SQL Server 2017 リリース ノートSQL Server 2017 Release Notes

このトピックでは、SQL Server 2017 での制限事項と問題について説明します。This topic describes limitations and issues with SQL Server 2017. 関連情報については、次を参照してください。For related information, see:

SQL Server をお試しください。Try SQL Server!

SQL Server 2017 - 一般提供リリース (2017 年 10 月)SQL Server 2017 - general availability release (October 2017)

データベース エンジンDatabase Engine

  • 問題およびユーザーへの影響: アップグレード後、既存の FILESTREAM のネットワーク共有が使用できなくなる場合がある。Issue and customer impact: After upgrade, the existing FILESTREAM network share may be no longer available.

  • 回避策: 最初にコンピューターを再起動し、FILESTREAM のネットワーク共有が利用可能かどうかを確認します。Workaround: First, reboot the computer and check if the FILESTREAM network share is available. それでも共有が使用できない場合は、次の操作を行います。If the share is still not available, do the following:

    1. SQL Server 構成マネージャーで SQL Server インスタンスを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。In SQL Server Configuration Manager, right click the SQL Server instance, and click Properties.
    2. [FILESTREAM] タブの [ファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] のチェックを外して、[適用] をクリックします。In the FILESTREAM tab clear Enable FILESTREAM for file I/O streaming access , then click Apply.
    3. もう一度、元の共有名で [ファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] をチェックして、[適用] をクリックします。Check Enable FILESTREAM for file I/O streaming access again with the original share name and click Apply.

マスター データ サービス (MDS)Master Data Services (MDS)

  • 問題およびユーザーへの影響: [user permissions](ユーザーのアクセス許可)\ のページで、エンティティのツリー ビューのルート レベルにアクセス許可を付与すると、次のエラーが表示される: "The model permission cannot be saved. The object guid is not valid"Issue and customer impact: On the user permissions page, when granting permission to the root level in the entity tree view, you see the following error: "The model permission cannot be saved. The object guid is not valid"

  • 回避策:Workarounds:

Analysis ServicesAnalysis Services

  • 問題およびユーザーへの影響: 1400 の互換性レベルの表形式モデルで Get Data を使用すると、Amazon Redshift、IBM Netezza、Impala などの一部のデータ ソースのデータ コネクタがまだ使用できない。Issue and customer impact: For tabular models at the 1400 compatibility level, when using Get Data, data connectors for some data sources such as Amazon Redshift, IBM Netezza, and Impala, are not yet available.
  • 回避策: ありません。Workaround: None.

  • 問題およびユーザーへの影響: パースペクティブを含む 1400 の互換性レベルの直接クエリ モデルが、メタデータのクエリまたは検索時に失敗する場合がある。Issue and customer impact: Direct Query models at the 1400 compatibility level with perspectives can fail on querying or discovering metadata.

  • 回避策: パースペクティブを削除して、再展開します。Workaround: Remove perspectives and re-deploy.

ツールTools

  • 問題およびユーザーへの影響: DReplay の実行が "Error DReplay Unexpected error occurred!"(DReplay エラー 予期しないエラーが発生しました)\ のメッセージにより失敗する。Issue and customer impact: Running DReplay fails with the following message: "Error DReplay Unexpected error occurred!".
  • 回避策: ありません。Workaround: None.

horizontal_bar

SQL Server 2017 リリース候補 (RC2、2017 年 8 月)SQL Server 2017 Release Candidate (RC2 - August 2017)

このリリースに対する、Windows 上の SQL Server のリリース ノートはありません。There are no SQL Server on Windows release notes for this release. Linux 上の SQL Server のリリース ノートに関する記事をご覧ください。See SQL Server on Linux Release notes.

horizontal_bar

SQL Server 2017 リリース候補 (RC1 - 2017 年 7 月)SQL Server 2017 Release Candidate (RC1 - July 2017)

SQL Server Integration Services (SSIS) (RC1 - 2017 年 7 月)SQL Server Integration Services (SSIS) (RC1 - July 2017)

  • 問題とユーザーへの影響: ストアド プロシージャ [catalog].[create_execution]runincluster パラメーターは、一貫性とわかりやすさを理由に、名前が runinscaleout に変更されました。Issue and customer impact: The parameter runincluster of the stored procedure [catalog].[create_execution] is renamed to runinscaleout for consistency and readability.
  • 回避策: Scale Out でパッケージを実行する既存のスクリプトがある場合は、スクリプトが RC1 で動作するように、パラメーター名を runincluster から runinscaleout に変更します。Workaround: If you have existing scripts to run packages in Scale Out, you have to change the parameter name from runincluster to runinscaleout to make the scripts work in RC1.

  • 問題とユーザーへの影響: SQL Server Management Studio (SSMS) 17.1 とそれより前のバージョンでは、RC1 の Scale Out でパッケージの実行を開始できません。Issue and customer impact: SQL Server Management Studio (SSMS) 17.1 and earlier versions can't trigger package execution in Scale Out in RC1. エラー メッセージ: "@runincluster はプロシージャ create_execution のパラメーターではありません。"The error message is: "@runincluster is not a parameter for procedure create_execution." この問題は、SSMS の次のリリースであるバージョン 17.2 で解決されています。This issue is fixed in the next release of SSMS, version 17.2. SSMS のバージョン 17.2 以降では、新しいパラメーター名と Scale Out でのパッケージ実行がサポートされています。Versions 17.2 and later of SSMS support the new parameter name and package execution in Scale Out.

  • 回避策: SSMS バージョン 17.2 が利用可能になるまで、以下のようにします。Workaround: Until SSMS version 17.2 is available:
    1. 既存のバージョンの SSMS を使用して、パッケージ実行スクリプトを生成します。Use your existing version of SSMS to generate the package execution script.
    2. スクリプトの runincluster パラメーターの名前を runinscaleout に変更します。Change the name of the runincluster parameter to runinscaleout in the script.
    3. スクリプトを実行します。Run the script.

horizontal_bar

SQL Server 2017 CTP 2.1 (2017 年 5 月)SQL Server 2017 CTP 2.1 (May 2017)

ドキュメント (CTP 2.1)Documentation (CTP 2.1)

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017SQL Server 2017 のドキュメントは制限されており、コンテンツは SQL Server 2016SQL Server 2016 ドキュメント セットに付属しています。Issue and customer impact: Documentation for SQL Server 2017SQL Server 2017 is limited and content is included with the SQL Server 2016SQL Server 2016 documentation set. 記事の中で SQL Server 2017SQL Server 2017 に固有のコンテンツは、適用対象で言及されています。Content in articles that is specific to SQL Server 2017SQL Server 2017 is noted with Applies To.
  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017SQL Server 2017の場合、オフライン コンテンツを利用できません。Issue and customer impact: No offline content is available for SQL Server 2017SQL Server 2017.

SQL Server Reporting Services (CTP 2.1)SQL Server Reporting Services (CTP 2.1)

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server Reporting Services と Power BI レポート サーバーの両方が同じコンピューター上にあり、いずれかをアンインストールすると、残ったレポート サーバーにレポート サーバーの構成マネージャーで接続できなくなります。Issue and customer impact: If you have both SQL Server Reporting Services and Power BI Report Server on the same machine and uninstall one of them, you will not be able to connect to the remaining report server with Report Server Configuration Manager.
  • 回避策: この問題を回避するには、どちらかのサーバーをアンインストールした後、次の操作を行う必要があります。Workaround To work around this issue, you must perform the following operations after uninstalling one of the servers.

    1. 管理者モードでコマンド プロンプトを起動します。Launch a command prompt in Administrator mode.
    2. 残りのレポート サーバーがインストールされているディレクトリに移動します。Go to the directory where the remaining report server is installed.

      Power BI レポート サーバーの既定の場所: C:\Program Files\Microsoft Power BI Report ServerDefault location for Power BI Report Server: C:\Program Files\Microsoft Power BI Report Server

      SQL Server Reporting Services の既定の場所: C:\Program Files\Microsoft SQL Server Reporting ServicesDefault location for SQL Server Reporting Services: C:\Program Files\Microsoft SQL Server Reporting Services

    3. 次に、残っているものに応じて、次のフォルダー SSRS または PBIRS のいずれかに移動します。Then go to the next folder, which is either SSRS or PBIRS depending on what is remaining.

    4. WMI フォルダーに移動します。Go to the WMI folder.
    5. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

      regsvr32 /i ReportingServicesWMIProvider.dll
      

      以下のエラーが表示された場合は無視します。If you see the following error, ignore it.

      The module "ReportingServicesWMIProvider.dll" was loaded but the entry-point DLLInstall was not found. Make sure that "ReportingServicesWMIProvider.dll" is a valid DLL or OCX file and then try again.
      

TSqlLanguageService.msi (CTP 2.1)TSqlLanguageService.msi (CTP 2.1)

  • 問題およびユーザーへの影響: TSqlLanguageService.msi の 2016 バージョンが (SQL セットアップにより、またはスタンドアロンの再頒布可能コンポーネントとして) インストールされているコンピューターにインストールした後、v13.* (SQL 2016) バージョンの Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser.dll および Microsoft.SqlServer.Management.SystemMetadataProvider.dll が削除されます。Issue and customer impact: After installing on a computer that has a 2016 version of TSqlLanguageService.msi installed (either through SQL Setup or as a standalone redistributable) the v13.* (SQL 2016) versions of Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser.dll and Microsoft.SqlServer.Management.SystemMetadataProvider.dll are removed. これらのアセンブリの 2016 バージョンに依存しているすべてのアプリケーションは機能を停止し、次のようなエラーが発生します。"エラー: ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser, Version=13.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません。"Any applications that have a dependency on the 2016 versions of those assemblies will then cease to function, giving an error similar to: error : Could not load file or assembly 'Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser, Version=13.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91' or one of its dependencies. The system cannot find the file specified.

    さらに、2016 バージョンの TSqlLanguageService.msi をインストールしようとすると、次のようなメッセージで失敗します。"Microsoft SQL Server 2016 T-SQL 言語サービスのインストールに失敗しました。この製品の新しいバージョンが既にこのコンピューターにインストールされています。"In addition, attempts to reinstall a 2016 version of TSqlLanguageService.msi fail with the message: Installation of Microsoft SQL Server 2016 T-SQL Language Service failed because a higher version already exists on the machine.

  • 回避策: この問題を回避して、アセンブリの v13 バージョンに依存するアプリケーションを修正するには、以下の手順のようにします。Workaround To work around this issue and fix an application that depends on the v13 version of the assemblies follow these steps:

    1. [プログラムの追加と削除] に移動しますGo to Add/Remove Programs
    2. Microsoft SQL Server vNext T-SQL Language Service CTP2.1 を探し、右クリックして、[アンインストール] を選びます。Find Microsoft SQL Server vNext T-SQL Language Service CTP2.1, right-click it, and select Uninstall.
    3. コンポーネントを削除した後、破損したアプリケーションを修復します。または、適切なバージョンの TSqlLanguageService.MSI を再インストールします。After the component is removed, repair the application that is broken or reinstall the appropriate version of TSqlLanguageService.MSI.

      この回避策はこれらのアセンブリの v14 バージョンを削除するので、v14 バージョンに依存するアプリケーションは機能しなくなります。This workaround removes the v14 version of those assemblies, so any applications that depend on the v14 versions will no longer function. これらのアセンブリが必要な場合は、side-by-side 2016 インストールを含まない別のインストールが必要です。If those assemblies are needed, then a separate installation without any side-by-side 2016 installs is required.

horizontal_bar

SQL Server 2017 CTP 2.0 (2017 年 4 月)SQL Server 2017 CTP 2.0 (April 2017)

ドキュメント (CTP 2.0)Documentation (CTP 2.0)

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017SQL Server 2017 のドキュメントは制限されており、コンテンツは SQL Server 2016SQL Server 2016 ドキュメント セットに付属しています。Issue and customer impact: Documentation for SQL Server 2017SQL Server 2017 is limited and content is included with the SQL Server 2016SQL Server 2016 documentation set. 記事の中で SQL Server 2017SQL Server 2017 に固有のコンテンツは、適用対象で言及されています。Content in articles that is specific to SQL Server 2017SQL Server 2017 is noted with Applies To.
  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017SQL Server 2017の場合、オフライン コンテンツを利用できません。Issue and customer impact: No offline content is available for SQL Server 2017SQL Server 2017.

Always On 可用性グループAlways On availability groups

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server のメジャー バージョンがプライマリ レプリカをホストしているインスタンスより小さい場合、可用性グループのセカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスがクラッシュします。Issue and customer impact: A SQL Server instance hosting an availability group secondary replica crashes if the SQL Server major version is lower than the instance that hosts the primary replica. 可用性グループをホストするすべてのサポートされている SQL Server のバージョンから SQL Server SQL Server 2017SQL Server 2017 CTP 2.0 へのアップグレードに影響を与えます。Affects upgrades from all supported versions of SQL Server that host availability groups to SQL Server SQL Server 2017SQL Server 2017 CTP 2.0. これは、次の手順で発生します。This happens under the following steps.
  1. ユーザーがベスト プラクティスに従ってセカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスをアップグレードします。User upgrades SQL Server instance hosting secondary replica in accordance with best practices.
  2. アップグレード後、フェールオーバーが発生し、可用性グループ内のすべてのセカンダリ レプリカのアップグレードが完了する前に、新しくアップグレードされたセカンダリがプライマリになります。After upgrade, a failover occurs and a newly upgraded secondary becomes primary before completing upgrade for all secondary replicas in the availability group. 古いプライマリは、プライマリよりも古いバージョンのセカンダリになります。The old primary is now a secondary, which is lower version than primary.
  3. 可用性グループはサポートされていない構成であり、残りのセカンダリ レプリカはクラッシュする恐れがあります。The availability group is in an unsupported configuration and any remaining secondary replicas might be vulnerable to crash.
  • 回避策: 新しいプライマリ レプリカをホストしている SQL Server インスタンスに接続し、構成から障害のあるセカンダリ レプリカを削除します。Workaround Connect to the SQL Server instance hosting the new primary replica and remove the faulty secondary replica from the configuration.

    ALTER AVAILABILITY GROUP agName REMOVE REPLICA ON NODE instanceName

    セカンダリ レプリカをホストしていた SQL Server のインスタンスが回復します。The instance of SQL Server that hosted the secondary replica recovers.

info_tip ヘルプの参照Get Help

詳細情報More information

MS_Logo_X-Small