SQL Server 2016 リリース ノートSQL Server 2016 Release Notes

適用対象:○SQL Server (2016 以降)×Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data WarehouseTHIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2016)noAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

ここでは、SQL Server 2016 リリースでの制限事項と問題について説明します。Service Pack についても説明します。This article describes limitations and issues with SQL Server 2016 releases, including service packs. 新機能については、「 SQL Server 2016 の新機能」をご覧ください。For information on what's new, see What's New in SQL Server 2016.

SQL Server 2016 Service Pack 2 (SP2)SQL Server 2016 Service Pack 2 (SP2)

info_tip SQL Server 2016 SP2 には、2016 SP1 より後にリリースされた、CU8 まで (CU8 を含む) の累積的な更新プログラムがすべて含まれています。SQL Server 2016 SP2 includes all cumulative updates released after 2016 SP1, up to and including CU8.

SQL Server 2016 SP2 のインストールでは、インストール後に再起動が必要な場合があります。The SQL Server 2016 SP2 installation may require reboot after installation. ベスト プラクティスとして、SQL Server 2016 SP2 インストール後の再起動を計画して実行することをお勧めします。As a best practice, we recommend to plan and perform a reboot following the installation of SQL Server 2016 SP2.

SQL Server 2016 SP2 にはパフォーマンスとスケールに関連する改善が含まれています。Performance and Scale related improvements included in SQL Server 2016 SP2.

機能Feature [説明]Description 詳細情報More information
ディストリビューション DB のクリーンアップ プロシージャの向上Improved Distribution DB cleanup procedure サイズ超過のディストリビューション データベース テーブルにより、ブロックとデッドロックの状況が発生していました。An oversized distribution database tables caused blocking and deadlock situation. クリーンアップ プロシージャの向上は、これらのブロックまたはデッドロックのシナリオの一部を排除することを目的としています。An improved cleanup procedure aims to eliminate some of these blocking or deadlock scenarios. KB4040276KB4040276
変更の追跡のクリーンアップChange Tracking Cleanup 変更の追跡のクリーンアップ パフォーマンスと、変更の追跡のサイド テーブルの効率性が向上しました。Improved change tracking cleanup performance and efficiency for Change Tracking side tables. KB4052129KB4052129
CPU のタイムアウトを使用したリソース ガバナーの要求の取り消しUse CPU time out to cancel Resource Governor request 要求の CPU しきい値に達した場合に実際に要求を取り消すことで、クエリ要求の処理が改善されます。Improves the handling of query requests by actually cancelling the request, if CPU thresholds for a request is reached. この動作は、トレース フラグ 2422 で有効です。This behavior is enabled under trace flag 2422. KB4038419KB4038419
SELECT INTO によるファイル グループへのターゲット テーブルの作成SELECT INTO to create target table in filegroup SQL Server 2016 SP2 以降では、SELECT INTO の T-SQL 構文で ON キーワードを使用して、ユーザーの既定のファイル グループ以外のファイル グループにテーブルを読み込むことができるようになりました。Starting with SQL Server 2016 SP2, SELECT INTO T-SQL syntax supports loading a table into a filegroup other than a default filegroup of the user using the ON keyword in T-SQL syntax.
TempDB の間接チェックポイントの改善Improved Indirect Checkpoint for TempDB DPLists のスピンロックの競合を最小限に抑えるため、TempDB の間接チェックポイント処理が改善しました。Indirect checkpointing for TempDB is improved to minimize the spinlock contention on DPLists. この機能強化により、TempDB の間接チェックポイント処理が ON になっている場合に、SQL Server 2016 の TempDB ワークロードが自由にスケールアウトできるようになります。This improvement allows TempDB workload on SQL Server 2016 to scale out of the box if indirect checkpointing is ON for TempDB. KB4040276KB4040276
大容量メモリのコンピューターでのデータベース バックアップ パフォーマンスの改善Improved database backup performance on large memory machines SQL Server 2016 SP2 ではバックアップ中に進行している I/O のドレイン方法が最適化されるため、中小規模のデータベースのバックアップ パフォーマンスが大幅に改善されています。SQL Server 2016 SP2 optimizes the way we drain the on-going I/O during backup resulting in dramatic gains in backup performance for small to medium databases. 2TB のコンピューターでシステム データベースのバックアップを実行した場合の改善度は、以前の 100 倍という結果が出ています。We have seen more than 100x improvement when taking system database backups on a 2TB machine. バックアップするページが増加してデータベースのサイズが大きくなり、バッファー プールを繰り返す場合と比べ、バックアップ IO の時間が長くなると、バッファー プールのパフォーマンスの向上の幅が小さくなります。The performance gain reduces as the database size increases as the pages to backup and backup I/O takes more time compared to iterating buffer pool. この変更により、大容量メモリ搭載の大規模なハイ エンドサーバーで複数の小規模データベースをホストしている顧客のバックアップ パフォーマンスが改善します。This change will help improve the backup performance for customers hosting multiple small databases on a large high end servers with large memory.
TDE が有効なデータベースでの VDI バックアップの圧縮のサポートVDI backup compression support for TDE enabled databases SQL Server 2016 SP2 では、VDI バックアップ ソリューションが TDE が有効なデータベースで圧縮を利用できるようにする、VDI サポートが追加されています。SQL Server 2016 SP2, adds VDI support to allow VDI backup solutions to leverage compression for TDE enabled databases. この改善により、TDE が有効なデータベースでバックアップの圧縮をサポートするための新しいバックアップ形式が導入されました。With this improvement, a new backup format has been introduced to support backup compression for TDE enabled databases. SQL Server エンジンは、バックアップを復元するための新旧のバックアップ形式を透過的に処理します。The SQL Server engine will transparently handle new and old backup formats to restore the backups.
レプリケーション エージェント プロファイルのパラメーターの動的な読み込みDynamic loading of replication agent profile parameters この新しい機能強化により、エージェントを再起動しなくてもレプリケーション エージェントのパラメーターが動的に読み込まれるようになります。This new enhancements allows replication agents parameters to be loaded dynamically without having to restart the agent. この変更は、特に一般的に使用されるエージェント プロファイルのパラメーターにのみ適用されます。This change is applicable only to the most commonly used agent profile parameters.
統計の作成/更新のための MAXDOP オプションのサポートSupport MAXDOP option for statistics create/update この機能強化により、CREATE/UPDATE の STATISTICS ステートメントに MAXDOP オプションを指定できるだけでなく、作成または再構築の一環として統計が更新される場合にすべての型のインデックスで正しい MAXDOP 設定が使用されるようになります (MAXDOP オプションが存在する場合)This enhancement allows to specify the MAXDOP option for a CREATE/UPDATE statistics statement, as well as make sure the right MAXDOP setting is used when statistics are updated as part of create or rebuild for all types of indexes (if the MAXDOP option is present) KB4041809KB4041809
増分統計の自動更新の改善Improved Auto Statistics Update for Incremental Statistics 特定のシナリオでは、増分統計の合計変更数が自動更新のしきい値を超え、それでいて個々のパーティションのいずれもが自動更新のしきい値を超えないようにテーブルの複数のパーティションで多数のデータ変更が行われた場合、統計更新はテーブルでより多くの変更が行われるまで遅延する場合があります。In certain scenarios, when a number of data changes happened across multiple partitions in a table in a way that the total modification counter for incremented statistics exceeds the auto update threshold, but none of the individual partitions exceed the auto update threshold, statistics update may be delayed until much more modifications happen in the table. この動作は、トレース フラグ 11024 で修正されました。This behavior is corrected under trace flag 11024.

SQL Server 2016 SP2 にはサポートと診断に関連する改善が含まれています。Supportability and Diagnostics related improvements included in SQL Server 2016 SP2.

機能Feature [説明]Description 詳細情報More information
可用性グループ内のデータベースでの完全な DTC サポートFull DTC support for databases in an Availability Group 可用性グループの一部であるデータベースでの複数データベース間トランザクションは現在 SQL Server 2016 でサポートされていません。Cross-databases transactions for databases which are part of an Availability Group are currently not supported for SQL Server 2016. SQL Server 2016 SP2 では、可用性グループ データベースでの分散トランザクションの完全なサポートを導入しています。With SQL Server 2016 SP2, we are introducing full support for distributed transactions with Availability Group Databases.
TempDB の暗号化の状態を正確に反映するための sys.database の is_encrypted 列の更新Update to sys.databases is_encrypted column to accurately reflect encryption status for TempDB すべてのユーザー データベースの暗号化をオフにし、SQL Server を再起動した後でも、TempDB の sys.databases の is_encrypted 列の値は 1 です。The value of is_encryptedcolumn column in sys.databases is 1 for TempDB, even after you turn off encryption for all user databases and restart SQL Server. この状況では TempDB が暗号化されないため、この値が 0 になることが予想されます。The expected behavior would be that the value for this is 0, since TempDB is no longer encrypted in this situation. SQL Server 2016 SP2 以降では、sys.databases.is_encrypted で TempDB の暗号化の状態が正確に反映されます。Starting with SQL Server 2016 SP2, sys.databases.is_encrypted now accurately reflects encryption status for TempDB.
検証済みのクローンとバックアップを生成するための新しい DBCC CLONEDATABASE オプションNew DBCC CLONEDATABASE options to generate verified clone and backup SQL Server 2016 SP2 では、DBCC CLONEDATABASE によって、検証済みのクローンの作成、またはバックアップ クローンの生成という 2 つのオプションを使用できるようになります。With SQL Server 2016 SP2, DBCC CLONEDATABASE allows two new options: produce a verified clone, or produce a backup clone. WITH VERIFY_CLONEDB オプションによってクローン データベースが作成されると、実稼働環境で Microsoft によってサポートされる一貫性のあるデータベース クローンが作成され、検証されます。When a clone database is created using WITH VERIFY_CLONEDB option, a consistent database clone is created and verified which will be supported by Microsoft for production use. クローンが検証されるかどうかを検証する新しいプロパティ SELECT DATABASEPROPERTYEX(‘clone_database_name’, ‘IsVerifiedClone’) が導入されています。A new property is introduced to validate if the clone is verified SELECT DATABASEPROPERTYEX(‘clone_database_name’, ‘IsVerifiedClone’). クローンが BACKUP_CLONEDB オプションで作成されると、顧客が簡単にクローンを別のサーバーに移動したり、トラブルシューティングのために Microsoft カスタマー サポート (CSS) に送信したりできるように、データ ファイルと同じフォルダーにバックアップが生成されます。When a clone is created with BACKUP_CLONEDB option, a backup is generated in the same folder as the data file to make it easy for customers to move the clone to different server or to send it to Microsoft Customer Support (CSS) for troubleshooting.
DBCC CLONEDATABASE の Service Broker (SSB) のサポートService Broker (SSB) support for DBCC CLONEDATABASE SSB オブジェクトのスクリプト作成を許可するように、DBCC CLONEDATABASE コマンドが拡張されました。Enhanced DBCC CLONEDATABASE command to allow scripting of SSB objects. KB4092075KB4092075
TempDB のバージョン ストア領域の使用量を監視する新しい DMVNew DMV to monitor TempDB version store space usage TempDB のバージョン ストア使用量の監視が可能になるように、SQL Server 2016 SP2 に新しい sys.dm_tran_version_store_space_usage の DMV が導入されました。A new sys.dm_tran_version_store_space_usage DMV is introduced in SQL Server 2016 SP2 to allow monitoring TempDB for version store usage. 運用サーバーでの実行時にパフォーマンスのオーバーヘッドを発生させることなく、データベースごとのバージョン ストア使用量の要件に基づいて DBA で TempDB のサイズを事前に計画できるようになりました。DBAs can now proactively plan TempDB sizing based on the version store usage requirement per database, without any performance overhead when running it on production servers.
レプリケーション エージェントの完全なダンプのサポートFull Dumps support for Replication Agents 現在は、レプリケーション エージェントがハンドルされない例外に遭遇すると、既定により例外の現象のミニ ダンプが作成されます。Today if replication agents encounter a unhandled exception, the default is to create a mini dump of the exception symptoms. これにより、未処理の例外の問題のトラブルシューティングが非常に難しくなっています。This makes troubleshooting unhandled exception issues very difficult. 今回の変更では新しいレジストリ キーが導入され、レプリケーション エージェントの完全なダンプが作成できるようになっています。Through this change we are introducing a new Registry key, which would allow to create a full dump for Replication Agents.
可用性グループのルーティング読み取りエラーの拡張イベントの機能強化Extended Events enhancement for read routing failure for an Availability Group 以前は、ルーティング リストが存在する場合、read_only_rout_fail の xEvent が起動していましたが、ルーティング リストのどのサーバーも、接続に使用できませんでした。Before, the read_only_rout_fail xEvent fired if there was a routing list present, but none of the servers in the routing list were available for connections. SQL Server 2016 SP2 には、トラブルシューティングに役立つ追加情報と、xEvent が起動するコード ポイントの拡張も含まれます。SQL Server 2016 SP2 includes additional information to assist with troubleshooting, and also expand on the code points where this xEvent gets fired.
トランザクション ログを監視する新しい DMVNew DMV to monitor the transaction log 概要レベルの属性とデータベースのトランザクション ログ ファイルに関する情報を返す新しい DMV sys.dm_db_log_stats を追加しました。Added a new DMV sys.dm_db_log_stats that returns summary level attributes and information about transaction log files of databases.
VLF 情報を監視するための新しい DMVNew DMV to monitor VLF information 顧客が遭遇する可能性のある T-Log の問題を監視し、警告し、回避するための、DBCC LOGINFO に似た VLF 情報を公開する新しい DMV、sys.dm_db_log_info が SQL Server 2016 SP2 に導入されました。A new DMV sys.dm_db_log_info is introduced in SQL Server 2016 SP2 to expose the VLF information similar to DBCC LOGINFO to monitor, alert and avert potential T-Log issues experienced by customers.
sys.dm_os_sys_info のプロセッサ情報Processor Information in sys.dm_os_sys_info socket_count や cores_per_numa などのプロセッサ関連情報を公開する新しい列が sys.dm_os_sys_info の DMV に追加されています。New columns added to the sys.dm_os_sys_info DMV to expose the processor related information, such as socket_count, and cores_per_numa.
sys.dm_db_file_space_usage のエクステントの変更情報Extent modified information in sys.dm_db_file_space_usage 前回の完全バックアップから変更されたエクステントの数を追跡する新しい列が sys.dm_db_file_space_usage に追加されました。New column added to sys.dm_db_file_space_usage to track the number of modified extents since the last full backup.
sys.dm_exec_query_stats のセグメント情報Segment information in sys.dm_exec_query_stats total_columnstore_segment_reads、total_columnstore_segment_skips などの、スキップされた列ストア セグメントや読み取られた列ストア セグメントの数を追跡する新しい列が sys.dm_exec_query_stats に追加されました。New columns were added to sys.dm_exec_query_stats to track number of columnstore segments skipped and read, such as total_columnstore_segment_reads, and total_columnstore_segment_skips. KB4051358KB4051358
ディストリビューション データベースの正しい互換性レベルの設定Setting correct compatibility level for distribution database Service Pack をインストールすると、ディストリビューション データベースの互換性レベルが 90 に変更されます。After Service Pack installation, the Distribution database compatibility level changes to 90. これは、sp_vupgrade_replication ストアド プロシージャのコード パスが原因でした。This was because of an code path in sp_vupgrade_replication stored procedure. SP はディストリビューション データベースに正しい互換性レベルが設定されるように変更されています。The SP has now been changed to set the correct compatibility level for the distribution database.
最後に確認された適切な DBCC CHECKDB 情報の公開Expose last known good DBCC CHECKDB information 最後に成功した DBCC CHECKDB 実行の日付がプログラムで自動的に返されるように、新しいデータベースのオプションが追加されました。A new database option has been added to programmatically return the date of the last successful DBCC CHECKDB run. ユーザーはクエリ DATABASEPROPERTYEX([database], ‘lastgoodcheckdbtime’) を実行することで、指定したデータベースで最後に成功した DBCC CHECKDB 実行の日時を表す単一の値を取得することができます。Users can now query DATABASEPROPERTYEX([database], ‘lastgoodcheckdbtime’) to obtain a single value representing the date/time of the last successful DBCC CHECKDB run on the specified database.
Showplan XML の機能強化Showplan XML enhancements 統計名、変更数、サンプリングの割合、統計の最終更新日時を含む、クエリ プランのコンパイルに使用された統計に関する情報Information on which statistics were used to compile the query plan, including statistics name, modification counter, sampling percent, and when the statistics was updated last time. これは CE モデル 120 以降でのみ追加されます。Note this is added for CE models 120 and later only. たとえば、CE 70 ではサポートされません。For example it is not supported for CE 70.
クエリ オプティマイザーが “row goal” のロジックを使用する場合、新しい属性 EstimateRowsWithoutRowgoal が Showplan XML に追加されます。A new attribute EstimateRowsWithoutRowgoal is added to showplan XML if Query Optimizer uses “row goal” logic.
実際の Showplan XML には、スカラー ユーザー定義関数 (UDF) に費やされた時間を追跡する新しいランタイム属性 UdfCpuTime と UdfElapsedTime が追加されています。New runtime attributes UdfCpuTime and UdfElapsedTime in actual showplan XML, to track time spent in scalar User-Defined Functions (UDF).
実際の Showplan XML には待機の種類 CXPACKET が考えられる上位 10 の待機リストに追加されています。クエリの並列実行には頻繁に CXPACKET の待機が含まれますが、この種類の待機は実際の Showplan XML では報告されませんでした。Add CXPACKET wait type to list of possible top 10 waits in actual showplan XML – Parallel query execution frequently involves CXPACKET waits, but this type of wait was not reporting in actual showplan XML.
並列処理の演算子の書き込み中に TempDB に書き込まれたページ数を報告するためのランタイム書き込み警告が拡張されました。Extended the runtime spill warning to report number of pages written to TempDB during a parallelism operator spill.
補助的な文字の照合を使用するデータベースのレプリケーションのサポートReplication Support for databases with Supplemental characters collations 補助的な文字の照合を使用するデータベースでレプリケーションがサポートされるようになりました。Replication is now supportable on databases which use the Supplemental Character Collation.
可用性グループのフェールオーバーを使用した Service Broker の適切な処理Proper handling of Service Broker with Availability group failover 現在の実装では、可用性グループのデータベースで Service Broker が有効になっていると、プライマリ レプリカで開始されたすべての Service Broker の接続は、AG フェールオーバー中に開いたままになります。In the current implementation when Service Broker is enabled on an Availability Group Databases, during an AG failover all Service broker connections which originated on the Primary Replica are left open. この機能強化は、AG フェールオーバー中、これらの開いたままの接続をすべて閉じることを目的としています。This improvement targets to close all such open connections during an AG failover.
並列処理の待機のトラブルシューティングの改善Improved parallelism waits troubleshooting 新しい CXCONSUMER の待機が追加されたためです。by adding a new CXCONSUMER wait.
同じ情報の DMV 間での一貫性が改善Improved consistency between DMVs for same information sys.dm_exec_session_wait_stats の DMV と sys.dm_os_wait_stats の DMV の間で、CXPACKET と CXCONSUMER の待機の追跡が一貫して行われるようになりました。The sys.dm_exec_session_wait_stats DMV now tracks CXPACKET and CXCONSUMER waits consistently with the sys.dm_os_wait_stats DMV.
クエリ内並列処理のデッドロックのトラブルシューティングの向上Improved troubleshooting of intra-query parallelism deadlocks 新しい exchange_spill の拡張イベントによって、xEvent のフィールド名 worktable_physical_writes での並列処理演算子の書き込み中に TempDB に書き込まれたページ数が報告されます。A new exchange_spill Extended Event to report the number of pages written to TempDB during a parallelism operator spill, in the xEvent field name worktable_physical_writes.
sys.dm_exec_query_stats、sys.dm_exec_procedure_stats、sys.dm_exec_trigger_stats の各 DMV への書き込み列 (total_spills など) に並列処理演算子によって書き込まれたデータも含まれるようになりました。The spills columns in the sys.dm_exec_query_stats, sys.dm_exec_procedure_stats, and sys.dm_exec_trigger_stats DMVs (such as total_spills) now also include the data spilled by parallelism operators.
並列処理のデッドロック シナリオで exchangeEvent リソースに属性が追加されたことで、XML デッドロック グラフが改善されました。The XML deadlock graph is improved for parallelism deadlock scenarios, with more attributes added to the exchangeEvent resource.
バッチモード演算子を伴うデッドロックで SyncPoint リソースに属性が追加されたことで、XML デッドロック グラフが改善されました。The XML deadlock graph is improved for deadlocks involving batch-mode operators, with more attributes added to the SyncPoint resource.
一部のレプリケーション エージェント プロファイルのパラメーターの動的な読み込みDynamic reloading of some replication agent profile parameters レプリケーション エージェントの現在の実装では、エージェント プロファイル パラメーターの変更には、必ずエージェントの停止と再起動が必要です。In the current implementation of replication agents any change in the agent profile parameter requires the agent to be stopped and restarted. この機能強化により、レプリケーション エージェントを再起動しなくてもパラメーターが動的に再読み込みされるようになりました。This improvements allows for the parameters to be dynamically reloaded without having to restart the replication agent.

horizontal-bar.png

SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1)SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1)

info_tip SQL Server 2016 SP1 には、SQL Server 2016 RTM CU3 までの累積的な更新プログラムがすべて含まれ、セキュリティ更新プログラム MS16-136 も含まれます。SQL Server 2016 SP1 includes all cumulative updates up to SQL Server 2016 RTM CU3 including Security Update MS16-136. 2016 年 11 月 8 日にリリースされた最新の累積的な更新プログラム CU3 とセキュリティ更新プログラム MS16-136 までを含む、SQL Server 2016 の累積的な更新プログラムで提供された解決策のロールアップが含まれています。It contains a roll-up of solutions provided in SQL Server 2016 cumulative updates up to and includes the latest Cumulative Update - CU3 and Security Update MS16-136 released on November 8th, 2016.

次の機能は、SQL Server SP1 の Standard、Web、Express、および Local DB エディションで使用できます (注記されている例外を除きます)。The following features are available in the Standard, Web, Express, and Local DB editions of SQL Server SP1 (except as noted):

  • Always EncryptedAlways encrypted
  • 変更データ キャプチャ (Express では使用できません)Changed data capture (not available in Express)
  • 列ストアColumnstore
  • 圧縮Compression
  • 動的なデータ マスキングDynamic data masking
  • 詳細な監査Fine grain auditing
  • インメモリ OLTP (Local DB では使用できません)In Memory OLTP (not availabe in Local DB)
  • 複数の filestream コンテナー (Local DB では使用できません)Multiple filestream containers (not available in Local DB)
  • [パーティション分割]Partitioning
  • PolyBasePolybase
  • 行レベルのセキュリティRow level security

次の表は、SQL Server 2016 SP1 で提供される主要な機能強化をまとめたものです。The following table summarizes key improvements provided in SQL Server 2016 SP1.

機能Feature [説明]Description 詳細情報For more information
TF 715 での自動 TABLOCK によるヒープへの一括挿入Bulk insert into heaps with auto TABLOCK under TF 715 トレース フラグ 715 は、非クラスター化インデックスのないヒープへの一括読み込み操作用に、テーブル ロックを有効にします。Trace Flag 715 enables table lock for bulk load operations into heap with no non-clustered indexes. SAP ワークロードを SQL Server に 2.5 倍の速さで移行するMigrating SAP workloads to SQL Server just got 2.5x faster
CREATE または ALTERCREATE OR ALTER ストアド プロシージャ、トリガー、ユーザー定義関数、ビューなどのオブジェクトを展開します。Deploy objects such as Stored Procedures, Triggers, User-Defined Functions, and Views. SQL Server データベース エンジンのブログSQL Server Database Engine Blog
DROP TABLE によるレプリケーションのサポートDROP TABLE support for replication レプリケーションに対する DROP TABLE DDL のサポートにより、レプリケーション アーティクルを削除できます。DROP TABLE DDL support for replication to allow replication articles to be dropped. KB 3170123KB 3170123
Filestream RsFx ドライバーの署名Filestream RsFx Driver signing Windows ハードウェア デベロッパー センター ダッシュボード ポータル (開発ポータル) を使って Filestream RsFx ドライバーに署名して認定することで、SQL Server 2016 SP1 Filestream RsFx ドライバーを Windows Server 2016/Windows 10 に問題なくインストールできます。The Filestream RsFx driver is signed and certified using Windows Hardware Developer Center Dashboard portal (Dev Portal) allowing SQL Server 2016 SP1 Filestream RsFx driver to be installed on Windows Server 2016/Windows 10 without any issue. SAP ワークロードを SQL Server に 2.5 倍の速さで移行するMigrating SAP workloads to SQL Server just got 2.5x faster
SQL サービス アカウントに対する LPIM - プログラムでの識別LPIM to SQL service account - programmatic identification DBA は、サービスの開始時に Lock Pages in Memory (LPIM) 特権が有効になっているかどうかをプログラムで識別できます。Allow DBAs to programmatically identify if Lock Pages in Memory (LPIM) privilege is in effect at the service startup time. 開発者の選択: SQL Server の LPIM および IFI 特権をプログラムで識別するDevelopers Choice: Programmatically identify LPIM and IFI privileges in SQL Server
変更の追跡の手動クリーンアップManual Change Tracking Cleanup 新しいストアド プロシージャは、必要に応じて変更の追跡の内部テーブルをクリーンアップします。New stored procedure cleans the change tracking internal table on demand. KB 3173157KB 3173157
ローカル一時テーブルの並列 INSERT..SELECT の変更Parallel INSERT..SELECT Changes for Local temp tables INSERT..SELECT 操作での新しい並列 INSERT。New Parallel INSERT in INSERT..SELECT operations. SQL Server Customer Advisory TeamSQL Server Customer Advisory Team
Showplan XMLShowplan XML クエリに対する許可の警告と最大メモリの有効化、トレース フラグの有効化、他の診断情報の表示など、診断機能の強化。Extended diagnostics including grant warning and maximum memory enabled for a query, enabled trace flags, and also surfaces other diagnostic information. KB 3190761KB 3190761
ストレージ クラス メモリStorage class memory Windows Server 2016 でストレージ クラス メモリを使ってトランザクション処理を支援することで、トランザクションのコミット時間が桁違いに高速化します。Boost the transaction processing using Storage Class Memory in Windows Server 2016, resulting in the ability to accelerate transaction commit times by orders of magnitude. SQL Server データベース エンジンのブログSQL Server Database Engine Blog
USE HINTUSE HINT クエリ オプションを OPTION(USE HINT('<option>')) を使って、サポートされているクエリ レベルのヒントを使うクエリ オプティマイザーの動作を変更します。Use the query option, OPTION(USE HINT('<option>')) to alter query optimizer behavior using supported query level hints. QUERYTRACEON とは異なり、USE HINT オプションでは sysadmin 特権は必要ありません。Unlike QUERYTRACEON, the USE HINT option does not require sysadmin privileges. 開発者の選択: USE HINT クエリ ヒントDevelopers Choice: USE HINT query hints
XEvent の追加XEvent additions 新しい Xevent および Perfmon 診断機能により、待機時間のトラブルシューティングが向上します。New XEvents and Perfmon diagnostics capabilities improve latency troubleshooting. 拡張イベントExtended Events

さらに、次の修正に注意してください。In addition, note the following fixes:

  • DBA と SQL コミュニティからのフィードバックに基づき、SQL 2016 SP1 以降では Hekaton のログ メッセージが最小限に減ります。Based on feedback from DBAs and SQL community, starting SQL 2016 SP1, the Hekaton logging messages are reduced to minimal.
  • 新しいトレース フラグを確認してください。Review new Trace flags.
  • SQL Server 2016 SP1 以降では、WideWorldImporters サンプル データベースの完全バージョンが Standard Edition と Express Edition で動作するようになります。このサンプルは、Github から入手できます。The full versions of the WideWorldImporters sample databases now work with Standard Edition and Express Edition, starting SQL Server 2016 SP1 and are available on Github. サンプルを変更する必要はありません。No changes are needed in the sample. Enterprise Edition 用に RTM で作成されたデータベース バックアップが、SP1 の Standard と Express で動作します。The database backups created at RTM for Enterprise edition work with Standard and Express in SP1.

SQL Server 2016 SP1 のインストールでは、インストール後に再起動が必要な場合があります。The SQL Server 2016 SP1 installation may require reboot post installation. ベスト プラクティスとして、SQL Server 2016 SP1 インストール後の再起動を計画して実行することをお勧めします。As a best practice, we recommend to plan and perform a reboot following the installation of SQL Server 2016 SP1.

ダウンロード ページと詳細情報Download pages and more information

horizontal-bar.png

SQL Server 2016 Release - 一般公開 (GA)SQL Server 2016 Release - General Availability (GA)

repl_icon_warn Install Patch Requirement (GA)repl_icon_warn Install Patch Requirement (GA)

問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2016 の前提条件としてインストールされる Microsoft VC++ 2013 ランタイム バイナリに影響を与える問題が見つかりました。Issue and customer impact: Microsoft has identified a problem that affects the Microsoft VC++ 2013 Runtime binaries that are installed as a prerequisite by SQL Server 2016. 更新プログラムを利用してこの問題を修正できます。An update is available to fix this problem. VC ランタイム バイナリに対するこの更新プログラムをインストールしないと、特定のシナリオにおいて、SQL Server 2016 で安定性の問題が発生する可能性があります。If this update to the VC runtime binaries is not installed, SQL Server 2016 may experience stability issues in certain scenarios. SQL Server 2016 をインストールする前に、 KB 3164398で説明されている修正プログラムがコンピューターに必要かどうかを確認してください。Before you in stall SQL Server 2016, check to see if the computer needs the patch described in KB 3164398. 修正プログラムは、SQL Server 2016 RTM の累積的な更新プログラム パッケージ 1 (CU1) にも含まれています。The patch is also included in Cumulative Update Package 1 (CU1) for SQL Server 2016 RTM.

解決方法: 次の解決策のいずれかを使用します。Resolution: Use one of the following solutions:

  • KB 3138367 - 2013 の Visual C++ および Visual C++ の再頒布可能パッケージ用の更新プログラムをインストールします。Install KB 3138367 - Update for Visual C++ 2013 and Visual C++ Redistributable Package. KB は推奨される解決方法です。The KB is the preferred resolution. このインストールは、SQL Server 2016 のインストールの前でも後でも実行できます。You can install this before or after you install SQL Server 2016.

    SQL Server 2016 が既にインストール済みの場合は、次の順序で手順を実行します。If SQL Server 2016 is already installed, do the following steps in order:

    1. 該当する vcredist_*exe をダウンロードします。Download the appropriate vcredist_*exe.
    2. データベース エンジンのすべてのインスタンスで SQL Server サービスを停止します。Stop the SQL Server service for all instances of the database engine.
    3. KB 3138367をインストールします。Install KB 3138367.
    4. コンピューターを再起動します。Reboot the computer.
    • KB 3164398 - SQL Server 2016 MSVCRT の必須コンポーネントの重要な更新プログラムをインストールします。Install KB 3164398 - Critical Update for SQL Server 2016 MSVCRT prerequisites.

      KB 3164398を使用する場合、SQL Server のインストール中、Microsoft Update の実行時、または Microsoft ダウンロード センターからインストールできます。If you use KB 3164398, you can install during SQL Server installation, through Microsoft Update, or from Microsoft Download Center.

      • SQL Server 2016 のインストール中: SQL Server セットアップを実行するコンピューターからインターネットにアクセスできる場合、SQL Server セットアップにより、SQL Server インストール全体の一部として更新プログラムが調べられます。During SQL Server 2016 Installation: If the computer running SQL Server setup has internet access, SQL Server setup checks for the update as part of the overall SQL Server installation. 更新を承認すると、インストール中にセットアップによりバイナリがダウンロードされて更新されます。If you accept the update, setup downloads and update the binaries during installation.

      • Microsoft Update: Microsoft Update から、セキュリティに関連しない重要な SQL Server 2016 更新プログラムとしてこの更新プログラムを入手できます。Microsoft Update: The update is available from Microsoft Update as a critical non-security SQL Server 2016 update. SQL Server 2016 のインストール後に Microsoft Update を使用してインストールした場合には、更新後にサーバーの再起動が必要になります。Installing through Microsoft update, after SQL Server 2016 requires the server to be restarted following the update.

      • ダウンロード センター: 最後に、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムをダウンロードできます。Download Center: Finally, the update is available from the Microsoft Download Center. 更新用のソフトウェアをダウンロードして、SQL Server 2016 がインストール済みのサーバーにインストールできます。You can download the software for the update and install it on servers after they have SQL Server 2016.

Stretch DatabaseStretch Database

データベースやテーブルの名前に特定の文字が使用される場合の問題Problem with a specific character in a database or table name

問題およびユーザーへの影響: データベースまたはテーブルで Stretch Database を有効にしようとすると、エラーが発生して失敗します。Issue and customer impact: Attempting to enable Stretch Database on a database or a table fails with an error. この問題は、オブジェクトの名前に、小文字から大文字に変換されるときに別の文字として扱われる文字が含まれている場合に発生します。The issue occurs when the name of the object includes a character that's treated as a different character when converted from lower case to upper case. この問題が発生する文字の例には、"ƒ" 文字 (ALT+159 を入力すると作成される) があります。An example of a character that causes this issue is the character "ƒ" (created by typing ALT+159).

回避策: データベースかテーブルに対して Stretch Database を有効にするには、オブジェクトの名前を変更して問題の文字を削除するオプションしかありません。Workaround: If you want to enable Stretch Database on the database or the table, the only option is to rename the object and remove the problem character.

INCLUDE キーワードを使用するインデックスの問題Problem with an index that uses the INCLUDE keyword

問題およびユーザーへの影響: テーブルに対して Stretch Database を有効にしようとする場合に、INCLUDE キーワードを使用して追加の列を組み込んでいるインデックスがそのテーブルにあると、エラーが発生して失敗します。Issue and customer impact: Attempting to enable Stretch Database on a table that has an index that uses the INCLUDE keyword to include additional columns in the index fails with an error.

回避策: INCLUDE キーワードを使用しているインデックスを削除し、そのテーブルに対して Stretch Database を有効にしてから、インデックスを再作成します。Workaround: Drop the index that uses the INCLUDE keyword, enable Stretch Database on the table, then recreate the index. その場合には、組織のメンテナンスのプラクティスやポリシーに従っているか確認して、影響を受けるテーブルのユーザーに対する反響をなくすか最小限に抑えるようにしてください。If you do this, be sure to follow your organization's maintenance practices and policies to ensure minimal or no impact to users of the affected table.

Query StoreQuery Store

Enterprise や Developer 以外のエディションでのデータの自動クリーンアップに関する問題Problem with automatic data cleanup on editions other than Enterprise and Developer

問題およびユーザーへの影響: Enterprise や Developer 以外のエディションでデータの自動クリーンアップが失敗します。Issue and customer impact: Automatic data cleanup fails on editions other than Enterprise and Developer. その結果、データを手動で消去しないと、クエリ ストアに使用される領域は構成済みの制限に達するまで時間の経過と共に増えます。Consequently, if data is not purged manually, space used by the Query Store will grow over time until configured limit is reached. この問題を回避しないと、エラー ログ用に割り当てられたディスク領域もいっぱいになります。クリーンアップを実行しようとするたびにダンプ ファイルが生成されるからです。If not mitigated, this issue will also fill up disk space allocated for the error logs, as every attempt to execute cleanup produces a dump file. クリーンアップをアクティブ化する期間はワークロードの頻度に応じて異なりますが、15 分以内です。Cleanup activation period depends on the workload frequency, but it is no longer than 15 min.

回避策: Enterprise や Developer 以外のエディションでクエリ ストアを使用する計画の場合は、クリーンアップのポリシーを明示的にオフにする必要があります。Workaround: If you plan to use Query Store on editions other than Enterprise and Developer, you need to explicitly turn off cleanup policies. この作業は、SQL Server Management Studio ([データベースのプロパティ] ページ) から行うか、Transact SQL スクリプトを使用して行うことができます。It can be done either from SQL Server Management Studio (Database Properties page) or via Transact-SQL script:

ALTER DATABASE <database name> SET QUERY_STORE (OPERATION_MODE = READ_WRITE, CLEANUP_POLICY = (STALE_QUERY_THRESHOLD_DAYS = 0), SIZE_BASED_CLEANUP_MODE = OFF)

また、クエリ ストアが読み取り専用モードに移行しないように、手動クリーンアップのオプションを検討してください。Additionally, consider manual cleanup options to prevent Query Store from transitioning to read-only mode. たとえば、次のクエリを実行して、データ領域全体を定期的にクリーンアップします。For example, run the following query to periodically clean entire data space:

ALTER DATABASE <database name> SET QUERY_STORE CLEAR

また、次のクエリ ストアのストアド プロシージャを定期的に実行して、ランタイム統計、特定のクエリ、または計画をクリーンアップします。Also, execute the following Query Store stored procedures periodically to clean runtime statistics, specific queries or plans:

  • sp_query_store_reset_exec_stats

  • sp_query_store_remove_plan

  • sp_query_store_remove_query

製品ドキュメント (GA)Product Documentation (GA)

問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2016 のドキュメントのダウンロード可能なバージョンはまだありません。Issue and customer impact: A downloadable version of the SQL Server 2016 documentation is not yet available. ヘルプ ライブラリ マネージャーを使って オンラインからコンテンツをインストールしようとすると、SQL Server 2012 および SQL Sever 2014 のドキュメントは表示されますが、SQL Server 2016 のドキュメントのオプションはありません。When you use Help Library Manager to attempt to Install content from online, you see the SQL Server 2012 and SQL Server 2014 documentation but there are no options for SQL Server 2016 documentation.

回避策: 次のいずれかの回避策を使用してください。Workaround: Use one of the following work-arounds:

SQL Server のヘルプ設定の管理Manage Help Settings for SQL Server

  • [オンラインまたはローカル ヘルプの選択] オプションを使用し、[オンライン ヘルプを使用する] にヘルプを構成します。Use the option Choose online or local help and configure help for "I want to use online help".

  • [オンラインからコンテンツをインストール] オプションを使用し、SQL Server 2014 のコンテンツをダウンロードします。Use the option Install content from online and download the SQL Server 2014 Content.

    F1 ヘルプ: 仕様上、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioで F1 キーを押すと、ブラウザーでオンライン バージョンの F1 ヘルプ記事が表示されます。F1 Help: By design when you press F1 in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, the online version of the F1 Help article is displayed in the browser. この問題は、ブラウザー ベースのヘルプで、ローカル ヘルプのインストールを構成した場合でも発生します。The issues is browser-based help even when you have configured and installed local Help.

コンテンツの更新: SQL Server Management Studio と Visual Studio では、ドキュメントの追加プロセス中に、ヘルプ ビューアーのアプリケーションが凍結 (ハング) することがあります。Updating content: In SQL Server Management Studio and Visual Studio, the Help Viewer application may freeze (hang) during the process of adding the documentation. この問題を解決するには、次の手順を実行します。To resolve this issue, complete the following steps. この問題の詳細については、「 Visual Studio ヘルプ ビューアーがフリーズする」を参照してください。For more information about this issue, see Visual Studio Help Viewer freezes.

  • メモ帳で %LOCALAPPDATA%\Microsoft\HelpViewer2.2\HlpViewer_SSMS16_en-US.settings | HlpViewer_VisualStudio14_en-US.settings ファイルを開き、次のコード内の日付を将来の日付に変更します。Open the %LOCALAPPDATA%\Microsoft\HelpViewer2.2\HlpViewer_SSMS16_en-US.settings | HlpViewer_VisualStudio14_en-US.settings file in Notepad and change the date in the following code to some date in the future.
     Cache LastRefreshed="12/31/2017 00:00:00"    

追加情報Additional Information

info_tip ヘルプの参照Get Help

コンテンツの編集 SQL ドキュメントの投稿Contribute SQL documentation

MS_Logo_X-SmallMS_Logo_X-Small