インストール ウィザードのヘルプInstallation Wizard help

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

この記事では、SQL ServerSQL Server インストール ウィザードの構成ページの一部について説明します。This article describes some of the configuration pages in the SQL ServerSQL Server Installation Wizard.

[インスタンスの構成] ページInstance Configuration page

インストール ウィザードの [インスタンスの構成] SQL ServerSQL Server ページを使用して、 SQL ServerSQL Serverの既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスのどちらを作成するのかを指定します。Use the Instance Configuration page of the SQL ServerSQL Server Installation Wizard to specify whether to create a default instance or a named instance of SQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Server のインスタンスがまだインストールされていない場合は、名前付きインスタンスを指定しない限り、既定のインスタンスが作成されます。If an instance of SQL ServerSQL Server isn't already installed, a default instance is created unless you specify a named instance.

SQL ServerSQL Server インスタンスは、照合順序などのオプションに固有の設定を持つ異なるサービス セットから構成されます。Each instance of SQL ServerSQL Server consists of a distinct set of services that have specific settings for collations and other options. ディレクトリ構造、レジストリ構造、およびサービス名には、すべて SQL ServerSQL Server セットアップ中に作成されるインスタンス名および特定のインスタンス ID が反映されます。The directory structure, registry structure, and service names all reflect the instance name and a specific instance ID that were created during SQL ServerSQL Server Setup.

インスタンスには、既定のインスタンスと名前付きインスタンスがあります。An instance is either the default instance or a named instance. 既定のインスタンス名は MSSQLSERVER です。The default instance name is MSSQLSERVER. 既定の名前では、接続時にクライアントでインスタンス名を指定する必要はありません。The default name doesn't require a client to specify the name of the instance to make a connection. 名前付きインスタンスは、ユーザーがセットアップ中に指定します。A named instance is determined by the user during Setup. 先に既定のインスタンスをインストールしなくても、 SQL ServerSQL Server を名前付きインスタンスとしてインストールできます。You can install SQL ServerSQL Server as a named instance without installing the default instance first. 既定のインスタンスにできるのは、バージョンにかかわらず、一度に 1 つの SQL ServerSQL Server インストールだけです。Only one installation of SQL ServerSQL Server, no matter the version, can be the default instance at one time.

注意

SQL ServerSQL Server SysPrep では、 [インスタンスの構成] ページで準備済みインスタンスを完了するときにインスタンス名を指定できます。With SQL ServerSQL Server SysPrep, you can specify the instance name when you complete a prepared instance on the Instance Configuration page. コンピューター上に SQL ServerSQL Server の既存のインスタンスがない場合は、完了しようとしている準備済みインスタンスを既存のインスタンスとして構成できます。You can configure the prepared instance you're completing as a default instance if there is no existing default instance of SQL ServerSQL Server on the machine.

複数インスタンスMultiple instances

SQL ServerSQL Server では、1 台のサーバー (1 つのプロセッサ) 上に複数の SQL ServerSQL Server インスタンスをインストールできます。ただし、既定のインスタンスにできるのはそのうち 1 つだけです。supports multiple instances of SQL ServerSQL Server on a single server or processor, but only one instance can be the default instance. その他のインスタンスはすべて、名前付きインスタンスにする必要があります。All others must be named instances. コンピューターは SQL ServerSQL Server の複数のインスタンスを同時に実行でき、それぞれ他のインスタンスとは関係なく動作します。A computer can run multiple instances of SQL ServerSQL Server concurrently, and each instance runs independently of the other instances.

詳しくは、「SQL Server の最大容量仕様」をご覧ください。For more information, see Maximum capacity specifications for SQL Server.

OptionsOptions

フェールオーバー クラスター インスタンス のみ: SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターのネットワーク名を指定します。Failover cluster instances only: Specify the SQL ServerSQL Server failover cluster network name. この名前は、ネットワーク上のフェールオーバー クラスター インスタンスを識別します。This name identifies the failover cluster instance on the network.

既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスの決定: SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスと名前付きインスタンスのどちらをインストールするか決定する場合は、次の事項を考慮してください。Decide between a default or a named instance: Consider the following information when you decide whether to install a default or named instance of SQL ServerSQL Server:

  • データベース サーバー上で SQL ServerSQL Server の単独のインスタンスをインストールする場合は、そのインスタンスは既定のインスタンスであることが必要です。If you plan to install a single instance of SQL ServerSQL Server on a database server, it should be a default instance.

  • 同じコンピューターで複数のインスタンスの使用を計画している場合は、名前付きインスタンスを使用します。Use a named instance for situations where you plan to have multiple instances on the same computer. 1 台のサーバーでは、既定のインスタンスを 1 つしかホストできません。A server can host only one default instance.

  • SQL Server ExpressSQL Server Express をインストールするアプリケーションでは、名前付きインスタンスとしてインストールする必要があります。Any application that installs SQL Server ExpressSQL Server Express should install it as a named instance. これにより、複数のアプリケーションが同じコンピューターにインストールされたときの競合が最小限になります。This practice minimizes conflicts when multiple applications are installed on the same computer.

既定のインスタンス: SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスをインストールするには、このオプションを選択します。Default instance: Select this option to install a default instance of SQL ServerSQL Server. 1 台のコンピューターでホストできる既定のインスタンスは 1 つだけです。その他すべては名前付きインスタンスにする必要があります。A computer can host only one default instance; all other instances must be named. ただし、 SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスをインストールしている場合は、その同じコンピューターに Analysis ServicesAnalysis Services の既定のインスタンスを追加できます。However, if you have a default instance of SQL ServerSQL Server installed, you can add a default instance of Analysis ServicesAnalysis Services to the same computer.

名前付きインスタンス: 新しい名前付きインスタンスを作成するには、このオプションを選択します。Named instance: Select this option to create a new named instance. SQL ServerSQL Server のインスタンスに名前を付けるときは、次の情報に注意してください。Be aware of the following information when you name an instance of SQL ServerSQL Server:

  • インスタンス名では大文字と小文字が区別されません。Instance names aren't case-sensitive.

  • インスタンス名の先頭または末尾にアンダースコア () を使用することはできません。Instance names can't start or end with an underscore ().

  • インスタンス名には、"Default" などの予約されたキーワードを含めることはできません。Instance names can't contain the term "Default" or other reserved keywords. 予約されたキーワードをインスタンス名に使用すると、セットアップ エラーが発生します。If a reserved keyword is used in an instance name, a Setup error occurs. 詳細については、「予約済みキーワード (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see Reserved keywords (Transact-SQL).

  • インスタンス名として MSSQLSERVER を指定すると、既定のインスタンスが作成されます。If you specify MSSQLSERVER for the instance name, a default instance is created.

  • Microsoft SQL Server 2016 Power Pivot for SharePointMicrosoft SQL Server 2016 Power Pivot for SharePoint は、常に "Power PivotPower Pivot" の名前付きインスタンスとしてインストールされます。An installation of Microsoft SQL Server 2016 Power Pivot for SharePointMicrosoft SQL Server 2016 Power Pivot for SharePoint is always installed as a named instance of "Power PivotPower Pivot". この機能ロール用に別のインスタンス名を指定することはできません。You can't specify a different instance name for this feature role.

  • インスタンス名は最大 16 文字まで指定できます。Instance names are limited to 16 characters.

  • インスタンス名の先頭は文字にする必要があります。The first character in the instance name must be a letter. 使用できる文字は、Unicode 規格 2.0 で定義されている文字です。Acceptable letters are the ones defined by the Unicode Standard 2.0. これらの文字には、ラテン文字 a から z と A から Z、および各国言語の文字が含まれます。These letters include Latin characters a-z, A-Z, and letter characters from other languages.

  • 2 文字目以降では、Unicode 規格 2.0 で定義されている文字、Basic Latin またはその他言語の 10 進数、ドル記号 ($)、アンダースコア () を使用できます。Subsequent characters can be letters defined by the Unicode Standard 2.0, decimal numbers from Basic Latin or other national scripts, the dollar sign ($), or an underscore ().

  • 埋め込み型スペースなどの特殊文字は、インスタンス名に使用できません。Embedded spaces or other special characters aren't allowed in instance names. 円記号 (\)、コンマ (,)、コロン (:)、セミコロン (;)、単一引用符 (')、アンパサンド (&)、ハイフン (-)、およびアット マーク (@) も使用できません。The backslash (\), comma (,), colon (:), semicolon (;), single quotation mark ('), ampersand (&), hyphen (-), and at sign (@) also aren't allowed.

    現在の Windows コード ページで有効な文字だけを SQL ServerSQL Server インスタンス名に使用できます。Only characters that are valid in the current Windows code page can be used in SQL ServerSQL Server instance names. サポートされていない Unicode 文字を使用すると、セットアップ エラーが発生します。If an unsupported Unicode character is used, a Setup error occurs.

検出されたインスタンスと機能: SQL ServerSQL Server セットアップを実行中のコンピューターにインストールされている SQL ServerSQL Server インスタンスとコンポーネントが一覧表示されます。Detected instances and features: View a list of installed SQL ServerSQL Server instances and components on the computer where SQL ServerSQL Server Setup is running.

インスタンス ID: 既定では、インスタンス名がインスタンス ID として使用されます。Instance ID: By default, the instance name is used as the instance ID. この ID は、SQL ServerSQL Server のインスタンスのインストール ディレクトリとレジストリ キーを識別するために使用されます。This ID is used to identify installation directories and registry keys for your instance of SQL ServerSQL Server. 既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も、同じ動作が発生します。The same behavior occurs for default instances and named instances. 既定のインスタンスの場合、インスタンス名とインスタンス ID は、MSSQLSERVER になります。For a default instance, the instance name and instance ID are MSSQLSERVER. 既定以外のインスタンス ID を使用するには、Instance ID フィールドで指定します。To use a nondefault instance ID, specify it in the Instance ID field.

重要

SQL ServerSQL Server SysPrep では、[インスタンスの構成] ページに表示されるインスタンス ID は、SQL ServerSQL Server SysPrep プロセスのイメージの準備手順で指定したインスタンス ID です。With SQL ServerSQL Server SysPrep, the instance ID displayed on the Instance Configuration page is the instance ID you specified during the prepare image step of the SQL ServerSQL Server SysPrep process. イメージの完了手順では別のインスタンス ID を指定できません。You won't be able to specify a different instance ID during the complete image step.

注意

アンダースコア () で始まるインスタンス ID や、シャープ記号 (#) またはドル記号 ($) を含むインスタンス ID はサポートされません。Instance IDs that begin with an underscore () or that contain the number sign (#) or the dollar sign ($) aren't supported.

ディレクトリ、ファイルの場所、およびインスタンス ID の名前付けの詳細については、「SQL Server の既定のインスタンスおよび名前付きインスタンスのファイルの場所」を参照してください。For more information about directories, file locations, and instance ID naming, see File locations for default and named instances of SQL Server.

SQL ServerSQL Server の特定のインスタンスを構成するすべてのコンポーネントは 1 つの単位として管理されます。All components of a given instance of SQL ServerSQL Server are managed as a unit. すべての SQL ServerSQL Server Service Pack とアップグレードが、SQL ServerSQL Server のインスタンスの各コンポーネントに適用されます。All SQL ServerSQL Server service packs and upgrades apply to every component of an instance of SQL ServerSQL Server.

同じインスタンス名を持つすべての SQL ServerSQL Server コンポーネントは、次の条件を満たす必要があります。All components of SQL ServerSQL Server that share the same instance name must meet the following criteria:

  • 同じバージョンSame version
  • 同じエディションSame edition
  • 同じ言語設定Same language settings
  • 同じクラスター状態Same clustered state
  • 同じオペレーティング システムSame operating system

注意

Reporting ServicesReporting Services はクラスターに対応していません。isn't cluster-aware.

[Analysis Services の構成] - [アカウントの準備] ページAnalysis Services Configuration - Account Provisioning page

このページを使用すると、サーバー モードを設定し、Analysis ServicesAnalysis Services への無制限アクセスを必要とするユーザーまたはサービスに管理権限を付与することができます。Use this page to set the server mode and to grant administrative permissions to users or services that require unrestricted access to Analysis ServicesAnalysis Services. セットアップでは、ローカル Windows グループ BUILTIN\Administrators が、インストールするインスタンスの Analysis ServicesAnalysis Services サーバー管理者ロールに自動的に追加されません。Setup doesn't automatically add the local Windows group BUILTIN\Administrators to the Analysis ServicesAnalysis Services server administrator role of the instance you're installing. サーバー管理者ロールにローカルの Administrators グループを追加する場合は、そのグループを明示的に指定する必要があります。If you want to add the local Administrators group to the server administrator role, you must explicitly specify that group.

Power Pivot for SharePointPower Pivot for SharePoint をインストールする場合は、SharePoint Server 2010SharePoint Server 2010 ファームでの Power PivotPower Pivot サーバーの配置に責任を負う SharePoint ファーム管理者またはサービス管理者に管理権限を付与してください。If you're installing Power Pivot for SharePointPower Pivot for SharePoint, be sure to grant administrative permissions to SharePoint farm administrators or service administrators who are responsible for a Power PivotPower Pivot server deployment in a SharePoint Server 2010SharePoint Server 2010 farm.

OptionsOptions

[サーバー モード] : サーバー モードでは、サーバーに配置できる Analysis ServicesAnalysis Services データベースの種類を指定します。Server Mode: The server mode specifies the type of Analysis ServicesAnalysis Services databases that can be deployed to the server. セットアップ中に指定したサーバー モードを後で変更することはできません。Server modes are determined during Setup and can't be modified later. 各モードは互いに排他的です。そのため、従来のオンライン分析処理 (OLAP) ソリューションとテーブル モデル ソリューションの両方をサポートする場合は、それぞれ異なるモードで構成した 2 つの Analysis ServicesAnalysis Services のインスタンスが必要になります。Each mode is mutually exclusive, which means that you need two instances of Analysis ServicesAnalysis Services, each configured for a different mode, to support both classic online analytical processing (OLAP) and tabular model solutions.

[管理者の指定] : SQL ServerSQL Server のインスタンスのサーバー管理者を少なくとも 1 人指定する必要があります。Specify Administrators: You must specify at least one server administrator for the instance of SQL ServerSQL Server. 指定したユーザーまたはグループは、インストールする Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスのサーバー管理者ロールのメンバーになります。The users or groups that you specify become members of the server administrator role of the Analysis ServicesAnalysis Services instance you're installing. これらのメンバーは、ソフトウェアをインストールするコンピューターと同じドメインの Windows ドメイン ユーザー アカウントを持つ必要があります。These members must have Windows domain user accounts in the same domain as the computer on which you're installing the software.

注意

ユーザー アカウント制御 (UAC) は Windows セキュリティ機能であり、管理操作または管理アプリケーションの承認を管理者が実行前に明示的に行う必要があります。User Account Control (UAC) is a Windows security feature that requires an administrator to specifically approve administrative actions or applications before they're allowed to run. UAC は既定でオンになっているため、高度な特権を必要とする特定の操作について許可するよう求めるメッセージが表示されます。Because UAC is on by default, you'll be prompted to allow specific operations that require elevated privileges. UAC を構成して既定の動作を変更することも、特定のプログラム用に UAC をカスタマイズすることもできます。You can configure UAC to change the default behavior or you can customize UAC for specific programs. UAC および UAC 構成の詳細については、「User Account Control Step by Step Guide (Windows ユーザー アカウント制御手順ガイド)」と「User Account Control (ユーザー アクセス制御)」 (Wikipedia) を参照してください。For more information about UAC and UAC configuration, see the User Account Control step-by-step guide and User Account Control (Wikipedia).

関連項目See also

[Analysis Services の構成] - [データ ディレクトリ] ページAnalysis Services Configuration - Data Directories page

次の表にある既定のディレクトリは、SQL ServerSQL Server のセットアップ中にユーザーが構成できます。The default directories in the following table are user-configurable during SQL ServerSQL Server Setup. これらのファイルへのアクセス許可は、ローカル管理者と、セットアップ中に作成およびプロビジョニングされる SQLServerMSASUser$<instance> セキュリティ グループのメンバーに付与されます。Permission to access these files is granted to local administrators and to members of the SQLServerMSASUser$<instance> security group that's created and provisioned during Setup.

UI 要素の一覧UI element list

説明Description 既定のディレクトリDefault directory 推奨事項Recommendations
データ ルート ディレクトリData root directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Data<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Data\ \Program files\Microsoft SQL Server\ フォルダーが権限の制限により保護されていることを確認してください。Ensure that the \Program files\Microsoft SQL Server\ folder is protected with limited permissions. Analysis ServicesAnalysis Services のパフォーマンスは、多くの構成で、データ ディレクトリが配置されているストレージのパフォーマンスに依存します。performance depends, in many configurations, on the performance of the storage on which the data directory is located. このディレクトリは、システムに割り当てられている中でパフォーマンスが最も高いストレージに配置してください。Place this directory on the highest-performing storage that is attached to the system. フェールオーバー クラスターのインストールの場合は、データ ディレクトリが共有ディスク上に配置されるようにしてください。For failover cluster installations, ensure that data directories are placed on the shared disk.
ログ ファイル ディレクトリLog file directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Log<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Log\ このディレクトリは Analysis ServicesAnalysis Services ログ ファイルのディレクトリであり、FlightRecorder ログを含んでいます。This directory is for Analysis ServicesAnalysis Services log files, and it includes the FlightRecorder log. フライト レコーダーの時間を増加する場合、ログ ディレクトリに十分な容量があることを確認してください。If you increase the flight recorder duration, ensure that the log directory has adequate space.
Temp ディレクトリTemp directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Temp<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Temp\ Temp ディレクトリは、高パフォーマンスのストレージ サブシステムに配置してください。Place the Temp directory on a high-performance storage subsystem.
バックアップ ディレクトリBackup directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Backup<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Backup\ このディレクトリは、Analysis ServicesAnalysis Services の既定のバックアップ ファイルのディレクトリです。This directory is for Analysis ServicesAnalysis Services default backup files. Power PivotPower Pivot for SharePoint のインストールでは、このディレクトリには Power PivotPower Pivot システム サービスによって Power PivotPower Pivot データ ファイルもキャッシュされます。For Power PivotPower Pivot for SharePoint installations, this directory is also where the Power PivotPower Pivot System Services caches Power PivotPower Pivot data files.

データの損失を防ぐために適切な権限を設定し、バックアップ ディレクトリに書き込むための適切な権限が Analysis ServicesAnalysis Services のユーザー グループに付与されるようにしてください。Ensure appropriate permissions are set to prevent data loss, and that the user group for Analysis ServicesAnalysis Services has adequate permissions to write to the backup directory. マップされたドライブをバックアップ ディレクトリに使用することはサポートされていません。Using a mapped drive for backup directories isn't supported.

考慮事項Considerations

  • Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスでは、SharePoint ファームに配置されるときに、アプリケーション ファイル、データ ファイル、およびコンテンツ データベースのプロパティとサービス アプリケーション データベースのプロパティが格納されます。When Analysis ServicesAnalysis Services instances are deployed on a SharePoint farm, they store application files, data files, and properties in content databases and service-application databases.

  • 既存のインストールに機能を追加する場合、前にインストールした機能の場所は変更できません。また、新しい機能のインストール場所を指定することもできません。When you add features to an existing installation, you can't change the location of a previously installed feature, nor can you specify the location for a new feature.

  • SQL Server のフォルダーおよびファイルの種類を除外するように、ウイルス対策アプリケーションやスパイウェア対策アプリケーションなどのスキャン ソフトウェアを構成することが必要な場合があります。You might need to configure scanning software, such as antivirus and antispyware applications, to exclude SQL Server folders and file types. 詳細については、「SQL Server を実行しているコンピューター上で実行するウイルス対策ソフトウェア」のサポート記事を参照してください。Review this support article for more information: Antivirus software on computers running SQL Server.

  • 既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリを、SQL ServerSQL Server の他のインスタンスのディレクトリと共有しないでください。Don't share directories in this dialog box with directories from other instances of SQL ServerSQL Server. また、SQL ServerSQL Server のインスタンス内の データベース エンジンDatabase Engine コンポーネントと Analysis ServicesAnalysis Services コンポーネントは、別のディレクトリにインストールしてください。Also install the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services components within an instance of SQL ServerSQL Server to separate directories.

  • 次の状況では、プログラム ファイルとデータ ファイルをインストールすることができません。Program files and data files can't be installed in the following situations:

    • リムーバブル ディスク ドライブOn a removable disk drive
    • 圧縮を使用したファイル システムOn a file system that uses compression
    • システム ファイルが配置されているディレクトリTo a directory where system files are located

関連項目See also

ディレクトリ、ファイルの場所、およびインスタンス ID の名前付けの詳細については、「SQL Server の既定のインスタンスおよび名前付きインスタンスのファイルの場所」を参照してください。For more information about directories, file locations, and instance ID naming, see File locations for default and named instances of SQL Server.

[Analysis Services の構成] - [データ ディレクトリ] ページAnalysis Services Configuration - Data Directories page

次の表にある既定のディレクトリは、SQL ServerSQL Server のセットアップ中にユーザーが構成できます。The default directories in the following table are user-configurable during SQL ServerSQL Server Setup. これらのファイルへのアクセス許可は、ローカル管理者と、セットアップ中に作成およびプロビジョニングされる SQLServerMSASUser$<instance> セキュリティ グループのメンバーに付与されます。Permission to access these files is granted to local administrators and to members of the SQLServerMSASUser$<instance> security group that's created and provisioned during Setup.

UI 要素の一覧UI element list

説明Description 既定のディレクトリDefault directory 推奨事項Recommendations
データ ルート ディレクトリData root directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Data<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Data \Program files\Microsoft SQL Server\ フォルダーが権限の制限により保護されていることを確認してください。Ensure that the \Program files\Microsoft SQL Server\ folder is protected with limited permissions. Analysis ServicesAnalysis Services のパフォーマンスは、多くの構成で、データ ディレクトリが配置されているストレージのパフォーマンスに依存します。performance depends, in many configurations, on the performance of the storage on which the data directory is located. このディレクトリは、システムに割り当てられている中でパフォーマンスが最も高いストレージに配置してください。Place this directory on the highest-performing storage that's attached to the system. フェールオーバー クラスターのインストールの場合は、データ ディレクトリが共有ディスク上に配置されるようにしてください。For failover cluster installations, ensure that the data directories are placed on the shared disk.
ログ ファイル ディレクトリLog file directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Log<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Log このディレクトリは Analysis ServicesAnalysis Services ログ ファイルのディレクトリであり、FlightRecorder ログを含んでいます。This directory is for Analysis ServicesAnalysis Services log files, and it includes the FlightRecorder log. フライト レコーダーの時間を増加する場合、ログ ディレクトリに十分な容量があることを確認してください。If you increase the flight-recorder duration, ensure that the log directory has adequate space.
Temp ディレクトリTemp directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Temp<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Temp Temp ディレクトリは、高パフォーマンスのストレージ サブシステムに配置してください。Place the Temp directory on a high-performance storage subsystem.
バックアップ ディレクトリBackup directory <Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Backup<Drive:>\Program Files\Microsoft SQL Server\MSASnn.<InstanceID>\OLAP\Backup このディレクトリは、Analysis ServicesAnalysis Services の既定のバックアップ ファイルのディレクトリです。This directory is for Analysis ServicesAnalysis Services default backup files. Power PivotPower Pivot for SharePoint のインストールでは、ここは Power PivotPower Pivot システム サービスによって Power PivotPower Pivot データ ファイルがキャッシュされる場所でもあります。For Power PivotPower Pivot for SharePoint installations, it's also where the Power PivotPower Pivot System Services caches Power PivotPower Pivot data files.

データの損失を防ぐために適切な権限を設定し、バックアップ ディレクトリに書き込むための適切な権限が Analysis ServicesAnalysis Services サービスのユーザー グループに付与されるようにしてください。Ensure appropriate permissions are set to prevent data loss, and that the user group for the Analysis ServicesAnalysis Services service has adequate permissions to write to the backup directory. マップされたドライブをバックアップ ディレクトリに使用することはサポートされていません。Using a mapped drive for backup directories isn't supported.

考慮事項Considerations

  • Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスでは、SharePoint ファームに配置されるときに、アプリケーション ファイル、データ ファイル、およびコンテンツ データベースのプロパティとサービス アプリケーション データベースのプロパティが格納されます。When Analysis ServicesAnalysis Services instances are deployed on a SharePoint farm, they store application files, data files, and properties in content databases and service-application databases.

  • 既存のインストールに機能を追加する場合、前にインストールした機能の場所は変更できません。また、新しい機能のインストール場所を指定することもできません。When you add features to an existing installation, you can't change the location of a previously installed feature, nor can you specify the location for a new feature.

  • SQL Server のフォルダーおよびファイルの種類を除外するように、ウイルス対策アプリケーションやスパイウェア対策アプリケーションなどのスキャン ソフトウェアを構成することが必要な場合があります。You might need to configure scanning software, such as antivirus and antispyware applications, to exclude SQL Server folders and file types. 詳細については、Antivirus software on computers running SQL Server (SQL Server を実行するコンピューター上のウイルス対策ソフトウェア) に関する記事をご覧ください。For more information, see Antivirus software on computers running SQL Server.

  • 既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリを、SQL ServerSQL Server の他のインスタンスのディレクトリと共有しないでください。Don't share the directories in this dialog box with directories from other instances of SQL ServerSQL Server. また、SQL ServerSQL Server のインスタンス内の データベース エンジンDatabase Engine コンポーネントと Analysis ServicesAnalysis Services コンポーネントは、別のディレクトリにインストールしてください。Also install the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services components within an instance of SQL ServerSQL Server to separate directories.

  • 次の状況では、プログラム ファイルとデータ ファイルをインストールすることができません。Program files and data files can't be installed in the following situations:

    • リムーバブル ディスク ドライブOn a removable disk drive
    • 圧縮を使用したファイル システムOn a file system that uses compression
    • システム ファイルが配置されているディレクトリTo a directory where system files are located

関連項目See also

[データベース エンジンの構成] - [サーバー構成] ページDatabase Engine Configuration - Server Configuration page

このページは、SQL ServerSQL Server セキュリティ モードを設定し、Windows ユーザーまたはグループを SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine の管理者として追加するために使用します。Use this page to set the SQL ServerSQL Server security mode and to add Windows users or groups as administrators of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine.

SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) の実行に関する注意点Considerations for running SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)

以前のバージョンの SQL ServerSQL Server では、データベース エンジンDatabase Engineのログインとして BUILTIN\Administrators グループが準備され、ローカル Administrators グループのメンバーは、管理者資格情報を使用してログインできました。In previous versions of SQL ServerSQL Server, the BUILTIN\Administrators group was provisioned as a login in the データベース エンジンDatabase Engine and members of the local Administrators group could log in by using their Administrator credentials. しかし、引き上げられたアクセス許可を使用するのはベスト プラクティスではありません。However, using elevated permissions isn't a best practice.

SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) では、BUILTIN\Administrators グループはログインとして準備されていません。In SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x), the BUILTIN\Administrators group isn't provisioned as a login. SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) の新しいインスタンスのインストール時に、管理ユーザーごとに SQL ServerSQL Server ログインを作成し、そのログインを sysadmin 固定サーバー ロールに追加する必要があります。Make sure you create a SQL ServerSQL Server login for each administrative user, and add that login to the sysadmin fixed server role during the installation of a new instance of SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x). レプリケーション エージェント ジョブをなどの SQL ServerSQL Server エージェント ジョブを実行する Windows アカウントに対しても同じようにします。Do the same for Windows accounts that run SQL ServerSQL Server agent jobs, including replication agent jobs.

OptionsOptions

[セキュリティ モード] : インストール用に Windows 認証または混合モード認証を選択します。Security Mode: Select Windows Authentication or Mixed Mode Authentication for your installation.

[Windows Principal Provisioning](Windows プリンシパルのプロビジョニング) : 以前のバージョンの SQL ServerSQL Server では、Windows の BUILTIN\Administrators ローカル グループが SQL ServerSQL Server sysadmin サーバー ロールに配置されました。これにより、Windows 管理者に対し、SQL ServerSQL Server のインスタンスへのアクセスが実質的に許可されました。Windows Principal Provisioning: In previous versions of SQL ServerSQL Server, the Windows BUILTIN\Administrators local group was placed into the SQL ServerSQL Server sysadmin server role, effectively granting Windows administrators access to the instance of SQL ServerSQL Server. SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) では、BUILTIN\Administrators グループは sysadmin サーバー ロールで提供されません。In SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x), the BUILTIN\Administrators group isn't provisioned in the sysadmin server role. 代わりに、セットアップ時に新規インストール用の SQL ServerSQL Server 管理者を明示的に用意する必要があります。Instead, you should explicitly provision SQL ServerSQL Server administrators for new installations during Setup.

重要

セットアップ時に新規インストール用の SQL ServerSQL Server 管理者を明示的に用意する必要があります。You must explicitly provision SQL ServerSQL Server administrators for new installations during Setup. セットアップは、この手順を完了するまで続行できません。Setup won't allow you to continue until you complete this step.

[SQL ServerSQL Server 管理者の指定] : SQL ServerSQL Server のインスタンスの Windows プリンシパルを少なくとも 1 つ指定する必要があります。Specify SQL ServerSQL Server Administrators: You must specify at least one Windows principal for the instance of SQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Server のセットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] ボタンを選択します。To add the account under which SQL ServerSQL Server Setup is running, select the Add Current User button. システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、[追加] または [削除] を選択し、SQL ServerSQL Server のインスタンスについて管理者特権を持っているユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, select Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that will have administrator privileges for the instance of SQL ServerSQL Server.

一覧の編集が完了したら、 [OK] を選択し、構成ダイアログ ボックスで管理者の一覧を確認します。When you're finished editing the list, select OK, then verify the list of administrators in the configuration dialog box. 一覧が完成したら、 [次へ] を選択します。If the list is complete, select Next.

混合モード認証を選択した場合は、あらかじめ登録された SQL ServerSQL Server システム管理者 (sa) アカウントのログイン資格情報を入力する必要があります。If you select Mixed Mode Authentication, you must provide login credentials for the built-in SQL ServerSQL Server system administrator (sa) account.

重要

空白のパスワードは使用しないでください。Do not use a blank password. 強力なパスワードを使用してください。Use a strong password.

[Windows 認証モード] : Windows ユーザー アカウントでユーザーが接続すると、SQL ServerSQL Server ではオペレーティング システムの Windows プリンシパル トークンを使用してアカウント名とパスワードが検証されます。Windows Authentication Mode: When a user connects through a Windows user account, SQL ServerSQL Server validates the account name and password by using the Windows principal token in the operating system. Windows 認証は、既定の認証モードであり、混合モード認証よりはるかに安全性に優れています。Windows authentication is the default authentication mode, and it's much more secure than mixed mode authentication. Windows 認証では、Kerberos セキュリティ プロトコルを使用し、強力なパスワードに対して複雑な検証を行うという点で、パスワード ポリシーが強化されています。また、アカウント ロックアウトの機能が提供され、パスワード有効期限にも対応しています。Windows authentication uses the Kerberos security protocol, provides password-policy enforcement in terms of complexity validation for strong passwords, provides support for account lockout, and supports password expiration.

重要

可能な場合は、Windows 認証を使用します。When possible, use Windows authentication.

重要

空白のパスワードは使用しないでください。Do not use a blank password. 強力なパスワードを使用してください。Use a strong password.sa パスワードを空白のままにしたり、推測されやすいパスワードを設定したりしないでください。Never set a blank or weak sa password.

[混合モード] (Windows 認証または SQL ServerSQL Server 認証) : Windows 認証または SQL ServerSQL Server 認証を使用してユーザー接続を許可します。Mixed Mode (Windows Authentication or SQL ServerSQL Server Authentication): Allows users to connect by using Windows authentication or SQL ServerSQL Server authentication. Windows ユーザー アカウントで接続するユーザーは、Windows によって検証される信頼関係接続を使用することができます。Users who connect through a Windows user account can use trusted connections that are validated by Windows.

混合モード認証を選択する必要があり、レガシ アプリケーションに対応するために SQL ログインを使用する必要もある場合は、必ずすべての SQL ServerSQL Server アカウントに強力なパスワードを設定してください。If you must choose mixed mode authentication and you need to use SQL logins to accommodate legacy applications, you must set strong passwords for all SQL ServerSQL Server accounts.

注意

SQL ServerSQL Server 認証は旧バージョンとの互換性を維持するためだけに提供されます。authentication is provided for backward compatibility only. 可能な場合は、Windows 認証を使用します。When possible, use Windows authentication.

[パスワードの入力] : システム管理者 (sa) ログインを入力および確認します。Enter Password: Enter and confirm the system administrator (sa) login. パスワードは侵入者に対する防御の最前線であるため、システムのセキュリティにとって強力なパスワードを設定することは不可欠です。Passwords are the first line of defense against intruders, so setting strong passwords is essential to the security of your system. sa パスワードを空白のままにしないでください。また、推測しやすいパスワードを設定しないでください。Never set a blank or weak sa password.

注意

SQL ServerSQL Server パスワードは、文字、記号、数字の組み合わせを含む 1 ~ 128 文字で指定できます。passwords can contain from 1 to 128 characters, including any combination of letters, symbols, and numbers. 混合モード認証を選択する場合、インストール ウィザードの次のページに進む前に、強力な sa パスワードを入力する必要があります。If you choose mixed mode authentication, you must enter a strong sa password before you can continue to the next page of the Installation Wizard.

強力なパスワードのガイドラインStrong password guidelines

強力なパスワードとは、他人によってたやすく推測されず、コンピューター プログラムを使用して簡単にはハッキングされないパスワードです。Strong passwords aren't readily guessed by a person and aren't easily hacked by using a computer program. 強力なパスワードでは、次のような禁止された条件または用語を使用することはできません。Strong passwords can't use prohibited conditions or terms, including:

  • 空白または NULL 条件A blank or NULL condition
  • "Password""Password"
  • "Admin""Admin"
  • "Administrator""Administrator"
  • "sa""sa"
  • "sysadmin""sysadmin"

強力なパスワードには、インストール コンピューターに関連付けられた次のような用語を指定できません。A strong password can't be the following terms associated with the installation computer:

  • 現在、コンピューターにログインしているユーザーの名前The name of the user currently logged into the machine
  • コンピューター名The computer name

強力なパスワードは、長さ 9 文字以上で、以下の 4 つの条件のうち 3 つ以上を満たしている必要があります。A strong password must be more than 8 characters in length and satisfy at least three of the following four criteria:

  • 大文字を含んでいる。It must contain uppercase letters.
  • 小文字を含んでいる。It must contain lowercase letters.
  • 数字を含んでいる。It must contain numbers.
  • #、%、^ など、英数字以外の文字を含んでいる。It must contain non-alphanumeric characters; for example, #, %, or ^.

このページで入力するパスワードは、強力なパスワード ポリシーの要件を満たす必要があります。Passwords entered on this page must meet strong-password-policy requirements. SQL ServerSQL Server 認証を使用したオートメーションを使用している場合、必ず強力なパスワード ポリシーの要件を満たすパスワードを指定してください。If you have any automation that uses SQL ServerSQL Server authentication, ensure that the password meets strong-password-policy requirements.

関連項目See also

Windows 認証と SQL ServerSQL Server 認証のどちらを選択するかについて詳しくは、「認証モードの選択」を参照してください。For more information about choosing Windows authentication versus SQL ServerSQL Server authentication, see Choose an authentication mode.

SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine を実行するアカウントの選択の詳細については、「Windows サービス アカウントとアクセス許可の構成」をご覧ください。For more information about choosing an account to run the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, see Configure Windows service accounts and permissions.

[データベース エンジンの構成] - [データ ディレクトリ] ページDatabase Engine Configuration - Data Directories page

このページを使用して、SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engineのプログラムおよびデータ ファイルのインストール場所を指定します。Use this page to specify the installation location for the SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engine program and data files. インストールの種類により、サポートされるストレージにはローカル ディスク、共有ストレージ、または SMB ファイル サーバーが含まれる場合があります。Based on the type of installation, the supported storage may include local disk, shared storage, or an SMB file server.

SMB ファイル共有をディレクトリとして指定するには、サポートされている UNC パスを手動で入力する必要があります。To specify an SMB file share as a directory, you must manually type the supported UNC path. SMB ファイル共有を参照して指定することはできません。Browsing to an SMB file share isn't supported. SMB ファイル共有のサポートされる UNC パス形式の例を次に示します。The following example shows the supported UNC path format of an SMB file share:

\\<ServerName>\<ShareName>\...

SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスStandalone instance of SQL ServerSQL Server

次の表は、SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスでの、サポートされているストレージの種類と、SQL ServerSQL Server セットアップ中に構成できる既定のディレクトリの一覧です。For a standalone instance of SQL ServerSQL Server, the following table lists the supported storage types and the default directories that you can configure during SQL ServerSQL Server Setup:

UI 要素の一覧UI element list

説明Description サポートされているストレージの種類Supported storage types 既定のディレクトリDefault directory 推奨事項Recommendations
データ ルート ディレクトリData root directory ローカル ディスク、SMB ファイル サーバー、共有ストレージ*Local disk, SMB file server, shared storage* <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\ SQL ServerSQL Server セットアップにより、SQL ServerSQL Server ディレクトリのアクセス制御リスト (ACL) が構成され、構成の一部として継承が無効になります。Setup configures access control lists (ACLs) for SQL ServerSQL Server directories and breaks inheritance as part of configuration.
ユーザー データベース ディレクトリUser database directory ローカル ディスク、SMB ファイル サーバー、共有ストレージ*Local disk, SMB file server, shared storage* <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data ユーザー データ ディレクトリのベスト プラクティスは、ワークロードとパフォーマンスの要件によって異なります。Best practices for user data directories depend on workload and performance requirements.
ユーザー データベース ログ ディレクトリUser database log directory ローカル ディスク、SMB ファイル サーバー、共有ストレージ*Local disk, SMB file server, shared storage* <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data ログ ディレクトリに十分な領域があることを確認してください。Ensure that the log directory has adequate space.
バックアップ ディレクトリBackup directory ローカル ディスク、SMB ファイル サーバー、共有ストレージ*Local disk, SMB file server, shared storage* <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Backup<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Backup データの損失を防ぐために適切な権限を設定して、バックアップ ディレクトリに書き込むための適切な権限が SQL ServerSQL Server サービスのユーザー アカウントにあることを確認してください。Set appropriate permissions to prevent data loss, and ensure that the user account for the SQL ServerSQL Server service has adequate permissions to write to the backup directory. マップされたドライブをバックアップ ディレクトリに使用することはサポートされていません。Using a mapped drive for backup directories isn't supported.

* 共有ディスクがサポートされていますが、SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスに対して使用することはお勧めしません。* Although shared disks are supported, we don't recommend their use for a standalone instance of SQL ServerSQL Server.

SQL ServerSQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスFailover cluster instance of SQL ServerSQL Server

次の表は、SQL ServerSQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスでの、サポートされているストレージの種類と、SQL ServerSQL Server セットアップ中に構成できる既定のディレクトリの一覧です。For a failover cluster instance of SQL ServerSQL Server, the following table lists the supported storage types and the default directories that you can configure during SQL ServerSQL Server Setup.

説明Description サポートされているストレージの種類Supported storage types 既定のディレクトリDefault directory 推奨事項Recommendations
データ ルート ディレクトリData root directory 共有ストレージ、SMB ファイル サーバーShared storage, SMB file server <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\

ヒント: [クラスター ディスクの選択] ページで共有ディスクを選択した場合、既定値は最初の共有ディスクになります。Tip: If you select shared disk on the Cluster Disk Selection page, the default is the first shared disk. [クラスター ディスクの選択] ページで何も選択しない場合、このフィールドの既定値は空白になります。This field defaults to blank if you don't make a selection on the Cluster Disk Selection page.
SQL ServerSQL Server セットアップにより、SQL ServerSQL Server ディレクトリの ACL が構成され、構成の一部として継承が無効になります。Setup configures ACLs for SQL ServerSQL Server directories and breaks inheritance as part of configuration.
ユーザー データベース ディレクトリUser database directory 共有ストレージ、SMB ファイル サーバーShared storage, SMB file server <Drive:>Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data

ヒント: [クラスター ディスクの選択] ページで共有ディスクを選択した場合、既定値は最初の共有ディスクになります。Tip: If you select shared disk on the Cluster Disk Selection page, the default is the first shared disk. [クラスター ディスクの選択] ページで何も選択しない場合、このフィールドの既定値は空白になります。This field defaults to blank if you don't make a selection on the Cluster Disk Selection page.
ユーザー データ ディレクトリのベスト プラクティスは、ワークロードとパフォーマンスの要件によって異なります。Best practices for user data directories depend on workload and performance requirements.
ユーザー データベース ログ ディレクトリUser database log directory 共有ストレージ、SMB ファイル サーバーShared storage, SMB file server <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data

ヒント: [クラスター ディスクの選択] ページで共有ディスクを選択した場合、既定値は最初の共有ディスクになります。Tip: If you select shared disk on the Cluster Disk Selection page, the default is the first shared disk. [クラスター ディスクの選択] ページで何も選択しない場合、このフィールドの既定値は空白になります。This field defaults to blank if you don't make a selection on the Cluster Disk Selection page.
ログ ディレクトリに十分な領域があることを確認してください。Ensure that the log directory has adequate space.
バックアップ ディレクトリBackup directory ローカル ディスク、共有ストレージ、SMB ファイル サーバーLocal disk, shared storage, SMB file server <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Backup<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Backup

ヒント: [クラスター ディスクの選択] ページで共有ディスクを選択した場合、既定値は最初の共有ディスクになります。Tip: If you select shared disk on the Cluster Disk Selection page, the default is the first shared disk. [クラスター ディスクの選択] ページで何も選択しない場合、このフィールドの既定値は空白になります。This field defaults to blank if you don't make a selection on the Cluster Disk Selection page.
データの損失を防ぐために適切な権限を設定して、バックアップ ディレクトリに書き込むための適切な権限が SQL Server サービスのユーザー アカウントにあることを確認してください。Set appropriate permissions to prevent data loss, and ensure that the user account for the SQL Server service has adequate permissions to write to the backup directory. マップされたドライブをバックアップ ディレクトリに使用することはサポートされていません。Using a mapped drive for backup directories isn't supported.

セキュリティに関する考慮事項Security considerations

セットアップにより、 SQL ServerSQL Server ディレクトリの ACL が構成され、構成の一部として継承が無効になります。Setup will configure ACLs for SQL ServerSQL Server directories and break inheritance as part of configuration.

次の推奨事項は SMB ファイル サーバーに当てはまります。The following recommendations apply to SMB file servers:

  • SMB ファイル サーバーを使用する場合、 SQL ServerSQL Server サービス アカウントはドメイン アカウントである必要があります。The SQL ServerSQL Server service account must be a domain account if an SMB file server is used.

  • SQL ServerSQL Server のインストールに使用するアカウントには、データ ディレクトリとして使用する SMB ファイル共有フォルダーに対するフル コントロールの NTFS 権限が必要です。The account used to install SQL ServerSQL Server should have Full Control NTFS permissions on the SMB file share folder used as the data directory.

  • SQL ServerSQL Server のインストールに使用するアカウントには、SMB ファイル サーバーに対する SeSecurityPrivilege 特権を付与する必要があります。The account used to install SQL ServerSQL Server should be granted SeSecurityPrivilege privileges on the SMB file server. この特権を付与するには、ファイル サーバーで [ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールを使用して、 SQL ServerSQL Server 監査とセキュリティ ログの管理 ポリシーに セットアップ アカウントを追加します。To grant this privilege, use the Local Security Policy console on the file server to add the SQL ServerSQL Server setup account to the Manage auditing and security log policy. この設定は、[ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールの [ローカル ポリシー][ユーザー権利の割り当て] セクションにあります。This setting is in the User Rights Assignments section under Local Policies in the Local Security Policy console.

考慮事項Considerations

  • 既存のインストールに機能を追加する場合、前にインストールした機能の場所は変更できません。また、新しい機能のインストール場所を指定することもできません。When adding features to an existing installation, you can't change the location of a previously installed feature, nor can you specify the location for a new feature.

  • 既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリを、SQL ServerSQL Server の他のインスタンスのディレクトリと共有しないでください。Don't share the directories in this dialog box with directories from other instances of SQL ServerSQL Server. また、SQL ServerSQL Server のインスタンス内の データベース エンジンDatabase Engine コンポーネントと Analysis ServicesAnalysis Services コンポーネントは、別のディレクトリにインストールしてください。Also install the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services components within an instance of SQL ServerSQL Server to separate directories.

  • 次の状況では、プログラム ファイルとデータ ファイルをインストールすることができません。Program files and data files can't be installed in the following situations:

    • リムーバブル ディスク ドライブOn a removable disk drive
    • 圧縮を使用したファイル システムOn a file system that uses compression
    • システム ファイルが配置されているディレクトリTo a directory where system files are located
    • フェールオーバー クラスター インスタンス上のマップされたネットワーク ドライブOn a mapped network drive on a failover cluster instance

[データベース エンジンの構成] - [TempDB] ページ Database Engine Configuration - TempDB page

このページを利用し、tempdb のデータとログ ファイルの場所、サイズ、拡張設定、SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engineのファイル数を指定します。Use this page to specify the tempdb data and log file location, size, growth settings, and number of files for SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engine. インストールの種類により、サポートされるストレージにはローカル ディスク、共有ストレージ、または SMB ファイル サーバーが含まれる場合があります。Based on the type of installation, the supported storage may include local disk, shared storage, or an SMB file server.

SMB ファイル共有をディレクトリとして指定するには、サポートされている UNC パスを手動で入力する必要があります。To specify an SMB file share as a directory, you must manually type the supported UNC path. SMB ファイル共有を参照して指定することはできません。Browsing to an SMB file share isn't supported. SMB ファイル共有のサポートされる UNC パス形式の例を次に示します。The following example shows the supported UNC path format of an SMB file share:

\\<ServerName>\<ShareName>\....

SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスのデータとログのディレクトリData and log directories for a standalone instance of SQL ServerSQL Server

次の表は、SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスでの、サポートされているストレージの種類と、セットアップ中に構成できる既定のディレクトリの一覧です。For standalone instances of SQL ServerSQL Server, the following table lists the supported storage types and default directories that you can configure during setup.

説明Description サポートされているストレージの種類Supported storage type 既定のディレクトリDefault directory 推奨事項Recommendations
データ ディレクトリData directories ローカル ディスク、SMB ファイル サーバー、共有ストレージ*Local disk, SMB file server, shared storage* <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data SQL ServerSQL Server セットアップにより、SQL ServerSQL Server ディレクトリの ACL が構成され、構成の一部として継承が無効になります。Setup configures ACLs for SQL ServerSQL Server directories and breaks inheritance as part of configuration.

tempdb ディレクトリのベスト プラクティスは、ワークロードとパフォーマンスの要件によって異なります。Best practices for the tempdb directories depend on workload and performance requirements. データ ファイルを複数のボリュームに分散させるには、複数のフォルダーまたはドライブを指定します。To spread the data files across several volumes, specify multiple folders or drives.
ログ ディレクトリLog directory ローカル ディスク、SMB ファイル サーバー、共有ストレージ*Local disk, SMB file server, shared storage* <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data ログ ディレクトリに十分な領域があることを確認してください。Ensure that the log directory has adequate space.

* 共有ディスクがサポートされていますが、SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスに対して使用することはお勧めしません。* Although shared disks are supported, we don't recommend their use for a standalone instance of SQL ServerSQL Server.

SQL ServerSQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスのデータとログのディレクトリData and log directories for a failover cluster instance of SQL ServerSQL Server

次の表は、SQL ServerSQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスでの、サポートされているストレージの種類と、SQL ServerSQL Server セットアップ中に構成できる既定のディレクトリの一覧です。For a failover cluster instance of SQL ServerSQL Server, the following table lists the supported storage types and the default directories that you can configure during SQL ServerSQL Server Setup.

説明Description サポートされているストレージの種類Supported storage type 既定のディレクトリDefault directory 推奨事項Recommendations
tempdb データ ディレクトリtempdb data directory ローカル ディスク、共有ストレージ、SMB ファイル サーバーLocal disk, shared storage, SMB file server <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\Data

ヒント: [クラスター ディスクの選択] ページで共有ディスクを選択した場合、既定値は最初の共有ディスクになります。Tip: If you select shared disk on the Cluster Disk Selection page, the default is the first shared disk. [クラスター ディスクの選択] ページで何も選択しない場合、このフィールドの既定値は空白になります。This field defaults to blank if you don't make a selection on the Cluster Disk Selection page.
SQL ServerSQL Server セットアップにより、SQL ServerSQL Server ディレクトリの ACL が構成され、構成の一部として継承が無効になります。Setup configures ACLs for SQL ServerSQL Server directories and breaks inheritance as part of configuration.

指定のディレクトリ (複数のファイルが指定される場合、ディレクトリも複数になります) はすべてのクラスター ノードで有効にします。Ensure that the specified directory or directories (if multiple files are specified) are valid for all the cluster nodes. フェールオーバー中に、tempdb のディレクトリがフェールオーバーのターゲット ノード上で利用できない場合、SQL Server リソースはオンラインへの移行に失敗します。During failover, if the tempdb directories aren't available on the failover target node, the SQL Server resource fails to come online.
tempdb ログ ディレクトリtempdb log directory ローカル ディスク、共有ストレージ、SMB ファイル サーバーLocal disk, shared storage, SMB file server <Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data<Drive:>\Program Files\MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server\MSSQLnn.<InstanceID>\MSSQL\Data

ヒント: [クラスター ディスクの選択] ページで共有ディスクを選択した場合、既定値は最初の共有ディスクになります。Tip: If you select shared disk on the Cluster Disk Selection page, the default is the first shared disk. [クラスター ディスクの選択] ページで何も選択しない場合、このフィールドの既定値は空白になります。This field defaults to blank if you don't make a selection on the Cluster Disk Selection page.
ユーザー データ ディレクトリのベスト プラクティスは、ワークロードとパフォーマンスの要件によって異なります。Best practices for user data directories depend on workload and performance requirements.

指定したディレクトリがすべてのクラスター ノードで有効であることを確認してください。Ensure that the specified directory is valid for all the cluster nodes. フェールオーバー中に、tempdb のディレクトリがフェールオーバーのターゲット ノード上で利用できない場合、SQL Server リソースはオンラインへの移行に失敗します。During failover, if the tempdb directories aren't available on the failover target node, the SQL Server resource fails to come online.

ログ ディレクトリに十分な領域があることを確認してください。Ensure that the log directory has adequate space.

UI 要素の一覧UI element list

作業負荷と要件に合わせて tempdb の設定を構成します。Configure the settings for tempdb according to your workload and requirements. 次の設定は、 tempdb データ ファイルに適用されます。The following settings apply to tempdb data files:

  • ファイル数tempdbのデータ ファイルの合計数です。Number of files is the total number of data files for tempdb. 既定値は 8 とセットアップ時に検出された論理コア数の小さいほうになります。The default value is the lower of 8 or the number of logical cores detected by Setup. 一般的なルールとしては、論理プロセッサの数が 8 以下の場合、論理プロセッサと同じ数のデータ ファイルを使用します。As a general rule, if the number of logical processors is less than or equal to 8, use the same number of data files as logical processors. 論理プロセッサの数が 8 より大きい場合、8 つのデータ ファイルを使用します。If the number of logical processors is greater than 8, use 8 data files. 競合が発生する場合は、競合が許容できるレベルに低下するまでデータ ファイルの数を 4 の倍数分ずつ増やすか(最大で、論理プロセッサの数まで)、ワークロードまたはコードを変更します。If contention occurs, increase the number of data files by multiples of 4 (up to the number of logical processors) until contention falls to acceptable levels, or make changes to the workload or code.

  • 初回サイズ (MB) は各 tempdb データ ファイルの初回サイズです (メガバイト単位)。Initial size (MB) is the initial size in megabytes for each tempdb data file. 既定値は 8 MB です (または、SQL Server ExpressSQL Server Express の場合は 4 MB)。The default value is 8 MB (or 4 MB for SQL Server ExpressSQL Server Express). SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) では、最大初期ファイル サイズ 262,144 MB (256 GB) が導入されます。introduces a maximum initial file size of 262,144 MB (256 GB). SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) の最大初期ファイル サイズは 1024 MB です。has a maximum initial file size of 1024 MB. すべての tempdb データ ファイルの初回サイズは同じです。All tempdb data files are the same initial size. tempdb は SQL Server が起動するか、フェールオーバーするたびに再作成されるため、通常の作業のワークロードに必要なサイズに近いサイズを指定します。Because tempdb is re-created every time SQL Server starts or fails over, specify a size that's close to the size required by your workload for normal operation. 起動時にさらに効率的に tempdb を作成するには、データベースのファイルの瞬時初期化を有効にします。To further optimize the creation of tempdb during startup, enable database instant file initialization.

  • 合計初回サイズ (MB) は、すべての tempdb データ ファイルを合計したものです。Total initial size (MB) is the cumulative size of all the tempdb data files.

  • 自動拡張 (MB) はメガバイト単位で表した領域です。各 tempdb データ ファイルの領域が枯渇すると、このサイズ分だけ自動的に拡張されます。Autogrowth (MB) is the amount of space in megabytes that each tempdb data file automatically grows by when it runs out of space. SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降では、すべてのデータ ファイルがこの設定で指定された量だけ同時に拡張されます。In SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later, all data files grow at the same time by the amount specified in this setting.

  • 自動拡張の合計 (MB) は各自動拡張イベントを合計したものです。Total autogrowth (MB) is the cumulative size of each autogrowth event.

  • データ ディレクトリ には、tempdb データ ファイルを維持しているすべてのディレクトリが表示されます。Data directories shows all the directories that hold tempdb data files. ディレクトリが複数存在するとき、データ ファイルはラウンド ロビン方式でディレクトリに置かれます。When there are multiple directories, data files are placed in directories in a round-robin manner. たとえば、3 つのディレクトリを作成し、8 つのデータ ファイルを指定する場合、データ ファイル 1、4、7 が最初のディレクトリに作成されます。For example, if you create 3 directories and specify 8 data files, data files 1, 4, and 7 are created in the first directory. データ ファイル 2、5、8 が 2 番目のディレクトリに作成されます。Data files 2, 5, and 8 are created in the second directory. データ ファイル 3 と 6 が 3 番目のディレクトリに入ります。Data files 3 and 6 are in the third directory.

  • ディレクトリを追加するには、 [追加…] を選択します。To add directories, select Add....

  • ディレクトリを削除するには、ディレクトリを選択し、 [削除] を選択します。To remove a directory, select the directory, and select Remove.

[Tempdb ログ ファイル] はログ ファイルの名前です。Tempdb log file is the name of the log file. このファイルは自動的に作成されます。This file is created automatically. 次の設定は、 tempdb ログ ファイルにのみ適用されます。The following settings apply only to tempdb log files:

  • 初回サイズ (MB)tempdb ログ ファイルの初回サイズです。Initial size (MB) is the initial size of the tempdb log file. 既定値は 8 MB です (または、SQL Server ExpressSQL Server Express の場合は 4 MB)。The default value is 8 MB (or 4 MB for SQL Server ExpressSQL Server Express). SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) では、最大初期ファイル サイズ 262,144 MB (256 GB) が導入されます。introduces a maximum initial file size of 262,144 MB (256 GB). SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) の最大初期ファイル サイズは 1024 MB です。has a maximum initial file size of 1024 MB. tempdb は SQL Server が起動するか、フェールオーバーするたびに再作成されるため、通常の作業のワークロードに必要なサイズに近いサイズを指定します。Because tempdb is re-created every time SQL Server starts or fails over, specify a size that's close to the size required by your workload for normal operation. 起動時にさらに効率的に tempdb を作成するには、データベースのファイルの瞬時初期化を有効にします。To further optimize the creation of tempdb during startup, enable database instant file initialization.

    注意

    Tempdb では、最小ログ記録が利用されます。Tempdb uses minimal logging. tempdb ログ ファイルはバックアップできません。The tempdb log file can't be backed up. SQL Server が起動するたびに、あるいはクラスター インスタンスのフェールオーバー時に再作成されます。It is re-created every time SQL Server starts or when a cluster instance fails over.

  • 自動拡張 (MB)tempdb ログの拡張単位であり、メガバイト単位で指定されます。Autogrowth (MB) is the growth increment of the tempdb log in megabytes. 既定値の 64 MB で、初期化中、最適な数の仮想ログ ファイルが作成されます。The default value of 64 MB creates the optimal number of virtual log files during initialization.

    注意

    Tempdb ログ ファイルでは、データベースのファイルの瞬時初期化は利用されません。Tempdb log files don't use database instant file initialization.

  • ログ ディレクトリ は、 tempdb ログ ファイルが作成されるディレクトリです。Log directory is the directory where tempdb log files are created. tempdb ログ ディレクトリは 1 つだけ存在します。There's only one tempdb log directory.

セキュリティに関する考慮事項Security considerations

セットアップにより、SQL ServerSQL Server ディレクトリの ACL が構成され、構成の一部として継承が無効になります。Setup configures ACLs for SQL ServerSQL Server directories and breaks inheritance as part of configuration.

次の推奨事項は SMB ファイル サーバーに当てはまります。The following recommendations apply to the SMB file server:

  • SMB ファイル サーバーを使用する場合、 SQL ServerSQL Server サービス アカウントはドメイン アカウントである必要があります。The SQL ServerSQL Server service account must be a domain account if an SMB file server is used.

  • SQL ServerSQL Server のインストールに使用するアカウントには、データ ディレクトリとして使用する SMB ファイル共有フォルダーに対するフル コントロールの NTFS 権限が必要です。The account used to install SQL ServerSQL Server should have Full Control NTFS permissions on the SMB file share folder used as the data directory.

  • SQL ServerSQL Server のインストールに使用するアカウントには、SMB ファイル サーバーに対する SeSecurityPrivilege 特権を付与する必要があります。The account used to install SQL ServerSQL Server should be granted SeSecurityPrivilege privileges on the SMB file server. この特権を付与するには、ファイル サーバーで [ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールを使用して、 SQL ServerSQL Server 監査とセキュリティ ログの管理 ポリシーに セットアップ アカウントを追加します。To grant this privilege, use the Local Security Policy console on the file server to add the SQL ServerSQL Server setup account to the Manage auditing and security log policy. この設定は、[ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールの [ローカル ポリシー][ユーザー権利の割り当て] セクションにあります。This setting is in the User Rights Assignments section under Local Policies in the Local Security Policy console.

注意

既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server. データベース エンジンDatabase Engine のインスタンス内の Analysis ServicesAnalysis Services コンポーネントと SQL ServerSQL Server コンポーネントは、別のディレクトリにインストールする必要もあります。The データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services components within an instance of SQL ServerSQL Server should also be installed to separate directories.

関連項目See also

[データベース エンジンの構成] - [MAXDOP] ページ Database Engine Configuration - MaxDOP page

並列処理の最大限度 (MaxDOP) により、1 つのステートメントで使用できるプロセッサの最大数が決まります。Max degree of parallelism (MaxDOP) determines the maximum number of processors that a single statement can use. SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) では、インストール時にこのオプションを構成する機能が導入されています。introduces the ability to configure this option during installation. SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) では、また、サーバー用の推奨される MaxDOP 設定が、コア数に基づいて自動的に検出されます。also automatically detects the recommended MaxDOP setting for the server based on the number of cores.

セットアップ中にこのページをスキップした場合、MaxDOP の既定値は、以前のバージョン (0) に対する データベース エンジンDatabase Engine の既定値ではなく、このページに表示される推奨値になります。If this page is skipped during setup, the default MaxDOP value is the recommended value displayed in this page instead of the default データベース エンジンDatabase Engine value for previous versions (0). また、このページでこの設定を手動で構成し、インストール後にこの設定を変更することができます。You can also manually configure this setting on this page, and you can modify this setting after installation.

UI 要素の一覧UI element list

[データベース エンジンの構成] - [メモリ] ページ Database Engine Configuration - Memory page

[最小サーバー メモリ] では、SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine でバッファー プールとその他のキャッシュに使用されるメモリの下限が決まります。min server memory determines the lower memory limit that the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine will use for the buffer pool and other caches. 既定値は 0 で、推奨値も 0 です。The default value is 0 and the recommended value is also 0. 最小サーバー メモリの効果について詳しくは、「メモリ管理アーキテクチャ ガイド」をご覧ください。For more information on the effects of min server memory, see the Memory Management Architecture Guide.

[最大サーバー メモリ] では、SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine でバッファー プールとその他のキャッシュに使用されるメモリの上限が決まります。max server memory determines the upper memory limit that the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine will use for the buffer pool and other caches. 既定値は 2,147,483,647 メガバイト (MB) であり、計算された推奨値は、「サーバー メモリの構成オプション」の、既存のシステム メモリに基づくスタンドアロン SQL ServerSQL Server インスタンスに対するメモリ構成ガイドラインと一致します。The default value is 2,147,483,647 megabytes (MB) and the calculated recommended values will align with the memory configuration guidelines in Server Memory Configuration Options for a standalone SQL ServerSQL Server instance, based on the existing system memory. 最大サーバー メモリの効果について詳しくは、「メモリ管理アーキテクチャ ガイド」をご覧ください。For more information on the effects of max server memory, see the Memory Management Architecture Guide.

セットアップの間にこのページをスキップした場合に使用される既定の最大サーバー メモリの値は、データベース エンジンDatabase Engine の既定値 (2,147,483,647 メガバイト) です。If this page is skipped during setup, the default max server memory value used is the データベース エンジンDatabase Engine default value (2,147,483,647 megabytes). [推奨] ラジオ ボタンを選択すると、このページでこれらの設定を手動で構成でき、インストール後にこれらの設定を変更できます。You can manually configure these settings on this page once you've chosen the Recommended radio button, and you can modify these setting after installation. 詳細については、 サーバー メモリ構成オプションの設定を参照してください。For more information, see Server Memory Configuration Options.

UI 要素の一覧UI element list

既定:このラジオ ボタンは既定で選択されており、最小サーバー メモリ最大サーバー メモリの設定は データベース エンジンDatabase Engine の既定値に設定されます。Default: This radio button is selected by default and sets the min server memory and max server memory settings to the データベース エンジンDatabase Engine default values.

[推奨] : 計算された推奨値を受け入れる場合、または計算された値をユーザー構成値に変更する場合は、このラジオ ボタンを選択する必要があります。Recommended: This radio button must be selected to accept the calculated recommended values or to change the calculated values to user configured values.

[最小サーバー メモリ (MB)] : 計算された推奨値からユーザー構成値に変更する場合は、最小サーバー メモリの値を入力します。Min Server Memory (MB): If changing from the calculated recommended value to a user configured value, enter the value for min server memory.

[最大サーバー メモリ (MB)] : 計算された推奨値からユーザー構成値に変更する場合は、最大サーバー メモリの値を入力します。Max Server Memory (MB): If changing from the calculated recommended value to a user configured value, enter the value for max server memory.

[SQL Server データベース エンジン用に推奨されているメモリ構成を受け入れるには、ここをクリックします] : このサーバーで計算された推奨メモリ構成を受け入れるには、このチェック ボックスをオンにします。Click here to accept the recommended memory configurations for the SQL Server Database Engine: Select this check box to accept the calculated recommended memory configurations on this server. [推奨] ラジオ ボタンを選択した場合、このチェック ボックスをオンにしないとセットアップを続行できません。If the Recommended radio button was selected, setup cannot continue without this check box being selected.

[データベース エンジンの構成] - [FILESTREAM] ページDatabase Engine Configuration - FILESTREAM page

このページを使用すると、このインストールの SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) に対して FILESTREAM を有効にすることができます。Use this page to enable FILESTREAM for this installation of SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x). FILESTREAM では、varbinary(max) BLOB (バイナリ ラージ オブジェクト) データをファイル システム内のファイルとして格納することにより、SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine と NTFS ファイル システムが統合されます。FILESTREAM integrates the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine with an NTFS file system by storing varbinary(max) binary large object (BLOB) data as files in the file system. Transact-SQLTransact-SQL ステートメントでは、FILESTREAM データの挿入、更新、クエリ、検索、およびバックアップを行うことができます。statements can insert, update, query, search, and back up FILESTREAM data. Microsoft Win32 ファイル システム インターフェイスによるデータへのストリーミング アクセスが可能になります。Microsoft Win32 file-system interfaces provide streaming access to the data.

UI 要素の一覧UI element list

[Transact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] : Transact-SQLTransact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする場合にオンにします。Enable FILESTREAM for Transact-SQL access: Select to enable FILESTREAM for Transact-SQLTransact-SQL access. 他のオプションを使用するには、先にこのチェック ボックスをオンにする必要があります。This check box must be selected before the other options will be available.

[ファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] : FILESTREAM の Win32 ストリーム アクセスを有効にする場合にオンにします。Enable FILESTREAM for file I/O streaming access: Select to enable Win32 streaming access for FILESTREAM.

[Windows 共有名] : FILESTREAM データを格納する Windows 共有の名前を入力します。Windows share name: Enter the name of the Windows share in which the FILESTREAM data will be stored.

[リモート クライアントに FILESTREAM データへのストリーム アクセスを許可する] : リモート クライアントにこのサーバー上の FILESTREAM データへのアクセスを許可するには、このチェック ボックスをオンにします。Allow remote clients to have streaming access to FILESTREAM data: Select this check box to allow remote clients to access the FILESTREAM data on this server.

関連項目See also

[データベース エンジンの構成] - [ユーザー インスタンス] ページDatabase Engine Configuration - User Instance page

[ユーザー インスタンス] ページは次の目的に使用します。Use the User Instance page to:

  • 管理者アクセス許可を持たないユーザー用に データベース エンジンDatabase Engine の別のインスタンスを生成します。Generate a separate instance of the データベース エンジンDatabase Engine for users without administrator permissions.
  • ユーザーを管理者ロールに追加します。Add users to the administrator role.

OptionsOptions

[ユーザー インスタンスを有効にする] : 既定値はオンです。Enable User Instances: The default is on. ユーザー インスタンスを有効にする機能を無効にするには、チェック ボックスをオフにします。To turn off the ability to enable user instances, clear the check box.

ユーザー インスタンスは子インスタンスまたはクライアント インスタンスとも呼ばれ、ユーザーに代わって親インスタンス ( SQL ServerSQL Server などのサービスを実行するプライマリ インスタンス) によって作成される SQL Server ExpressSQL Server Expressのインスタンスです。The user instance, also known as a child or client instance, is an instance of SQL ServerSQL Server that is generated by the parent instance (the primary instance that runs as a service, like SQL Server ExpressSQL Server Express) on behalf of a user. ユーザー インスタンスは、そのユーザーのセキュリティ コンテキストでのユーザーのプロセスとして実行します。The user instance runs as a user process under the security context of that user. 親インスタンスやコンピューター上で実行するその他のユーザー インスタンスとは分離されます。The user instance is isolated from the parent instance and any other user instances that are running on the computer. ユーザー インスタンス機能は "通常のユーザーとして実行" (Run As Normal User: RANU) とも呼ばれます。The user instance feature is also referred to as "run as normal user" (RANU).

注意

セットアップ中に sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーとして準備されたログインは、テンプレート データベース内の管理者として準備されます。Logins provisioned as members of the sysadmin fixed server role during Setup are provisioned as administrators in the template database. 削除されない限り、これらはユーザー インスタンス上の sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーです。They're members of the sysadmin fixed server role on the user instance unless they're removed.

[Add user to the SQL ServerSQL Server Administrator role](SQL Server 管理者ロールにユーザーを追加する) : 既定値はオフです。Add user to the SQL ServerSQL Server Administrator role: Default is off. 現在のセットアップ ユーザーを SQL ServerSQL Server 管理者ロールに追加するには、このチェック ボックスをオンにします。To add the current Setup user to the SQL ServerSQL Server Administrator role, select the check box.

Windows VistaWindows Vista ユーザーのうち、BUILTIN\Administrators のメンバーは、SQL Server ExpressSQL Server Express への接続時に sysadmin 固定サーバー ロールに自動的に追加されません。users that are members of BUILTIN\Administrators aren't automatically added to the sysadmin fixed server role when they connect to SQL Server ExpressSQL Server Express. サーバーレベルの管理者ロールに明示的に追加されている Windows VistaWindows Vista ユーザーのみが、SQL Server ExpressSQL Server Express を管理できます。Only Windows VistaWindows Vista users who have been explicitly added to a server-level administrator role can administer SQL Server ExpressSQL Server Express. Built-In\Users グループのメンバーは、SQL Server ExpressSQL Server Express インスタンスに接続できますが、データベース タスクを行うアクセス許可は制限されます。Members of the Built-In\Users group can connect to the SQL Server ExpressSQL Server Express instance, but they'll have limited permissions to do database tasks. このため、SQL Server ExpressSQL Server Express 特権を以前のリリースの Windows の BUILTIN\Administrators および Built-In\Users から継承しているユーザーには、Windows VistaWindows Vista で実行している SQL Server ExpressSQL Server Express のインスタンスにおいて、管理特権を明示的に付与する必要があります。For this reason, users whose SQL Server ExpressSQL Server Express privileges are inherited from BUILTIN\Administrators and Built-In\Users in previous releases of Windows must be explicitly granted administrative privileges in instances of SQL Server ExpressSQL Server Express that are running on Windows VistaWindows Vista.

インストール プログラムの終了後にユーザー ロールを変更するには、SQL Server Management Studio または Transact-SQL を使用します。To make changes to the user roles after the installation program ends, use SQL Server Management Studio or Transact-SQL.