. Reporting ServicesReporting Services のデータ警告機能またはサブスクリプション機能を使用する場合は、SQL Server エージェントの [スタートアップの種類][自動] に変更する必要があります。If you want to use the Reporting ServicesReporting Services data alerting or subscription features, you need to change the Startup Type for SQL Server Agent to Automatic.

    [次へ] をクリックします。Click Next.

  14. データベース エンジン サービスを選択した場合は、 [データベース エンジンの構成] ページが表示されるので、SQL 管理者の一覧に適切なアカウントを追加して、 [次へ] をクリックします。If you selected the Database Engine services, you will see the Database Engine Configuration page, add appropriate accounts to the list of SQL Administrators and click Next.

  15. [Reporting Services の構成] ページで、 [インストールのみ] オプションをクリックします。On the Reporting Services Configuration page you should see the Install only option is selected. このオプションは、レポート サーバーのファイルをインストールし、用の SharePoint 環境を構成しないReporting ServicesReporting Servicesします。SQL Server のインストールが完了したら、SharePoint 環境を構成するには、このトピックの他のセクションに従ってください。This option installs the report server files, and does not configure the SharePoint environment for Reporting ServicesReporting Services.When the SQL Server installation is complete, follow the other sections of this topic to configure the SharePoint environment. これには、 Reporting ServicesReporting Services 共有サービスのインストールと、 Reporting ServicesReporting Services サービス アプリケーションの作成が含まれます。This Includes installing the Reporting ServicesReporting Services shared service and creating Reporting ServicesReporting Services service applications.

    rs_SQL11_SETUP_SSRS_configpage_withcirclesrs_SQL11_SETUP_SSRS_configpage_withcircles

  16. [エラー レポート] ページでエラー レポートを送信するためのチェック ボックスをオンにすると、マイクロソフトが SQL Server の機能とサービスを改善するのに役立ちます。Help Microsoft improve SQL Server features and services by clicking the check box to send error reports on the Error Reporting page.

    [次へ] をクリックします。Click Next.

  17. [インストール構成ルール] ページで警告を確認して、 [次へ] をクリックします。Review any warnings and then click Next on the Installation Configuration Rules page.

  18. [インストールの準備完了] ページで、インストールの概要を確認して [次へ] をクリックします。On the Ready to Install page, review the installation summary and then click Next. 概要が含まれます、 Reporting Servicesのインストール モードの値に含まれるノードSharePointFilesOnlyModeとアカウント情報。The summary will include a Reporting Services node that will include the installation mode value of SharePointFilesOnlyMode as well as the account information.

インストールし、Reporting Services SharePoint サービスの開始Install and Start the Reporting Services SharePoint Service

PowerShell 関連コンテンツPowerShell related content

注意

既存の SharePoint ファームにインストールしている場合する必要はありませんのこのセクションの手順を完了します。If you are installing into an existing SharePoint farm, you do not need to complete the steps in this section. Reporting ServicesReporting Services SharePoint サービスがインストールされているし、前のセクションで、SQL Server インストール ウィザードを実行したときに開始します。The Reporting ServicesReporting Services SharePoint service was installed and started when you ran the SQL Server installation wizard in the previous section.

必要なファイルは SQL Server インストール ウィザードの中でインストールされていますが、サービスを SharePoint ファームに登録する必要があります。The necessary files were installed as part of the SQL Server installation wizard, but the services need to be registered into the SharePoint farm. SQL Server 2014SQL Server 2014 リリースでは、SharePoint モードの Reporting ServicesReporting Services に対する PowerShell が新たにサポートされました。The SQL Server 2014SQL Server 2014 release introduces PowerShell support for Reporting ServicesReporting Services in SharePoint mode. 以下では、SharePoint 管理シェルを開いてコマンドレットを実行する手順を説明します。The following steps guide you through opening the SharePoint Management Shell and running cmdlets:

  1. [スタート] ボタンをクリックします。Click the Start button

  2. をクリックして、 Microsoft SharePoint 2010 製品グループ。Click the Microsoft SharePoint 2010 Products group.

  3. 右クリックしてSharePoint 2010 管理シェルクリックして管理者として実行します。Right-click SharePoint 2010 Management Shell click Run as administrator.

  4. 次の PowerShell コマンドを実行して、SharePoint サービスをインストールします。Run the following PowerShell command to install the SharePoint service. コマンドが正常に完了すると、管理シェルの表示が改行されます。A successful completion of the command displays a new line in the management shell. コマンドが正常に完了しても、管理シェルにメッセージは表示されません。No message is returned to the management shell when the command completes successfully:

    Install-SPRSService  
    
  5. サービス プロキシをインストールする次の PowerShell コマンドを実行します。Run the following PowerShell command to install the service proxy:

    Install-SPRSServiceProxy  
    
  6. サービスを開始しますか、SharePoint サーバーの全体管理からサービスを開始する手順については、次のノートを参照してください。 次の PowerShell コマンドを実行します。Run the following PowerShell command to start the service or see the following notes for instructions to start the service from SharePoint Central administration:

    get-spserviceinstance -all |where {$_.TypeName -like "SQL Server Reporting*"} | Start-SPServiceInstance  
    

3 番目の PowerShell コマンドを実行する代わりに、SharePoint サーバーの全体管理からサービスを開始することもできます。You can also start the service from SharePoint central Administration rather than running the third PowerShell command. 次の手順を使用すると、サービスが実行していることを確認することもできます。The following steps are also useful to verify that the service is running.

  1. SharePoint サーバーの全体管理で、 [システム設定][サーバーのサービスの管理] をクリックします。In SharePoint Central Administration, click Manage Services on Server in the System Settings group.

  2. [SQL Server Reporting Services サービス] を探して、[アクション] 列の [開始] をクリックします。Find SQL Server Reporting Services Service and click Start in the Action column.

  3. Reporting Services サービスのステータスが [停止] から [開始] に変わります。The status of the Reporting Services service will change from Stopped to Started. Reporting Services サービスが一覧にない場合は、PowerShell を使用してサービスをインストールします。If the Reporting Services service is not in the list, use PowerShell to install the service.

    注意

    Reporting Services サービスのままになる場合、開始状態に変わらない開始、SharePoint 2010 Administration service が Windows サーバー マネージャーを開始することを確認します。If the Reporting Services service stays in the Starting status and does not change to Started, verify the 'SharePoint 2010 Administration' service is started in Windows Server Manager.

Reporting Services サービス アプリケーションを作成します。Create a Reporting Services Service Application

ここでは、既存のサービス アプリケーションを確認している場合に、サービス アプリケーションおよびプロパティの説明を作成する手順について説明します。This section provides the steps to create a service application and a description of the properties, if you are reviewing an existing service application.

  1. SharePoint サーバーの全体管理で、 [アプリケーション構成の管理][サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In SharePoint Central Administration, in the Application Management group, click Manage Service Applications.

  2. SharePoint リボンで、 [新規作成] ボタンをクリックします。In the SharePoint ribbon, click the New button.

  3. [新規作成] メニューで、 [SQL Server Reporting Services サービス アプリケーション] をクリックします。In the New menu, click SQL Server Reporting Services Service Application..

    警告

    Reporting ServicesReporting Services オプションが一覧に表示されない場合は、Reporting ServicesReporting Services 共有サービスがインストールされていないことを示しています。If the Reporting ServicesReporting Services option does not appear in the list, it is an indication that the Reporting ServicesReporting Services shared service is not installed. 前のセクションの、PowerShell コマンドレットを使用して Reporting ServicesReporting Services サービスをインストールする方法を確認してください。Review the previous section on how to use PowerShell cmdlts to install the Reporting ServicesReporting Services service.

  4. [SQL Server Reporting Services サービス アプリケーションの作成] ページで、アプリケーションの名前を入力します。In the Create SQL Server Reporting Services Service Application page, enter a name for the application. 複数の Reporting Services サービス アプリケーションを作成する場合わかりやすい名前または名前付け規則を整理することが、管理操作。If you are creating multiple Reporting Services service applications, a descriptive name or naming convention helps you organize your administration and management operations.

  5. [アプリケーション プール] セクションで、このアプリケーションのための新しいアプリケーション プールを作成します (推奨)。In Application Pool section, create a new application pool for the application (recommended). 新しいアプリケーション プールに同じ名前を使用して、サービス アプリケーションとして、簡単に継続的な管理。Using the same name for the new application pool as the service application, makes ongoing administration easier.

    そのアプリケーション プールの管理アカウントを選択または作成します。Select or create a managed account for the application pool. 必ずドメイン ユーザー アカウントを指定してください。Be sure to specify a domain user account. ドメイン ユーザー アカウントにより、パスワードやアカウント情報をまとめて更新できる SharePoint の管理アカウント機能を使用できるようになります。A domain user account enables the use of the SharePoint managed account feature, which lets you update passwords and account information in one place. ドメイン アカウントは、配置をスケールアウトして、同じ ID で実行されるサービス インスタンスを追加する場合にも必要です。Domain accounts are also required if you plan to scale out the deployment to include additional service instances that run under the same identity.

  6. [データベース サーバー] で、現在のサーバーを使用するか、または別の SQL Server を選択することができます。In the Database Server, you can use the current server or choose a different SQL Server.

  7. [データベース名] の既定値は " ReportingService_<guid>" で、これは一意のデータベース名です。In Database Name the default value is ReportingService_<guid>, which is a unique database name. 新しい値を入力する場合は、一意の値を入力します。If you type a new value, type a unique value.

  8. [データベース認証] の既定値は、"Windows 認証" です。In Database Authentication, the default is Windows Authentication. [SQL 認証] を選択する場合は、SharePoint 管理者ガイドを参照して、SharePoint 配置でその認証の種類を使用するためのベスト プラクティスを確認してください。If you choose SQL Authentication, refer to the SharePoint administrator guide for best practices on how to use this authentication type in a SharePoint deployment.

  9. [Web アプリケーションの関連付け] セクションで、現在の Reporting Services サービス アプリケーションによるアクセス用に準備する Web アプリケーションを選択します。In the Web Application Association section, select the Web Application to be provisioned for access by the current Reporting Services Service Application. 1 つの Reporting Services サービス アプリケーションを 1 つの Web アプリケーションに関連付けることができます。You can associate one Reporting Services service application to one web application. 現在のすべての Web アプリケーションが既に Reporting Services サービス アプリケーションと関連付けられている場合は、警告メッセージが表示されます。If all of the current web applications are already associated with a Reporting Services service application, you see a warning message.

  10. [OK] をクリックします。Click OK.

  11. サービス アプリケーションの作成処理には数分かかることがあります。The process to create a service application could take several minutes to complete. 完了すると、確認メッセージと、 [サブスクリプションと警告の準備] ページへのリンクが表示されます。When it is complete, you will see a confirmation message and a link to a Provision Subscriptions and Alerts page. Reporting ServicesReporting Services のサブスクリプション機能と警告機能を使用する場合は、準備手順を行います。Complete the provision step if you want to use the Reporting ServicesReporting Services subscriptions and alerts features. 詳細については、「SSRS サービス アプリケーションを使用するためのサブスクリプションと警告の準備」を参照してください。For more information, see Provision Subscriptions and Alerts for SSRS Service Applications.

PowerShell 関連コンテンツPowerShell を使用して作成する方法について、Reporting ServicesReporting Servicesサービス アプリケーションを参照してくださいReporting Services サービス アプリケーションを作成するにはPowerShell を使用してします。PowerShell related content For information on using PowerShell to create a Reporting ServicesReporting Services service application, see To create a Reporting Services Service Application using PowerShell.

Power View のサイト コレクション機能を有効にします。Activate the Power View Site Collection Feature.

Power ViewPower View、、の機能SQL Server 2014SQL Server 2014Reporting ServicesReporting Services用アドインMicrosoftMicrosoft SharePoint Server 2010SharePoint Server 2010 Enterprise Edition では、サイト コレクション機能です。, a feature of SQL Server 2014SQL Server 2014Reporting ServicesReporting Services Add-in for MicrosoftMicrosoftSharePoint Server 2010SharePoint Server 2010 Enterprise Edition, is a site collection feature. この機能は、ルート サイト コレクションと、 Reporting ServicesReporting Services アドインのインストール後に作成されたサイト コレクションで自動的にアクティブ化されます。The feature is activated automatically for root site collections and site collections created after the Reporting ServicesReporting Services add-in is installed. Power ViewPower Viewを使用する場合は、この機能がアクティブ化されていることを確認してください。If you plan to use Power ViewPower View, verify that the feature is activated.

SharePoint 2010 製品のインストール後に SharePoint 2010 製品用の Reporting ServicesReporting Services アドインをインストールした場合、レポート サーバーの統合機能と Power View の統合機能はルート サイト コレクションでのみアクティブ化されます。If you install the Reporting ServicesReporting Services add-in for SharePoint 2010 Products after the installation of the SharePoint 2010 product, then the Report Server integration feature and the Power View integration feature will only be activated for root site collections. 他のサイト コレクションについては、この機能を手動でアクティブ化します。For other site collections, manually activate the features.

Power View 機能をアクティブ化するにはTo Activate the Power View Feature

  1. ブラウザーで目的の SharePoint サイトを開きます。Open your browser to the desired SharePoint site.

  2. [サイトの操作] をクリックします。Click Site Actions.

  3. [サイトの設定] をクリックします。Click Site Settings.

  4. [サイト コレクションの管理] グループで [サイト コレクションの機能] をクリックします。Click Site Collection Features in the Site Collection Administration Group.

  5. 一覧で [Power View 統合機能] を探します。Find Power View Integration Feature in the list.

  6. [アクティブ化] をクリックします。Click Activate.

この手順は、サイト コレクションごとに実行します。This procedure is completed per site collection. 詳細については、次を参照してください。レポート サーバーと SharePoint の Power View の統合機能のアクティブ化します。For more information, see Activate the Report Server and Power View Integration Features in SharePoint .

その他の構成Additional Configuration

このセクションでは、SharePoint のほとんどの配置で重要になる追加の構成手順について説明します。This section describes additional configuration steps that are important in most SharePoint deployments.

サブスクリプションと警告の準備Provision Subscriptions and Alerts

Reporting ServicesReporting Services のサブスクリプションとデータ警告の機能を利用するには、SQL Server エージェントの権限の構成が必要になる場合があります。The Reporting ServicesReporting Services subscription and data alert features may require the configuration of SQL Server Agent permissions. SQL Server エージェントが実行中であるにもかかわらず、SQL Server エージェントが必要であることを示すエラー メッセージが表示された場合は、権限を更新します。If you see an error message that indicates SQL Server Agent is required and you have verified SQL Server Agent is running, update the permissions. サービス アプリケーション作成成功ページの [サブスクリプションと警告の準備] リンクをクリックして、SQL Server エージェントを準備するための別のページに移動します。You can click the link Provision Subscriptions and Alerts on the create service application success page to go to another page for provisioning SQL Server Agent. 配置がコンピューターの境界をまたいでいる場合は (たとえば、SQL Server データベース インスタンスが異なるコンピューターにある場合)、準備手順を行う必要があります。The provision step is needed if your deployment crosses machine boundaries, for example when the SQL Server database instance is on a different machine. 詳細については、「 SSRS サービス アプリケーションを使用するためのサブスクリプションと警告の準備」をご覧くださいFor more information, see Provision Subscriptions and Alerts for SSRS Service Applications

電子メール サービス アプリケーションを構成します。Configure e-mail for a service application

Reporting ServicesReporting Services のデータ警告機能は、電子メール メッセージで警告を送信します。The Reporting ServicesReporting Services data alerts feature sends alerts in e-mail messages. 電子メールを送信するには、 Reporting ServicesReporting Services サービス アプリケーションを構成して、このサービス アプリケーションの電子メール配信拡張機能を変更しなければならない場合があります。To send e-mail you may need to configure your Reporting ServicesReporting Services service application and you may need to modify the e-mail delivery extension for the service application. Reporting ServicesReporting Services サブスクリプション機能の電子メール配信拡張機能を使用する場合は、電子メールの設定が必要です。If you plan to use the e-mail delivery extension for the Reporting ServicesReporting Services subscription feature, the e-mail settings are required. 詳細については、「Reporting Services サービス アプリケーションの電子メールの構成 (SharePoint 2010 および SharePoint 2013)」を参照してください。For more information, see Configure E-mail for a Reporting Services Service Application (SharePoint 2010 and SharePoint 2013)

Reporting Services のコンテンツの種類を追加Add Reporting Services Content Types

Reporting ServicesReporting Services では、共有データ ソース (.rsds) ファイル、レポート モデル (.smdl)、レポート ビルダーのレポート定義 (.rdl) ファイルを管理する際に使用されるコンテンツの種類が、あらかじめ定義されています。provides predefined content types that are used to manage shared data source (.rsds) files, report models (.smdl), and Report Builder report definition (.rdl) files. コンテンツの種類として、 [レポート ビルダー レポート][レポート モデル]、および [レポート データ ソース] をライブラリに追加すると、 [新規作成] コマンドが有効になり、その種類のドキュメントを新規作成できるようになります。Adding a Report Builder Report, Report Model, and Report Data Source content type to a library enables the New command so that you can create new documents of that type. 詳細については、次を参照してください。追加レポート サーバー コンテンツ タイプをライブラリに(Reporting Services SharePoint 統合モードで)します。For more information, see Add Report Server Content Types to a Library (Reporting Services in SharePoint Integrated Mode).

ファイル同期機能のアクティブ化Activate the File sync feature

ユーザーがパブリッシュ済みレポート アイテムを SharePoint ドキュメント ライブラリに頻繁に直接アップロードする場合は、レポート サーバーのファイル同期機能が役立ちます。If users will frequently upload published report items directly to SharePoint document libraries, the report server file sync feature will be beneficial. ファイル同期機能では、レポート サーバー カタログとドキュメント ライブラリのアイテムの同期が、より頻繁に行われます。The file sync feature will synchronize the report server catalog with items in document libraries on a more frequent basis. 詳しくは、「 SharePoint サーバーの全体管理でレポート サーバーのファイル同期機能をアクティブにする」をご覧ください。For more information, see Activate the Report Server File Sync Feature in SharePoint Central Administration.

参照See Also

Reporting Services SharePoint モード用の PowerShell コマンドレット PowerShell cmdlets for Reporting Services SharePoint Mode
SQL Server 2012 の各エディションでサポートされる機能 Features Supported by the Editions of SQL Server 2012
Reporting Services の SharePoint サービスとサービス アプリケーションReporting Services SharePoint Service and Service Applications