SQL Server 2016 リリース ノートSQL Server 2016 Release Notes

適用対象:○SQL Server (2016 以降)×Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data WarehouseTHIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2016)noAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse ここでは、SQL Server 2016 リリースでの制限事項と問題について説明します。 This article describes limitations and issues with SQL Server 2016 releases.

お試しください:Try it out:

Evaluation Center からダウンロードする Evaluation Center から SQL Server 2016 をダウンロードするDownload from Evaluation Center Download SQL Server 2016 from the Evaluation Center

Azure Virtual Machine のアイコン Azure アカウントをすでにお持ちですか?Azure Virtual Machine small Have an Azure account? こちら にアクセスして、SQL Server 2016 SP1 がインストール済みの仮想マシンをすぐにご利用いただけます。Then go Here to spin up a Virtual Machine with SQL Server 2016 SP1 already installed.

[SSMS をダウンロードするSSMS: 最新版の SQL Server Management Studio を入手するには、「SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」を参照してください。[Download SSMSSSMS: To get the latest version of SQL Server Management Studio, see Download SQL Server Management Studio (SSMS).

新機能については、「 SQL Server 2016 の新機能」をご覧ください。For information on what's new, see What's New in SQL Server 2016.

記事のセクション:Article sections:

SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1) を使用できるSQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1) available

info_tip SQL Server 2016 SP1 では、SQL Server 2016 のすべてのエディションとサービス レベルを SQL Server 2016 SP1 にアップグレードします。SQL Server 2016 SP1 upgrades all editions and service levels of SQL Server 2016 to SQL Server 2016 SP1. この記事に記載されている修正プログラムに加えて、SQL Server 2016 SP1 には、SQL Server 2016 Cumulative Update 1 (CU1) から SQL Server 2016 CU3 に含まれていた修正プログラムが含まれています。In addition to the fixes that are listed in this article, SQL Server 2016 SP1 includes hotfixes that were included in SQL Server 2016 Cumulative Update 1 (CU1) to SQL Server 2016 CU3.

SQL Server 2016 Release - 一般公開 (GA)SQL Server 2016 Release - General Availability (GA)

repl_icon_warn Install Patch Requirement (GA)repl_icon_warn Install Patch Requirement (GA)

問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2016 の前提条件としてインストールされる Microsoft VC++ 2013 ランタイム バイナリに影響を与える問題が見つかりました。Issue and customer impact: Microsoft has identified a problem that affects the Microsoft VC++ 2013 Runtime binaries that are installed as a prerequisite by SQL Server 2016. 更新プログラムを利用してこの問題を修正できます。An update is available to fix this problem. VC ランタイム バイナリに対するこの更新プログラムをインストールしないと、特定のシナリオにおいて、SQL Server 2016 で安定性の問題が発生する可能性があります。If this update to the VC runtime binaries is not installed, SQL Server 2016 may experience stability issues in certain scenarios. SQL Server 2016 をインストールする前に、 KB 3164398で説明されている修正プログラムがコンピューターに必要かどうかを確認してください。Before you in stall SQL Server 2016, check to see if the computer needs the patch described in KB 3164398. 修正プログラムは、SQL Server 2016 RTM の累積的な更新プログラム パッケージ 1 (CU1) にも含まれています。The patch is also included in Cumulative Update Package 1 (CU1) for SQL Server 2016 RTM.

解決方法: 次の解決策のいずれかを使用します。Resolution: Use one of the following solutions:

  • KB 3138367 - 2013 の Visual C++ および Visual C++ の再頒布可能パッケージ用の更新プログラムをインストールします。Install KB 3138367 - Update for Visual C++ 2013 and Visual C++ Redistributable Package. KB は推奨される解決方法です。The KB is the preferred resolution. このインストールは、SQL Server 2016 のインストールの前でも後でも実行できます。You can install this before or after you install SQL Server 2016.

    SQL Server 2016 が既にインストール済みの場合は、次の順序で手順を実行します。If SQL Server 2016 is already installed, do the following steps in order:

    1. 該当する vcredist_*exe をダウンロードします。Download the appropriate vcredist_*exe.
    2. データベース エンジンのすべてのインスタンスで SQL Server サービスを停止します。Stop the SQL Server service for all instances of the database engine.
    3. KB 3138367をインストールします。Install KB 3138367.
    4. コンピューターを再起動します。Reboot the computer.
    • KB 3164398 - SQL Server 2016 MSVCRT の必須コンポーネントの重要な更新プログラムをインストールします。Install KB 3164398 - Critical Update for SQL Server 2016 MSVCRT prerequisites.

      KB 3164398を使用する場合、SQL Server のインストール中、Microsoft Update の実行時、または Microsoft ダウンロード センターからインストールできます。If you use KB 3164398, you can install during SQL Server installation, through Microsoft Update, or from Microsoft Download Center.

      • SQL Server 2016 のインストール中: SQL Server セットアップを実行するコンピューターからインターネットにアクセスできる場合、SQL Server セットアップにより、SQL Server インストール全体の一部として更新プログラムが調べられます。During SQL Server 2016 Installation: If the computer running SQL Server setup has internet access, SQL Server setup checks for the update as part of the overall SQL Server installation. 更新を承認すると、インストール中にセットアップによりバイナリがダウンロードされて更新されます。If you accept the update, setup downloads and update the binaries during installation.

      • Microsoft Update: Microsoft Update から、セキュリティに関連しない重要な SQL Server 2016 更新プログラムとしてこの更新プログラムを入手できます。Microsoft Update: The update is available from Microsoft Update as a critical non-security SQL Server 2016 update. SQL Server 2016 のインストール後に Microsoft Update を使用してインストールした場合には、更新後にサーバーの再起動が必要になります。Installing through Microsoft update, after SQL Server 2016 requires the server to be restarted following the update.

      • ダウンロード センター: 最後に、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムをダウンロードできます。Download Center: Finally, the update is available from the Microsoft Download Center. 更新用のソフトウェアをダウンロードして、SQL Server 2016 がインストール済みのサーバーにインストールできます。You can download the software for the update and install it on servers after they have SQL Server 2016.

Stretch DatabaseStretch Database

データベースやテーブルの名前に特定の文字が使用される場合の問題Problem with a specific character in a database or table name

問題およびユーザーへの影響: データベースまたはテーブルで Stretch Database を有効にしようとすると、エラーが発生して失敗します。Issue and customer impact: Attempting to enable Stretch Database on a database or a table fails with an error. この問題は、オブジェクトの名前に、小文字から大文字に変換されるときに別の文字として扱われる文字が含まれている場合に発生します。The issue occurs when the name of the object includes a character that's treated as a different character when converted from lower case to upper case. この問題が発生する文字の例には、"ƒ" 文字 (ALT+159 を入力すると作成される) があります。An example of a character that causes this issue is the character "ƒ" (created by typing ALT+159).

回避策: データベースかテーブルに対して Stretch Database を有効にするには、オブジェクトの名前を変更して問題の文字を削除するオプションしかありません。Workaround: If you want to enable Stretch Database on the database or the table, the only option is to rename the object and remove the problem character.

INCLUDE キーワードを使用するインデックスの問題Problem with an index that uses the INCLUDE keyword

問題およびユーザーへの影響: テーブルに対して Stretch Database を有効にしようとする場合に、INCLUDE キーワードを使用して追加の列を組み込んでいるインデックスがそのテーブルにあると、エラーが発生して失敗します。Issue and customer impact: Attempting to enable Stretch Database on a table that has an index that uses the INCLUDE keyword to include additional columns in the index fails with an error.

回避策: INCLUDE キーワードを使用しているインデックスを削除し、そのテーブルに対して Stretch Database を有効にしてから、インデックスを再作成します。Workaround: Drop the index that uses the INCLUDE keyword, enable Stretch Database on the table, then recreate the index. その場合には、組織のメンテナンスのプラクティスやポリシーに従っているか確認して、影響を受けるテーブルのユーザーに対する反響をなくすか最小限に抑えるようにしてください。If you do this, be sure to follow your organization's maintenance practices and policies to ensure minimal or no impact to users of the affected table.

Query StoreQuery Store

Enterprise や Developer 以外のエディションでのデータの自動クリーンアップに関する問題Problem with automatic data cleanup on editions other than Enterprise and Developer

問題およびユーザーへの影響: Enterprise や Developer 以外のエディションでデータの自動クリーンアップが失敗します。Issue and customer impact: Automatic data cleanup fails on editions other than Enterprise and Developer. その結果、データを手動で消去しないと、クエリ ストアに使用される領域は構成済みの制限に達するまで時間の経過と共に増えます。Consequently, if data is not purged manually, space used by the Query Store will grow over time until configured limit is reached. この問題を回避しないと、エラー ログ用に割り当てられたディスク領域もいっぱいになります。クリーンアップを実行しようとするたびにダンプ ファイルが生成されるからです。If not mitigated, this issue will also fill up disk space allocated for the error logs, as every attempt to execute cleanup produces a dump file. クリーンアップをアクティブ化する期間はワークロードの頻度に応じて異なりますが、15 分以内です。Cleanup activation period depends on the workload frequency, but it is no longer than 15 min.

回避策: Enterprise や Developer 以外のエディションでクエリ ストアを使用する計画の場合は、クリーンアップのポリシーを明示的にオフにする必要があります。Workaround: If you plan to use Query Store on editions other than Enterprise and Developer, you need to explicitly turn off cleanup policies. この作業は、SQL Server Management Studio ([データベースのプロパティ] ページ) から行うか、Transact SQL スクリプトを使用して行うことができます。It can be done either from SQL Server Management Studio (Database Properties page) or via Transact-SQL script:

ALTER DATABASE <database name> SET QUERY_STORE (OPERATION_MODE = READ_WRITE, CLEANUP_POLICY = (STALE_QUERY_THRESHOLD_DAYS = 0), SIZE_BASED_CLEANUP_MODE = OFF)

また、クエリ ストアが読み取り専用モードに移行しないように、手動クリーンアップのオプションを検討してください。Additionally, consider manual cleanup options to prevent Query Store from transitioning to read-only mode. たとえば、次のクエリを実行して、データ領域全体を定期的にクリーンアップします。For example, run the following query to periodically clean entire data space:

ALTER DATABASE <database name> SET QUERY_STORE CLEAR

また、次のクエリ ストアのストアド プロシージャを定期的に実行して、ランタイム統計、特定のクエリ、または計画をクリーンアップします。Also, execute the following Query Store stored procedures periodically to clean runtime statistics, specific queries or plans:

  • sp_query_store_reset_exec_stats

  • sp_query_store_remove_plan

  • sp_query_store_remove_query

製品ドキュメント (GA)Product Documentation (GA)

問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2016 のドキュメントのダウンロード可能なバージョンはまだありません。Issue and customer impact: A downloadable version of the SQL Server 2016 documentation is not yet available. ヘルプ ライブラリ マネージャーを使って オンラインからコンテンツをインストールしようとすると、SQL Server 2012 および SQL Sever 2014 のドキュメントは表示されますが、SQL Server 2016 のドキュメントのオプションはありません。When you use Help Library Manager to attempt to Install content from online, you see the SQL Server 2012 and SQL Server 2014 documentation but there are no options for SQL Server 2016 documentation.

回避策: 次のいずれかの回避策を使用してください。Workaround: Use one of the following work-arounds:

SQL Server のヘルプ設定の管理Manage Help Settings for SQL Server

  • [オンラインまたはローカル ヘルプの選択] オプションを使用し、[オンライン ヘルプを使用する] にヘルプを構成します。Use the option Choose online or local help and configure help for "I want to use online help".

  • [オンラインからコンテンツをインストール] オプションを使用し、SQL Server 2014 のコンテンツをダウンロードします。Use the option Install content from online and download the SQL Server 2014 Content.

    F1 ヘルプ: 仕様上、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioで F1 キーを押すと、ブラウザーでオンライン バージョンの F1 ヘルプ記事が表示されます。F1 Help: By design when you press F1 in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, the online version of the F1 Help article is displayed in the browser. この問題は、ブラウザー ベースのヘルプで、ローカル ヘルプのインストールを構成した場合でも発生します。The issues is browser-based help even when you have configured and installed local Help.

コンテンツの更新: Updating content:
SQL Server Management Studio と Visual Studio では、ドキュメントの追加プロセス中に、ヘルプ ビューアーのアプリケーションが凍結 (ハング) することがあります。In SQL Server Management Studio and Visual Studio, the Help Viewer application may freeze (hang) during the process of adding the documentation. この問題を解決するには、次の手順を実行します。To resolve this issue, complete the following steps. この問題の詳細については、「 Visual Studio ヘルプ ビューアーがフリーズする」を参照してください。For more information about this issue, see Visual Studio Help Viewer freezes.

  • メモ帳で %LOCALAPPDATA%\Microsoft\HelpViewer2.2\HlpViewer_SSMS16_en-US.settings | HlpViewer_VisualStudio14_en-US.settings ファイルを開き、次のコード内の日付を将来の日付に変更します。Open the %LOCALAPPDATA%\Microsoft\HelpViewer2.2\HlpViewer_SSMS16_en-US.settings | HlpViewer_VisualStudio14_en-US.settings file in Notepad and change the date in the following code to some date in the future.
     Cache LastRefreshed="12/31/2017 00:00:00"    

追加情報Additional Information

info_tip ヘルプの参照Get Help

MS_Logo_X-SmallMS_Logo_X-Small