SQL Server の複数のバージョンおよびインスタンスの使用Work with Multiple Versions and Instances of SQL Server

SQL ServerSQL Server 同じコンピューター上で データベース エンジンDatabase EngineAnalysis ServicesAnalysis ServicesReporting ServicesReporting Services の複数のインスタンスをサポートします。supports multiple instances of the データベース エンジンDatabase Engine, Analysis ServicesAnalysis Services, and Reporting ServicesReporting Services on the same computer. また、以前のバージョンの SQL ServerSQL Serverをアップグレードしたり、以前のバージョンの SQL ServerSQL Server が既にインストールされているコンピューターに SQL ServerSQL Server をインストールすることもできます。You can also upgrade earlier versions of SQL ServerSQL Server, or install SQL ServerSQL Server on a computer where earlier SQL ServerSQL Server versions are already installed. サポートされるアップグレード シナリオについては、「 サポートされるバージョンとエディションのアップグレード」を参照してください。For supported upgrade scenarios, see Supported Version and Edition Upgrades.

バージョンのコンポーネントと番号付けVersion Components and Numbering

次に示す概念は、 SQL ServerSQL Server のサイド バイ サイドのインスタンスでの SQL ServerSQL Serverの動作について理解するうえで役立ちます。The following concepts are useful in understanding the behavior of SQL ServerSQL Server for side-by-side instances of SQL ServerSQL Server.

SQL ServerSQL Server の製品バージョンの標準の形式は MM.nn.bbbb.rr であり、各セグメントは次のように定義されています。The standard product version format for SQL ServerSQL Server is MM.nn.bbbb.rr where each segment is defined as:

MM: メジャー バージョンMM - Major version

nn: マイナー バージョンnn - Minor version

bbbb: ビルド番号bbbb - Build number

rr: ビルドのリビジョン番号rr - Build revision number

SQL ServerSQL Serverでは、以前のバージョンと区別するために、メジャー リリースやマイナー リリースごとにバージョン番号を増加させています。In each major or minor release of SQL ServerSQL Server, there is an increment to the version number to differentiate it from earlier versions. このバージョンに対する変更は、さまざまな目的に使用されます。This change to the version is used for many purposes. たとえば、ユーザー インターフェイスでのバージョン情報の表示、アップグレード時のファイルの置換方法の制御、およびサービス パックの適用に使用されることも、一連のバージョン間での機能の違いを区別するためのメカニズムとして使用されることもあります。This includes displaying version information in the user interface, controlling how files are replaced during upgrade, applying service packs, and also as a mechanism for functional differentiation between the successive versions.

すべてのバージョンで共有されるコンポーネント SQL ServerSQL ServerComponents shared by all versions of SQL ServerSQL Server

特定のコンポーネントは、インストールされている SQL ServerSQL Serverのすべてのバージョンのすべてのインスタンスで共有されます。Certain components are shared by all instances of all installed versions of SQL ServerSQL Server. 同じコンピューターにバージョンが異なる SQL ServerSQL Server をサイド バイ サイドでインストールすると、それらのコンポーネントは自動的に最新バージョンにアップグレードされます。When you install different versions of SQL ServerSQL Server side-by-side on the same machine, these components are automatically upgraded to the latest version. 通常、このようなコンポーネントは、 SQL ServerSQL Server の最後のインスタンスがアンインストールされると自動的にアンインストールされます。Such components are usually uninstalled automatically when the last instance of SQL ServerSQL Server is uninstalled.

例 :SQL ServerSQL Server Browser および Microsoft SQL ServerSQL Server VSS Writer。Examples: SQL ServerSQL Server Browser and Microsoft SQL ServerSQL Server VSS Writer.

メジャー バージョンが同一の すべてのインスタンス間で共有されるコンポーネント SQL ServerSQL ServerComponents shared across all instances of the same major version of SQL ServerSQL Server

SQL ServerSQL Server メジャー バージョンが同一ののバージョンでは、一部のコンポーネントをすべてのインスタンス間で共有します。versions that have the same major version share some components across all instances. アップグレード時に共有コンポーネントが選択されると、既存のコンポーネントは最新バージョンにアップグレードされます。If the shared components are selected during upgrade, the existing components are upgraded to the latest version.

例: Integration ServicesIntegration Servicesマスター データ サービスMaster Data ServicesSQL Server Management StudioSQL Server Management StudioSQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)、および SQL ServerSQL Server オンライン ブックExamples: Integration ServicesIntegration Services, マスター データ サービスMaster Data Services, SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), and SQL ServerSQL Server Books Online.

マイナー バージョン間で共有されるコンポーネントComponents shared across minor versions

SQL ServerSQL Server メジャー バージョンとマイナー バージョンが同一のバージョンでは、コンポーネントを共有していました。versions that have the same major.minor version shared components.

例:セットアップ サポート ファイル。Example: Setup support files.

のインスタンスに固有のコンポーネント SQL ServerSQL ServerComponents specific to an instance of SQL ServerSQL Server

SQL ServerSQL Server のコンポーネントまたはサービスには、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスに固有のものがあります。Some SQL ServerSQL Server components or services are specific to an instance of SQL ServerSQL Server. これらは、インスタンス対応とも呼ばれます。These are also known as instance-aware. また、これらをホストしているインスタンスとバージョンが同じで、そのインスタンスにのみ使用されます。They share the same version as the instance that hosts them, and are used exclusively for that instance.

例: データベース エンジンDatabase EngineAnalysis ServicesAnalysis Services、および Reporting ServicesReporting ServicesExamples: データベース エンジンDatabase Engine, Analysis ServicesAnalysis Services, and Reporting ServicesReporting Services.

SQL ServerSQL Server のバージョンに依存しないコンポーネントComponents that are independent of the SQL ServerSQL Server versions

特定のコンポーネントは、 SQL ServerSQL Server のセットアップ時にインストールされますが、 SQL ServerSQL Serverのバージョンに依存しません。Certain components are installed during SQL ServerSQL Server setup, but are independent of the versions of SQL ServerSQL Server. これらは、メジャー バージョン間で共有されたり、 SQL ServerSQL Server のすべてのバージョンで共有されたりすることがあります。They may be shared across major versions or by all SQL ServerSQL Server versions.

例 :Microsoft Sync Framework、SQL ServerSQL Server Compact。Examples: Microsoft Sync Framework, SQL ServerSQL Server Compact.

詳細についてはSQL ServerSQL ServerCompact のインストールは、「インストール ウィザードからの SQL Server 2014 のインストール(セットアップ)します。For more information about SQL ServerSQL Server Compact installation, see Install SQL Server 2014 from the Installation Wizard (Setup). SQL ServerSQL Server Compact のアンインストール方法の詳細については、「SQL Server の既存のインスタンスのアンインストール (セットアップ)」を参照してください。For more information about how to uninstall SQL ServerSQL Server Compact, see Uninstall an Existing Instance of SQL Server (Setup).

SQL ServerSQL Server と以前のバージョンの並列使用 SQL ServerSQL ServerUsing SQL ServerSQL Server Side-By-Side with Previous Versions of SQL ServerSQL Server

以前のバージョンの SQL ServerSQL Server のインスタンスを既に実行しているコンピューターに SQL ServerSQL Server をインストールすることができます。You can install SQL ServerSQL Server on a computer that is already running instances of an earlier SQL ServerSQL Server version. 既定のインスタンスが既にコンピューターに存在する場合、 SQL ServerSQL Server は名前付きインスタンスとしてインストールする必要があります。If a default instance already exists on the computer, SQL ServerSQL Server must be installed as a named instance.

注意事項

SQL ServerSQL Server SysPrep では、以前のバージョンの SQL Server 2014SQL Server 2014 と同じコンピューターに SQL ServerSQL Server の準備済みインスタンスをサイド バイ サイドでインストールすることはサポートされていません。SysPrep does not support side by side installation of prepared instances of SQL Server 2014SQL Server 2014 with earlier versions of SQL ServerSQL Server on the same computer. たとえば、 SQL Server 2014SQL Server 2014 インスタンスと共に SQL Server 2012SQL Server 2012の準備済みインスタンスをサイド バイ サイドで準備することはできません。For example, you cannot prepare a SQL Server 2014SQL Server 2014 instance side by side with a prepared instance of SQL Server 2012SQL Server 2012. ただし、同じメジャー バージョンの SQL ServerSQL Server の複数の準備済みインスタンスを、同じコンピューターにサイド バイ サイドでインストールできます。However, you can install multiple prepared instances of the same major version of SQL ServerSQL Server side by side on the same computer. 詳細については、「 SysPrep を使用した SQL Server のインストールに関する注意点」を参照してください。For more information, see Considerations for Installing SQL Server Using SysPrep.

SQL Server 2014SQL Server 2014 Windows Server 2008 R2 Server Core SP1 を搭載するコンピューターに、以前のバージョンの SQL ServerSQL Server とサイド バイ サイドでインストールすることはできません。cannot be installed side-by-side with earlier versions of SQL ServerSQL Server on a computer that is running Windows Server 2008 R2 Server Core SP1. Server Core インストールの詳細については、次を参照してください。 Server Core での SQL Server 2014 のインストールします。For more information on Server Core installations, see Install SQL Server 2014 on Server Core.

次の表に、 SQL Server 2014SQL Server 2014のサイド バイ サイドのサポートを示します。The following table shows side-by-side support for SQL Server 2014SQL Server 2014:

の既存のインスタンス SQL Server 2014SQL Server 2014Existing instance of SQL Server 2014SQL Server 2014 サイド バイ サイドのサポートSide-by-side support
SQL Server 2014SQL Server 2014 (32 ビット)(32-bit) SQL Server 2005SQL Server 2005 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2005SQL Server 2005 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2008SQL Server 2008 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2008SQL Server 2008 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2012SQL Server 2012 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2012SQL Server 2012 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2014SQL Server 2014 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2014SQL Server 2014 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64
SQL Server 2014SQL Server 2014 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64 SQL Server 2005SQL Server 2005 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2005SQL Server 2005 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2008SQL Server 2008 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2008SQL Server 2008 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2012SQL Server 2012 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2012SQL Server 2012 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

SQL Server 2014SQL Server 2014 (32 ビット)(32-bit)

SQL Server 2014SQL Server 2014 (64 ビット) x64x64(64-bit) x64x64

IP アドレス競合の回避Preventing IP Address Conflicts

SQL ServerSQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスが SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineのスタンドアロン インスタンスとサイド バイ サイドでインストールされている場合は、IP アドレスで TCP ポート番号が競合しないように注意してください。When a SQL ServerSQL Server Failover Cluster Instance is installed side-by-side with a standalone instance of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, take care to avoid TCP port number conflicts on the IP addresses. 競合は通常、 データベース エンジンDatabase Engine の 2 つのインスタンスが両方とも既定の TCP ポート (1433) を使用するように構成されている場合に発生します。Conflicts usually occur when two instances of the データベース エンジンDatabase Engine are both configured to use the default TCP port (1433). 競合を回避するには、一方のインスタンスが既定以外の固定ポートを使用するように構成します。To avoid conflicts, configure one instance to use a non-default fixed port. 通常、固定ポートの構成は、スタンドアロン インスタンスに対して行うのが最も簡単です。Configuring a fixed port is usually easiest on the standalone instance. データベース エンジンDatabase Engine で異なるポートが使用されるように構成すると、 SQL ServerSQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスがノードのスタンバイに失敗した場合に、予期しない IP アドレス/TCP ポート競合によってインスタンスの起動がブロックされる問題を回避できます。Configuring the データベース エンジンDatabase Engine to use different ports will prevent an unexpected IP Address/TCP port conflict that blocks an instance startup when a SQL ServerSQL Server Failover Cluster Instance fails to the standby node

参照See Also

Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2014 Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2014
SQL Server 2014 インストール ウィザードからインストール(セットアップ) Install SQL Server 2014 from the Installation Wizard (Setup)
サポートされているバージョンとエディションのアップグレード Supported Version and Edition Upgrades
SQL Server 2014 へのアップグレード Upgrade to SQL Server 2014
SQL Server 2014 のエディションでサポートされる機能 Features Supported by the Editions of SQL Server 2014
旧バージョンとの互換性 Backward Compatibility
アップグレード アドバイザーを使用したアップグレードの準備Use Upgrade Advisor to Prepare for Upgrades