SQL Server 2014 リリース ノートSQL Server 2014 Release Notes

適用対象:○SQL Server (2014 以降)XAzure SQL DatabaseXAzure SQL Data Warehouse XParallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO:yesSQL Server (starting with 2014)noAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse このリリース ノートでは、 SQL Server 2014SQL Server 2014 のインストールやトラブルシューティングを行う前に知っておく必要がある、既知の問題について説明しています。 This Release Notes document describes known issues that you should read about before you install or troubleshoot SQL Server 2014SQL Server 2014.

目次Contents

1.0 インストールの準備1.0 Before You Install

2.0 製品ドキュメント2.0 Product Documentation

3.0 データベース エンジン3.0 Database Engine

4.0 Reporting Services4.0 Reporting Services

5.0 Microsoft Azure Virtual Machines 上の SQL Server 20145.0 SQL Server 2014 on Windows Azure Virtual Machines

6.0 Analysis Services6.0 Analysis Services

7.0 Data Quality Services7.0 Data Quality Services

8.0 アップグレード アドバイザー8.0 Upgrade Advisor

1.0 インストールの準備1.0 Before You Install

1.1 SQL Server 2014 RTM の制限事項と制約事項1.1 Limitations and Restrictions in SQL Server 2014 RTM

1.1.1 一般的な制限事項と制約事項1.1.1 General limitations and restrictions

  1. Microsoft SQL Server 2014 CTP 1 から Microsoft SQL Server 2014 RTM へのアップグレードはサポートされていません。Upgrading from SQL Server 2014 CTP 1 to SQL Server 2014 RTM is NOT supported.

  2. SQL Server 2014 CTP 1 と SQL Server 2014 RTM のサイド バイ サイド インストールはサポートされていません。Installing SQL Server 2014 CTP 1 side-by-side with SQL Server 2014 RTM is NOT supported.

  3. SQL Server 2014 RTM への SQL Server 2014 CTP 1 データベースのアタッチまたは復元はサポートされていません。Attaching or restoring a SQL Server 2014 CTP 1 database to SQL Server 2014 RTM is NOT supported.

回避策: ありません。Workaround: None.

1.2 SQL Server 2014 CTP 2 から SQL Server 2014 RTM へのアップグレード、および SQL Server 2014 RTM から SQL Server 2014 CTP 2 へのダウングレードに関する考慮事項1.2 Considerations for Upgrading SQL Server 2014 CTP 2 to SQL Server 2014 RTM and Downgrading from SQL Server 2014 RTM to SQL Server 2014 CTP 2

1.2.1 SQL Server 2014 CTP 2 から SQL Server RTM へのアップグレードを完全サポート1.2.1 Upgrading from SQL Server 2014 CTP 2 to SQL Server RTM is fully supported

具体的には、次のことを実行できます。Specifically, you can:

  1. SQL Server 2014 RTM インスタンスに SQL Server 2014 CTP 2 データベースをアタッチ。Attach a SQL Server 2014 CTP 2 database to an instance of SQL Server 2014 RTM.

  2. SQL Server 2014 CTP 2 で作成したデータベース バックアップを SQL Server 2014 RTM インスタンスに復元。Restore a database backup taken on SQL Server 2014 CTP 2 to an instance of SQL Server 2014 RTM.

  3. SQL Server 2014 RTM へのインプレース アップグレード。In-place upgrade to SQL Server 2014 RTM.

  4. SQL Server 2014 RTM へのローリング アップグレード。Rolling upgrade to SQL Server 2014 RTM. ローリング アップグレードを開始する前に、手動フェールオーバー モードに切り替える必要があります。You are required to switch to manual failover mode before initiating the rolling upgrade. 詳細については、「 ダウンタイムとデータ損失を最小限に抑えた可用性グループ サーバーのアップグレードおよび更新 」を参照してください。Please refer to Upgrade and Update of Availability Group Servers with Minimal Downtime and Data Loss for details.

  5. SQL Server 2014 CTP 2 にインストールされたトランザクション パフォーマンス コレクション セットによって収集されたデータを、SQL Server 2014 RTM の SQL Server Management Studio で表示することはできません。その逆も同じです。Data collected by Transaction Performance Collection Sets installed in SQL Server 2014 CTP 2 cannot be viewed through SQL Server Management Studio in SQL Server 2014 RTM, and vice versa. SQL Server 2014 CTP 2 にインストールされたコレクション セットによって収集されたデータを表示するには、SQL Server 2014 CTP 2 の SQL Server Management Studio を使用します。また、SQL Server 2014 RTM にインストールされたコレクション セットによって収集されたデータを表示するには、SQL Server 2014 RTM の SQL Server Management Studio を使用します。Use SQL Server Management Studio in SQL Server 2014 CTP 2 to view data collected by the Collection Set installed in SQL Server 2014 CTP 2, and use SQL Server Management Studio in SQL Server 2014 RTM to view data collected by the Collection Set installed in SQL Server 2014 RTM.

1.2.2 SQL Server 2014 RTM から SQL Server 2014 CTP 2 へのダウングレード1.2.2 Downgrading from SQL Server 2014 RTM to SQL Server 2014 CTP 2

これはサポートされていません。This is not supported.

回避策: ダウングレードを実行するための回避策はありません。Workaround: There is no workaround for downgrade. SQL Server 2014 RTM にアップグレードする前に、データベースをバックアップすることをお勧めします。We recommend that you back-up the database before upgrading to SQL Server 2014 RTM.

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

1.3 SQL Server 2014 メディア/ISO/CAB 上の不正なバージョンの StreamInsight クライアント1.3 Incorrect version of StreamInsight Client on SQL Server 2014 media/ISO/CAB

SQL Server メディア/ISO/CAB 上に間違ったバージョンの StreamInsight.msi および StreamInsightClient.msi があります (パスは StreamInsight\<Architecture>\<Language ID>)。The wrong version of StreamInsight.msi and StreamInsightClient.msi is located in the following path on the SQL Server media/ISO/CAB (StreamInsight\<Architecture>\<Language ID>).

回避策: SQL Server 2014 用 Feature Pack のダウンロード ページから正しいバージョンをダウンロードしてインストールしてください。Workaround: Download and install the correct version from the SQL Server 2014 Feature Pack download page.

2.0 製品ドキュメント2.0 Product Documentation

2.1 レポート ビルダーのコンテンツがいくつかの言語で使用できない2.1 Report Builder content is not available in some languages

問題点: レポート ビルダーのコンテンツは、次の言語では使用できません。Issue: Report Builder content is not available in the following languages.

  • ギリシャ語 (el-GR)Greek (el-GR)

  • ノルウェー語 (ボークモール) (nb-NO)Norwegian (Bokmal) (nb-NO)

  • フィンランド語 (fi FI)Finnish (fi-FI)

  • デンマーク語 (da DK)Danish (da-DK)

SQL Server 2012SQL Server 2012では、このコンテンツは製品に付属する CHM ファイルから入手でき、上記の言語でも使用可能でした。In SQL Server 2012SQL Server 2012, this content was available in a CHM file that shipped with the product and was available in these languages. 現在 CHM ファイルは製品に付属しておらず、レポート ビルダーのコンテンツは MSDN でのみ使用できます。The CHM files no longer ship with the product and the Report Builder content is only available on MSDN. MSDN では、これらの言語はサポートされていません。MSDN does not support these languages. レポート ビルダーは TechNet からも削除され、上記のサポートされる言語では使用できなくなりました。Report Builder was also removed from TechNet and is no longer available in those supported languages.

回避策: ありません。Workaround: None.

2.2 PowerPivot のコンテンツがいくつかの言語で使用できない2.2 PowerPivot content is not available in some languages

問題点: Power Pivot のコンテンツは、次の言語では使用できません。Issue: Power Pivot content is not available in the following languages.

  • ギリシャ語 (el-GR)Greek (el-GR)

  • ノルウェー語 (ボークモール) (nb-NO)Norwegian (Bokmal) (nb-NO)

  • フィンランド語 (fi FI)Finnish (fi-FI)

  • デンマーク語 (da DK)Danish (da-DK)

  • チェコ語 (cs-CZ)Czech (cs-CZ)

  • ハンガリー語 (hu-HU)Hungarian (hu-HU)

  • オランダ語 (オランダ) (nl-NL)Dutch (Netherlands) (nl-NL)

  • ポーランド語 (pl-PL)Polish (pl-PL)

  • スウェーデン語 (sv-SE)Swedish (sv-SE)

  • トルコ語 (tr-TR)Turkish (tr-TR)

  • ポルトガル語 (ポルトガル) (pt-PT)Portuguese (Portugal) (pt-PT)

SQL Server 2012SQL Server 2012では、このコンテンツは TechNet から入手でき、上記の言語でも使用可能でした。In SQL Server 2012SQL Server 2012, this content was available on TechNet and was available in these languages. このコンテンツは TechNet から削除され、上記のサポートされる言語では使用できなくなりました。This content was removed from TechNet and is no longer available in these supported languages.

回避策: ありません。Workaround: None.

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

3.0 データベース エンジン3.0 Database Engine

3.1 SQL Server 2014 RTM の Standard Edition に加えられた変更3.1 Changes made for Standard Edition in SQL Server 2014 RTM

SQL Server 2014 Standard では、次の点が変更されています。SQL Server 2014 Standard has the following changes:

  • バッファー プール拡張機能により、構成済みのメモリの最大 4 倍のサイズを使用できます。The Buffer Pool Extension feature allows using the maximum size of up to 4x times of configured memory.

  • 最大メモリは 64 GB から 128 GB に拡大されました。The maximum memory has been raised from 64GB to 128GB.

3.2 インメモリ OLTP 問題3.2 In-Memory OLTP Issues

3.2.1 メモリ最適化アドバイザーは既定の制約に対して互換性なしのフラグを設定3.2.1 Memory Optimization Advisor flags default constraints as incompatible

問題点: SQL Server Management Studio のメモリ最適化アドバイザーは、すべての既定の制約に対して、互換性なしというフラグを設定します。Issue: The Memory Optimized Advisor in SQL Server Management Studio flags all default constraints as incompatible. 既定の制約すべてが、メモリ最適化テーブルでサポートされているわけではありません。アドバイザーは、既定の制約のうち、サポートされている種類とサポートされていない種類を区別しません。Not all default constraints are supported in a memory-optimized table; the Advisor does not distinguish between supported and unsupported types of default constraints. サポートされている既定の制約として、すべての定数や、ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ内でサポートされている式と組み込み関数を挙げることができます。Supported default constraints include all constants, expressions and built-in functions supported within natively compiled stored procedures. ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでサポートされる関数の一覧については、「 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでサポートされる構造」を参照してください。To see the list of functions supported in natively compiled stored procedures, refer to Supported Constructs in Natively Compiled Stored Procedures.

回避策: 障害となる問題を識別する目的でアドバイザーを使用する場合は、互換性のある既定の制約に関する表示を無視してください。Workaround: If you want to use the advisor to identify blockers, please ignore the compatible default constraints. メモリ最適化アドバイザーを使用して、互換性のある既定の制約を含み、障害となる他の問題が存在しないテーブルを移行する場合は、次の手順を実行します:To use the Memory Optimization Advisor to migrate tables that have compatible default constraints, but no other blockers, follow these steps:

  1. テーブル定義から既定の制約を削除します。Remove the default constraints from the table definition.

  2. アドバイザーを使用して、テーブル上で移行スクリプトを生成します。Use the Advisor to produce a migration script on the table.

  3. 移行スクリプトに、既定の制約を再度追加します。Add back the default constraints in the migration script.

  4. 移行スクリプトを実行します。Execute the migration script.

3.2.2 情報メッセージ "ファイルのアクセスが拒否されました。" が、SQL Server 2014 のエラー ログに誤ってエラーとして報告される3.2.2 Informational message “file access denied” incorrectly reported as an error in the SQL Server 2014 error log

問題点: メモリ最適化テーブルを含むデータベースがあるサーバーを再起動すると、SQL Server 2014 のエラー ログに次の種類のエラー メッセージが出力されることがあります。Issue: When restarting a server that has databases that contain memory-optimized tables, you may see the following type of error messages in the SQL Server 2014 error log:

[ERROR]Unable to delete file C:\Program Files\Microsoft SQL   
Server\....old.dll. This error may be due to a previous failure to unload   
memory-optimized table DLLs.  

実際は、このメッセージは情報提供だけを目的としており、ユーザー操作は不要です。This is, in fact, an informational message and no user action is required.

回避策: ありません。Workaround: None. これは情報メッセージです。This is an informational message.

3.2.3 欠落インデックスの詳細で、メモリ最適化テーブルに対応する付加列が誤って報告される3.2.3 Missing index details incorrectly report included columns for memory-optimized table

問題点: SQL Server 2014 がメモリ最適化テーブルに対するクエリで欠落インデックスを検出した場合は、SHOWPLAN_XML 内で欠落インデックスが報告され、sys.dm_db_missing_index_details などでも欠落インデックス DMV が報告されます。Issue: If SQL Server 2014 detects a missing index for a query on a memory-optimized table, it will report a missing index in the SHOWPLAN_XML, as well as in the missing index DMVs such as sys.dm_db_missing_index_details. 場合によっては、欠落インデックスの詳細に、付加列が含まれています。In some cases, the missing index details will contain included columns. メモリ最適化テーブルのすべてのインデックスにはすべての列が暗黙的に含まれているため、メモリ最適化インデックスで付加列を明示的に指定することは許可されません。As all columns are implicitly included with all indexes on memory-optimized tables, it is not allowed to explicitly specify included columns with memory-optimized indexes.

回避策: メモリ最適化テーブルのインデックスでは、INCLUDE 句を指定しないでください。Workaround: Do not specify the INCLUDE clause with indexes on memory-optimized tables.

3.2.4 ハッシュ インデックスが存在していてもクエリに適していない場合は、欠落インデックスの詳細で欠落インデックスが省略される3.2.4 Missing index details omit missing indexes if a hash index exists but is not suitable for the query

問題点: クエリ内で参照されているメモリ最適化テーブルの列でハッシュ インデックスを使用しているが、クエリでインデックスを使用できない場合は、SQL Server 2014 で SHOWPLAN_XML 内や DMV sys.dm_db_missing_index_details 内の欠落インデックスが報告されない場合があります。Issue: If you have a HASH index on columns of a memory-optimized table referenced in a query, but the index cannot be used for the query, SQL Server 2014 will not always report a missing index in SHOWPLAN_XML and in the DMV sys.dm_db_missing_index_details.

特に、インデックス キー列のサブセットが関係する等値述語がクエリに含まれている場合や、インデックス キー列が関係する不等値述語がクエリに含まれている場合は、HASH インデックスをそのまま使用することはできず、クエリを効率的に実行するために別のインデックスが必要になります。In particular, if a query contains equality predicates that involve a subset of the index key columns or if it contains inequality predicates that involve the index key columns, the HASH index cannot be used as is, and a different index would be required to execute the query efficiently.

回避策: ハッシュ インデックスを使用している場合は、クエリとクエリ プランを検討し、インデックス キーのサブセットに対する Index Seek 操作や、不等値述語に対する Index Seek 操作によってクエリに利点がもたらされるかどうかを判断します。Workaround: In case you are using hash indexes, inspect the queries and query plans to determine if the queries could benefit from Index Seek operations on a subset of the index key, or Index Seek operations on inequality predicates. インデックス キーのサブセットに対するシークを実行する必要がある場合は、NONCLUSTERED インデックスを使用するか、シークする必要のある正確な列に対応する HASH インデックスを使用します。If you need to seek on a subset of the index key, either use a NONCLUSTERED index, or use a HASH index on exactly the columns you need to seek on. 不等値述語に対するシークを実行する必要がある場合は、HASH の代わりに NONCLUSTERED インデックスを使用します。If you need to seek on an inequality predicate, use a NONCLUSTERED index instead of HASH.

3.2.5 データベース オプション READ_COMMITTED_SNAPSHOT を ON に設定した場合、メモリ最適化テーブルとメモリ最適化テーブル変数を同じクエリで使用したときにエラーが発生する3.2.5 Failure when using a memory-optimized table and memory-optimized table variable in the same query, if the database option READ_COMMITTED_SNAPSHOT is set to ON

問題点: データベース オプション READ_COMMITTED_SNAPSHOT を ON に設定し、ユーザー トランザクションのコンテキスト外にある同じステートメントで、メモリ最適化テーブルとメモリ最適化されたテーブル変数の両方にアクセスした場合、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。Issue: If the database option READ_COMMITTED_SNAPSHOT is set to ON, and you access both a memory-optimized table and a memory-optimized table variable in the same statement outside the context of a user transaction, you may encounter this error message:

Msg 41359  
A query that accesses memory optimized tables using the READ COMMITTED  
isolation level, cannot access disk based tables when the database option  
READ_COMMITTED_SNAPSHOT is set to ON. Provide a supported isolation level  
for the memory optimized table using a table hint, such as WITH (SNAPSHOT).  

回避策: テーブル変数と共にテーブル ヒント WITH (SNAPSHOT) を使用するか、データベース オプション MEMORY_OPTIMIZED_ELEVATE_TO_SNAPSHOT を ON に設定して、次のステートメントを使用します。Workaround: Either use the table hint WITH (SNAPSHOT) with the table variable, or set the database option MEMORY_OPTIMIZED_ELEVATE_TO_SNAPSHOT to ON, using the following statement:

ALTER DATABASE CURRENT   
SET MEMORY_OPTIMIZED_ELEVATE_TO_SNAPSHOT=ON  

3.2.6 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに関するプロシージャとクエリ実行の統計で、ワーカー時間が 1,000 の倍数で記録される3.2.6 Procedure and query execution statistics for natively compiled stored procedures record worker time in multiples of 1000

問題点: sp_xtp_control_proc_exec_stats または sp_xtp_control_query_exec_stats を使用してネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに対するプロシージャまたはクエリ実行の統計の収集を有効にした後、DMV sys.dm_exec_procedure_stats と sys.dm_exec_query_stats 内で、_worker_time が 1,000 の倍数で報告されます。Issue:* After enabling the collection of procedure or query execution statistics collection for natively compiled stored procedures using sp_xtp_control_proc_exec_stats or sp_xtp_control_query_exec_stats, you will see the *_worker_time reported in multiples of 1000, in the DMVs sys.dm_exec_procedure_stats and sys.dm_exec_query_stats. ワーカー時間が 500 ミリ秒未満のクエリ実行では、worker_time として 0 が報告されます。Query executions that have a worker time of less than 500 microseconds will be reported as having a worker_time of 0.

回避策: ありません。Workaround: None. ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャの実行時間が短いクエリに対応する実行統計 DMV 内で報告された worker_time を信頼しないでください。Do not rely on worker_time reported in the execution stats DMVs for short-running queries in natively compiled stored procedures.

3.2.7 長い式を含むネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに対応する SHOWPLAN_XML にエラーが出力される3.2.7 Error with SHOWPLAN_XML for natively compiled stored procedures that contain long expressions

問題点: ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに長い式が含まれていて、そのプロシージャに対応する SET SHOWPLAN_XML を取得する状況で、T-SQL オプション SET SHOWPLAN_XML ON を使用する場合、または Management Studio で [推定実行プランの表示] オプションを使用する場合、次のエラーが発生する可能性があります。Issue: If a natively compiled stored procedure contains a long expression, obtaining the SHOWPLAN_XML for the procedure, either using the T-SQL option SET SHOWPLAN_XML ON or using the option 'Display Estimated Execution Plan' in Management Studio, may result in the following error:

Msg 41322. MAT/PIT export/import encountered a failure for memory  
optimized table or natively compiled stored procedure with object ID  
278292051 in database ID 6. The error code was  
0xc00cee81.  

回避策: 2 つの回避策が推奨されます。Workaround: Two suggested workarounds:

  1. 次の例のように、式にかっこを追加します。Add parentheses to the expression, similar to the following example:

    次の表記の代わりに、Instead of:

    SELECT @v0 + @v1 + @v2 + ... + @v199  
    

    次のように記述します。Write:

    SELECT((@v0 + ... + @v49) + (@v50 + ... + @v99)) + ((@v100 + ... + @v149) + (@v150 + ... + @v199))  
    
  2. SHOWPLAN を対象にして、わずかに簡略化した式を使用する2 番目のプロシージャを作成します。プランの全般的な形式は同じままにします。Create a second procedure with a slightly simplified expression, for showplan purposes - the general shape of the plan should be the same. たとえば、次の表記の代わりに、For example, instead of:

    SELECT @v0 +@v1 +@v2 +...+@v199  
    

    次のように記述します。Write:

    SELECT @v0 +@v1  
    

問題点: ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ内で組み込み関数 DATEPART、DAY、MONTH、YEAR と共に、(var)char または n(var)char のような文字列データ型のパラメーターまたは変数を使用すると、データ型 datetimeoffset がネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ内でサポートされていないことを示すエラー メッセージが出力されます。Issue: When using a parameter or variable that has a string datatype such as (var)char or n(var)char with the built-in functions DATEPART, DAY, MONTH, and YEAR inside a natively compiled stored procedure, you will see an error message stating that the datatype datetimeoffset is not supported with natively compiled stored procedures.

回避策: 文字列パラメーターまたは文字列変数に対して、新しい変数型である datetime2 を割り当て、DATEPART、DAY、MONTH、または YEAR 関数を使用します。Workaround: Assign the string parameter or variable to a new variable of type datetime2, and use that variable in the function DATEPART, DAY, MONTH, or YEAR. 例:For example:

DECLARE @d datetime2 = @string  
DATEPART(weekday, @d)  

3.2.9 ネイティブ コンパイル アドバイザーが DELETE FROM 句に対して誤ってフラグを設定する3.2.9 Native Compilation Advisor flags DELETE FROM clauses incorrectly

問題点: ネイティブ コンパイル アドバイザーが、ストアド プロシージャ内の DELETE FROM 句に対して互換性なしのフラグを誤って設定します。Issue: Native Compilation Advisor flags DELETE FROM clauses inside a stored procedure incorrectly as incompatible.

回避策: ありません。Workaround: None.

3.3 SSMS を使用して登録を行うと、不一致のインスタンス ID を持つ DAC メタデータが追加される3.3 Register through SSMS adds DAC meta-data with mismatched instance IDs

問題点: SQL Server Management Studio を使用してデータ層アプリケーション パッケージ (.dacpac) を登録または削除すると、sysdac* テーブルが正しく更新されず、データベースに対して dacpac 履歴のクエリを実行することができません。Issue: When registering or deleting a Data-Tier Application package (.dacpac) through SQL Server Management Studio, the sysdac* tables are not updated correctly to allow a user to query dacpac history for the database. sysdac_history_internal と sysdac_instances_internal の instance_id が一致せず、結合が許可されません。The instance_id for sysdac_history_internal and sysdac_instances_internal do not match to allow for a join.

回避策: データ層アプリケーション フレームワークの Feature Pack の再配布で、この問題点は修正されています。Workaround: This issue is fixed with the feature pack redistribution of the Data-Tier Application Framework. 更新プログラムを適用した後、すべての新しい履歴エントリは sysdac_instances_internal テーブル内の instance_id の一覧に含まれる値を使用します。After the update is applied, all new history entries will use the value listed for the instance_id in the sysdac_instances_internal table.

instance_id の値の不一致という問題が既に発生している場合は、不一致の値を修正する唯一の方法は、MSDB データベースへ書き込む特権を持つユーザーとしてサーバーに接続し、instance_id の値を更新して一致させることです。If you already have the issue with mismatched instance_id values, the only way to correct the mismatched values is to connect to the server as a user with privileges to write to MSDB database and update the instance_id values to match. 同じデータベースに対して登録イベントと登録解除イベントが複数発生していた場合は、時刻と日付を参照し、どのレコードが現在の instance_id の値と一致しているかを確認する必要があります。If there has been multiple register and unregister events of the same database, you may need to look at the time/date to see what records match with the current instance_id values.

  1. SQL Server Management Studio で、MSDB に対する更新権限を持つログインを使用して、サーバーに接続します。Connect to the server in SQL Server Management Studio using a login that has update permissions to MSDB.

  2. MSDB データベースを使用して、新しいクエリを開きます。Open a new query using the MSDB database.

  3. 次のクエリを実行し、すべてのアクティブな dac インスタンスを表示します。Run this query to see all of your active dac instances. 修正対象のインスタンスを見つけ、instance_id を書き留めます。Find the instance that you want to correct and note the instance_id:

    select * from sysdac_instances_internalselect * from sysdac_instances_internal

  4. 次のクエリを実行し、すべての履歴エントリを表示します。Run this query to see all of the history entries:

    select * from sysdac_history_internalselect * from sysdac_history_internal

  5. 修正するインスタンスに対応する行を特定します。Identify the rows that should correspond to the instance you are fixing

  6. (sysdac_instances_internal テーブルで) sysdac_history_internal.instance_id の値を、手順 3 で書き留めた値に更新します。Update the sysdac_history_internal.instance_id value to the value you noted in step 3 (from the sysdac_instances_internal table):

    update sysdac_history_internal set instance_id = '<手順 3 で書き留めた値>' where <更新しようとする行に一致する式>update sysdac_history_internal set instance_id = '<value from step 3>' where <expression that matches the rows you want to update>

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

4.0 Reporting Services4.0 Reporting Services

4.1 SQL Server 2012 Reporting Services ネイティブ モード レポート サーバーを SQL Server 2014 Reporting Services SharePoint コンポーネントとサイド バイ サイドで実行できない4.1 The SQL Server 2012 Reporting Services Native Mode report server cannot run side-by-side with SQL Server 2014 Reporting Services SharePoint Components

問題点: Reporting ServicesReporting Services SQL Server 2014SQL Server 2014 Reporting ServicesReporting Services ネイティブ モードの Windows サービス SQL Server Reporting Services (ReportingServicesService.exe) の起動に失敗します。Issue: The Reporting ServicesReporting Services Native mode Windows service ‘SQL Server Reporting Services’ (ReportingServicesService.exe) fails to start if there are SQL Server 2014SQL Server 2014 Reporting ServicesReporting Services SharePoint components installed on the same server.

回避策: SQL Server 2014SQL Server 2014 Reporting ServicesReporting Services SharePoint コンポーネントをアンインストールし、Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services の Windows サービスを再起動します。Workaround: Uninstall SQL Server 2014SQL Server 2014 Reporting ServicesReporting Services SharePoint components and restart Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services Windows service.

詳細情報:More Information:

SQL Server 2012SQL Server 2012 Reporting ServicesReporting Services ネイティブ モードは、次のいずれのものともサイド バイ サイドで実行することはできません。 Reporting ServicesReporting Services Native Mode cannot run side-by-side with either of the following:

  • SQL Server 2014SQL Server 2014 Reporting ServicesReporting Services SharePoint 製品用アドイン Reporting ServicesReporting Services Add-in for SharePoint Products

  • SQL Server 2014SQL Server 2014 Reporting ServicesReporting Services SharePoint 共有サービス Reporting ServicesReporting Services SharePoint Shared Service

サイド バイ サイド インストールでは、 SQL Server 2012SQL Server 2012 Reporting ServicesReporting Services ネイティブ モード Windows Service を起動することはできません。The side-by-side installation prevents the SQL Server 2012SQL Server 2012 Reporting ServicesReporting Services Native Mode Windows Service from starting. 次のようなエラー メッセージが Windows イベント ログに記録されます。Error messages similar to the following will be seen in the Windows Event log:

Log Name:   Application  
Source:          Report Server (<SQL instance ID>)  
Event ID:        117  
Task Category:   Startup/Shutdown  
Level:           Error  
Keywords:        Classic  
Description:     The report server database is an invalid version.  

Log Name:      Application  
Source:        Report Server (<SQL instance ID>)  
Event ID:      107  
Task Category: Management  
Level:         Error  
Keywords:      Classic  
Description:   Report Server (DENALI) cannot connect to the report server database.  

詳細については、「 SQL Server 2014 Reporting Services の役立つヒントおよびトラブルシューティング」を参照してください。For more information, see SQL Server 2014 Reporting Services Tips, Tricks, and Troubleshooting.

4.2 SQL Server 2014 Reporting Services を使用する複数ノードの SharePoint ファームで必要なアップグレードの順序4.2 Required Upgrade Order for Multi-node SharePoint Farm to SQL Server 2014 Reporting Services

問題点: SharePoint 製品用 Reporting ServicesReporting Services アドインのすべてのインスタンスをアップグレードする前に、 Reporting ServicesReporting Services SharePoint 共有サービスのインスタンスをアップグレードした場合は、複数ノード ファームでレポートを表示できなくなります。Issue: Report rendering in a multi-node farm fails if instances of the Reporting ServicesReporting Services SharePoint Shared Service are upgraded before all instances of the Reporting ServicesReporting Services Add-in for SharePoint Products.

回避策: 複数ノードの SharePoint ファームで、次の手順を実行します。Workaround: In a multi-node SharePoint farm:

  1. 最初に、SharePoint 製品用 Reporting ServicesReporting Services アドインのすべてのインスタンスをアップグレードします。First upgrade all instances of the Reporting ServicesReporting Services Add-in for SharePoint Products.

  2. 次に、 Reporting ServicesReporting Services SharePoint 共有サービスのすべてのインスタンスをアップグレードします。Then upgrade all instances of the Reporting ServicesReporting Services SharePoint Shared Service.

詳細については、「 SQL Server 2014 Reporting Services の役立つヒントおよびトラブルシューティング」を参照してください。For more information, see SQL Server 2014 Reporting Services Tips, Tricks, and Troubleshooting

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

5.0 Microsoft Azure Virtual Machines 上の SQL Server 2014 RTM5.0 SQL Server 2014 RTM on Windows Azure Virtual Machines

5.1 Windows Azure で可用性グループ リスナーを構成するときに Azure のレプリカ追加ウィザードでエラーが返される5.1 The Add Azure Replica Wizard returns an error when configuring an Availability Group Listener in Windows Azure

問題点: 可用性グループ にリスナーが存在する場合は、Windows Azure でリスナーを構成しようとしたときに、Azure のレプリカ追加ウィザードでエラーが返されます。Issue: If an Availability Group has a Listener, the Add Azure Replica Wizard will return an error when trying to configure the Listener in Windows Azure.

Azure サブネットを含め、可用性グループのレプリカをホストしているすべてのサブネットで、可用性グループ リスナーに1 つの IP アドレスを割り当てることが必要とされるのが原因です。This is because Availability Group Listeners require assigning one IP address in every subnet hosting Availability Group replicas, including the Azure subnet.

回避策:Workaround:

  1. リスナーのページで、可用性グループ レプリカをホストする Azure サブネット内にある未使用の静的 IP アドレスを、可用性グループ リスナーに割り当てます。In the Listener page, assign a free static IP address in the Azure subnet that will host the Availability Group replica to the Availability Group Listener.

    この結果、ウィザードは Windows Azure 内でレプリカの追加を完了することができます。This will allow the Wizard to complete adding the replica in Windows Azure.

  2. ウィザードが完了した後、 チュートリアル: Windows Azure AlwaysOn 可用性グループのリスナー構成で説明されているように、Windows Azure 内のリスナー構成を完了する必要があります。After the Wizard completes, you will need to finish the configuration of the Listener in Windows Azure as described in Listener Configuration for AlwaysOn Availability Groups in Windows Azure

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

6.0 Analysis Services6.0 Analysis Services

6.1 SQL Server 2014 で構成された SharePoint 2010 の新しいファーム用に MSOLAP.5 のダウンロード、インストール、登録が必要6.1 MSOLAP.5 must be downloaded, installed and registered for a SharePoint 2010 new farm configured with SQL Server 2014

問題点:Issue:

  • SQL Server 2014 RTM の配置で構成された SharePoint 2010 ファームでは、接続文字列で参照されているプロバイダーがインストールされていないことが原因で、PowerPivot ブックをデータ モデルに接続できません。For a SharePoint 2010 farm configured with a SQL Server 2014 RTM deployment, PowerPivot workbooks cannot connect to data models because the provider referenced in the connection string is not installed.

回避策:Workaround:

  1. SQL Server 2012 SP1SQL Server 2012 SP1 Feature Pack から MSOLAP.5 プロバイダーをダウンロードします。Download the MSOLAP.5 provider from the SQL Server 2012 SP1SQL Server 2012 SP1 Feature Pack. Excel Services を実行しているアプリケーション サーバーにプロバイダーをインストールします。Install the provider on the application servers running Excel Services. 詳細については、「 Microsoft SQL Server 2012 SP1 用 Feature Pack」の「Microsoft Analysis Services OLE DB Provider for Microsoft SQL Server 2012 SP1」を参照してください。For more information, see the section “Microsoft Analysis Services OLE DB Provider for Microsoft SQL Server 2012 SP1” Microsoft SQL Server 2012 SP1 Feature Pack.

  2. MSOLAP.5 を信頼できるプロバイダーとして SharePoint Excel Services に登録します。Register MSOLAP.5 as a trusted provider with SharePoint Excel Services. 詳細については、「 Excel Services で信頼できるデータ プロバイダーとして MSOLAP.5 を追加」を参照してください。For more information, see Add MSOLAP.5 as a Trusted Data Provider in Excel Services.

詳細情報:More Information:

  • SQL Server 2014SQL Server 2014 には MSOLAP.6 が含まれます。 includes MSOLAP.6. SQL Server 2012SQL Server 2012SQL Server 2014SQL Server 2014 Power PivotPower Pivot のブックでは MSOLAP.5 が使用されます。 and SQL Server 2014SQL Server 2014 Power PivotPower Pivot workbooks use MSOLAP.5. Excel Services を実行しているコンピューターに MSOLAP.5 がインストールされていない場合は、Excel Services はデータ モデルを読み込むことができません。If MSOLAP.5 is not installed on the computer running Excel Services, Excel Services cannot load the data models.

6.2 SQL Server 2014 で構成された SharePoint 2013 の新しいファーム用に MSOLAP.5 のダウンロード、インストール、および登録が必要6.2 MSOLAP.5 must be downloaded, installed and registered for a SharePoint 2013 new farm configured with SQL Server 2014

問題点:Issue:

  • SQL Server 2014SQL Server 2014 の配置で構成された SharePoint 2013 ファームでは、接続文字列で参照されているプロバイダーがインストールされていないことが原因で、MSOLAP.5 プロバイダーを参照する Excel ブックから表形式のデータ モデルに接続することはできません。For a SharePoint 2013 farm configured with a SQL Server 2014SQL Server 2014 deployment, Excel workbooks referencing the MSOLAP.5 provider cannot connect to tabula data models because the provider referenced in the connection string is not installed.

回避策:Workaround:

  1. SQL Server 2012 SP1SQL Server 2012 SP1 Feature Pack から MSOLAP.5 プロバイダーをダウンロードします。Download the MSOLAP.5 provider from the SQL Server 2012 SP1SQL Server 2012 SP1 Feature Pack. Excel Services を実行しているアプリケーション サーバーにプロバイダーをインストールします。Install the provider on the application servers running Excel Services. 詳細については、「 Microsoft SQL Server 2012 SP1 用 Feature Pack」の「Microsoft Analysis Services OLE DB Provider for Microsoft SQL Server 2012 SP1」を参照してください。For more information, see the section “Microsoft Analysis Services OLE DB Provider for Microsoft SQL Server 2012 SP1” Microsoft SQL Server 2012 SP1 Feature Pack.

  2. MSOLAP.5 を信頼できるプロバイダーとして SharePoint Excel Services に登録します。Register MSOLAP.5 as a trusted provider with SharePoint Excel Services. 詳細については、「 Excel Services で信頼できるデータ プロバイダーとして MSOLAP.5 を追加」を参照してください。For more information, see Add MSOLAP.5 as a Trusted Data Provider in Excel Services.

詳細情報:More Information:

  • SQL Server 2014SQL Server 2014 には MSOLAP.6 が含まれます。 includes MSOLAP.6. ただし、SQL Server 2014 PowerPivot ブックでは MSOLAP.5 が使用されます。but SQL Server 2014 PowerPivot workbooks use MSOLAP.5. Excel Services を実行しているコンピューターに MSOLAP.5 がインストールされていない場合は、Excel Services はデータ モデルを読み込むことができません。If MSOLAP.5 is not installed on the computer running Excel Services, Excel Services cannot load the data models.

6.3 データ更新スケジュールの破損6.3 Corrupt Data Refresh Schedules

問題点:Issue:

  • 更新スケジュールを更新すると、スケジュールが壊れて使用できなくなります。You update a refresh schedule and the schedule becomes corrupt and unusable.

回避策:Workaround:

  1. Microsoft Excel で、カスタムの詳細プロパティをクリアします。In Microsoft Excel, clear the custom advanced properties. サポート技術情報 KB 2927748の「回避策」を参照してください。Please see the “Workaround” section of the following knowledge base article KB 2927748.

詳細情報:More Information:

  • ブックのデータ更新スケジュールを更新すると、更新スケジュールのシリアル化された長さが元のスケジュールより小さい場合、バッファー サイズが正しく更新されず、新しいスケジュール情報が古いスケジュール情報とマージされるため、スケジュールが破損します。When you update a data refresh schedule for a workbook, if the serialized length of the refresh schedule is smaller than the original schedule, the buffer size is not correctly updated and the new schedule information is merged with the old schedule information resulting in a corrupt schedule.

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

7.0 Data Quality Services7.0 Data Quality Services

7.1 バージョンの異なる Master Data Services での Data Quality Service はサポートされない7.1 No cross-version support for Data Quality Services in Master Data Services

問題点: 次のシナリオはサポートされていません。Issue: The following scenarios are not supported:

  • Data Quality Services 2012 がインストールされている SQL Server 2012 内にある SQL Server データベース エンジンのデータベースでの Master Data Services 2014 のホスティング。Master Data Services 2014 hosted in a SQL Server Database Engine database in SQL Server 2012 with Data Quality Services 2012 installed.

  • Data Quality Services 2014 がインストールされている SQL Server 2014 内にある SQL Server データベース エンジンのデータベースでの Master Data Services 2012 のホスティング。Master Data Services 2012 hosted in a SQL Server Database Engine database in SQL Server 2014 with Data Quality Services 2014 installed.

回避策: データベース エンジンのデータベース、および Data Quality Services と同じバージョンの Master Data Services を使用してください。Workaround: Use the same version of Master Data Services as the Database Engine database and Data Quality Services.

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

8.0 アップグレード アドバイザーの問題点8.0 Upgrade Advisor Issues

8.1 SQL Server 2014 アップグレード アドバイザーが SQL Server Reporting Services に関係のないアップグレードの問題点を報告する8.1 SQL Server 2014 Upgrade Advisor reports irrelevant upgrade issues for SQL Server Reporting Services

問題点: SQL Server 2014 メディアに収録されている SQL Server Upgrade Advisor (SSUA) が SQL Server Reporting Services サーバーを分析するときに、不適切な複数のエラーを報告します。Issue: SQL Server Upgrade Advisor (SSUA) shipped with the SQL Server 2014 media incorrectly reports multiple errors when analyzing SQL Server Reporting Services server.

回避策: SSUA に対応する SQL Server 2014 Feature Packの一部として提供される SQL Server アップグレード アドバイザーで、この問題が解決されます。Workaround: This issue is fixed in the SQL Server Upgrade Advisor provided in the SQL Server 2014 Feature Pack for SSUA.

8.2 SQL Server 2014 アップグレード アドバイザーで SQL Server Integration Services サーバーを分析するときにエラーが報告される8.2 SQL Server 2014 Upgrade Advisor reports an error when analyzing SQL Server Integration Services server

問題点: SQL Server 2014 メディアに収録されている SQL Server Upgrade Advisor (SSUA) が、SQL Server Integration Services サーバーを分析するときにエラーを報告します。Issue: SQL Server Upgrade Advisor (SSUA) shipped with the SQL Server 2014 media reports an error when analyzing SQL Server Integration Services server. ユーザーに対して表示されるエラーは、次のようなものです。The error that is displayed to the user is:

The installed version of Integration Services does not support Upgrade Advisor.   
The assembly information is "Microsoft.SqlServer.ManagedDTS, Version=11.0.0.0,   
Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91  

回避策: SSUA に対応する SQL Server 2014 Feature Packの一部として提供される SQL Server アップグレード アドバイザーで、この問題が解決されます。Workaround: This issue is fixed in the SQL Server Upgrade Advisor provided in the SQL Server 2014 Feature Pack for SSUA.

[トップに戻る] リンクで使用される矢印アイコントップArrow icon used with Back to Top linkTop

info_tip ヘルプの参照Get Help